【副業戦略】会社員として働きながらブログ運営を始めるのが最強な理由

 

2017年以降、ベンチャー企業はもちろんソフトバンクやヤフーなど大手企業でも続々と「副業」が認められ始めました!個人でもスキルアップと複数の稼ぎ口を確保するためです。

副業に興味があるけど一体何から始めようか?ただ売り込める優秀なスキルはない」と思っている人には「ブログ運営」を勧めたい。手軽に始められて、最終的に大きなリターンを得られる可能性があるため!

今回は、会社員として働きながらブログ運営をするのが最強の理由と、副業で働きながら恩恵を受ける方法について解説していきたいと思います!

 

会社員の副業でブログ運営するのが最強の理由とは

資本集約型労働でレバレッジをかけるのが最強

 

なぜ会社員として勤めながらブログ運営をするのが最強なのか?投資・労働だと一定の資本があれば投資のほうが稼げるのと同じ理由で、ブログの資本集約型だと効率良く資本を得られるから!

会社員は「労働集約型ビジネス」として雇用の安定と確実な給料を得られる一方で、ブログは個人の知識・経験を蓄積して比較的長く恩恵を受けられる「資本集約型ビジネス」に当たります。

ブログを書いて記事を貯めれば、一時的に働かなくても収益を得られるので、実質的に「もう一人の自分に働いてもらえている」ような状態になります。「自販機ビジネス」とも言われていますね。

 

こちらは収益を得られるまでに時間が掛かり、会社員ほどの安定性はない一方で一度柱を作ってしまえばある程度長くに渡って収益を得ることができます。

基本的に、働き方にせよ報酬形態にせよ「分散」することが現状で最も将来に対するリスクヘッジをする方法で、この方法だと仮に片方が失敗したとしてももう一つの収益源で生きながらえることができます。

会社員として働いていても安心できない世の中だし、かといってブログ一本で生きていくにはリスクが高すぎる。休日だけ記事執筆をするには大変ですが、趣味の延長としてやれば時間も十分確保できます。

 

会社員として働きながら最大限法制上の恩恵を受けられる

会社員として働く最大のメリットは、安定した雇用・収入はもちろんのこと、日本の法制上恩恵を受けられる機会が多い・・・という理由もあります。

個人的に最も羨ましいのは「厚生年金制度」で、自営業の国民保険と比べて会社が半分費用を負担してくれるので社会保険料の負担が少なくなります。もちろん退職金やら有利な制度は他にもあります。

自営業でも「積み立てNISA」「ideco」など、平均寿命が伸びている時代に今後に備えられる制度が揃っていますが、あくまで有利なのは会社員。これだけでも続ける理由はあります。

 

何の取り柄もない一般人でも社会的成功を得られるチャンス

 

「とりあえず就職はできたけど、自分には何のスキルもないし将来が不安」と思っている人ほどブログ運営を始めてほしい!と思っています。

ブログほどスキルのない個人でも活躍できる場はなかなかなくて、最初から資金がなくても低コストで始められるし、記事を書く際の知識もブログを始めてから覚えていけば大丈夫。

YouTubeと比べても顔出し・声出しの必要もなければ、安いパソコン一台あれば始められます。社会的に底辺と呼ばれる人ほど、ブログで逆転できるチャンスがあるんです!

 

もちろん読者がいなければ話にならないので、アクセスを生み出すために価値のある記事を書き、かつ1年以上継続する必要はあります。無収入の状態が1年続くこともザラ。

ただし他の起業に比べれば、最初から借金を余儀なくされることもないし、莫大な知識も必要ありません。仮に失敗しても時間を失うだけだし、ブログ運営の経験は他の場でも活かせます。

実際に、これまで何の取り柄もなかった人が会社員と平行しながらブログを書いて月100万の収入をゲット!という人は意外と多いし、ギャンブルをするよりもよほど確実に第二の収入源を得られます。

 

個人がブログを始める最大のメリット

知識・経験を全て金銭・信用に変換することができる

 

個人的に、「文章を書くのが嫌い!戦略を練るのが苦手!面倒くさい!」という人でなければ、全ての人がブログを書くべきだと思っています。というか、やらないメリットがない!

