【上級者向け!】巨大青物ショアジギングに必要な最高級ロッド・リールまとめ

 

ショアから巨大青物を仕留める!これぞ漢の夢、ロマンの中のロマンですよね。

ライトなタックルでメタルジグを投げる「ライトショアジギング」が最近流行っていますが、その中には「さらに本格的に巨大な青物を釣りたい!」と思っている人も多いはず。

基本的に80cmのブリぐらいまでならシーバスロッドで取れますが、巨大な青物や地磯などラインが擦れやすいエリアでは厳しいです。

今回は、これから本格的に「ショアジギング」を始めるにあたって、事前にどのようなタックルが必要か?予算別にどんなタックルがあるのか?を調べてまとめたので、公開したいと思います。

これから青物釣りをする人、ステップアップしたい人の参考になれば嬉しいです。それではいってみましょー!

 

ショアジギングに必要なタックルのスペックとは?

 

20g〜40g程度までのメタルジグを扱う「ライトショアジギング」では、ルアーの重量が軽く対象魚もそれほど大きくないため、シーバスタックルでも十分行うことができました。

全体的に強いアクションは必要ないので、リールの剛性が求められるでもなし。

周囲に根ズレするエリアがなければ、PE0.8号〜1号程度でもブリを取り込むことができます。(ただしやり取りにかなり時間がかかる。(笑))

 

 

シーバス用の鉄板バイブやスピンテールなどのルアーを使うこともあって、「強めのシーバスタックルを使う」という認識でOKだったんですが、巨大青物を釣るとなると話が変わります。

潮流の早いエリアで100gのメタルジグを投げたり、根擦れの起きやすい「地磯」「テトラ帯」などの場所を想定してタックルを組むため、最低限の剛性がなければ話になりません!

ロッドは粘りがあって強いもの、リールも剛性がありライン糸巻き量が多く、さらに「最大ドラグ力」が青物のパワーに負けないものが必要となります。

 

ライトタックルからすると、もはや別次元・・・例えるなら軽自動車と10tトラック並の違いがありますね。(笑)

対象魚は、20kg超までのブリ・ヒラマサ・シイラ・カンパチ・ヨコワ(マグロの幼魚)など、ロマンあふれる・・・というか、「もはやロマンしかない魚」を想定しています。w

今回はこれらの条件で、ガチで青物を取るためのタックルをまとめていきますよ!

 

ショアジギングに最適なロッドまとめ

まずショアジギングに必要なロッドですが、「遠投してなんぼ」の釣りなので、100g超のメタルジグ・およびプラグを遠投するロッドパワーが必要となります。

ソルトルアー用のロッドで「最大100g超まで投げられる」ものは専用ロッドしかないので、ショアジギング専用の竿を購入するのが一般的でしょう。

シーバスやライトゲームと比べるとラインナップが少ないんですが、それでもいくつかのメーカーからショアジギング専用ロッドが発売されています。

 

【ショアジギング専用ロッドに求められる性能】

  • 超巨大青物と対等にやり取りのできるロッドパワー・粘り
  • 100g超のジグ・プラグを遠投できるパワー・しなやかさ
  • 長時間ルアーを投げ続けることのできる軽量性

 

手軽に青物を狙う!ミドルクラスロッド


シマノ ロッド コルトスナイパー S1000XH-3

  • シマノのミドル級ショアジギングロッド
  • ルアー重量:MAX100g
  • 定価:40,000円

 

ショアジギングのロッドといえば、やはり「シマノ コルトスナイパー!」という人が多いと思います。

実際、青物狙いのショアジギングに行くと多くの人がこのロッドを使用しているという。間違いなくコストパフォーマンスはいいです。

ショアジギングを始める場合、まずこのロッドを買ってみて感触などを確かめてから、必要であればハイエンドに移っていくという方法が一番安牌といえます。

 

