趣味ブログでも稼げる!釣り・旅ジャンルで月18万円稼いだ僕が説明しよう【アフィリエイト】

 

「趣味ブログを運営していて、お金って稼げるの?本当に好きなことだけ書いて収入になるの?」

 

これ、今からブログ運営を始める人にとっては非常に気になる問題ですよね。せっかく記事を書くなら、好きなお題で書いて収入が入ればラッキーだし、いいお小遣いになります。

他のアフィリエイトブログを読むと、「特定のジャンルで始めるのが一般的で、趣味ブログでは稼げない」と説明されている場合がほとんど。

では実際どうなのか?ですが、結論から言うと釣り・旅・自転車というアウトドアジャンルでブログ運営をした結果、月15万〜18万円を安定して稼げるようになりました。

 

今回は、趣味ブログを続けて月10万円を稼ぐ方法を実際の体験から解説していきたいと思います!最初に言っておきますが、誰でもできるが、簡単ではないです。

 

「趣味ブログは稼げない」の理由

 

ここでは、読者に「アフィリエイト」に関する知識がある前提で解説していきます。

 

そもそも、なぜ「趣味ブログは稼げない」が定説となったのか?

答えは実際にブログ運営をしていればわかるんですが、いわゆるアフィリエイトで稼げる「美容・転職・FX」などのジャンルでは、販売した商品代金の20%〜100%が報酬になります。

お金と直結する・悩みが深い・人間の3大欲求にストレートに結びついているなど、「生活費を減らしてでも飛びつく」「生活に大きく関わる」という共通点があります。

 

一方、趣味ジャンルはそもそも「趣味」なので、出費の優先順位が低くなりやすいし、可処分所得が下がればそれだけ家庭内の出費額も減るわけです。

企業側も儲からないため、広告費の割合も少なく、商品代金の1%〜10%しか報酬になりません。

仮に100万円売り上げたとして、前者のように報酬額が多ければ(仮に50%だとすれば)それだけで50万程度になります。一方、趣味ジャンルで報酬が1%の場合はたったの1万円に!

 

  • 稼げるジャンル→広告単価が高い
  • 趣味ジャンル→大抵の場合は広告単価が低い

 

アフィリエイトというビジネスが、リスクは少ないが「商品の料率で大きく報酬額が変わる」という特性があり、趣味ジャンルの商品は優先順位も低いため、稼げないという定説ができたわけです。

で、「実際のところはどうなの?」というと、月に20〜30万円ぐらいまでなら稼げるな〜!というのが結論です。

確かに稼ぎづらいし、趣味ブログだけで月に100万円は厳しい。アフィリエイトでの売り上げは月に400万円近くになるんですが、料率が低いため月18万円前後になってしまうんですね。

 

とはいえ、基本的には好きなことを書いて報酬が発生しているわけなので、十分っちゃ十分ですよね。本格的に稼ぎたければ、同時並行で稼げるサイトを作ればいいだけなので。

特にアフィリエイト初期は記事の書き方もわかりづらいはず。自分の好きなことを書ける趣味ブログならいくらでもネタを思いつくし、いい経験になります。

次は、趣味ブログで稼げるようになった手順を解説していきます。

 

趣味ブログで稼げるようになった具体的な手順

ニッチな領域で自分の体験を記事にする

MTBの「サスペンション」を分解・オーバーホールしてみた!

2016.07.29

 

まずは上記の記事を見て下さい。「マウンテンバイクのサスペンションを修理」・・・かなりマニアックな記事です。

もともと、せっかくだったら自分の手で自転車を修理したいなと思ってGoogleで調べていたんですが、欲しい情報が得られなかったんですよ。

「それなら実際に自分で全部体験してみよう!」と記事にしてみた結果、Google検索で半年以上1位を獲得し、SNSでもちょこちょこシェアされるようになりました。

 

記事を作るとき、できるだけ「ニッチ・他の人が記事にしていない」内容を書くようにしています。

ブログを書く際、競合がめちゃめちゃ多いジャンルを攻めることもできるんですが、これだとよほどのことをしない限りGoogleで上位表示されないし、お金も時間もかかります。

例え閲覧数が少なくとも、ニッチなジャンルの記事を書くことで特定の人の目に届くようになります。大抵、ニッチなジャンルでは読者側もちゃんと読み込んでくれるので、収益につながりやすいです。

 

趣味ブログで稼ぎたい場合、「ニッチな領域+お金になりやすい(趣味で使う道具などが売れやすい)」記事を作れば、もうそれだけで稼げます。

例え広告の報酬が少なくとも、ライバルが少なくorいない環境でそれなりに売れるような場所を見つければ、趣味ブログでも月に10万は達成可能です。

実際には、その場所を見つけるのが難しいんですけどね。

 

ジャンル選定はそれほど悩まなくてOK

アフィリエイトで稼ぐ場合、色々考えることはあっても「とにかく記事を書け!」と言われます。

趣味ブログで稼ぐ場合も、基本的には同じです。どれだけターゲット設定や儲けられる仕組みを作ったとして、肝心の記事がなければ話になりません。

この記事を書く時に重要になるのが「ジャンル設定」です。自分の好きなことをざっくばらんに書いてもいいんですが、それだと自由すぎて逆に何を書けばいいかわからなくなります。

 

また、ある程度ジャンルを絞ることで、読者が「このサイト、面白い!」となったときに色々な記事を見てくれるようになります。

例えば「旅行」ジャンルで記事を書いた場合、関連した記事をたくさん書いていれば「あの記事も面白そうだ!」と色々な記事を読み込んでくれ、結果的に紹介した商品の購入率も上がります。

あまり絞りすぎると書くことが無くなるので、自分のように「アウトドア」というザックリしたジャンルでもOK。

 

サイトを作るとき、「どれだけターゲット・ジャンルを絞るか」は非常に悩ましい問題で、別で運営しているアフィリエイトサイトは徹底的にターゲットを絞っています。

収益化が前提の場合、ちゃんと絞ってあげたほうが記事を読み込んでくれるし、競合にも勝ちやすいため。ガチガチのアフィリエイトならこれで正解。

ただ趣味ブログの場合はそれほど肩肘を張らなくて大丈夫だし、広めのジャンルでも実際に月18万円稼げているので、方向性さえ間違っていなければ問題ありません。

 

趣味ブログで稼ぎやすい広告ジャンルは?

