ノマドワーカーってどんな仕事?定義や収入源、なり方を3年以上の経験者が徹底解説!

 

旅をしながら働く「ノマドワーカー」という言葉が数年前に流行りましたが、ネット環境の整備やフリーランスでも収入が得やすくなったおかげで、これ以上なく実現しやすい時代に!

自身も普段からフリーランスとして国内・海外を移動しながら仕事をしていて、頻繁に旅行できるところ、各地を移動しながら様々な仕事につなげられる点が気に入っています。

今回は実際にノマドワーカー的な働き方を3年ほど続いている自身が、ノマドの定義から収入源・実際にノマドになる方法について詳しく解説していきます!

 

ノマドワーカーの意味・定義は?各地で自由に仕事をする人

 

まずノマドワーカーの定義ですが、基本的にはノマド(遊牧民)のように各地を移動しながら働くことを指し、インターネットを駆使して場所にとらわれず働いている人のことを呼びます。

最近はブログなどを使って一般人でもネットで収入を得やすくなっているので、誰でも簡単にノマド的な働き方が実現できるようになりました。

例えば自身はブログの広告収入で生活していますが、インターネットさえつながっていれば実質どこでも仕事ができるので、頻繁に旅行をしながら仕事をしています。

 

パソコンだけで完結する仕事が多く、自宅だけで作業していると気が詰まるし、人生にメリハリを生み出したいので積極的に旅に出て仕事をするようにしています。

大手企業でもリモートワークが広まりつつある昨今、自営業・会社勤め問わずノマド的な働き方をするのが増えているのも事実。実際にやってみると刺激的で、非常に楽しいですよ!

海外旅行をしながら仕事をすれば、価値観を広げながら仕事ができるし、現地での経験が新しい仕事につながることも!もちろん自宅に引きこもることもできるので、控えめにいって最高です。

 

ノマドワーカーの収入源:一般人が実現可能な3職種

定義はわかったが、実際にどのような方法で仕事を進めればノマドワーカーになれるのか?実は定義からわかるとおり「手段」でしかないので、カフェでPC作業をするだけで実現できます。(笑)

「ノマドワーカー」という職業はなく、遊牧民のように移動しながら働いた段階でノマドになれます。会社に勤めながらリモートワークしている人もいれば、自営業の人もたくさんいるわけです。

当然ですが、最も難しいのは「ノマドとして働きながら生活できる程度の収入を得ること」。様々な職業の人が働いているので、一般人でも実現できる可能性のある3つの職種をピックアップしてみました!

 

ブログ・ホームページから得る広告収入

 

一般人が最も簡単にノマドワークを実現できるのが、「ブログ・ホームページを作成して広告収入を得る」という手段。いわゆるアフィリエイト収入を得ることですね。

自身もこの方法でノマド的な働き方を実現していて、自分が得た経験をノウハウとしてブログ上に蓄積し、広告を掲載・読者が登録してくれれば収入を得られるという仕組みになっています。

ネット環境さえあればどんな場所でも仕事ができ、「海外旅行」「英語」などを扱うブログなら旅行をしていることすら仕事になります。実際、この方法で生活している人もいます。

 

唯一のデメリットは、生活できる収入を得られるまで時間がかかること。立ち上げは簡単ですが、ブログで収入が得られるまでに一定の時間がかかり、最低でも半年程度は無給で働き続けることになります。

ただ大半のビジネスはブログ以上に時間が掛かることが多いし、莫大なコストが掛かります。一方でブログはせいぜい月1,000円もあれば運営でき、必要なのは知識・経験・時間のみ!

スキルのない一般人でも、月100万以上を得られる可能性がある夢のような仕事です。他の仕事をする場合でも、ブログを更新していると突然仕事の依頼が来ることもあるので、始めて損はないですね。

 

▼実際の経験から、ブログを開設して広告収入を得る手順を【稼げるブログの始め方】初心者必見!ブログ開設・広告収入を得るまでの流れを徹底解説にまとめてみました!

