「馬に乗って日本縦断…?」様々な移動手段・方法で日本一周する旅人たちを紹介する

 

日本一周の旅をしていると、道中で「え!?そんな方法で日本一周できるの!?」と思わず叫んでしまいそうになる人たちと遭遇します。

世界一周と違って治安のいい日本では、法律違反やよほど変な格好をしなければ、どんな移動手段でも旅ができます。普通に日本一周するだけでは飽き足らず、「唯一の達成者になりたい!」と皆色々な方法で旅をしています。

今回は、とんでもない移動手段で日本一周する人々を紹介していきたいと思います。世の中には色んな人がいるものです!

 

 

ベビーカーで日本一周する旅人

image

 

以前、北海道を自転車で走っている時、前方からベビーカーを押して走る男性が近づいてきました。

最初は「運動好きなお父さんなのかな?走りながら子守りってアクティブすぎるだろ」と思いながら通過しようとすると、なんとベビーカー上に乗っていたのは巨大なバックパック。取り付けてある旗には「日本一周」の文字。

急いでいたので挨拶だけする予定だったんですが、思わず3度見したあとに声をかけざるを得ませんでした。話を聞くと、おっちゃんは70代で色々な乗り物を駆使しつつ、日本一周しているらしい。

日本一周している人のなかにはやたらとアクティブな人がいるものですが、このおっちゃんは別格でしたね!

お金・時間・年齢をなげいて旅に出発しない人もいる一方で、条件もかえりみず日本一周に出発する人もいる・・・いい人生勉強になりました。

 

▼おっちゃんと出会った当時に書いた旅行記

【日本一周】襟裳の春は何もない~♪襟裳岬へ到着。ベビーカーで日本一周するおじちゃんが降臨。

2015.07.16

 

ショッピングカートで日本縦断を果たした旅人

▲最初は面識がなかったが、旅の最中に会うことができた

 

海外で出会った女性に「日本ってどこ?」と訪ねられ、答えられなかったので「スーパーのショッピングカートで日本縦断してやる!」と飛び出した旅人のきしころさん。

合計で3000km以上の距離を歩き、ほとんどお金も持たず達成したそうです。(笑)旅人の聖地である北海道では「今年はショッピングカードで旅をしているやつがいるぞ!」と話題が広がり、何回も会いに来られたそうな。

たぶん、カートで日本縦断は世界初ですよね。(笑)カートが壊れたからスーパーに貰えないか掛け合ったが断られ、最終的にヤフオクで競り落とした・・・など面白いエピソードが大量にあって全く飽きないですね。

最初は面識がなかったんですが、旅の途中で遭遇して面白い話をたくさん聞かせてもらいました。今は滋賀県の田舎でフリーランス猟師として活動しています。

若くして旅人の受け入れも積極的にしているので、会いにいくと面白いっすよ!

 

▼きしころさんの家に訪ねたときの記事

【日本一周】スーパーのショッピングカートで日本縦断したきしころさんの元へゆく!【草津市〜甲良町】

2016.05.14

 

馬と一緒に日本縦断を果たした旅人

fc2blog_201502221543093db

出典:http://horsejourney.blog.fc2.com/blog-category-10.html

 

日本一周の旅をしているとき、どこかのタイミングで「かつて馬と一緒に日本縦断した人がいた」という話を聞きました。

「それって本当なの?」と思ったんですが、どうやら実際に達成した人がいたようです・・・!それも馬を2頭も連れて、各地の牧場や大学の馬術部をまわりながら、無事日本一周を果たしたようです。

なぜ、わざわざ馬を連れて日本縦断を始めようと思ったのか?動機もまた素敵です。

 

僕は大学から馬術部に入り、そこで初めて馬という生き物に触れました。その四年間の部活動の間に、馬の持つ優しさ素直さ、その魅力にすっかり惹き込まれてしまいました。そして、OB一年目の去年、馬への恋しさを募らせていたまさにそのとき!僕のもっともっと上の大先輩OBの方の話を聴く機会がありまして、そこでその方が大学生時代に馬と北海道を一周していたことを知りました。

それ以来、自分も馬とともに旅をしてみたい!馬と寝食を共にして心を通わせてみたい!普通では気付けないような馬の一面を知りたい!寝ても覚めてもそんなことを考えるようになりました。

出典:http://horsejourney.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

 

一応、馬は公道で「軽車両」扱いなので、法律違反にはなりません。そのうち、「ラクダに乗って日本一周」なんてことを実現する人も出てきそうだな・・・。

 

耕運機で日本一周した旅人

 

耕運機に乗ってみると、意外に安定性が高く大量の荷物を積載できるので、「あれ?これで旅できるんじゃないか?」と思ったことがあるんですが、昔に達成した人がいたようです。(笑)

アウトドア・旅業界では有名な「シェルパ斉藤」さんが耕運機で日本縦断した際の本を出発されていますが、彼が旅する前にすでに耕運機で日本一周した旅人がいたそうな。

最大時速15km程度なので、自転車よりも遅い耕運機。もちろん小型特殊車両に当たるので、公道を走ることができます。徒歩で日本一周するよりは難易度が低そうだし、勝手に進んでくれるので案外いいかも!?

 

ヨットで世界初の日本一周を果たした夫婦

 

陸路で旅をする人が多い日本一周の旅ですが(当たり前か)、今から50年も前に夫婦でヨット日本一周を果たした旅人がいました!

徒歩・自転車などの手段とは用意するものも危険性も全く違うし、そもそも当時はまともに計器類も揃っていない時代。初の日本一周達成ということで、相当メディア出演もされたようです。

最初からヨットの知識があったわけではなく、実際に航海しながら身につけていったとのこと。数回も生死に関わるトラブルに巻き込まれながらも、最終的には昭和42年に達成。単純に、すごい!

 

おわりに:様々な移動手段で日本一周する旅人を見て思うこと

普通に考えれば思いつかないような移動手段で日本一周を達成してしまう人はたくさんいて、失礼ながら「バカだなぁ」と思う一方で尊敬します。

動機は様々で、単純にその方法で日本一周したかったから、世界初の手段で達成したかったなど色々ですが、前例がないなかでの旅は相当な不安がつきまとったことと思います。特にヨット!

もちろん、一般世間から見るとどの手段で日本一周しても「すごい人」には変わりないんですが、実際に日本一周に出発した旅人からすると「時間さえあれば誰でもできるよな」とも思います。

 

旅をしていると、「若いから旅ができるんだよね」「でも自分たちには時間がないから」と話しかけてくる人がたくさんいます。

それも事実でしょうし、そう言いながらも日常に満足しているから行動しないのでしょうが、色々な手段で日本一周する人を見ていると、自分に「できる」という気持ちさえあれば常識さえ覆せるのだと感じさせられます。

どの年齢だろうと、どのようなハンディキャップを抱えようと目標を達成しちゃう人はいるんです。

もし今旅に出発したいけど不安だ!と思っている人がいれば、「まぁ、今までに同じ手段で旅をしてきた人は無限にいるのだし、なんとかなるだろう」と吹っ切れるキッカケになれば嬉しいですね。

 

それでは!

スポンサードリンク