ロックフィッシュに最適な「リール・ライン」とは?選び方とタックル紹介

 

ロックフィッシュは、狙う魚やフィールドに合わせた「リール・ライン」の選び方によって釣果に差が出てしまいます。

魚の引きが強いため、魚種やサイズにあったリールやラインを選択しなければ簡単にバラシやラインブレイクにも繋がってしまいます。

せっかく大型を魚を掛けたのに、途中でバラしてしまっては元も子もない!特に根ズレしやすい釣りなので、リール・ラインにはこだわるべきです。

実際、私もタックルの選択を間違えて予期せぬ大物を逃してしまった経験が多々あります。今回はそんな「ロックフィッシュ用のリールとライン」について解説していきます!

 

ロックフィッシュ用リールの選び方

リールの基礎知識

ロックフィッシュに使われるリールは「スピニングリール」「ベイトリール」の2種類です。

スピニングリールはトラブルが少なく、遠投も簡単にできるためソイなどを狙うナイトロックから、アブラコなどの大型の魚を狙う様々な釣りに使われています。

ベイトリールはトラブルも多く、やや上級者向けの印象を持ちますが、パワーが強いため大型の魚にも主導権を渡さずにファイトができます。主に大型のアブラコを狙う昼間の釣りに使うことが多いです。

 

スピニングリールの選び方・注意点

 

ロックフィッシュ用のスピニングリールは、基本的には2500番台が最適です。

主にバスフィッシングで使われる番手のリールですが、使用するルアーなどもバス発祥のものが多いです。なので、同じようなウェイトのルアーやラインを快適に使える2500番台がおすすめなんです。

PEラインを使った遠投をする場合でも50m前後の範囲を狙う場合が多いため、ラインのキャパシティの少ない「シャロースプール」でも問題ありません。(2500Sなど)

 

大物が潜むフィールドでの釣りがメインとなる場合は、巻き取り量の多い「ハイギアモデル」もおすすめです。(2500HGなど)

ダイワ・シマノといった大手メーカーの定番リールは2500番台のハイギアモデルがラインナップにありますので、フィールドに応じた使い分けをしましょう。

大手メーカーの中価格帯以上のリールでは、自重や強度に重点を置いたモデルも多く販売されていますが、ロックフィッシュの場合はロッド自体の重量が多いため、軽量性はあまり気にかけなくともよいです。

 

逆に、磯場などのフィールドで大物を相手にすることが多い方には強度に重点を置いたモデルをおすすめします。

私は2500番台のリールで50アップのアブラコを問題なく釣り上げています。

ロッドやリールのパワーはある程度必要な釣りですが、3000番台はややオーバースペックなので選ぶ際は注意をしましょう。

 

ベイトリールの選び方・注意点

 

ロックフィッシュ用のベイトリールは専用の機種が少ないため、主に「バスフィッシング用のハイギアのベイトリール」を流用する場合が多いです。

そのため、海水での使用に対応しているリールを選ばなければ、後々リールのトラブルに繋がってしまいます。

塩分で錆にくく、なおかつ10lb〜20lbのフロロカーボンラインを100m前後巻くことができ、大型魚種にも対抗できるパワーのあるリールがおすすめです。

ベイトリールはスピニングリールに比べるとライントラブルなども多く、やや上級者向けの印象を持つ方も多いかもしれませんが、近年は技術の向上によりトラブルを極力抑えたモデルも数多く販売されています。

ダイワやシマノの大手メーかーからはデジタルによるブレーキ制御でバックラッシュなどのトラブルを最大限に抑えているベイトリールも販売されているため、予算に余裕がある際はこちらもおすすめ。

 

ベイトリールには、スピニングのような「番手」がありません。ただしハイギア・ローギアの違い、スプール経の違いはあるのでじっくり選ぶことをおすすめします。

 

ロックフィッシュに最適なスピニングリール

シマノ ナスキー 2500

 

ロックフィッシュに初めて挑戦する方に最適な、安価に購入できるスピニングリールの「ナスキー」。

1万円以下で買えるエントリーモデルながら、本格的なロックフィッシュに対応できる巻き心地や強度を兼ね備えています。

初心者はもちろん、中級者以上の方にもおすすめの汎用性が高いリールです。シーバスやメバリングなど他の釣りにも応用できます。

 

ダイワ フリームス 2506

 

専用リールを探している方には、ダイワのフリームスをおすすめします。

フリームスは1万円台ながら非常に高い剛性が売りで、ハードなソルトルアーゲームに対応している人気リールです。

重量が気になるものの、剛性を優先してロッドが作られていて重いモデルが多いので、なんだかんだバランス使うことができます。専用リールを探している方には最適の一台です。

この機種は私がロックフィッシュ用として初めて購入したスピニングリールで、年単位でタフに使用できました。

 

ダイワ セルテート 2506

 

メーカーの上位機種で、ロックフィッシュにおいても非常に強力に使えるのが「ダイワ セルテート」です。

フリームスに高い剛性と巻き心地、汎用性を加えた、最高峰のスピニングリールです。価格はやや高めですが、本格的に使用するには最適な一台ですね!

