【5万円以下】初心者向けロードバイクの選び方とおすすめ10選を紹介する【格安・激安】

 

「一度はロードバイクに乗りたい!」という方って結構多いと思いますし、僕もそうですが、ある程度安価な価格帯でどんなモデルの自転車に乗ったらいいのか、わからないですよね。

安いロードバイクは通勤・通学にも最適だし、休日のスポーツとしてもバッチリ利用できます。

でも「ロードバイクが欲しい!」というと、高いものだと100万円以上必要になるし、安いものでも「最低10万〜15万以上!」などとよく言われます。

 

「予算5万円までしか出せないんだけど」という方には、ロードバイクを買う資格はないのでしょうか?・・・否!世の中には、ちゃんと予算に見合った自転車というものが用意されています。

もちろん10万〜15万程度の価格帯の自転車と比べれば性能は落ちますが、5万以下で購入できるロードバイクもあります。

今回は5万以下という予算に絞って、できる限り性能の良いモデルをピックアップしてまとめてみました!

 

ロードバイクってどういう基準で選んだらいいの?

9a37a8ee5b8ccf4bce00cb5e4a2b9573_s

 

おすすめのロードバイクを紹介する前に、「失敗しないロードバイクの選び方」についてお話しておきます。

冒頭で紹介した通り、ピンからキリまで存在するのがロードバイク。基本的には出せる予算が少ないほど性能も落ちますが、必ずしも初心者に高スペックの自転車が必要になるわけではありません。

ここでは通勤・通学・休日のサイクリングで使用することを前提にして、「コンポ」「フレームの素材」の2つの基準について、簡単に説明していきます。

 

コンポーネント

thumb_IMG_1944_1024

 

自転車はあらゆるパーツによって性能が決まっていくんですが、主に駆動系・変速系パーツの総称である「コンポーネント」は一番見ておくべきポイントといっても過言ではありません。

駆動・変速パーツには「ディレイラー」「BB」「ギア」など、初心者にはあまり聞かないパーツが多数使用されています。

これらのパーツには自転車メーカーでは超有名な「シマノ社」のものが一般的に使用されているんですが、コンポの名前によって自転車のグレードが分かります。

 

安いロードバイクにはコンポ不明のものもたくさんあるんですが、今回紹介するモデルのなかには、無名モデルに加えてMTB用コンポの「TourneyTX」・ロードバイク専用の「SORA」が採用されているものも。

ロードバイク専用の高性能コンポとなると10万円以上の予算を出さなければ手にはいらないんですが、無名と比べて確実に変速性能はいいので、合わせてチェックしておきましょう。

 

5万円以下の自転車に性能を期待してはいけないのですが、コンポネートのパーツ名称不明のものはママチャリの変速パーツを流用しただけのものも多いので、出来れば上記コンポのどちらかを選びたいです。 

 

フレームの素材

thumb_IMG_5700_1024

 

自転車のフレームには様々な素材が使用されていますが、一般的な素材と特徴は以下。

 

材質重量剛性価格
クロモリ
スチール×
アルミ
カーボン×

 

カーボン製の自転車は最低でも20万以上しますので、5万円以下のロードバイクだとクロモリ・スチール・アルミが一般的です。

ママチャリなど安価なものは大抵スチールで作られており、5万円以下の価格帯だとクロモリorアルミが最も優秀だと言えます。

通勤・通学といった用途にのみ使用するなら軽いフレームのほうがいいのですが、用途によって一概に重量がある=悪、という構図にはなりません。用途によって選択しましょう。

 

軽量なフレームのほうがスピードは向上しますが、鉄製のクロモリは耐久性があるのと、万が一破損したときでも溶接して修理できるので、長距離の自転車旅行では人気の素材です。 

 

初心者向けのロードバイクおすすめ10選!

