海外ノマド生活を実現した3つのステップ | 収入源・仕事・持ち物を大公開!

2018年、ついに1ヶ月の海外ノマド旅行へ出発!PC一台を持って旅行をしながら仕事をする・・・という体制を整えることに成功しました。

「海外ノマド」と聞くと、スキルがある人間にしか実現できないイメージがありますが、自分のような「スキル・経歴なし」でも実現可能です!

  • 海外ノマドを実現するにあたって努力したこと
  • ネット回線+PCのみで仕事ができる環境の構築方法
  • 海外ノマドに役立ったツール・仕事道具
  • 海外で快適に作業できる場所

そこで今回は、「(現時点で)スキル・知名度・収入源を持たない人が、海外ノマドを実現するためにやったこと」を解説していきます!

実際にスキル・知名度・肩書きがなかった自分でも実現できましたので、「これから海外ノマドになりたい!」という方には少しでも参考になるかと\(^o^)/

 

海外ノマドとは? | 世界中を飛び回りながら仕事をする生活スタイル

 

「ノマドワーク」は場所を選ばず様々な地域を飛び回って働くことを指しますが、「海外ノマド」は文字通り、海外旅行をしながら場所を問わず働く手法です。

インターネットがあればどこでも仕事ができる今の時代、国内に留まって仕事を続ける必要はなく、旅行をしながら仕事をする「デジタルノマド」が世界中で増えています。

単純にライフスタイルとして素晴らしいだけでなく、「貨幣価値が高い国で働きながら物価の安い国で滞在する」など合理的な働き方でもあるんですよ!

 

 

もちろん慣れない環境や通じない言語、国ごとの時差や旅行疲れなど「様々な制約」があることも事実なので、誰でも実現できるわけではありません。

ただ、これから少子高齢化を迎える日本において「海外へ積極的に出ていく」ことは避けられないですし、LCCの普及で気軽に出かけられるようにもなっています。

国内の狭い価値観や常識に縛られる必要は全くないので、「なんとなく今の日本に疑問を抱いている人」「危機感を抱いている人」ほど積極的に始めるといいでしょう。

 

海外ノマドを実現するために努力したこと【収入源の作り方】

 

「海外を飛び回りながら仕事をする」のは数年前からの夢で、旅人なら誰もが憧れるでしょう。貯金を切り崩すのではなく、収入を稼ぎながら旅をしたほうが充実します。

「海外ノマドになりたい!」と憧れていたときは、「知名度・スキル・収入源」が一切なかったので、アルバイト等で資金を稼ぎながら少しずつ環境を整えることに。

ネット環境+PCを使いながら資金を稼ぐ、という意味ならやるべきことは明確なので、以下を実践すればOK。

 

  1. ネット回線+PCのみで仕事ができる作業環境の構築
  2. ストック収入を増やしつつ、労働所得を徐々に減らす
  3. 生活水準を下げてコストを抑える

①ネット回線+PCのみで仕事ができる作業環境の構築

 

海外ノマドでは、各国を回りながら仕事を行うので業種が限られてきます。「ネット回線+PCだけで仕事ができる」職種でないと海外ノマドは不可能です。

とはいえ、企業のリモートワークが進むなどPC+回線だけで完結する仕事は年々増えてきており、一般的にフリーランスが行う仕事の大半は海外でも実現可能。

完全リモートの業種なら企業に属しながら海外ノマドを行うことも可能でしょうが、自由度という面からフリーランスとして働くのが一般的ですね。

 

ネット回線+PCのみで仕事ができる業種の例
  1. プログラマー
  2. WEBデザイナー
  3. 株式投資・不動産投資等
  4. ブロガー・アフィリエイター
  5. WEBライター
  6. YouTuber

 

上記は全てネット回線+PCのみで作業が完結するので、旅行をしながら仕事ができます。ノマドとして活躍している人は、このうちどれかを収益源としていることが多いです。

フリーランスの仕事を受注できる「クラウドワークス」、専門知識が学べる「Udemy」などのサービスも出ているので、海外ノマドを実現するハードルは低くなっています。

このようなツールを使えば気軽に収入を得られますが、単価が低めなのでまとまった収入を得ようと思うと何かしらの専門スキルを習得していく必要があります。

(※自分は海外ノマドを夢見てから実現するまで、約3年ほどかかりました。)

 

 

ちなみに海外の電波環境に関してですが、ノマドが良く集まるような地域なら「高速Wifi&電源を完備したカフェ」がいたるところにあるので、問題ありません。

発展途上国のなかには回線が遅くて仕事にならない・・・という場所もありますが、「Nomad List」という有名サイトを使えば、事前に作業環境を把握することが可能。

環境は整っているので、「収入を得られる仕事」さえ得てしまえばどうにでもなります。これから海外ノマドを目指すなら、専門知識・スキルを身に着けることを優先しましょう!

