英語が全く話せない人でも海外旅行できるの?初めての海外一人旅で検証!

 

人生で初めての海外旅行!最もドキドキする瞬間ですが、一つだけめちゃくちゃ心配なことがあります。それは、「英語が全くできない」ということ。

海外で買い物やホテルを利用するには英語が必須で、最低限の会話力がなければ旅行できないイメージがあります。実際、海外旅行に関する解説サイトでも「高校生レベルの英会話力は必要!」と書かれています。

しかし!一応高校で英語の授業を受けていたはずが、中学生レベルの英会話力すらありません!ただ、どうしてもタイ旅行をしたかったため、日本を飛び出ることに。

今回は、「全く英語が話せない人間が海外一人旅をしたらどうなるか?」を実際に試してみたいと思います!果たして生きて帰って来られるのだろうか・・・?

 

>>>いつでも英語学習できる!「スタディサプリ ENGLISH」でまずは無料体験してみよう!

 

海外で必要な英会話力のレベルとは

▲タイ・バンコクのショッピングエリア

 

先に結論を行っておくと、仮に英語がほぼ喋れなくとも旅はできます!それもツアーではなく、航空券からホテルまで全て手配する一人旅でも全く問題なし。

日本人が多い区域だと店員さんが日本語で会話してくれるので、対応に困ることもなし。もし英語できない人間が初めて海外旅行するなら、タイを強烈にプッシュしときます!

よく海外旅行に行く際に必須だと言われているのが、空港で入国審査・及び出国の際に交わされる会話。

基本的に定型文なので丸暗記すればOKとのことですが、覚えてないと最悪通過できず終了なんてこともあるかもしれない。実際に聞かれる内容は下記のような感じ。

 

海外旅行で使われる入国・出国審査で必要な英会話
  1. How long are you staying in ?(〜にどの程度滞在しますか?)
  2. Where are you staying?  (どこに泊まりますか?)
  3. What’s your purpose of your visit. (滞在目的は何ですか?)

 

海外の空港職員はマニュアル対応ではないので、変化球としてホテルの住所などを聞かれるケースもあるようです。自分は初めてこの会話内容を聞いたとき、「全くわからん!」と拒絶。(笑)

仮にまともに英語を習っていなくとも、ネットさえ使っていれば単語は勝手に覚えるので筆談は可能。ただ実際に聞くとネイティブは早口だし、そもそも発音を知らないので全く理解不能。

 

▲初めて海外旅行するなら一通り動画をチェックしておくべし。

 

初めての海外旅行の際にはYouTuberのバイリンガールちかさんの動画 icon-external-link がかなり参考になるんですが、試しに入国審査・出国時に使える会話集の動画を視聴してもほぼ聞き取れず。

日常生活レベルの単語は覚えているので、聞き取りさえすれば簡易的な受け答えはできるものの、そもそもリスニングが無理なのであれば会話も成り立ちません。

中学生レベルの英会話力すらなく、英語に関する知識が皆無なためにまともな会話ができない状態なんですが、どうしてもタイへ行きたい!と思ったために自分の体を使って実験してみることにしました。

 

  1. 空港での出国審査
  2. 飛行機へ搭乗
  3. 現地での入国審査
  4. 海外で現地通過への両替
  5. SIMの契約
  6. ホテルでのチェックイン方法

 

まで行った実際の流れを紹介します!今回、ガチで海外旅行が初めてだったので行動がおぼつかないところもあるのですが、逆に海外旅行初心者の方には参考にしてもらえると思います。(笑)

では、実際に飛行機搭乗からホテルでのチェックイン、そして観光までの様子をお届けします!

 

実際に初めてのタイ旅行!飛行機搭乗から観光まで

空港でのチェックイン〜海外現地到着までに必要な英語

 

実際に日本から出発してタイへ向かうため、最寄りの空港へレッツゴー!

数日前にタイまでの直行便である「エアアジア」を予約していたので、まずはチェックインカウンターを目指します。繁忙期でなければ、直前の予約でも往復5万円以内で済みます。

最初の海外旅行では何をどう準備していいか迷いますが、タイの場合は最低限の荷物を準備し、飛行機とホテルさえ予約すればすぐに旅立つことができます。

予防接種も必要ないし、保険はクレジットカード付帯のものでOK。(※)

(※)1枚では保証内容が足りない可能性がある・・・とのことだったので、最低2枚は併用しておいたほうがいいです。不安なら別途海外旅行保険を契約しましょう。クレジットカードの保証内容については、各カード会社のホームページをしっかりチェックしておくこと。

 

 

日本からタイへ向かうために、空港で登場する会社のチェックインカウンターで渡航内容のチェック、預け入れ荷物があれば渡します。日本人のスタッフが対応してくれるので、日本語の会話でOK。

専用のチケットをもらったら、いよいよ荷物検査と出国審査!危険物がないか赤外線と金属探知機を使ってチェックします。変なものを持ち込まなければすぐ通過できます。

出国審査でも、簡単に航空券とパスポートを渡すとすぐ通過できました。その後は専用の「出国エリア」で搭乗時刻になるまで待機します。

 

 

時間が来たら、いよいよ飛行機に搭乗です!やべ〜、テンションあがるー!

