旅中のスマホ充電は「ソーラーパネル発電」で行ってるよ!というお話。【Anker ソーラーチャージャー】

IMG_0835

 

モバイル用の「ソーラーパネル」・・・ガジェット好きな方なら欲しくなるという人も多そうですが、通常利用で役立つことってまずないと思うんですよね。家に帰ればコンセントあるし。

でも、簡単には電源供給ができない日本一周の旅では、非常に重宝するんですよ!

今回は今使っているソーラーパネルのレビューと、どんな状況で使っているかというおはなし。

 

やべぇ!充電できる場所がねぇー!

 

すでに日本を半周以上してますが、意外にも気軽に電源供給できる場所って結構あるんですよね。

スターバックスやドトール等の有名コーヒーチェーン店では電源がある場所も多いし、マクドナルドに限っては割と地方にもあって、コンセントが設置してある店舗も存在する。

ただ北海道などのだだっ広い場所になると、全く電源供給する場所が見つからない場合もあるんですよ。肝心のマクドナルドもないし、頑張って図書館で電源を確保するか・・・?という程度。

 

そして現代の「デジタルネイティブ世代」のぼくたちは、食料を購入するときでも、寝床を探すときもスマホを使用します。

またその時の状況を逐一SNSで報告したい、毎日ブログを更新したいという欲求も存在します。

そんな時にスマホの電源が切れてしまったら、あら大変。「どうしよう!近くの家に押しかけて充電してもらおうかな・・・!」と思う人だっているはず。さすがにいないか・・・。

 

 

そんな時に、この「ankerのソーラーチャージャー」が大活躍するわけです。

自転車に取り付けて充電すれば、iphoneなら半日ぐらいでフル充電まで行きます。

また朝のテント撤収時に置いておけば、2時間ぐらいでフル充電します。なかなかパフォーマンスもよいです。

 

エコな旅

 

上記の写真は北海道の道の駅で撮影したものですが、前日は知床半島周辺で寝ていたために、本当に助かりました。周辺にマクドナルドも何もないような場所なので。

朝充電しておけば満充電にはなるので、1日は持ってくれるんですよね。

本当はモバイルバッテリーも一緒に充電したいものですが、大容量のバッテリーをすぐに充電できるほどパフォーマンスは良くないですね。せいぜいiphoneを満充電できる程度と考えておいたほうがいいかも。

 

 

特に意識しているわけではないけれど、「ソーラーチャージャー」でスマホ充電とはなかなかエコな旅ですよね。

本当はPCもこれで充電できればいいんですが、差せるのはUSBだけでコンセントはNG。容量的にも足りるはずがないので、諦めています。

いっそのこと、PCも充電できるソーラーチャージャーがあれば便利に使えるかも。

 

重量が800g近くあるし、冬場は日光の関係で充電しづらそうですが、特に夏の北海道では活躍する製品です。

これのおかげで何度か助けられたことがあるので、買ってよかったなと思っています。

これから日本一周する方、「ソーラーパネル」に憧れのある方、検討してみてもいいかもね。

 

それでは!

 

スポンサードリンク