21Technology

51pA3ODWJRL
21Technology ロードバイク
フレームスチール
コンポ不明(シマノ製14段)
重量14.5kg
タイヤ700C

 

ロードバイクなのに、価格が2万円を切っているモデル。ママチャリと同等の価格でカッコいいドロップハンドルや泥除けが標準装備されています。

またこの価格で1年間の保証が付いているので、故意的な破損以外は対応してくれるようです。タイヤは27インチ経なので、通常よりもスピードが出ます。

といってもこの価格帯なので、少なからずトラブルがあるという話は聞きます。普通はこの値段でロードバイクが変えることはまずないので、仕方ありませんね。

「とりあえずドロップハンドルの付いたロードバイクに乗ってみたい!」という方には良いモデルです。

 

 

SAIFEI

SAIFEI SF-01 ロードバイク
フレームスチール
コンポSHIMANO製14段
重量15.2kg
タイヤ700×23C

 

最近ネットショップで話題になっている、2万円で購入できるロードバイク。

これ!という特徴はありませんが、ロードバイクとして最低限必要なスペックは全て兼ね備えていて、アフターサービスも比較的充実しているので万が一初期不良などがあっても対応してくれます。

「21Technology」と比べると利用者自体が少ないものの、初期不良の発生率も低いので最初のロードバイクとしてはこちらのほうが信頼性が高いといえます。

 

 

NEXTYLE(ネクスタイル)

81wGhQvOCZL._SL1500_
NEXTYLE(ネクスタイル) ロードバイク RNX-7007
フレームアルミ
コンポ不明(シマノ製7段)
重量12.8kg
タイヤ700×28c

 

何より、見た目がカッコいい3万円を切るロードバイク。タイヤのホイールが独特の形状をしている、いわゆる「ディープリム」が採用されています。

これは前方や横からの空気抵抗を全身する推進力に変えようとするもので、本来は競技用のロードバイクに採用されているものですが、この価格帯でも装備されています。

自転車の性能的にディープリムである必要はありませんが、カッコいいのでよしとしましょう。

最初、ロードバイクに乗る人は「かっこよさ」に憧れて購入する人が多いと思うので、見た目で選ぶ場合は一番いいんじゃないかなと。

 

 

CANOVER(カノーバー)

81C3kp4ugkL._SL1500_
CANOVER(カノーバー) クラシカルロードバイク CAR-013
フレームクロモリ
コンポSHIMANO TourneyTX(14段)
重量11.5kg
タイヤ700×25C

 

洗練されたデザインのロードバイク。

安価なロードバイクはフレームの素材がスチールの場合が多いんですが、このモデルは鉄製のクロモリを採用しており、耐久性がありながら11.5kgと軽量さが際立ちます。

これ以上の価格帯であれば、トラブルも少なく安心して乗ることが出来そうです。ネットでの評判も比較的高いので、デザインが気に入った方にはオススメ!

 

 

a.n.design works (エーエヌデザインワークス)

61Q-YMlgjnL._SL1200_
a.n.design works (エーエヌデザインワークス) 5014AL
フレームアルミ
コンポSHIMANO TourneyTX(14段)
重量12kg
タイヤ700×25C

 

アウトレット品を主に販売している、a.n.design worksのロードバイク。

個人的にデザインが非常にオシャレで、性能的にも4万円でお釣りが返ってくることを考えればコスパがよく良いモデルではないかと思います。

カラー展開が6色もあるので、手頃な値段でロードバイク気分を味わいたい人におすすめ。

 

 

TRINX(トリンクス)

81brbcD-UFL._SL1500_
TRINX(トリンクス) R600 ロードバイク
フレームアルミ
コンポSHIMANO TourneyTX(14段)
重量10.9kg
タイヤ700C

 

蛍光色のグリーンが眩しく光るロードバイク。信頼性の高いシマノ製パーツを装備していて、重量も10.9kgと軽めとなっています。

また、タイヤの取り外しが簡単に出来る「クイックリリース」が装備されているので、パンク修理も簡単に行えます。スポーツサイクルなら大体装備されていますが、この価格帯では珍しいです。