一応日本人スタッフはいるものの、キャビンアテンダントのお姉さんは困った人がいると英語で話しかけてくれます。日本人には簡易的な英語で話しかけてくれますが、緊張してドギマギ・・・。

周囲に日本人がいる分安心だけど、これからどうなるか全く予想できないので落ち着きません。深夜便だがうまく寝られず終了!(笑)

 

 

約5時間のフライトを経て、タイのLCC発着空港である「ドンムアン空港」に到着。飛行機搭乗までは日本語での表記も多かったけど、ここからは現地語と英語の表記のみ・・・!

空港に到着したら、今度は現地国の入国審査が待っています!外国人と現地人では受付が違うので、合っているかどうか事前にネットなどで確認しておくこと。

肝心の入国審査ですが、自分の順番が来たら職員にパスポートと航空券、事前に飛行機内で入国に必要な「イミテグレーションカード」を渡されたものを提示します。

あらかじめ渡航目的や滞在日数、ホテル名・住所など記載しておくので、特に何を聞かれておくこともなく入国完了!カードの書き方は、各航空会社の案内パンフレットに記載されています。

 

海外へ入国後にやるべきこと・必要な英語

 

無事にタイへ入国できたはいいものの、現地通貨も通信手段も何もない状態なので調達しなければなりません。気分はさながら無人島でのサバイバル。

両空港ともにカウンターがあるので、まずは空港の出国エリアを出て探します。明るいネオンとともに「Travelers SIM」「Exchange」と表記されてあるのですぐに発見できます。

ここからは日本人街などでない限り、英語ないし現地語で会話していかなくてはなりません。海外旅行初体験なので、どんな感じで進むかわからずドキドキ・・・。

 

では、ここでSIM契約の際に女性店員さんたちと交わした会話を晒してみます。

 

自分:(現地通貨はまだないし、とりあえずクレジットカードで支払うか)・・・クレジットカード?

店員:・・・は?

自分:(あかん!支払いの単語忘れてもうた!)

店員:・・・Pay?

自分:イエース!イエス!

店員:(複数の女性店員が一斉に吹き出す)プランはどうする?1日・1週間・10日間のものがあるけど。

自分:・・・(何言ってるかわからん)

店員:(ダメやこいつ・・・w)タイには何日間滞在する?

自分:おー!9日!

店員:じゃあ7日のプランで契約して、残り2日は1日分のプランを追加して使うといいよ。(みたいなことを言ってた気がする)

自分:イエース!イエス!

 

SIMカードの契約すらままならない英会話力で、正直一番自分が驚きましたw 小学生レベルの単語すら出てこないとは・・・。

タイでは観光が一大産業となっているため英語を話せる人が多く、まともに英語を話せないと店員さんたちにバカにされますw

受付時に「なんやこいつ?」と怪訝な顔をされるんですが、タイ人は優しいので身振り手振りで伝えたあと「英語わからん!ソーリーソーリー!」って笑顔で言ってたら許してくれます。(笑)

SIMカードの契約もバーツへの両替も、基本的に超簡単な単語を伝えれば問題なく利用できました!外貨両替に関しては、日本円を渡してサインするだけでOK。

 

これで必要な装備は揃った!あとはホテルでチェックインして観光するだけ!

 

列車・バスなど公共交通機関・ホテルでのチェックインに使う英語

 

慣れない海外だし深夜便で全く寝れなかったので、とりあえずホテルで荷物を降ろしたい!と思って事前に予約していたホテルへ向かうことに。

初めて現地に降り立ってバス・電車等に乗車するのは不安に思えますが、乗り場と行き先を事前にしっかり調べていれば問題なかったです。乗務員のおばちゃんに目的地を伝えてお金を払います。

タイでは「BTS」と呼ばれる列車網が発達していて、中心部であれば格安・安全に移動できます。タイはバイタクやトゥクトゥクが有名ですが、ボッタクられる可能性もあるのでBTSが確実。

 

 

バス乗車後、再びホテルへ向かうために電車に乗り換えします。日本とあまり変わらない光景だけど、初めての経験だけにめちゃくちゃドキドキしますなぁ〜w

駅によっては小銭しか使えない場合があり、紙幣しかない最初の段階だと受付で両替する必要があります。両替したい紙幣を持って「Break Exchange」と話せば伝わりました。