 

②ストック収入を増やしつつ、労働所得を徐々に減らす

 

一般的な仕事の多くは、働けば働くだけ収入が得られる「労働所得」に分類されます。これはサラリーマンの仕事も、アルバイトも全て同じです。

一方、海外ノマドを充実させるにあたっては一定期間放置しても収入が得られる「ストック収入」を増やすと、実現するためのハードルが大きく下がります!

旅をしながら仕事をするとなると、毎日食事場所の選択、ホテル予約など大量のタスクが発生しますし、観光もしたくなります。必然的に労働に当てる時間が減るわけです。

 

 

「労働所得」メインだと、作業時間が減ると収入が下がってしまうため、観光せず宿に缶詰して働く・・・なんてことも。これはこれで楽しいですが、不本意なはず。

普段は労働所得を得て働きつつも、同時に「ストック収入」の割合を高めていくことで労働時間そのものを減らすことができ、より海外ノマドをエンジョイできます!

特にフリーランスの場合は、仕事をすると同時に勉強などの自己投資をしていかなければ食っていけなくなるので、必然的に暇な時間が必要に。

 

ストック収入を得られる代表的な仕事
  • システム販売
  • 株式投資・不動産投資等
  • ブログ・アフィリエイト

 

労働所得に比べてストック収入は得るのは難しく、「多くの専門知識」「大量の資本(資金)」のどちらか、もしくは両方を求められることが多いです。

海外ノマドのなかには株の配当所得を収入源としている人もいますが、残念ながら当時の自分には資金はおろか、知名度も一般的に求められる経歴すらありませんでした。

そこで!特別な知識がなくとも「発信スキル」さえあれば始められる「ブログ運営」という選択肢を選び、2年ほど時間をつぎ込んだ結果、専業でも生活できるように!

 

初めて海外ノマドに出発したとき(去年)の段階では、確か月30万円程度の収入だったはず。これだけあれば、少なくとも物価の安い地域では全く問題なく生活できます。

 

▼ブログ運営で収入が得られるまでの方法は下記で解説しています!

【ブログの始め方】超初心者がブログ開設から収入を得るまでの徹底運営マニュアル

 

③生活コストを下げて万が一のリスクを減らす

 

日々の収入を稼ぎつつ、「ストック収入」の割合を増やすと同時にやるべきなのが「生活水準を下げてコストを抑える」こと。

月1,000万円以上稼いでいる人の場合は知りませんが、仮に月100万円のストック収入があっても収入源が消え去る可能性がゼロではないので、安心できません。

下手に支出を増やすと、収入が下がったときに立て直しが効かなくなります。フリーランスは自分でリスクヘッジする必要があるので、支出は抑えるのが基本。

 

内容価格
食費(屋台の外食メイン)2万円
カフェ代1万円
通信費3千円
娯楽費1万円
交通費(航空券込み)2.5万円
宿泊費(安宿ドミトリー)2.5万円
合計9.3万円

▲タイ一ヶ月間の物価目安(節約した場合の水準)

 

東南アジアなど物価の安い国へ行けば、月10万円程度にコストを抑えることができます。自身は短期なので節約は意識せず、月15万円程度(航空券込み)で抑えることができました。

資金が浮いた分は貯金に回すのもいいし、他の事業への投資や株式投資など使いみちはいくらでもあります。手元から出るお金が少ないに越したことはありません。

周囲を見渡しても、月50万〜100万以上稼いでいるノマドでも日々の生活コストを落としている人が多いですね!生き残るためには絶対的に必要なので、節約ノウハウを学びましょう。

 

海外ノマドで欠かせない仕事道具5つ【これだけでOK】

 

海外ノマドは現地で仕事をするので、高性能な仕事道具が欠かせません。ただ便利だからといってあれもこれも・・・と持っていくと、移動が大変に。

自身はできるだけ荷物を少なくしたい派なので、必要なガジェットを全て詰め込んだうえで10kg以下に抑えるようにしています。これならLCCの重量規制にも引っかかりません。

「PC+ネット回線さえあれば可能な仕事」なら、最低限以下の道具を持っていけばOKです!

  1. 30〜40Lのバックパック
  2. メインPC
  3. タブレット・スマホ
  4. カメラ機材
  5. 海外保険付帯のクレジットカード

 

▼普段、海外旅行で使っている持ち物は全て下記にまとめています!

【海外ノマド】1ヶ月の海外旅行に持っていくバッグパックと持ち物まとめ【ミニマリスト】

 

海外ノマドを実現するにあたって気になるQ&A

 

「これから海外ノマド生活を実現する!」と思っても、ノマド生活をしたことがないと「あれって一体どうなっているの?」と様々なギモンが浮かぶと思います。

ぶっちゃけ慣れれば日本と同じような感覚で過ごせちゃうんですが、一応海外ノマド経験者として「よく聞かれる質問」のQ&Aを下記に作成してみました。

 

海外ノマドでおすすめの渡航先は?

物価の安い東南アジアを迷わずおすすめします!

