海外旅行に最適な服装は?持っていきたい素材や枚数を考える【メンズ】

 

海外旅行に行くとき、困りがちなのが「持っていく服装をどうしよう?」という問題。荷物のなかで最もかさばるので、大量に持っていくわけにもいきません。

できるだけ軽量なほうがいいし、頻繁に洗濯を繰り返すので速乾性の高いものがベスト。ただ、機能性を重視しすぎて全くオシャレでないのも少し気が引けます。

以前は持っていく服装で悩んでいたんですが、頻繁に旅を繰り返すうちに最適な服装の種類や素材、枚数について自分なりの答えが出たのでまとめてみることに!

今回は、海外旅行に最適な服装の種類・素材・枚数について考察しつつ、ベストな組み合わせを紹介していきたいと思います!

 

【種類】アンダーウェア+軽量アウター&防寒着だけでOK

 

結論から言うと、男性で極寒地域を旅行するのでなければ「速乾性の高いアンダーウェア+軽量アウター&防寒着」の組み合わせが最強です!

アウトドアファッションなので都会的なオシャレさはありませんが、様々な服装の組み合わせのなかで最軽量&あらゆる気候にも対応できます。

ウインドブレーカーにもいくつか種類があり、超軽量仕様のものから厚手で寒さをしのいでくれるモデルもあるので、着回せば世界一周にも対応できます。

 

▲旅のアンダーウェアには「mont-bell ジオライン」がベスト

 

抗菌性の高いアンダーウェアを持っていけば、移動中にあまり汗をかかない環境なら何日か着回しても臭いません。結果的に洗濯物も減らすことができます。

品質が高いぶん価格も高めですが、ウインドブレーカーは防滴仕様なので簡易的なレインウェアにもなるし、簡単には破損しないのでコスパは高め。

ただし東南アジアなど一年中気候が暖かい国であっても、屋内はクーラーで冷えている・・・ということも多いので、どんな場所に行こうと防寒着は常に携帯しています。

 

【素材】気候の暖かい国では速乾性重視の「ナイロン製」で揃える

 

旅行に持っていく服装の「素材」ですが、日常的に着用するような麻・綿のような素材だと簡単には乾燥しないため、洗濯するたびに時間を取られてしまいます。

速乾性が低いため、汗をかいたときも簡単には乾燥せず臭いがこもってしまいがち。着心地はいいものの、長期的に着用すると臭いが染み付いてしまうことも。

気候の暖かい国では速乾性が重要なので、特にアンダーウェアは「ナイロン製」がベスト!洗濯機で脱水しておけば、干さずともすぐ着用できるほどです。

 

洗濯後に乾燥させるまで外出を待つ・・・のはあまりに不毛なので、自身はウインドブレーカーからアンダーウェア、ズボンに至るまで全てをナイロン製で統一しています!

麻・綿のように水分が染み込むこともないので、汗をかいても臭いが残りにくく、簡単な水洗いですぐ清潔な状態を保てる点が非常に気に入っています。

ナイロン製の服はゴワゴワしているので着心地は劣りますが、軽量性・速乾性・抗菌性とどれを取ってもベストな素材なので、手放せません・・・!

 

【枚数】現地で洗濯するなら3日分+αで問題なし

  • アウター:ウインドブレーカー×2
  • アンダーウェア:ナイロン製×3
  • パンツ:長袖or七分丈のナイロン製ズボン×2
  • 半ズボン:ナイロン製ズボン×1
  • 下着:速乾性の高いもの×3
  • 靴下:速乾性の高いもの×3
  • 防寒着:ダウンジャケット×1

 

旅行に持っていく服の枚数も迷いがちですが、大量に持っていってもかさばるので、現地で洗濯をするなら「3日分+α」を用意しておけば問題なし!

ナイロン製の服を持っていけば洗濯直後に着用することもできるし、洗濯機がなくとも手洗いでサクッと洗うこともできるので、大量に持っていく必要はありません。

長期旅行の場合、あまり少ないと頻繁に洗濯する必要があって面倒なので、毎日着回すアンダーウェアや下着のみ多めに持っていけば4日に1回程度で済みます。

 

【靴】シューズはスニーカー+サンダルがベスト

 

海外旅行で着用する靴については、基本的に移動には「運動靴タイプのスニーカー」を使用し、サブでサンダルを持っていく・・・という組み合わせがベストです!

スニーカーなら移動中心の観光に適しているし、軽量なので歩いていても疲れにくくフォーマルな服装が求められるラウンジや寺院等にも入場できます。

ただ、宿から買い出しなど簡単な外出をする場合や、気候の暖かい国ではスニーカーを履くのすら面倒くさくなるので、折りたたみに優れたサンダルがあると便利です。

 

▼海外旅行に適したシューズについては、「【快適に街歩き可能】海外旅行に最適な靴まとめ【おすすめシューズ2種】」にまとめています!

【快適に街歩き可能】海外旅行に最適な靴まとめ【おすすめシューズ2種】

2018.06.18

 

【まとめ】1ヶ月の海外旅行で使用している服装

 

現在、タイのバンコク・チェンマイを回りつつ一ヶ月ほど海外ノマドをしていますが、所持している服装はこんな感じ。全て軽量仕様でコンパクトです。

アンダーウェア類に関しては4日分を持ち運んでいるので、3日に1回洗濯すれば着回せます。頻繁に洗濯する必要がないし、すぐ乾くのでストレスフリーです。

暖かい地域なので薄着が多いですが、仮に少し寒い地域に旅行をするときでもウインドブレーカーを入れ替えるだけなのでそれほどかさばりません。

服が足りなければ現地で手に入れることもできるし、海外で過度にオシャレをしても仕方がないので、この組み合わせが最強かと。

 

▼一ヶ月の海外旅行に持っていく服装の詳細は「【海外ノマド】1ヶ月の海外旅行に持っていくバッグパックと持ち物まとめ【ミニマリスト】」にまとめています!

【海外ノマド】1ヶ月の海外旅行に持っていくバッグパックと持ち物まとめ【ミニマリスト】

2018.06.17