私は現在のロックフィッシュ用リールとして、2016年モデルを実釣で使用しています。

 

ロックフィッシュに最適なベイトリール

ダイワ タトゥーラ 103XH

 

バスフィッシング用として発売されているベイトリール「タトゥーラ」ですが、海水にも対応しており、ロックフィッシュでも十分使える性能を誇ります。

通常のハイギアモデルだけではなく、巻取り量の多いXHGモデルも販売されているため、こちらのモデルもおすすめ。

価格はベイトリールの中ではお手軽ですが、トラブルも少なく使用感も良いです。

 

アブガルシア ビッグシューターコンパクト

 

希少なロックフィッシュ専用のベイトリール、「アブガルシア ビッグシューターコンパクト」。

さすが専用モデルだけあって、パワーが強く巻取り量も多いため、大型狙いの磯ロックを中心に行う場合には最適な一台。

北海道や東北では、ロックスイーパーと併用したアブガルシアタックルを度々目撃します。

 

シマノ メタニウムMGL

 

シマノの販売する、汎用ベイトリール「メタニウムシリーズ」の最新モデル。

海水にも対応しており、巻取り量の高いモデルも販売されているため、導入している方も度々見かけます。昨年発売されたモデルのためデザインもかっこよく、どのロッドにも似合います。

現在購入を検討している最右翼のベイトリールです。

 

ロックフィッシュ用ラインの選び方

 

フロロカーボンライン

ロックフィッシュ用のラインは、主に「フロロカーボンライン」「PEライン」の2種類が使われます。

フロロカーボンラインは主にバスフィッシングなどにも使われるラインで、耐久性が高く比重が重いためラインが沈みやすい特徴があります。

基本的に海底や障害物周りに潜んでいることが多いため、ルアーを着底させやすくするためにはフロロが有利です。

また根ズレなどラインにダメージが入ってしまうケースもあるため、耐久性が高い点も評価できます。ライントラブルも少ないので、ベイトリールにも上手くマッチします。

 

PEライン

PEラインは複数の細いラインを紡いで作られる、細く強度の高いライン。主に遠投を必要とするソルトでの投げ釣りや、ルアーフィッシングで人気のラインです。

フロロが定番ですが、PEラインの場合は強度のわりに細いため、飛距離を伸ばすことができます。強度こそ高いものの、耐久性が弱いため根ズレなどが多く発生するフィールドでの使用は厳禁です。

ただしベイトで使用した場合はライントラブルのリスクが高いため、スピニングでの使用をおすすめします。PEは飛距離だけではなく、感度が高いため海底や障害物の状況を探るのにも適しています。

ロックフィッシュで使う場合は、通常の釣りよりも長めのショックリーダーが必須なのでこちらも注意です。

 

ラインの太さについて

 

フロロカーボンの場合

スピニングリールで使用する場合、6〜8lbの太さが定番です。小型を狙う場合は4lb前後のものでも良いですが、ハードロックの場合は最低でも6lbは必要です。

スプールのキャパシティーやターゲットのサイズを見て、最大8lbまで調整しましょう。

2500番台のスピニングリールの場合、8lb以上の太いラインを使うとトラブルが極端に多くなります。強度の高い太めのラインを使用したい場合はPEラインかベイトリールを使用するのが良いですね。

 

PEライン

スピニングリールで0.6から1号の太さが定番です。私は汎用性の高い0.8号のPEラインを使っていますが、50アップを狙う場合や重めのシンカーを使用する場合を除けば0.6号でも問題ないですね。

逆に磯や沖堤などの大型のロックフィッシュが潜むフィールドで釣りをする場合は、安心したやりとりをするために1号のPEラインがおすすめ。

ロックフィッシュの場合、根ズレの対策のために長めのショックリーダーが必須となります。

素材はフロロカーボンが定番で、PEラインの太さに合わせて12から16lbのものを使いましょう。長さは3m前後にし、マメに交換するとトラブルも少ないです。

 

ロックフィッシュにおすすめのライン

フロロカーボン シーガーR18 フロロハンター

 

シーガーが販売する人気のR18シリーズです。フロロカーボンラインの中でもしなやかでトラブルが少ない定番モデルです。

 

フロロカーボン シーガー フロロマイスター

シーガーが販売する安価なフロロカーボンラインです。320mで1000円台とお手軽価格です。マメに交換する必要があるベイトリールやショックリーダーにおすすめのフロロカーボンラインです。

 

ラパラ ラピノヴァ

ラパラが販売するルアーフィッシング用PEラインです。PEラインの中では価格も安く、品質も高いラインです。

 

おわりに

それでは以上、「ロックフィッシュに最適なリール・ライン」を自身の経験から紹介してみました!

比較的リーズナブルに購入できる機種もあるので、まずは手軽に初めて徐々に買い揃えていくことをおすすめします。ロックフィッシュは複数タックルを使い分けることが多いので、以前使っていたタックルも無駄になりません。

ただ、記事でも紹介したように大型を狙う場合は、必ずそれに耐えられるだけのタックルを購入してください。せっかく50cmアップのアブラコを掛けたのに、バレてしまった・・・では話になりませんからね。

 

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。それでは!

 

▼ロックフィッシュの「ロッド」についての解説はこちらから

ロックフィッシュロッドの選び方は?状況別のおすすめロッドを解説

2017.04.18
スポンサードリンク