すでに月収数百万円の仕事を確立しているならともかく、予算に制限があるケースが大半だと思います。あまりに滞在費がかさむ国だと、様々な面で支障をきたします。

海外ノマドは「貨幣価値が高い円をリモートで稼ぎつつ、物価の安い国で過ごす」というメリットがあるので、滞在費の安い東南アジアがおすすめ!

特に物価の安いベトナムやカンボジアなどの国では、月10万円もあれば余裕で滞在できます。余ったお金を再投資できるので、若い人ほど東南アジアへ行けばいいかと。

 

ノマドワークで英語は必要?

普通に作業するだけなら全く必要なし。小学生レベルでもOK。

海外ノマドを始めるにあたり、「やはり海外に滞在するんだから、ある程度の英語力が必要なのでは?」とギモンに思う人が多いようですね。

しかし!積極的に外国人と交流するならともかく、普通に生活する程度なら簡単な英語、それも決まったフレーズしか話さないので英語力は必要なし!

実際、自身は中学生レベルの英語力すらありませんが、大きな不満は感じません。英語が話せるにこしたことはないけれど、別に話せなくても問題なく始められますよ。

 

▼どれだけ英語力がひどいか?については下記の記事で解説していますw

英語が全く話せない人でも海外旅行できるの?初めての海外一人旅で検証!

 

普段からどんな場所で作業してるの?

主にスタバなどのカフェスペースが多いです。

 

国にもよりますが、海外にはWifi・電源が利用できるカフェが大量に存在します。よほど変な場所でなければ、作業場所に困ることはありません。

代表的なスタバ・マックを中心に、個人経営のカフェでもWifi・電源を完備する場所が増えているようで、中には24時間営業のカフェがある場所も。

ただし中東など人の少ない場所はWifiも遅いし、そもそもカフェ自体が全然ねぇ・・・というケースもあるようなので、事前に要リサーチです。

 

▼ノマドワークでおすすめの作業場所は下記にまとめています。

【全13選】ノマドワーク作業に向いている場所を3年かけて調査!カフェ仕事におすすめのスポット一覧

 

海外ノマドって税金面はどうしてるの?確定申告はしてる?

脱税になるので当然してます。短期滞在なら日本へ納税します。

海外への滞在日数が1年以上になる場合、日本の住民票を抜いた場合は税金の支払い義務がなくなりますが、一時的に渡航するだけなら日本国内への納税が必要です。

フリーランスとして活動していれば、自分で確定申告も行う必要があります。自身は会計ソフトのfreeeで支出・収入を管理しています。

頻繁に海外へ渡航している人も、年末になると確定申告のため帰国する人が多いです。ちなみに海外での出費であっても、事業用なら経費として申告できます。

 

万が一のために海外旅行保険には加入してるの?

クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用してます。

海外で万が一病気や事故に遭ってしまった場合、日本のように国民皆保険制度を利用できないので高額を請求されてしまう可能性があります。

このようなリスクを回避するためにも、「海外旅行保険」は必須。ただし物価の安い国なら、「クレジットカードの旅行付帯保険」で十分カバーできます。

バックパッカーの間では無料ながら海外旅行保険が手厚い「エポスカード」が定番のアイテムとなっていて、東南アジアなら+αのカードを持っていけば十分でしょう。

 

海外滞在中って孤独にならないの?人との交流はどうしてる?

めっちゃ孤独なので、寂しくなったらゲストハウスへ行ってます。

場所を問わず活動できる海外ノマドですが、会社員のように毎日同じ会社に通って仕事をするわけではないので、積極的に交流しないと孤独に陥ります。

国内なら友人や知り合いに気軽に会えますが、言葉の通じない海外ではますます孤独になってしまいがち。気をつけないと、病みますw

自分の場合は英語も話せないので、「交流したい!」と思ったときは積極的に日本人宿に宿泊するようにしていますね。

 

おわりに:海外ノマドを実現する準備を始めよう。

 

というわけで、今回は「これから海外ノマドを始める人向けに、必要な準備や役立つツール、普段使っている道具や作業場所」について紹介してみました!

一昔前だと「海外ノマド」は憧れである一方、先進的すぎて胡散臭いイメージもありました。もちろん、情報商材の販売と結びつける人が多い・・・といった理由もありますが。

しかし現在では「ネットとPCを使ってどこでも働ける」環境が当たり前になりつつあり、一部の企業でも導入されています。インフラが整い、誰でも実現できる時代になったわけですね。

 

 

とはいえ、多くの人は「収入源」で悩むと思います。これさえあれば・・・と。しかし、それも「ブログ運営」という誰でもできる手段が生まれたことでハードルが下がりつつあります。

ブログだけで月10万円以上の収入を得ることは簡単ではありませんが、副業であっても月100万円以上稼ぐ人もいるので極端に難しいわけではありません。

自分自身も全くスキルのないところから、毎日生活する分には問題ないレベルまで収入を引き上げることができました。片手間でも始められるので、ぜひ挑戦してみてください!

 

▼ブログ運営で収入が得られるまでの方法は下記で解説しています!

【ブログの始め方】超初心者がブログ開設から収入を得るまでの徹底運営マニュアル