【稼げるブログの始め方】初心者必見!ブログ開設・広告収入を得るまでの流れを徹底解説

2018.05.09

 

国内・海外で自由に旅行しながらアルバイト(ワーホリ・リゾバ)

 

国内・海外を自由に旅しながら、アルバイトをしつつ各地を移動する人もいます。ノマドのイメージからは少し外れますが、スキルがなくともすぐに収入を得られるのが最大の特徴!

実際、過去に日本一周しながら各地域でバイトできる「リゾートバイト」でお金を貯めた経験があります。実際、多くの旅人はこの方法を駆使して旅行資金を貯めていますね。

日本の飲食・サービス業は人出不足状態で、全国各地で様々な仕事が募集されています。時給もそこそこ高く、スキルがない状態でも働けるので旅人に大人気!

 

海外の場合であっても、ワーキングホリデー制度を利用して働く旅人は多く、農園などでアルバイトしながら収入を得られます。

一次産業かサービス業で働くことが多いので、どうしても就労中は勤務先の場所に縛られてしまいますが、短期間で場所を乗り換えればノマド的な働き方を実現できます。

アルバイトで日々の収入を得つつ、すき間時間でブログなどに時間を投資して一定の不労所得を得れば、さらに自由に働けるようになります。ノマドになる最初のステップとしておすすめの方法です!

 

▼日本一周旅行中にリゾートバイトをしてみた体験談を旅行先でアルバイトできる!日本一周しながら「リゾートバイト」をした体験談にまとめました。

旅行先でアルバイトできる!日本一周しながら「リゾートバイト」をした体験談

2016.08.08

 

専門業種でのコンサルタント・アドバイス

特定の業種・領域で豊富な知識・経験があれば、個人や組織のコンサルタントになることも可能!直接面談する業務がなければ、完全リモートで仕事をすることもできます。

明確な実績がなければなれませんが、ブログなどネット上で実績をアピールしていくことで、向こうから声が掛かることも。発信さえしていれば、特殊な経験がなくともコンサルで収入を得られます。

他にも工夫次第で、通常ではコンサルが存在しないような業種で仕事を得ることも。知り合いの人は「幼児教育」という分野でコンサル的な働き方をしていて、面白いなと思った経験があります。

 

最近だと「ココナラ」というサービスを使って自分のスキルを簡単に切り売りすることも可能。販売者が多いので価格は抑え気味になりますが、一般的なスキルでも販売できます。

例えば、過去に複数社の就職経験があれば、ESの添削など直接アドバイスができます。同時にブログへノウハウを蓄積していけば、同時並行で仕事を進めることが可能です。

生活できる程度の収入でよければ、人より少し知識・経験が豊富なだけで簡単にコンサル的な働き方ができるようになっていますね。

 

ノマドワーカーとして収入源を作る3つの手順(フリーランス編)

ノマドワークは手段でしかありませんが、実際に海外を移動しながら働きたい!と思ったら何かしら収入源を作る必要があります。気軽に始められますが、収入を得るのは結構大変。

そこで、このステップでは自分がノマドワーカーとして収入を得るためにやったことを解説してみることにします!リモート企業に就職する方法もありますが、こちらのほうが再現性があるかと。

「色々な場所で移動できることを前提に、フリーランスとして収入源を作る方法」を紹介していきます。

 

①専門分野に特化して知識・スキルを習得する

 

ノマドワーカーとして働きたいなら、まず「特定の専門分野に特化して知識・スキルを習得」しましょう。基本的には自分のやりたいことを見つけて、突き詰めるだけでOK。

プロゲーマーがその好例で、好きなことを突き詰めて得意へと昇華させ、世界中の大会に出ながら賞金を稼いでいますよね。何か一つのことを突き詰めれば、必ず収入を得られるようになります。

何か専門的な分野があれば、情報発信をして仕事を受注したり、ブログで発信自体をお金に変換させることも可能。一度自分の得意なことを棚卸しして発見するのもいいですね。

 

自分は普段から仕事の幅を広げるために、「面白そう!」思ったことは片っ端から挑戦するようにしています。獲得したスキルが仕事になることもあるし、単純にやっているだけで楽しいので。