本格的なレースは厳しいですが、一度に100kg程度走行するサイクリングでは、このクラスのロードバイクを使用したいところ。コストパフォーマンスは非常に高いです。

 

 

アートサイクルスタジオ

アートサイクルスタジオ BENEFIUE-V2 ロードバイク
フレームアルミ
コンポSHIMANO TourneyTX(14段)
重量10.9kg
タイヤ700×23C

 

3万円台のロードバイクとしては性能がズバ抜けているモデルで、この価格でMTB用コンポの「SHIMANO Touney」、ハンドル部分で簡単な変速を実現する「STI」を装備。

重量も10.9kgと軽量。最も注目したいのはブレーキや細かいパーツまでシマノ製のものが使用されていて、なおかつ公開されていること。下手なパーツを使用していれば、絶対に公開できませんからね。

販売会社が日本にあって、ベテランでも「安いロードバイクに乗るなら、アートサイクルスタジオのものを選んどけ」とアドバイスするほど。性能・信頼性ともに同価格帯ではトップクラス!

 

 

CANOVER(ハイエンド)

car-012_re_side
CANOVER(カノーバー) ADOONIS(アドニス)
フレームアルミ
コンポSHIMANO TourneyTX(Claris14段)
重量11.7kg
タイヤ700×23C

 

上記で紹介したカノーバーロードバイクのハイエンドモデルで、予算5万円でギリギリ購入できる程度の価格で販売されています。

一番に目を引くのは空気抵抗を最小限に抑える「エアロホイール」。本来は競技等の状況で、空気抵抗を最大限減らす目的で作られています。

ちょうど後輪側に位置するフレームがえぐれるような設計になっています。全体のデザインともに、今回紹介したロードバイクの中では一番カッコいいですよね!

 

カノーバー(CANOVER)のロード・クロスバイクって実際どうなの?評判を調べてみた!

2016.04.29

 

TOTEM(トーテム)

TOTEM ロードバイク 15B408
フレームアルミ
変速14段変速
コンポSHIMANO SORA
タイヤ10.7Kg

 

5万円以下のロードバイクでは、大本命のモデル!

唯一この価格帯でロードバイク専用のコンポ「SHIMANO SORA」が取り付けられていて、他にもSTIやクイックリリースレバーなどロードに必要な機能を全て搭載。

重量も10.3kgと軽量で、それでいて4万円台で購入することが可能。「5万円以下でロードバイクを買うなら、TOTEMにしとけ」というアドバイスもよく聞きます。

 

初めてロードバイクを購入する人には最もおすすめできますし、今回紹介した自転車では一番コストパフォーマンスが高いです。利用している人も非常に多いのも特徴。

 

 

この中で特にオススメのロードバイクは?

a62759d38da90102b58a8234843f8de9_s

 

というわけで、以上「初心者にオススメのロードバイク」を紹介させていただきました!

ここで紹介したモデルは全て厳選して掲載してあるんですが、特に初心者におすすめのモデルをピックアップするならば、下記の3つのモデルになりますね。

 

 icon-chevron-circle-down 特におすすめのロードバイク

  • 2万円で購入できる入門用の「SAIFEI
  • 3万円台で購入できて、ロードバイクの基本を全て揃えた「アートサイクルスタジオ
  • 5万円以内で買えるロードバイクで、ブッチギリでハイスペックの「TOTEM

 

とはいっても、日常的な使用なら1万円代のロードバイクで問題ないことも事実なので、それぞれの予算に合わせて購入してください。

 

ぶっちゃけ言うと、ロードバイクって本格的に乗りたいのであれば、20万円以上は出したほうがいいんですよね。

なぜなら、「最初は毎日乗ろうと思ったけど、飽きた!(笑)」という人が多いから。

それだったら10万円程度の自転車を買う前に、最初はお試しで5万円台のロードバイクを買ってみて試してみる、ぐらいのほうが最終的にはオトクです。

 

ぜひ、お気に入りのロードバイクを購入して素敵な自転車ライフを送ってくださいね。それでは!

スポンサードリンク