【ノマドワークの持ち物一覧】海外で仕事をするためのガジェット類まとめ

 

外出先で仕事を行う「ノマドワーク」には、機動力に優れる仕事道具が必須!可能な限り高性能で、コンパクトな道具を選ぶことで仕事が快適になります。

特に海外でノマドワークを行う場合、LCC(格安航空)の手荷物重量以下まで減らすことで気軽に各国を移動できるようになり、世界中を安価に旅しながら仕事ができて便利。

今回は、海外ノマドとして各国を回りながら仕事をしている自身が「海外で普段から使っているノマド用の仕事道具」について紹介していきたいと思います!

 

海外ノマドに必須の必需品類

SIMフリースマホ:iPhone X

 

海外での情報収集や連絡には「SIMフリースマホ」が欠かせない!SIMフリーの端末さえあれば、各国の空港で現地SIMを購入して通信ができるようになります。

説明するまでもなく、仕事・旅行と様々な用途に使えるし、中国などキャッシュレス化が進んでいる国ではスマホがないと決済できないことも。

場所によってはWifiに接続できない、仮に繋げても貧弱・・・という場合が多いですが、現地SIMさえ挿していればテザリングで最低限の通信速度を確保できます。

海外用に購入するなら安いAndroidスマホでもOKですが、以前タイで使用したときに突然壊れて困ったことがあったので、安心と信頼のiPhone Xをメインで使っています。(笑)

 

 

ポケットWifi:UQ WIMAX(国内用)

 

海外でノマドワークをするときはカフェ等のWifi or 現地SIMでのテザリングで通信をすることが多いですが、国内では通信速度の早い「UQ WIMAX」を使用しています。

国内でテザリングばかり使っていると通信制限に引っかかってしまうことが多いんですが、WIMAXなら3日で10GB以上使わなければ使い放題なので安心して仕事ができます。

WIMAXというとあまり電波を拾わないイメージがありますが、利用エリアがどんどん拡大しているようでよほどの田舎に行かない限りは問題なくつながります。

スタバ等のフリーWifiだと暗号化されておらず、知らないうちに情報を盗まれる危険性があるのと、利用者が多くて使えないことも多いので、国内での作業が多いならおすすめ。

 

カード:海外旅行付帯保険クレジットカード

 

万が一海外で事故を起こしてしまったとき、保険に入っていないと全て自己負担になるため、破産する危険性も。一方で毎回の旅行ごとに契約するのも大変です。

世界の中でも、医療費の安い東南アジア等へ旅行する際に役立つのが「海外旅行付帯保険付きクレジットカード」。これさえ持っていれば、自動で海外旅行保険がついてきます!

保険の細かい条件はカードによって異なるものの、無料で取得できて高額な保険料がつく「エポスカード」などもあるので、海外旅行に行くときは必ず契約しておきましょう。

 

▼海外旅行付帯保険付きでお得なカードは「【2018年版】海外旅行におすすめのクレジットカードまとめ!旅行付帯保険も強力なカードはこれ!」にまとめています。

【2018年版】海外旅行におすすめのクレジットカードまとめ!旅行付帯保険も強力なカードはこれ!

2018.05.26

 

ノマドワークに欠かせないPC・ガジェット類

PC:MacBookPro 15インチ Late2017

 

ノマドワーク作業を行うメインPCには、スペックに優れた「MacBookPro 15インチ」を利用しています。非常に高性能で、動画・画像編集を楽々行うことができます。

普段はブログ執筆作業がメインなので完全にオーバースペックですがw たまに重い作業を行うのと、大型ディスプレイなのでマルチタスク作業が行いやすく助かっています。

頻繁に移動を繰り返す旅行では超軽量の「MacBook 12インチ」を別途購入する予定ですが、旅先でも快適に作業したい人はどうぞ!13インチ程度が一番最適だと思います。

 

 

タブレット:iPad mini4

 

外出先で電子書籍や映画を見る際に役立つのが「タブレット端末」。最近は10インチサイズの端末が多いですが、持ち運びを考えるなら7インチ前後が最適!

海外旅行に本を持っていくとかさばるし、日本語の書籍を現地購入することは難しいです。そんなとき、タブレット端末があれば海外でも電子書籍が読み放題になります!

少しかさばってしまうのが難点ですが、フリーランスとして生きていくためには情報収集が欠かせないのと、旅行雑誌を入れておいても便利なので必ず持ち歩いています。

 

モバイルバッテリー:ANKER PowerCoreFusion 5000

 

旅行中にスマホの充電が切れては困るので、常に「モバイルバッテリー」を最低1個は持ち歩いています!5000mAhでiPhoneXを2回は充電できるので、容量も十分。

このガジェットの素晴らしいところは、モバイルバッテリーとしての用途はもちろんコンセントプラグが付いているので、充電器としても使えるところです!

