タイのリゾート地「パタヤ」で1週間ノマドワークをしてみた感想とおすすめ作業カフェまとめ

 

タイはノマドワークの聖地!特に首都のバンコク、北方のチェンマイは「ノマドにとってのオアシス」と言われ、世界中からフリーランスが集まって仕事をしています。

一方でリゾート地の「パタヤ」へ訪れる人は多いものの、仕事をしている人を見かけません。日中からPC作業をしている人は稀で、休暇目的で来ている人がほとんど。

しかし!せっかくパタヤへ来たからには、南国気分でMacを広げてドヤ顔したい!と思って、滞在時間の半分以上を仕事に費やしました。

 

今回は、1週間ほどタイのリゾート地「パタヤ」に滞在してノマドワークしてみた感想や、おすすめ作業スポットをまとめてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

電源・Wifiが貧弱なので、長期滞在には向かない

 

1週間ほど前まで「チェンマイ」に滞在していたんですが、こちらはいたるところにカフェがあり、しかも「電源・wifi完備」とまさにノマド向けのスポットばかり!

実際にカフェで作業しているノマドワーカーも非常に多く、人種も様々で「これがノマドワーカーの聖地かー!」と関心していました。

一方、パタヤではノマド作業できるようなカフェがそもそも少なく、あったとしても電源がない、もしくはwifiがあっても貧弱で回線が遅い・・・という場所ばかりでした。

 

そもそもリゾート地なので当然といえば当然なんですが、チェンマイの快適さを一度味わってしまうと不満に思えてしまいます。

パタヤ滞在中はほとんど電源供給なしで短時間作業を繰り返し、wifiに関しては使えない場所がほとんどだったため、現地契約したSIMでテザリングして使ってました。

作業するだけなら問題ありませんが、「ノマド目的で長期滞在するなら不向きだな」と思いました。短期間ならともかく、長期になるとキツイ。

 

手軽にリゾート感を楽しむ場所としては素晴らしい

 

しかし!何度も書いているとおり「パタヤはリゾート地」なので、バンコクから気軽にアクセスできる南国スポットとして楽しめます。

街中から気軽にアクセスできる「パタヤビーチ」は水質こそ汚く泳げないものの、海辺で潮風を浴びながらのんびりするスポットとして最高です。

船に40分ほど乗れば離島の「ラン島」へと移動することができ、こちらでは複数のビーチで海水浴を楽しめます。リゾート感を味わいたいならぜひこちらへ!

 

 

パタヤと言えば「夜遊び」というほどダークなスポットも充実しており、定番のウォーキングストリートを歩けばいたるところでストリップショーを見ることができます。

ショーを見るだけなら安価(ビール一杯で100バーツとか)だし、ある程度の価格を払えばお持ち帰りも可能。やる気満々のメンズならかなり楽しめるのではないでしょうか。(笑)

ノマド目的で来ている場合でも、立派な観光地が多くあるわけではないものの、パタヤ独特の「色々ぶっ飛んでいる感じ」を味わえるので訪れて損はないかと。

 

パタヤでおすすめのカフェはスタバ、TOM N TOMS CAFEの2店舗

パタヤでノマド作業をするなら、街中に数店舗ある「スタバ」か、韓国系資本の「TOM N TOM CAFE」がおすすめ!いずれも価格は高いものの、快適に作業できます。

パタヤのカフェに限りませんが、基本的に日本にあるカフェ(特にスタバ)のように四六時中混雑して入れない・・・という状況にはなりにくいので、いつでも快適に作業できます。

土日でも夜間以外は思いのほか空いているため、集中して作業できます。これが日本となるとちょっとした都市でも混雑して入れないことが多いので、素晴らしい。

 

TOM N TOMS CAFE

店舗名 TOM N TOM CAFE
住所 99/1-2 Pattayasaisong Rd, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150
電源
Wifi

 

 

韓国資本のチェーン店で、バンコクやチェンマイにも出店している人気カフェ。チェーンなので価格は高め(コーヒー一杯で100バーツとか)です。

店内の一部には電源も完備し、店員さんに言えばフリーWifiが使えるパスワードを教えてくれます。回線速度はそれほど早くないものの、ブラウザメインなら問題ないレベル。

何よりこの店舗は敷地面積が広いわりにお客さんが少なく、土日にいっても必ず席を確保できるので最大の利点!ノマド作業するときは必ず訪れていました。

 

 

一番奥にある座席にはコンセントが付いていました。

その他、席によってところどころにコンセントが付いているし、それほど混むこともないので電源確保は問題なく行えるかと。

 

STARBUCKS COFFEE センタープラザ前

 

店舗名 STARBUCKS COFFEE
住所 Phattaya Nua Klang Tai, Bang Lamung, 20150, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150
電源
Wifi

 

 

「TOM N TOMS CAFE」の近隣にある店舗で、ちょうど「セントラルマリーナ」と呼ばれるショッピングモール内に存在します。

座席数は多くないものの、店舗の面積が非常に広いため混雑時にも快適に作業可能。またバンコクのスタバと同様、店内のいたるところにコンセントがあるのもGOOD!

 

 

回線に関しては、残念ながらスタバのwifiなので回線速度が遅く混雑時には使いものになりません。電源を供給しつつテザリングで対応するのがベストだと思います。

滞在時はセントラルマリナーのフードコードでご飯を食べてからスタバに寄り、ある程度時間が立ったらトイレがてらTOM N TOMS COFFEEに移動するという使い方をしていました。

 

STARBUCKS COFFEE セントラルフェスティバルパタヤビーチ

店舗名 STARBUCKS COFFEE
住所 333/99 ตำบล หนองปรือ Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150
電源 ×
Wifi

 

 

こちらは海沿いにあるスタバで、「セントラルフェスティバルパタヤビーチ」というショッピングモール内にあります。(撮影を忘れたので写真はありません)

残念ながらパッと見た限りでは電源はありませんでしたが、Wifiは使えました。ただ場所柄混みやすいので使い物にはならず、基本はテザリングで利用することになります。

面積が広くて落ち着きやすいのと、モールの上階がヒルトンになっているので、ホテル宿泊時には頻繁に利用することになるかも。

 

【結論】パタヤに来たら仕事より遊ぶほうがいいかも。

 

というわけで、今回は1週間ほどパタヤに滞在してノマドワークをした感想をまとめてみました。ノマドスポットとしては悪くありませんが、せっかく来たなら遊んだほうがいいかも!(笑)

旅行目的で来るなら、日中はマリンスポーツ、夜間はナイトライフやらバザールめぐりとやることがたくさんあります。

旅行者のほとんどはバカンス目的で来ているし、少なくとも遊ぶ場所には困らないので、 バンコク・チェンマイは仕事場所として、パタヤは息抜き目的で訪れるのをおすすめしておきますw

スポンサードリンク