ただし、モデルによって100g超まで対応するのものもありますが、実際に持ってみるとガチンコで巨大青物を釣るロッドとは大きく異なることがわかります。

まず全体的に竿が細いのと、思いのほかバットまですぐ曲がる。本格ロッドはよほど負荷をかけないと最後まで曲がらないんですよ。

中型青物は問題なく獲れるが、10kg級のヒラマサや20kg級のキハダマグロなどはまず難しいといってよいです。

 

 

アイテム全長(m)継数(本)仕舞(cm)自重(g)ルアー重量プラグ重量ラインPE(号)本体価格(円)
S906H2.92149.5294MAX80MAX100MAX435800
S1000H3.052157313MAX80MAX100MAX436400
S1006H3.22164.3314MAX80MAX100MAX437000
S1000MH-33.053106.7278MAX60MAX80MAX338500
S1000H-33.053106.7282MAX80MAX100MAX439000
S1000XH-33.053106.7289MAX100MAX120MAX540000

 

 

ダイワ ジグキャスターMX 106H

  • ダイワのミドル級ショアジギングロッド
  • ルアー重量:MAX120g
  • 定価:28,000円

 

シマノと同じく、ショアジギングを始めるにあたってまず購入を考える「ジグキャスターMX」。

コルトスナイパーよりもブランクスが柔らかめで、大物には不向きな印象。モデルによっては最大ルアー重量120gまで投げることができます。

こちらのほうが1万円程度安いので、予算の問題が許せば「コルトスナイパー」、より安価がよければ「ジグキャスターMX」という選択もアリ。

購入する場合は、想定しているモデルよりも少し硬めのものを買うといいかも。無論、地磯でのショアジギングなら「106H」が一番ですね!

 

アイテム全長(m)継数(本)仕舞(cm)自重(g)ルアー重量プラグ重量ラインPE(号)本体価格(円)
90MH2.74214224525~90-1.0~3.025500
96M2.9215020510~60-1.0~2.026000
96MH2.9215026025~90-1.0~3.026500
106MH3.2216528025~90-1.0~3.027500
106H2216530540~120-1.5~4.028000

 

 

超大物を獲る!巨大青物専用ロッド

シマノ コルトスナイパーエクスチューン S1002H

  • シマノの最高級ショアジギングロッド
  • ルアー重量:MAX100g
  • 定価:62,100円

 

ショアジギングの人気ロッドである「コルトスナイパー」のハイエンドモデル。

他社の高級ショアジギングロッドと比べると、持ってみた感じは最もパワーのあるモデルですら柔らかめな印象があります。

シマノのブランクスは強靭なので、細い・柔らかいからといってパワーがないわけではないんですが、モンスターロッドと比べると不安が残るかなぁと。

ただし無闇に硬いからいいというものではなくて、使う本人に竿を上手く曲げられるパワーがないと無用の長物となってしまいます。

本格青物ロッドの多くは人と魚とのガチンコファイトを想定して作られているものが多く、その中では扱いやすいなぁといった印象。一応、公式では10kgまで対応できるらしい。

 

 

アイテム全長(m)継数(本)仕舞(cm)自重(g)ルアー重量プラグ重量ラインPE(号)本体価格(円)
S1006H/PS3.22164.8364MAX100MAX120MAX463700
S1002H3.12159.7356MAX100MAX120MAX462100
S908XH2.952152.1347MAX120MAX150MAX562100

 

 

ダイワ ショアスパルタン 100XHH

  • ダイワの最高級ショアジギングロッド
  • ルアー重量:MAX150g
  • 定価:59,000円

 

ダイワ・ショアジギングシリーズのハイエンドモデル、「ショアスパルタン」

入門~ミドル級のロッドは比較的柔らかいモデルが多いですが、このショアスパルタンだけは異常に硬いです。もはや物干し竿。

モデルによりますが、最も硬い「100XHH」はパワー・重量ともに最高クラスで、硬いのはいいが竿でいなせるほど人間側に力があるか?が大きく問われます。

よほど豪腕という人でない限り、このロッドを扱うのは難しいといえます。もう一つライトなモデルは持ち重り感もそれほどなく、適度なパワー・軽量性が備わっているので初心者にも扱いやすいです。

