タチウオ(太刀魚)のおすすめ料理・レシピランキング【釣魚料理】

thumb_IMG_0697_1024

 

タチウオは釣って楽しく、食べて美味しい魚としてあらゆる人に人気の魚種です!シーズンになると、それはそれは多くの人が堤防に押し寄せます。

最近はシーズンということもあって釣りまくっているんですが、同時に様々な料理を作ってみました。タチウオってシンプルな白身魚だから、色々な料理に合うんですよね〜。

今回は、タチウオ料理をたくさん試した料理方法のなかでも、特におすすめのレシピをランキング形式で紹介していきたいと思います!それではいってみましょー!

 

 

1位:タチウオの梅しそ巻き

thumb_IMG_0701_1024

 

タチウオのレシピランキング、堂々の一位は「梅しそ巻き」です!

白身のタチウオに梅・しそを巻いてグリルで焼き上げることで、ただシンプルなだけでなく魚そのものの旨味と酸味が交じり合い、言葉では表現し得ない味に仕上がります。

調理料は一切使用してないので、素材の味は活きてるんですよ。が、全く違うベクトルの梅しそが混ざることで、これまで感じたことのない新しい世界に連れていってくれるような(?)味になります!もはや自分でも何を言っているのかわかりません。

 

梅しそ巻きに必要な材料・調味料

thumb_IMG_0690_1024
用意するもの 必要な量
 タチウオ 2尾分
 梅肉 適当
 大葉 適当
 油 適当

 

他の料理に比べると、少ない材料・短い時間で仕上げることが出来ます。

忙しい人でもおすすめ出来る料理です。

 

具体的な調理方法

タチウオ(太刀魚)の梅しそ巻き(グリル串焼き)のつくりかた【釣り魚レシピ】

2016.08.14

 

thumb_IMG_0695_1024

 

材料さえ揃えれば意外と簡単に作ることが出来たし、タチウオの本気というか真髄が垣間見えた料理でした。

まずは定番の刺身・ムニエル辺りから入って、最後に梅しそ巻きを持ってくると感動が数倍に跳ね上がります。ぜひお試しあれ。

 

2位:タチウオの刺身

thumb_IMG_0555_1024

 

第2位は、タチウオの刺身!これはまぁ、定番ですよね。

シンプルな白身にコリコリした皮が合わさって、かなり上品な味がします。高級なお寿司屋さんに行けば、シーズンなら食べられることも。

タチウオ自体臭みが少ないし、秋口になると大型化して脂が乗るのでさらに美味しくなります。シンプルに甘い、って感じです。

 

thumb_IMG_0536_1024

 

釣りたての魚を食べられるのは釣り師の特権なので、大きめのものを釣り上げたらまず試したいですね。

タチウオを3枚下ろしにして、あとは短冊状に切っていくだけです。

 

3位:タチウオの蒲焼き

thumb_IMG_0552_1024

 

タチウオのレシピ、第3位はタチウオの蒲焼き!

この後紹介するムニエルに一手間加えるだけで、全く違う味になります。うなぎの蒲焼きとは違い、フワフワしすぎていないので苦手な方でも美味しくいただけると思います。

この蒲焼き、ご飯が進むわ進むわ・・・タチウオは基本的にシンプルな味付けに向いているので、ガッツリ食べたいと思ったときには蒲焼きが一番いいと思います。

 

蒲焼きに必要な材料・調味料

thumb_IMG_0542_1024
用意するもの 必要な量
 タチウオ 2尾分
 小麦粉 適当
 しょうゆ 大さじ2杯
 料理酒 大さじ1杯
 みりん 大さじ1杯
 砂糖 大さじ2杯
 サラダ油 適当

 

ムニエル状態のものから一手間加えるので、調理に少し時間がかかります。

またタレを漬けすぎると辛くなるので、工夫が必要です。美味しく作るには少しコツがいるかも?

 

具体的な調理方法

タチウオの刺し身・蒲焼き・骨せんべいをつくってみた!【釣り魚レシピ】

2016.08.06
thumb_IMG_0549_1024

(同じ手順でムニエルも作れます。)

 

タチウオのシンプルな料理に飽きてきたら、少し方向性を変えて試してはいかがでしょうか。

 

4位:タチウオのムニエル

thumb_IMG_0462_1024

 

第4位はタチウオのムニエル!

簡単な手順で作ることができ、多少生臭くても美味しくいただくことが出来ます。シンプルな白身なのでムニエルとの相性は抜群。ご飯が進む!

タチウオは身の大きさから比べると骨が多めなので、ぶつ切りではなく3枚下ろしにしてから調理すると骨の不快さもなくサッと食べることが出来ます。

 

ムニエルに必要な材料・調味料

thumb_IMG_0447_1024
用意するもの 必要な量
 太刀魚 1尾 4切れ分
 オリーブオイル 適当
 料理酒 少々
 塩コショウ 少々
 小麦粉 身に全部まぶせる程度

 

具体的な調理方法

超激ウマ!タチウオ(太刀魚)のムニエルをつくってみた【釣り魚レシピ】

2016.08.04
thumb_IMG_0457_1024

 

タチウオの料理に困ったら、まずはムニエルを作ってみるといいです。

ありきたりといえばありきたりですが、定番なので。とりあえずムニエルを作ってみて、趣向に合わせて変えていくといいかと。

また、小型のタチウオでもなんとかなるのがムニエルの魅力。大きければ刺身・梅しそ巻にして、小さいやつはムニエルがおすすめ。

 

番外編:タチウオの骨せんべい

thumb_IMG_0557_1024

 

タチウオの魅力は、骨までほぼ全ての部位を食べられること!柔らかいから2度揚げしないでもOK。

骨せんべいは油で素揚げするだけでいただけるので、他の料理と一緒に食べると美味しいですよ。焦がしすぎないのがポイント。

ちょっとしたおやつとしても最適です。味付けもちゃんと魚の旨味が出るので必要ないし、足りなければ少量の塩を足す程度でOK。

 

おわりに

というわけで、タチウオのおすすめレシピをランキング形式で紹介してみました。

シーズンになると大量に釣ることが出来るタチウオですが、一々料理方法に迷うことになると思います。ぜひ、これらのレシピを参考にしてもらえると嬉しいです。

とはいえこれでも少ないほうだと思うので、これからも料理のバリエーションを増やしていきたいと思います。一度始めると面白くて仕方がない。

 

それでは!

 

タチウオを短時間で大量に釣る方法

もし「タチウオをもっと食べたいけど、釣り方がいまいちわからん!」という人は下記の記事を見てみてください。

時合を読んで下記の釣り方「ワインド釣法」をすることで、1時間に10匹以上の成果を上げることができます。時間がない人ほどいいかと。

 

簡単にタチウオが爆釣!?ワインド釣法のコツとタックルについて【釣り方解説】

2016.08.08
スポンサードリンク