日本と乗車方法も違うんですが、『地球の歩き方』を読みつつなんとか切符を購入することに成功。ホテルまで移動します。

 

 

列車を駆使し、ようやく本日の宿に到着!旅人街の「カオサンロード」周辺にあるホテルで、700バーツ(日本円で2300円前後)で予約できました。

受付では、チェックインしたい旨(Check in please!)と名前・パスポートを提示します。

最初に1000バーツのデポジットが必要なんですが、うまく金額が聞き取れない。「ソーリーソーリー!」って言ってると、電卓で表示してくれましたw

 

▲疲れていたので到着した段階で写真撮影できず、先ほど撮影

 

無事に宿のカードキーも入手し、晴れてホテルでのチェックインが完了!

その後エアコンがつかないというトラブルがあったものの、ネットで対応する英語を調べて話したところ、うまく伝わりました。

もちろん切り返しは不可能なので、単語から相手の会話の意図をうまく掴んで話す必要がありますw 英語はできないが、なんとかここまで来れましたー。

 

タイの観光地めぐりと買い物で使う英語

 

一旦ホテルで仮眠を取り、夜のバンコクへ繰り出す!目の前に世界中から旅人が集まる「カオサンロード」があるんどえ、早速向かいます!

あちこちの店から喧騒が鳴り響き、あらゆる人種が集まっています。「うわぁ、マジか・・・こんな世界もあるんか・・・」と終始アゴが塞がらなかったです。(笑)

カオサン通りは日本人も多いらしいんですが、3往復ぐらいしたものの日本人は発見できず、現地人以外だと半分は欧米人。女性の露出が激しい・・・(笑)

 

 

タイは24時間気温が高くて暑いので、果物ジュースでも飲もう!と40バーツ(日本円:130円程度)でマンゴージュースを購入。ただ注文するだけなので、商品名と数を伝えればノープロブレム!

 

東京でこのジュースを飲もうと思ったら、確実に500円はくだらないでしょう。かなり濃厚で量も多いので、下手すりゃ7、800円行くかも。

そんなジュースを、日本の自販機で500mlのドリンクを購入するより安く購入できるバンコク。しかもこれ、都市価格なんで地方にいけばもっと安く買えるはず。とりあえず、タイはヤバイっすわ。

 

おわりに:英語ができなくとも海外旅行を楽しめました!

▲初めてのタイで本格的な釣りまで楽しむことができました!

 

というわけで、以上「英語ができない人間は海外旅行できるのか」のレポートをお届けしました!最初こそ不安だったけど、旅行するだけなら英語できなくても大丈夫でした!

この後はバンコク周辺を観光しつつ、最終的には都市郊外にある釣り堀へ向かい、タクシーのボッタクリを回避しながら現地の運ちゃんと交渉して2時間ほど乗車して現地へ。

さらに釣り堀のスタッフと仲良くなって趣味話、専用タクシーでの行き先・料金決定と乗り継ぎのタクシーへ交渉してもらう依頼まで行うことができました!

 

タイ・バンコクへ来た一番の目的が「現地の釣り堀で竿を出すこと」だったので、達成できてよかった!

事前に調べていた情報とは異なる点があって、釣り堀周辺に帰りのタクシーが全くおらず、最悪の場合バンコク郊外の暗闇のなか「徒歩で8時間ほどかけてバス乗り場まで歩く」・・・という状況に陥りそうになったんですが、身振り手振りで英語を駆使した結果、なんとか回避することができました。

 

▼初めてのタイ旅行で楽しんだ釣り堀の様子はこちら

【海外遠征】タイの釣り堀「NEWブンサムランフィッシングパーク」でメコンオオナマズを仕留める!

2017.07.18

 

▲バンコクにある日本料理店。英語ができなくとも、簡単な日本語で受け答えしてくれる。

 

ただ、あくまで一人で旅を満喫する・・・という場合には問題ないのであって、人と会話しようとすると途端に問題が発生します。

旅を一人だけの観光、もしくは連れの日本人とだけ会話すると割り切るならともかく、海外旅行の醍醐味は異国の地に住む人々と交流すること。

英語が話せない=異文化交流を一切断ち切ってしまうことになります。実際に海外旅行をしてみて、やっぱり外国の人ともしっかり会話したいとあらためて思いましたね。

日頃から日本で過ごしていれば、英語の重要性なんてわかるはずもありません。最初から英語を話せる必要はないので、とりあえず旅に出発してみて、本格的に学ぶかどうかを考えたらいいと思います。

うん、バンコクから帰ったらすぐ基礎知識を身に着けて英語留学にいこう。(笑)ある程度会話できるようになったら、再びタイに遊びにきたいと思います。

 

>>>いつでも英語学習できる!「スタディサプリ ENGLISH」でまずは無料体験してみよう!