「これ!」という特徴はないけれど、スペックの割にお買い得なので大型青物の入門にはおすすめ。ただし、20kg超の青物をいなせるパワーはありません。

 

▲有名釣りYoutuberの「釣りよか」もショアスパルタンを利用している

 

アイテム全長(m)継数(本)仕舞(cm)自重(g)ルアー重量プラグ重量ラインPE(号)本体価格(円)
106MH3.21216525020-7025-901.5-357000
100H3.06215825020-8030-1002-457000
96HH2.9215034530-10040-1203-557000
103HH3.13216236530-10040-1203-558000
100XXH3.05215748540-150-4-659000

 

 

がまかつ LUXXE JETBULL 110XH

  • がまかつの最高級ショアジギングロッド
  • ルアー重量:MAX120g
  • 定価:78,000円

 

有名釣り具メーカー、がまかつのモンスターロッド「JETBULL」

大型青物専用設計で、現在発売されているショアジギングロッドの中では、一二を争うほどパワーがあります。

グリップ部分に凹凸形状の細工が施されており、パワーファイトでも滑りづらく加工されています。なかなか特徴的な竿。

バットは極太で、相当パワーをかけない限りは最後まで曲がらないです。それでいて同クラスのロッドより持ち重り感が少なく、初心者でも疲れづらいと感じました。

ちなみに、この竿でがまかつの店員さんは10kg級のヒラマサ、20kg級のキハダマグロを何本も上げているそうなので、パワーはお墨付きとのこと!要検討すべきロッドの一つです。

 

アイテム全長(m)継数(本)仕舞(cm)自重(g)ルアー重量プラグ重量ラインPE(号)本体価格(円)
93XH2.82214736560~120-3~572500
110XH3.352174.539060~120-3~578500
98XXH2.952153.539080~150-4~674500

 

 

がまかつ LUXXE ショアゴリラ 100XXH

  • がまかつのプラグ用ショアジギングロッド
  • ルアー重量:MAX150g
  • 定価:55,000円

 

JETBULLよりもティップを中心にブランクスが柔らかく、プラグに特化したモデルです。

パワーも、どちらかというとライト寄りなので超巨大青物には向かないが、プラグの操作性は抜群。この竿でも、条件さえ合えば20kgのキハダマグロを取り込めるんだとか。

より汎用性が高いのはJETBULL、プラグに特化したい場合はショアゴリラがよいですね。ちなみにがまかつの店員さんは、地磯からヒラマサを狙うなら「JETBULL」がおすすめとのこと。

 

アイテム全長(m)継数(本)仕舞(cm)自重(g)ルアー重量プラグ重量ラインPE(号)本体価格(円)
96XH2902150.5375-50〜1204〜652000
100XH3052158380-50〜1204〜653500
100XXH3052158410-60〜1505〜855000

 

 

MCワークス WILD BREAKER 102WR SP⑭

  • MCワークスの最高級ショアジギングロッド
  • ルアー重量:MAX150g
  • 定価:53,000円

 

知る人ぞ知る、オーダーカスタムも可能な国産ブランクスの大型青物・ヒラスズキ専門のメーカー「MCワークス」のロッド

ここ最近はショアジギング界隈で人気が出てきたらしく、品薄になっているので見かけたらすぐ購入したほうがよいです。オーダーの場合は10ヶ月以上も必要なほど。

各モデルごとに製造する期間が決まっているらしく、年によって製造モデルが変動するため注意が必要。

ガチガチなモデルではありませんが、比較的細身ながらパワーがあって軽量。20kg以上のキハダマグロ・GTをショアから狙う「Raging bull」というモデルもあります。ただし、こちらはさらに品薄なので注意。

実際に竿を曲げさせてもらいましたが、非力なため竿の6割程度のパワーしか発揮できず筋肉痛になりそうに。初心者にはとても取り扱えそうにないです…。(笑)

 

