小豆島を徒歩で一周(150km)してわかった!絶景が楽しめる「裏」スポットまとめ

 

神戸・姫路から気軽にアクセスでき、昔ながらの風景が広がる「小豆島」は観光客が多く、非常に人気の離島となっています。

定番の「寒霞溪」「エンジェルロード」「道の駅小豆島オリーブ公園」を中心に、絶景を楽しめる場所が各地にあります。1日中回っても飽きないです。

しかし!有名メディア・雑誌が取り上げるような定番の観光場所以外にも、絶景を楽しめる「裏スポット」が島内にたくさんあるんです!

今回は、「実際に小豆島を徒歩で一周(総行程150km)してわかった、裏絶景スポット」を紹介していきたいと思います。本当の意味で小豆島を満喫したいなら、必見です!

 

 

1.桜の季節に訪れたい「栗地ダム公園」

 

春先に小豆島に来たのなら、真っ先にやってきたい場所が「栗地ダム公園」。

寒霞渓へと登っていく道の近くにあるんですが、ダムから直進すると行き止まりになってしまうため、知らない人のほうが多いかもしれません。

ダムから小豆島の海・山・桜を同時に見降ろすことができる、まさに「裏」絶景スポットにふさわしい場所です。小豆島は神戸・姫路よりも早咲きの桜が多く、4月1週目には散り始めてしまうため注意が必要!

 

 

到着時にはすでに桜が散り始めていたんですが、それでも圧巻の光景を楽しむことができます。

桜が舞い散るつづら折りを抜けると・・・。

 

 

見よ!これが小豆島のの絶景だ!

公園には芝生が生えているので、シートを敷いてキャンプを楽しむもよし、ごろ寝して昼寝するもよし。

周囲には騒がしい道路も何もないので、春のそよ風を楽しみながら静かに過ごすことができます。まさに、小豆島の魅力を詰め込んだ場所といえるでしょう。

 

  • 名称:栗地ダム公園
  • 住所:香川県小豆郡小豆島町安田1771

 

2.”君の名は”感のある景色「基石山」

 

小豆島の「海」を満喫したいなら、ぜひ山を登って「基石山(ごいしさん)」へアクセスしよう!

お遍路の札所にもなっている場所で、高台に立つと小豆島の街並み・海をすぐそばで見降ろすことができます。この写真、どこか「君の名は」感があるのは気のせいかな・・・。

神戸から来るフェリーの発着港の”坂手港”の近くにあるので、最初に訪れる場所としてもおすすめ。

 

▲周辺には「讃岐100景」にも選ばれた高台があり小豆島の海を見降ろすことができる。電線が邪魔・・・!

 

  • 名称:第二番札所 基石山
  • 住所:香川県小豆郡小豆島町苗羽甲2254

 

3.桜の早咲きが有名な「常光寺」

 

小豆島は「桜」が魅力的な場所ですが、①番と同様に素敵な場所がもう一つあります。

それが、桜の早咲きで有名な「常光寺」。こちらも小豆島お遍路の舞台となっていて、毎年2月下旬には桜が咲き始めるため各地のメディアがこぞって訪れます。

早咲きの桜はこの場所にしかなく、専門家が観察するも品種が不明なため「ジョウコウジザクラ」という名前が付けられました。4月に訪れても綺麗な桜が見られますが、ぜひ2月〜3月に訪れたら桜を見に来てみてください!

 

▲これが噂のジョウコウジザクラ。残念ながら4月中旬に訪れたため、全て散ってしまっていた。

 

  • 名称:第八番札所 常光寺
  • 住所:香川県小豆郡小豆島町苗羽甲1529

 

4.大量の灯籠が立ち並ぶ「西ノ瀧」

 

小豆島で一風変わった景色を見たくなったら、ぜひ「西ノ瀧」へアクセスしてみてください。

島内にあるお寺の中でも一際目立つ存在で、大量の灯籠と小豆島の海を同時に画面に収めることができます!写真好きな人にはぜひ訪れてほしいです。

さらに洞窟状になっている本堂を進むと、霊水の「龍水」をいただくことができます。神秘的な体験をすることが可能・・・!

 

▲寺院の入り口から門を眺める。大量の灯籠が寺院らしい雰囲気を放っている。

 

 

西ノ瀧へいたる途中の道を振り返ると、小豆島では定番の「エンジェルロード」を含めた絶景が見られます!

ただし未舗装路の遍路道を進まなければ見られないため、移動には注意が必要です。

普通の観光客はここまで来ないため、絶景を独り占めにできます。有名な観光地に飽きたらぜひアクセスしてみることをおすすめします!

 

  • 名称:第四十二番札所 西ノ瀧
  • 住所:香川県小豆郡小豆島町大石558

 

5.さぬき百景 福田海岸 高台

 

小豆島の東部にある、”讃岐100景”に選ばれた絶景スポットの「福田海岸」。

周辺には姫路から高速フェリーの往来がある「福田港」があって、高台からフェリーを含めた絶景が撮影できます!

周囲にはコンビニ等の施設はありませんが、それゆえに静かな海を独り占めにできます。有名な観光地が一切ないので、観光客が少ないどころか全くいませんでした。(笑)

 

 

高台から瀬戸内海の眺望を楽しむことができます。周囲の島々がまさに瀬戸内らしさを醸し出していて、美しい・・・!

山を登れば高台が数ヶ所に設置されていますが、周囲を歩き回った限り東海岸を眺められるのはこの場所だけでした。

小豆島の南部・西部で撮影された海岸の写真は無数に各雑誌で紹介されていますが、東部の写真は非常に貴重なので、ぜひ立ち寄って写真撮影してみてください!

 

  • 名称:さぬき百景 福田海岸
  • 住所:香川県小豆郡小豆島町福田周辺

 

おわりに

というわけで、以上「実際に歩き回ってわかった!小豆島の「裏」絶景スポットまとめ」を紹介してみました。

小豆島へ旅をするとき、情報収集をしていたんですが、定番観光スポットを紹介した雑誌・記事は大量にあるものの、人に知られていない絶景スポットを紹介した記事があまりにも少ない!

そこで、「総行程150kmの小豆島歩き遍路の旅」をしながら、実際に自分の足で発見したスポットをまとめてみました。いずれも知られていないので人が少なく、雄大な景色を独り占めにできます。

 

ぜひぜひ、これらの場所へも自分の足で訪れて満喫してみてください。せっかくのどかな島なんだから、静かな場所で景色を堪能しないと損です!

ではでは!

 

▼「小豆島歩き遍路の旅ってなに?」と気になった方はこちら。

お手軽遍路へ行こう!小豆島八十八箇所遍路の歴史・ルート・予算・持ち物など全まとめ

2017.04.08

スポンサードリンク