 

ブログでアフィリエイトをする場合、まず「広告主」を探さなくてはいけません。

ASP(アフィリエイト・サービス・プロパイダ)とも呼びます。いくつか有名な会社があって、それぞれ扱っている広告が大きく異なるのでじっくりリサーチすることが大切です。

趣味ブログの場合は特に、「どんな商品の広告を扱えるか」で収益額が大きく変わってきます。ブログを初めてからでも遅くないので、自分のブログにどんな広告を貼れるかチェックしてみましょう。

 

趣味ブログで代表的な広告主は以下の3つ。

 

 

詳しい説明は省きますが、adsenseは記事内容によって自動的に広告を配信してくれるため、どんなジャンルでも合います。

ただし、趣味ジャンルは広告費の割合が低いことが多いので、よほど人を集められるジャンルでなければ月に5万円程度で終わってしまうことも。それでも十分ではありますが。

趣味ブログでアフィリエイトをする場合、「Amazonアソシエイト」「楽天アフィリエイト」が収益の柱となります。紹介できる商品点数がめちゃめちゃ多いので、どんなジャンルでも紹介できます。

 

Amazonアソシエイト、カテゴリーごとの紹介料率(2017年3月3日現在)

 

自分がメインで扱っているAmazonはジャンルによって報酬割合が異なり、代金の1%〜8%が普通。

どれだけ代金が高くとも「商品一点につき1000円まで」という上限があるため、簡単に売れてもまとまった報酬にはなりません。

しかし、なかにはそこそこ稼ぎやすいジャンルもあります。報酬が8%の「シューズ・バッグ」「ファッション」などを扱うブログであれば、Amazon単体でも月10万以上稼ぐことも可能。

 

アプリアフィリエイト

アフィリエイトは、いわゆるA8.net」「バリューコマースなど大手広告会社の広告を扱うことが多いですが、趣味ジャンルの場合なかなかいい広告がありません。

もちろん、念のため自分扱うジャンルに近い広告があるかチェックすべきです。思わぬ広告が配信されていることもあるので・・・。

その中でも、個人的におすすめなのがiPhone・Androidアプリの広告を扱う「アプリアフィリエイト」

 

広告数は少ないものの、無料アプリを1件ダウンロードしてもらうだけで100円〜300円の報酬が貰えます!

一般的に、商品を直接売る「物販アフィリエイト」は難しいといわれます。なぜなら、お金を払うという最大の障壁があるから。負担が大きければ大きいほど、腰が重くなるもの。

一方無料アプリのダウンロードであれば、ユーザーにとってほとんどデメリットがないため、気軽に成約につなげることができます。

 

Amazonだと10000円の商品を売っても、自分がメインで扱っているスポーツジャンルだと料率が4%。つまり1件売れても250円にしかならないため、どれだけ魅力的かがわかりますね。

ゲームジャンルのアプリが多いので、単純にゲームを紹介するサイトを作ってもいいし、自分のジャンルと近いゲームがあれば記事内で紹介することも可能。

アプリアフィリエイトは趣味ジャンルでもかなり稼ぎやすいので、一度チェックしてみることをおすすめします。

 

【アプリアフィリエイトでおすすめのASP】

アプリアフィリエイトの中でも高単価の広告が多い。扱える広告の種類も多いので、自分のジャンルにマッチした広告がないか探す価値は多いにある。

 

アプリの広告があるASPはなかなか珍しく、審査も厳しい場合が多いが比較的緩めなのがSmart-C。広告の配信数は少ないのが痛い。

 

おわりに

 

というわけで以上、趣味ブログでの収益化方法について解説してみました。

例え少ない収益であっても、月に10万円も安定的に資金が入れば、アルバイトをしながら一人暮らしをすることも可能。収入が足りなければ同時並行で別のサイトを運営すればいいですからね。

 

趣味ブログは簡単にはお金になりませんが、一方で素晴らしいメリットもあります。それが、「自分の体験をコンテンツにする」「コンテンツで得た収益をさらに投資する」ということ。

例えば、僕は旅が好きで全国様々な場所へ出かけています。今年からは海外旅行も積極的にしていきます。

旅をしたら、あまりお金にならなくとも必ずコンテンツにします。ある程度記事を積み重ねれば、それなりの収益になってくれます。

 

ある程度まとまった収益が発生したら、それをできるだけ自分の体験に投資します。

これをグルグルと回すと・・・「体験→コンテンツ→収益化→投資→体験」という最高のループができあがるわけです!

趣味ブログの何が素晴らしいって、収益化と自己実現が密接に結びついていることですよ。

 

例え収入自体が少なくとも、このループを一度作ってしまえば自動的に収益は向上していきます。

単にお金が欲しいだけなら専用のアフィリエイトサイトを立ち上げたほうがいいですが、自分の好きなことをしながらお金を稼ぐのは本当に楽しいし、貴重な体験です。

いわば、勝手に勉強しているだけでお金が入ってくる大学みたいなものですね。本当にありがたいものです。

 

その他、ブログ運営の方法についても解説しているので、他の記事も参考にしてみてください。それでは!

スポンサードリンク