【2018年版】上級者向け!ショアジギング専用リールの選び方とおすすめランキング

 

ショアジギングで大物を仕留めたい!と思ったら専用タックルが必須ですが、専用ロッドはもちろんのこと「リール」に関しても専用に作られた大型のものを使用することになります。

特に地磯からヒラマサを狙うようなショアジギングの場合、専用リールでも生半可なものでは破損して終わってしまうため、強靭なボディが使われている高級リールを購入する必要があります。

今回は、「対象魚を巨大青物に絞って厳しい環境でも確実にポイントまでルアーを届け、大物とのやり取りでも破損しないショアジギング専用リールの選び方と、おすすめ製品」を紹介していきます!

 

▼ショアジギング専用ロッドはこちら

【上級者向け】巨大青物ショアジギングで使える!最高級ロッドのおすすめランキング

2018.07.22

 

スポンサードリンク

ショアジギング専用リールの選び方

 

巨大青物を想定したショアジギングでは、ロッド同様に「パワー」が最重要になるので、リール自体の剛性・最大ドラグ力、そして使用するラインが確実に巻ける糸巻き量を重視する必要があります。

具体的なスペックで言うと、PE3〜5号前後を300mほど巻けるキャパシティ、最大ドラグ力10kg〜15kg程度の大型リールを用意すればOK。

汎用リールで重視される軽量性やハンドルの巻き心地はほとんど無視して良く、逆に剛性がなければ一瞬で破損するので、多少予算を割いても剛性の高いリールを購入するのが秘訣!

 

ショアジギング専用リールに求められる性能
  • 超巨大青物とやり取りのできる巻取りパワー・最大ドラグ力
  • PE3号を300m以上巻けるスプール
  • 激しい動きにも耐えられる剛性
  • 素早くルアーを回収できるハイギア(HG)仕様

 

手軽に青物を狙う!ミドルクラスリール

5位:ダイワ ブラスト

  • ダイワのミドルクラス大型リール
  • 最大ドラグ耐久力:8kg
  • 定価:28,000円

 

地磯からのショアジギングには不安が残るものの、ある程度の大型魚に対応しながら安く手に入る「ブラスト」。実売価格2万円前後でリーズナブルです。

マグシールド搭載で防水性能が高く、メタルボディなので剛性は高め。性能がそれほど高いわけではありませんが、このクラスなら余裕を持って手に入るので、入門用リールとしておすすめです。

 

品番ギア比ドラグ力(kg)自重(g)PE糸巻き量最大巻上長ハンドル長ベアリング数定価
35004.984152-300、3-20083656/128,000
3500H5.784152-300、3-20097656/128,000
40004.984152.5-300、3-25087656/128,000
4000H5.784152.5-300、3-250101656/128,000
45004.9156203-400、4-30094756/132,500
4500H5.7156203-400、4-300109756/132,500
5000H5.7156203-400、4-300120756/132,500

 

4位:シマノ バイオマスター

  • シマノのミドルクラス大型リール
  • 最大ドラグ耐久力:13kg
  • 定価:37,900円

 

ショアジギング専用リールとして、最も支持されている「バイオマスターSW」。巨大青物用となると不安が残りますが、実売価格 2万円前後でIPX8相当の防水性能を備えています!

最大で10000番と大型番手までラインナップしており、シマノ独自の「HAGANE-GEAR」で巻き上げ力は十分。半分が樹脂性なのが唯一気になりますが、堤防で使うリールとしては十分な剛性です。

実際にバイオマスターSW6000番をショアジギングで使っていますが、大物相手でもそれほど苦もなくやり取りができました。現時点で、ショアジギング入門には最もおすすめできるリールです!

 

品番ギア比ドラグ力(kg)自重(g)PE糸巻き量最大巻上長ハンドル長ベアリング数定価
4000XG6.25.53101-500、1.5-320、2-21099606/130,300
4000HG5.85.53101-500、1.5-320、2-21093556/130,300
5000XG6.25.53152-350、3-240、4-170105606/130,300
5000PG4.85.53152-350、3-240、4-17081556/130,300
6000XG6.274552-440、3-300、4-210112656/132,500
6000HG5.774552-440、3-300、4-210103656/132,500
6000PG4.674552-440、3-300、4-21083656/132,500
8000HG5.795553-410、4-300、5-250106706/137,900
8000PG4.895503-410、4-300、5-25089706/137,900
10000HG5.795704-400、5-300、6-250113706/137,900

 

本格仕様!超大物対応スピニングリール

3位:シマノ ツインパワー

  • シマノの高級大型リール
  • 最大ドラグ耐久力:14kg
  • 定価:70,300円

 

ハイエンドモデルの中でも比較的リーズナブルで、最高スペックの「ステラ」にも及ぶと言われている「ツインパワーSW」。

ショアジギングに必要な性能は全て満たしており、〜10kgまでの青物に最適な「8000HG」では最大ドラグ力28kg、PE3号が410m巻けて自重が635gとこれ以上ない性能となっています。