アイテム継数(本)ルアー重量(g)パワー(kg)ラインPE(号)本体価格(円)
WB 102WR2max1509kg4-653000
WB 100SV2max1007kg3-553000
WB 106HS240-1006kg3-453000
WB 100HS240-1006kg3-452000
WB 113R2max805kg2-352000
WB 113R/S2max805kg2-352000
WB 106R2max805kg2-351000
WB 106R/S2max805kg2-351000
WB 96R2max805kg2-350000
WB 96R/S2max805kg2-350000

 

 

テンリュウ パワーマスター Heavy Core PMH110H

  • テンリュウの最高級ショアジギングロッド
  • ルアー重量:MAX100g
  • 定価:76,000円

 

国産ブランクスで自社釜製造、ガチガチのモンスターロッドの一つ「テンリュウ パワーマスター」

ブランクスにカーボンナノチューブを採用しているので、剛性が高い分重くなっています。それを現状では採用数が少ない軽量ガイド「トルザイトリング」で相殺しているんだとか。

他のロッドよりもガイド数が多いんですが、これはトルザイトリングの恩恵を受けながらライン抵抗を極限まで収縮し、飛距離を向上させているため

大型青物用のヘビーコアシリーズのみ、リールシート・バット部にはカーボンシートで「西陣織」のデザインが施されており、大変美しいです。

ショアジギングロッドは全般的に差別点が少ないですが、このロッドに関しては秀でている点が多く要検討のロッドの一つです。

 

アイテム全長(m)継数(本)仕舞(cm)自重(g)ルアー重量プラグ重量ラインPE(号)本体価格(円)
PMH96H2.892148387Best80/Max100MAX502-472000
PMH96HH2.892148399Best100/Max120MAX603-573500
PMH100H3.052156407Best80/Max100MAX502-475000
PMH100HH3.052156418Best100/Max120MAX603-575500
PMH110H3.352171433Best80/Max100MAX502-476000
PMH130H3.962138544Best80/Max100MAX502-480000

 

 

ヤマガブランクス BlueSniper 95H

  • テンリュウの最高級ショアジギングロッド
  • ルアー重量:MAX150g
  • 定価:45,000円

 

国産ブランクス・自社釜メーカーの雄、「ヤマガブランクス」の定番ショアジギングロッド。

「実売4万円程度の価格で、この性能!?」と驚くことが多く、国内生産でネット上では「高コストパフォーマンスロッド」として非常に人気の竿。

「910H」「106HPS」が巨大青物対応ロッドで、それぞれH表記となっているが実際のパワーはHH並みです。

 

Newモデルには「ナノアロイブランク」を採用しており、強度とリフトパワーが向上しています。

それでいて全体的に軽量であり、持って見た感じ「重っ!」とはなりづらかったです。ただ、その他メーカーの400g級ロッドのパワーには引けを取ります。

曲げて獲る竿であること、またロッドとリールを工夫しても15kg超までが対象になることをを加味しながら購入を検討する必要があります。

そもそも、ヤマガのショア青物のラインナップに超大型対応のロッドはないので、メーカー側がそこまで想定していないものと思われます。

逆に超大型青物を狙うのでなければ、非常に優秀なロッドです。対象魚を吟味する必要がありますが、10kgまでの青物を想定するなら第一に検討すべき竿ですね。

 

 

アイテム全長(m)継数(本)自重(g)ルアー重量プラグ重量ラインPE(号)本体価格(円)
97MMH2952296g〜100g〜60gMAX448000
100MH3072307g〜120g〜80gMAX449000
106H PS3212325g〜130g〜100gMAX553000
910H3032326g〜150g〜120gMAX551000

(表記のデータは2017年3月発売の新モデル)

 

ショアジギングに最適なリールまとめ

ロッドを選んだら、次はリールを決める必要がありますね!この釣りでは竿同様「パワー」がものを言うので、リール自体の剛性と最大ドラグ力、そして糸巻き量が重要となります。

そもそも大型リール自体のラインナップが少ないのと、安いリールを使うとすぐにぶっ壊れるので「ショアジギング専用・対応」のものを購入する必要があります。

ミドル〜ハイエンドでは非常に選択肢が少ないですが、逆にある程度購入するモデルが決まっているので、それほど悩まなくてもいいかも?

