タチウオ(太刀魚)の卵って食べれるの?煮付けのつくり方【釣魚料理】

thumb_IMG_0915_1024

 

タチウオを釣って捌いたとき、頻繁に「卵」を見かけるかと思います。

そもそも夏〜秋の晩に、産卵のために接岸してくるから堤防からも釣れるようになるんですが、そういえばタチウオの卵って食べれるんだっけ?と思って実際に調理してみることにしてみました。

実際に食べてみましたが、普通に美味かった!とある事情によってタチウオから頻繁に卵が出てくるので、ぜひ試してみてください!

 

 

タチウオの卵煮付けの材料

thumb_IMG_0911_1024

 

タチウオの卵は新鮮なものであれば生でも食べれるそうですが、内臓系は足が速いので本当に釣りたてのもの以外は手を出さないほうがいいですね。

煮付けだったらすぐに調理して食べれるし、美味しいのでおすすめですよ。

酒のアテとして最高なので、ぜひぜひ。

 

用意するもの 必要な量
 タチウオの卵 3個
 しょうゆ 大さじ3杯
 みりん 大さじ2杯
 砂糖 小さじ1杯
 しょうが 大さじ1杯
 料理酒 大さじ2杯

 

材料は基本的に適当で、味を見ながら量を調整していきます。

今回は卵の量が少なかったので、全体のタレの量も少なめです。ギリギリ浸るぐらいで問題ないです。

 

タチウオの習性・特徴など

thumb_IMG_0882_1024

 

これが今回釣ってきたタチウオ。

これはたくさんの料理が作れそうだと、3枚下ろしにしたところ・・・

 

thumb_IMG_0883_1024

 

3尾釣ったうち、全てのタチウオから卵が出てきたので料理してみることにしました。

食べられるかどうかもわからなかったけど、なんとかなるでしょうと。

タチウオって途中で性転換する魚らしく、メスの割合のほうが多いそう(メス:3、オス:1)なので頻繁に釣っているとたくさん卵が出てくるかと思います。これを料理できたら最高ですよね。

 

タチウオの卵の煮付けレシピ・料理法

thumb_IMG_0889_1024

 

そんなわけで、早速タチウオの卵を調理していきましょう!

今回は無難に煮付けにするので、恐らくアタる心配もないし簡単に作れることでしょう。普通に上手いはず。

最初はタチウオを捌いたあと、卵を綺麗に取り出して別の皿により分けておきます。

 

thumb_IMG_0891_1024

 

次につまようじを用意して、血合いを綺麗に取り除いていきます。

卵周辺にはたくさん付いていてとても生臭いので、この地道な作業が重要になってきます。多少皮を傷つけてしまっても大丈夫です。

 

thumb_IMG_0892_1024

 

これでもまだまだ生臭いので、料理酒にしばらく浸けこんでおきます。

こうすることで一気に臭みが抜け、美味しくなります。この間に身の料理をしておきましょう!

 

thumb_IMG_0910_1024

 

続いて、煮付けのタレを作っていきます。

冒頭で紹介した材料を入れながら、味見しつつ軽く煮立たせます。すでにいい匂いが漂ってくる・・・。

 

thumb_IMG_0912_1024

 

あとは卵を投入し、蓋をしてしばらく煮れば完成ー!超簡単だー!

 

thumb_IMG_0915_1024

 

タチウオの卵の煮付け、完成です!味は・・・普通に美味しい!

てっきり珍味かとおもいきや、しっかり煮付けの味がついていて「普通に」美味しいです。これはご飯が進む!

格別に上手いわけではないし、どこかで食べた味に思えるけど美味しい。次からはタチウオから卵が出てきたら、絶対に煮付けにしようと思います。レギュラー化決定!

 

釣ったタチウオから高確率で卵が出てくると思うので、ぜひ試してみてください。普通に美味しいですよ!それでは。

 

【過去のタチウオ料理レシピ一覧】

タチウオ(太刀魚)のおすすめ料理・レシピランキング【釣魚料理】

2016.08.22

 

どうやってタチウオを爆釣すればいいかわからない人は、下記記事が参考になりますよ!

これまでたくさんのタチウオを釣ってきた方法論などをまとめています。ぜひぜひ。

 

簡単にタチウオが爆釣!?ワインド釣法のコツとタックルについて【釣り方解説】

2016.08.08
スポンサードリンク