従来だと充電器+バッテリーをそれぞれ持っていく必要があったので、荷物がかさばりました。このガジェットがあれば全て1つにまとめられるので、荷物がコンパクトになります。

 

 

充電器:ANKER PowerPort+5

 

USB-C端子を備えたMacBookProとその他のガジェット類を同時充電するため、外出先では「ANKER PowerPort+5」を使って全ての機器を充電しています。

通常のUSBポート4つに加えてUSB-Cの差込口があり、コードが長いので延長コード代わりにも使えます!これ一つあれば、USBを使って充電する器具をまとめて充電できるので便利。

特にMBP純正の充電器は非常に重くてかさばるので、旅行をする時に重宝しています。純正の充電器と比べて出力が弱く、MacBookの充電時間が遅くなるのが唯一ネックですね。

 

 

充電ケーブル:ANKER PowerLine+シリーズ

 

充電時に必須のUSBケーブルについては、全て耐久性の高い「ANKER PowerLine+シリーズ」で統一しています。高耐久ナイロンで作られており、非常に強度が高いのが特徴。

iPhone純正のライトニングケーブルは使いやすいかわりに「断線する」ことがネックだったんですが、このケーブルに変えてから切れることはなくなりました。

ケーブルが太いのでかさばるのがデメリットですが、断線用の予備を持ち運ばなくてもいいので、結果的にコンパクトになっています。信頼性バツグンのケーブルでおすすめ!

 

 

小物:JINS PC ブルーライトカットメガネ

 

長時間ガジェット類を見続けていると、ブルーライトの影響で非常に眼が疲れます。下手すると1日15時間ぐらいぶっ通しで作業を続けていることもあるので、視力低下が怖い!

長時間連続で作業をするときはブルーライトカットメガネの「JINS PC」を使うようにしています。他に就寝前の覚醒を防ぐ用途でも使っています。

フリーランスは体が資本なので、少しでも体に気を使ったほうがいいと思うんですよね。せいぜい5,000円もあれば購入できるので、購入しておいて損はないかと。

 

 

ガジェット類を持ち運ぶバックパック・ケース

バックパック:MAMMUT セオンカーゴ35L

 

海外ノマドとして各種ガジェットを詰めて旅をするときは、大量の荷物を収納できる「セオンカーゴ35L」を使用しています!

LCCの機内持ち込みができるサイズながら大容量で、PC収納専用のポケットや一眼レフカメラを収納できる専用気室まで兼ね備えており、まさに海外ノマドにピッタリのバッグ。

このバッグを使い、ノマドに必要な道具+生活用品を全て収納して一ヶ月程度の旅行なら余裕で行えたので、海外で長期旅行をしながら仕事をしたい人はどうぞ。

 

 

▼LCCに機内持ち込み可能なおすすめバッグは「LCCで機内持ち込み可能なバックパックを探す!本当に使えるバッグはこれだ【海外旅行】」にまとめています。

LCCで機内持ち込み可能なバックパックを探す!本当に使えるバッグはこれだ【海外旅行】

2018.06.09

 

ポーチ:サンワサプライ ACアダプタポーチ

 

ガジェットの周辺機器・充電器類の収納には、専用のACアダプタポーチを利用しています。複数揃えて色分けしながら整理すると、外から見て一発で中身がわかるので便利なんです!

最初は有名YouTuberの「カズチャンネル」のカズさんがこの方法を紹介していて、それ以降数年に渡ってこの方法を使ってカバン内を整理しています。

収納袋を多用するとかえって荷物がかさばるのがネックだったりしますが、ACアダプタポーチは薄みなものが多いので軽量なまま持ち運べます。ミニマリストは必見です!

 

 

おわりに

というわけで、今回は普段ノマド作業で使っているガジェットと関連グッズを紹介してみました!いずれも仕事に必須の道具であり、何度も買い替えた末に今の形に落ち着きました。

下手に大量の道具を持ち運んでも仕方がないので、無駄な道具を断捨離しつつ、必要なガジェットについてはいいものを購入したほうが全体の満足度が上がるのでおすすめ。

道具を変えるだけで一気に作業効率が上がることもあるので、今回紹介したなかで「良いな!」というものがあったらぜひ一度手にとってみてください!

 

▼ノマドワーカーの定義・仕事内容やなり方については「ノマドワーカーってどんな仕事?定義や収入源、なり方を3年以上の経験者が徹底解説!」で解説しています!

ノマドワーカーってどんな仕事?定義や収入源、なり方を3年以上の経験者が徹底解説!

2018.05.12

スポンサードリンク