ただし大きな収入を得られるか・・・はジャンルによって大きく異なるので、フリーランスとして独立したいのであれば「このスキルは世間的に需要があるか?」を見極められる能力も必要。

まずはマーケティング的な視点を身につけつつ、自分の好きなことを突き詰めることで「得意」へとつなげるのが第一のステップです。

 

②自分の得意をSNSやブログで発信してアピールする

 

得意なスキルを身につけると同時に、その過程をSNS・ブログで発信していくと直接仕事を獲得できたり、発信内容そのものがお金になったりするのでおすすめです。

フリーランスにとって自分のSNS・ブログは最強の営業ツールで、発信して結果を見ながら「このスキルはどの程度需要があるか?」も見極めることもできます。

特にブログは、発信した内容が全て資産になるばかりでなく、検索エンジン経由で予想だにしない経路から企業へとアピールできるので、開設しておいて損はありません。

 

ノマドワーカーとして活用したいWEBツール
  1. TwitterFacebook(SNS)
  2. WordPress(記事を資産化できるブログサービス)
  3. クラウドワークス(外注サイト)

 

③ブログや外注サイトを利用して仕事を獲得する

 

日頃からスキルを身に着け、その過程や気付きをSNS・ブログで発信してアピールしたらいよいよ仕事を受注するステップ!ここまでくれば、ほぼゴールしたも同然。

これまで解説していたとおり、価値のある内容を発信していれば自然と仕事が集まってきます。いくらでも個人の実績をアピールできる時代なので、仕事の受注より「情報発信」のほうに力を入れるべき。

最低限やっておくべきことは、SNS・ブログで日頃の成果をアップしつつ、プロフィールページ&お問い合わせフォームを持っておくこと。あとはブログが自動で集客してくれるので、待っていればOKです。

 

ただしスキルや情報発信の過程では生活資金を得られないので、「クラウドワークス」など外注サイトを使えば単価は安いものの、当面の資金やスキルを得られます。

外注サイトで得たスキルや実績を発信して仕事を受注することも可能なので、最初は積極的に手を出してみると吉!ほぼ全ての仕事がリモートで行えるので、最初からノマド作業も可能です。

リモートで仕事を受注できれば、生活費の安い東南アジアへ移住してコストを抑えながら生活することも可能。戦うための武器はいくらでも揃っているので、あとはそれらを活用するだけです!

 

おわりに:ノマドワーカーになるのは簡単です。

というわけで、今回は実際にノマド的な働き方をして生活している自分が、「ノマドワーカーの定義・収入源・必要な道具・なり方」について解説してみました!

良く新しい働き方としてノマドワーカーが紹介されていますが、個人的には狩猟採集時代の価値観のほうが馴染むので、これまでの定住生活を前提にした働き方のほうが違和感があります。

移動しながら仕事をしようとすると、何かと作業環境構築に時間がかかりますが、何より楽しいんですよね!常に新鮮な景色・価値観を得られるし、結果的に仕事にもいい影響を与えてくれます。

ノマドを実現するための収入源を得るのが最も大変ですが、スキルのない一般人でも1年間努力をし続ければ副業でも収入を得られるようになります。

まずはブログから始めるのが最も難易度が低く、かつ将来的に大きな収入を得られる可能性があるので、ぜひ挑戦してみてください!

 

▼実際の経験から、ブログを開設して広告収入を得る手順を「【稼げるブログの始め方】初心者必見!ブログ開設・広告収入を得るまでの流れを徹底解説」にまとめてみました!

【稼げるブログの始め方】初心者必見!ブログ開設・広告収入を得るまでの流れを徹底解説

2018.05.09

 

▼他にも、ノマドワークに関する記事をいくつか執筆してみました。よければ参考にしてみてください!

【ノマドワークの必須道具】外出先のカフェで普段使っている便利な道具・ガジェットまとめ

ノマドワーク作業がガチで捗る場所を3年かけて調査した【全13選】

スポンサードリンク