 

【ショアジギング専用リールに求められる性能】

  • 超巨大青物とやり取りのできる巻取りパワー・最大ドラグ力
  • PE3号を300m以上巻けるスプール
  • 激しい動きにも耐えられる剛性
  • 素早くルアーを回収できるハイギア(HG)仕様

 

手軽に青物を狙う!ミドルクラスリール


シマノ 13 バイオマスターSW8000HG

  • シマノのミドルクラス大型リール
  • 最大ドラグ耐久力:13kg
  • 定価:37,900円

 

現状、巨大青物に対応するリールでミドルクラスの製品が「バイオマスターSW」ぐらいしかありません。

ラインナップは幅広くて、マグロキャスティングにも利用できる10000番まで用意されています。実売価格は2万円前後。

巻き心地、重量、最大ドラグ性能など超巨大青物を狙うのであれば問題ないレベルで、気軽に青物ゲームを初めてみたい人にはピッタリというか、これしか選択肢がありません。(笑)

ただし、触っているとリールの剛性が気になったことが何回かあり、万が一超巨大青物を掛けたときに満足できるレベルでパワーファイトできるかと言われると、実に微妙でしたね。

 

品番ギア比ドラグ力(kg)自重(g)PE糸巻き量最大巻上長ハンドル長ベアリング数定価
4000XG6.25.53101-500、1.5-320、2-21099606/130,300
4000HG5.85.53101-500、1.5-320、2-21093556/130,300
5000XG6.25.53152-350、3-240、4-170105606/130,300
5000PG4.85.53152-350、3-240、4-17081556/130,300
6000XG6.274552-440、3-300、4-210112656/132,500
6000HG5.774552-440、3-300、4-210103656/132,500
6000PG4.674552-440、3-300、4-21083656/132,500
8000HG5.795553-410、4-300、5-250106706/137,900
8000PG4.895503-410、4-300、5-25089706/137,900
10000HG5.795704-400、5-300、6-250113706/137,900

 

本格仕様!超大物対応スピニングリール

シマノ ツインパワーSW8000HG

  • シマノの高級大型リール
  • 最大ドラグ耐久力:14kg
  • 定価:70,300円

 

ハイエンドモデルの中でも比較的リーズナブルで、最高スペックの「ステラ」にも及ぶと言われているツインパワーSW

ショアジギングに必要な性能は全て満たしており、〜10kgまでの青物に最適な「8000HG」では最大ドラグ力28kg、PE3号が410m巻けて自重が635gとこれ以上ない性能となっています。

それでいてマグロ・ヒラマサキャスティングに使える剛性・パワー、IPX8相当の防水性も兼ね備えているんだから間違いないです。もちろんお値段もそれなり。

 

 

品番ギア比ドラグ力(kg)自重(g)PE糸巻き量最大巻上長ハンドル長ベアリング数定価
4000XG6.273551-500、1.5-320、2-210956011/150,900
5000XG6.284202-350、3-240、4-1701056511/159,500
5000HG5.784202-350、3-240、4-170976511/159,500
6000XG6.284252-440、3-300、4-2101126511/159,500
6000HG5.784252-440、3-300、4-2101036511/159,500
6000PG4.684252-440、3-300、4-210836511/159,500
8000HG5.6146353-410、4-300、5-2501077510/170,300
8000PG4.9146353-410、4-300、5-250947510/170,300
10000PG4.9146504-400、5-300、6-2501027510/170,300
14000XG6.2146506-300、8-200、10-1651347510/137,900

 

 

[/col2]

ダイワ 15 ソルティガ 5000H

  • ダイワの高級大型リール
  • 最大ドラグ耐久力:15kg
  • 定価:91,800円
[/colwrap]

 

ダイワの青物用リールの中でも、最高峰モデルの「ソルティガ」

本来はオフショア用だが、もちろんショアジギングでも使えます。ツインパワーと比べると自重が重めですが、剛性・最大ドラグ力・パワーはこちらに軍配が上がります。

10万円近いお値段がするが、巨大青物とファイトすることを考えると「安心感」が半端じゃないので、検討に値するリールです。

 