最大の理由は「自分の得た知識・経験を全て金銭・信用に変換することができる」ことで、普通なら得ただけで腐ってしまうものが、ブログという発信の場を得ることで有効活用できるようになるんです。

しかも!「特別な経験は必要ない」ってのが特に重要で、収益だけを追い求めるなら普通の人より少し転職回数が多いなど、一見すると何でもない経験でもブログを利用することによって上手くお金に変換できます。

 

ブログで収益を上げるためには、アクセスを集めて広告収入を得る方法が一般的。広告収入ってのは基本的に対象となるターゲットが多ければ多いほどお金につながる傾向にあります。

特別な経験、例えば自分の場合だと「過去に日本一周した」ことが挙げられるんですが、広告の対象が少なすぎて収入だけを考えれば、ブログに残す意味が全くありません。

一方で就職・転職であれば、国内の成人の多くが必ず利用するものだし、企業も採用に莫大な費用を費やしているので多くの広告収入を得られやすくなります。

 

「誰もが経験していること・悩みを上手く言語化して、ターゲットにとって刺さる内容を記事にして、ライバルに勝てるよう少し発信する内容を工夫する」だけで誰でも勝てるようになります。

芸能人・アーティストなど、世の中は「他の点で劣っていても秀でた部分がある」人が活躍できますが、ブログは普通の人ほど収入を得られるチャンスがある、というわけ。

 

上手く立ち回れば個人でも企業と対等に戦える

今の時代、ブロガー・YouTuberなど個人でも影響力を身に着けて企業と対等に戦える状況になっています!インターネットがここまで発展したおかげで、個人でも活躍できるようになりました。

企業のほうが圧倒的な資本力・労働力でコンテンツを作れるので、同じ土俵で戦っていては勝てませんが、個人でもブランドを築くことができれば個人で動くほうが有利になる場面も。

ブログ運営も同じで、企業で働く会社員と、個人でブログ運営という二足のわらじを履けば最強なのは誰から見ても明らかです。

 

蓄積した資本で長くに渡って恩恵を受けられる

冒頭で解説した「ブログは資本集約型ビジネス」のとおり、一度記事を書いて価値のあるメディアを築くことができれば、そこそこ安定して収益を得ることができます。

「準ストックビジネス」とも言われていて、メンテナンスさえ続ければある程度長くに渡ってアクセスを得ることができます。不労所得とはほど遠いですが、少し働かなくても継続的に収入が得られます。

10年前から見ていたサイトが、未だにGoogleにて特定のキーワードで検索した際に表示されることも。手法によってはほとんど手をかけずとも、比較的長くに渡って収益を得ることが可能!

 

実際、自分が管理しているサイトの一つもニッチなジャンルで運営し、他には負けない強みを主軸に構成しているため、1年ほど手をかけずにそこそこ収益を得ることができています。

毎月2万〜3万円程度ですが、仮に会社員が同じ額を昇給させようと思うとめちゃくちゃ大変です。派遣社員やアルバイトなら言わずもがな。ブログなら、やり方しだいでこのようなこともできます。

毎日会社に通いながらブログを書くのは大変ですが、趣味の延長で続ければブログを書くこと自体が楽しいし、結果的に収益も得ることができます。少しでも時間があるなら、やらない理由はありません。

 

おわりに:今後の日本を生き抜くために、今日からブログを始めよう!

というわけで、以上「副業で会社員として働きながらブログ運営を始めるのが最強の理由」について紹介してみました!国内で一般人が働くなら、この手法が最強だと考えています。

知識・経験があれば、資本がなくとも発信できる媒体を生み出し、結果的に収益も得られるようになります。無から有を生み出す、ある種「現代の錬金術」みたいなものですね!(笑)

ブログを始める方法については当ブログでも詳しく解説しているので、こちらも合わせて参考にしてみてください!

 

▼ブログを始める方法を徹底的に解説してみました。初心者の方はぜひ!

【稼げるブログの始め方】ブログ開設から広告収入を得るまでの徹底運営マニュアル

2018.05.09

スポンサードリンク