マグロ・ヒラマサキャスティングに使える剛性・パワー、IPX8相当の防水性も兼ね備えているので間違いありません。巨大青物を対象にするなら、最低限これ以上のスペックが必要になります。

 

品番ギア比ドラグ力(kg)自重(g)PE糸巻き量最大巻上長ハンドル長ベアリング数定価
4000XG6.273551-500、1.5-320、2-210956011/150,900
5000XG6.284202-350、3-240、4-1701056511/159,500
5000HG5.784202-350、3-240、4-170976511/159,500
6000XG6.284252-440、3-300、4-2101126511/159,500
6000HG5.784252-440、3-300、4-2101036511/159,500
6000PG4.684252-440、3-300、4-210836511/159,500
8000HG5.6146353-410、4-300、5-2501077510/170,300
8000PG4.9146353-410、4-300、5-250947510/170,300
10000PG4.9146504-400、5-300、6-2501027510/170,300
14000XG6.2146506-300、8-200、10-1651347510/137,900

 

 

2位:ダイワ ソルティガ

  • ダイワの高級大型リール
  • 最大ドラグ耐久力:15kg
  • 定価:91,800円

 

ダイワの青物用リールのなかでも、最高峰の性能をほこる「ソルティガ」。本来はオフショア用のリールですが、もちろんショアジギングでも使うことができます。

スムーズにラインを放出する専用ドラグシステム「ATD」を採用、かつオフショア用にアレンジされているため対大型青物でも十分対応できるようになっています。

スーパーメタルボディ+マグシールド仕様なので、自重があるものの剛性・防水性に関しては最高レベル。地磯など波しぶきを被るようなエリアでも安心して使うことができます。

 

品番ギア比ドラグ力(kg)自重(g)PE糸巻き量最大巻上長ハンドル長ベアリング数定価
3500H5.7104551.5-350、2-300、3-200986513/185,500
40004.9104502-450、3-300、4-220876513/186,500
4000H5.7104502-450、3-300、4-2201026513/186,500
45004.9156103-400、4-300、5-240947513/190,800
4500H5.7156103-400、4-300、5-2401107513/190,800
50004.4156254-400、5-300、6-250957513/191,800
5000H5.7156254-400、5-300、6-2501217513/191,800
65004.3308355-500、6-400、8-3001008513/1106,000
6500H5.7308355-500、6-400、8-3001318513/1106,000
7000H-DF5.7308505-600、6-480、8-3501388513/1120,000

 

  • シマノの最高級大型リール
  • 最大ドラグ耐久力:20kg
  • 定価:119,000円

 

シマノの最高峰・最強のリール「ステラSW」。フルメタルボディなので剛性は十分、ギアに「X-RIGID GEAR」を採用しているため、超大物相手でも余裕を持ってファイト可能になっています。

最大で30000番クラスまで用意されているため、モンスターツナまで視野に入れてやり取りすることが可能になっています。現状では、これほど大型のリールは海外メーカー以外存在しません。

超大物相手にやり取りする際に重要となる「ドラグ性能」に関してはこれ以上スペックの高いモデルは存在しないので、予算があるならステラ一択といった状況です!

 

品番ギア比ドラグ力(kg)自重(g)PE糸巻き量最大巻上長ハンドル長ベアリング数定価
4000XG6.2113801-500、1.5-320、2-210956014/192,000
5000XG6.2104352-350、3-240、4-1701056514/1108,200
5000HG5.7104352-350、3-240、4-170976514/1108,200
5000PG4.6104352-350、3-240、4-170786514/1108,200
6000XG6.2104402-440、3-300、4-2101126514/1108,200
6000HG5.7104402-440、3-300、4-2101036514/1108,200
6000PG4.6104402-440、3-300、4-210836514/1108,200
8000HG5.6206753-410、4-300、5-2501077514/1119,000
8000PG4.9206753-410、4-300、5-250947514/1119,000
10000PG4.9186854-400、5-300、6-2501027514/1119,000
14000XG6.2186906-300、8-200、10-1651347514/1119,000
18000HG5.7176905-500、6-400、8-3001298514/1129,800
20000PG4.4178855-600、6-500、8-3501048514/1129,800
300004.4159908-600、10-475、12-3751318514/1146,100

 

 

おわりに

というわけで以上、「巨大青物を対象にしたショアジギング専用リールの選び方とおすすめ製品」について紹介しました!ロッドほど選択肢が多くない分、選びやすいと思います。

堤防からのショアジギングならミドルクラスリールでも対応できますが、過酷な環境で使うと普通にぶっ壊れるので、最初から多くの予算を割いてでも高級リールを購入することをおすすめします。

「どうしても予算が足りない!」「もっと気軽に楽しみたい!」という場合には、手軽なタックルで青物を狙える「ライトショアジギングを始める」という手もあるので、こちらも検討してみてください。

 

▼初心者でも簡単に青物が釣れる「ライトショアジギング」のコツとおすすめタックルについては、こちらを参考にしてください!

【ライトショアジギング入門】初心者でも青物が釣れる!タックル選びから釣り方まで徹底解説

2018.07.13