 

品番ギア比ドラグ力(kg)自重(g)PE糸巻き量最大巻上長ハンドル長ベアリング数定価
3500H5.7104551.5-350、2-300、3-200986513/185,500
40004.9104502-450、3-300、4-220876513/186,500
4000H5.7104502-450、3-300、4-2201026513/186,500
45004.9156103-400、4-300、5-240947513/190,800
4500H5.7156103-400、4-300、5-2401107513/190,800
50004.4156254-400、5-300、6-250957513/191,800
5000H5.7156254-400、5-300、6-2501217513/191,800
65004.3308355-500、6-400、8-3001008513/1106,000
6500H5.7308355-500、6-400、8-3001318513/1106,000
7000H-DF5.7308505-600、6-480、8-3501388513/1120,000

 

 

[/col2]

シマノ 13 ステラSW 8000HG

  • シマノの最高級大型リール
  • 最大ドラグ耐久力:20kg
  • 定価:119,000円
[/colwrap]

 

シマノの最高峰・最強のリール「ステラSW」

他の釣りではそれほど見かけないが、青物ゲームの場合はハイエンドリールでないと巨大魚対応の番手と耐久性を兼ね備えたリールがないので、良く見かけます。

自転車のギア設計で鍛えているだけあって、リール内部のギアについてはダイワ製を凌ぐ性能を誇る。

何も言う必要はないが、通常利用するだけなら「ツインパワーで十分じゃね?」という印象もあります、

 

そもそも大型リールに関しては、巻き心地や細かいドラグ性能は値段差分の価値はなく、剛性および最大ドラグ量に全てが掛かっているといっても過言ではないです。

この点、実際にツインパワーとステラを巻き比べてみましたが、価格分の差は自分には見つけられませんでした。実際にパワーファイトすると、少し変わってくるのかもしれません。

スペック上も大差なく、「最高級のリールを使ってみたい!」とか、「現状考えうる最高のリールを買いたい」という目的でなければ、ツインパワーで問題ないかなと僕は判断しました。

 

 

品番ギア比ドラグ力(kg)自重(g)PE糸巻き量最大巻上長ハンドル長ベアリング数定価
4000XG6.2113801-500、1.5-320、2-210956014/192,000
5000XG6.2104352-350、3-240、4-1701056514/1108,200
5000HG5.7104352-350、3-240、4-170976514/1108,200
5000PG4.6104352-350、3-240、4-170786514/1108,200
6000XG6.2104402-440、3-300、4-2101126514/1108,200
6000HG5.7104402-440、3-300、4-2101036514/1108,200
6000PG4.6104402-440、3-300、4-210836514/1108,200
8000HG5.6206753-410、4-300、5-2501077514/1119,000
8000PG4.9206753-410、4-300、5-250947514/1119,000
10000PG4.9186854-400、5-300、6-2501027514/1119,000
14000XG6.2186906-300、8-200、10-1651347514/1119,000
18000HG5.7176905-500、6-400、8-3001298514/1129,800
20000PG4.4178855-600、6-500、8-3501048514/1129,800
300004.4159908-600、10-475、12-3751318514/1146,100

 

おわりに

というわけで、以上「巨大青物のショアジギングに最適なロッド・リールまとめ」のレポートをお届けしました。

専用ロッドは数少ないものの、それぞれが超巨大青物を釣りあげるために工夫して作られています。どうしても高価な製品が多いですが、ガチンコタックルで挑んでみたいですね!

まず気軽に青物ゲームを初めてみたいという人には、ショアジギングよりライトな「ライトショアジギング」のタックルから揃えるという手もあるので、ぜひそちらの記事も参考にしてみてください。

 

それでは!

 

初心者でも簡単に青物が釣れる「ライトショアジギング」のコツとおすすめタックルについては、こちらを参考にしてください!

 

ライトショアジギング入門!初心者が青物を釣るコツとおすすめタックルを徹底解説

2016.11.10
スポンサードリンク