バックパックを洗濯してみた!洗い方の手順と方法について【GREGORY ZULU40】

thumb_IMG_0077_1024

 

先日、1200kmという長大な距離を無事に歩き通し、四国歩き遍路の旅を無事に完遂することが出来ました!

ほぼ毎日、2ヶ月間に渡ってバックパックを背負い続けていたわけですが、流石に汚くなってきたので洗うことにしました。

テントや寝袋と同様洗濯機に突っ込むというわけにも行かず、然るべき手順を踏んで洗わないといけないようなので、方法を調べながらやってみました。

これからバックパックの洗濯を初めて行う、という方の参考になれば嬉しいです。それでは行ってみましょー!

 

 

バックパックの汚れ方と洗濯方法の確認

 

thumb_IMG_0066_1024

 

こちらが本日洗う予定の、GREGORYのバックパックです。

2ヶ月間という短期間とはいえ、かなり酷使したので早めに洗っておくことにします。実際かなり汚れていましたしね。

バックパックの洗濯手順についてはmont-bellのサイトが一番参考になるので、そちらを参照しながら進めていきました。

 

バックパックの洗濯手順は、

  1. 全体の汚れや破れ箇所を確認する
  2. 分離可能なパーツを外して、ジッパー類を開けておく
  3. 汚れの酷い場所を中性洗剤で部分洗いする
  4. バックパック全体を押し洗いする
  5. 汚れが落ちたらすすいで、水気を切る
  6. 直射日光の当たらない場所で乾燥させる

となります。意外と簡単です。

 

thumb_IMG_0067_1024

 

まず、全体で汚れの酷い箇所を確認していきます。

ヒップベルトの付け根や、腰に直接当たる箇所がひどく汚れてますね。この辺りは汚れやすいので要チェックです。それにしてもきったねー。

特に今回は暑い季節の旅だったので、毎日汗をかいた分が蓄積して汚れているものと思われます。文章にするとさらに汚く感じる。

 

thumb_IMG_0069_1024

 

背面のクッションも薄く汚れているし、よく見るとヒップベルトの付け根部分が一部破れてしまっていますね。

自分の修理するのも大変なので、GREGORYのサポートに連絡しなければ。

洗濯時にバックパックの隅々までチェックしておくと、破損箇所まで把握できてバックの寿命を延ばすことが出来ます。

 

thumb_IMG_0070_1024

 

バックパックの外側だけでなく、仲間でチェックします。

泥等の汚れはまず付着しませんが、バック内部で調味料等をぶちこぼしたまま放っておくと、汚れが取れなくなるので要チェックです。

内部も当然のごとく汚いので、キッチリ洗うことにします!

 

バックパックを洗うぞ!

thumb_IMG_0071_1024

 

いよいよバックパックを洗濯していきます!お風呂場で洗うと何かと便利です。

このモデルはパーツを分離出来ないので外していませんが、骨組みまで取れるモデルの中には洗濯機で洗えるものも存在するので、メーカーページで要確認です。

まず細かい頑固な汚れを落としたいので、中性洗剤を含ませたタオルで擦っていきます。

 

thumb_IMG_0072_1024

 

次に、浴槽にぶち込んでぬるま湯を貯めていきます。

水でも構いませんが、ぬるま湯のほうが汚れが取れやすいそうです。

 

thumb_IMG_0074_1024

 

中性洗剤を薄めて投入したあと、押し洗い!

バックパックから汚い成分が大量に出てきたようで、一瞬で浴槽内のお湯の色が濁ってきました。きったねーw

汚れが付着したまま放置すると確実にバックが劣化するので、必ず「汚れたな」と思ったら洗うようにしましょう。

 

thumb_IMG_0075_1024

 

押し洗いをしたあと、さらにそのまま2時間ほど浸けこんで汚れを落とし、新しいぬるま湯で洗剤を洗い落としておきます。

汚れ同様、洗剤もついたままだと汚れと同じように劣化していってしまうので、この作業も重要です。なんども洗って完全に洗剤を落とします。

 

thumb_IMG_0076_1024

 

無事に洗剤を落とすことが出来たら、そのままお風呂場にバックパックを引っ掛けて余計な水分を落としていきます。

本当ならこのまま干したいんですが、水分を絞ることも出来ないし、かといってボトボトのまま出るわけにも行かないのでお風呂場で水分を切ります。

 

thumb_IMG_0077_1024

 

無事にある程度水分を落とすことが出来たら、最後に直射日光の当たらない涼しい場所で乾かします。

窓際は思い切り直射日光の当たる場所ですが、雨だしいいかなと。(笑)

あとはこのまま乾かして、完全に乾燥するのを待つだけです!バックパックが乾燥したら風通しのよう場所に保管しておきます。

 

おわりに

というわけで、簡単ではありますが「バックパックの洗濯方法と手順」について解説しながら、実際に洗ってみました。

思ったよりも意外と簡単に洗うことが出来ましたが、頑固な汚れはなかなか落ちないですね!別の方法を考えなければ・・・。

今後も汚れが発生したら、再び同じ手順で洗っていきたいと思います。ちゃんと洗濯をすることでバックパックの寿命自体を伸ばすことが出来るそうですからね。

 

それでは!何か参考にしてくれれば幸いです。

 

スポンサードリンク