「旅ブログでアクセスアップしたい!」5つの戦略をまとめてみたよ。

IMG_9986

 

皆さんは「旅ブログ」やってますか?これから旅をする人、現在旅をしている人、そして旅を終えた人の中には旅をしながらブログを書いていた、もしくはこれから書くという人もいるのではないでしょうか。

特に日本一周や世界一周等の長期間に渡る旅では、日々の様子をブログに綴る人も多いと思います。ただそこで問題になるのが「旅の日常を書いても、さほどアクセス数に繋がらない」ということ。よほどの影響力がない限り、ただ日常のことを書いてもさほどのアクセスには繋がりません。

ここでは、「旅ブログを書きながら、アクセスアップする5つの戦略」について考えながら書いてみたいと思います。目指せ、月10万PV!!!

 

まずは「ブログランキング」に登録すること

スクリーンショット 2016-04-03 9.19.06

 

ブログランキングって実際どうなの?

旅ブログといえば!言わずもがな、「ブログランキング」ですよね。

ブログランキングをご存じない方に簡単に説明しておくと、名前の通り様々なカテゴリーでブログが登録されているランキングサイトで、特定のボタンを押してもらうことでランキングが上昇し、カテゴリーによっては大量の流入が期待できます。

有名なサイトは「日本ブログ村」と「人気ブログランキング」で、主に美容やシンプルライフ、節約など主婦層による利用が多い傾向があります。旅ブログもそれなりの登録数で、例えば「世界一周」ランキングには3000サイト近くも登録されています。

 

旅の情報を日常的に発信しているだけではアクセス数は向上しにくいし、ブログランキングに登録していると他の旅人も積極的に交流が図れるため、旅ブログをやっている方の9割が登録しているのではないでしょうか。

ただそこで気になるには、「ブログランキングってぶっちゃけどうなん?」という問題。結論からいうと、「世界一周カテゴリ」か、せめて「日本一周カテゴリ」で1位を得られれば、月に1万〜5万PV程度の流入が期待できます。

これは、特にブログ開設当初にはありがたい流入数ですよね。SNSでの拡散力が乏しい場合、書いた記事は検索エンジンにも登録されませんから、アクセス数は0に近いはず。このブログも、当初はブログランキングによってアクセス数が底上げされました。(笑

 

そもそもブログランキングの仕組みってどうなってんの?

スクリーンショット_2016-04-03_9_21_07

 

大半の旅人が「日本ブログ村」の方に登録しているので、ブログ村の仕組みについて解説します。

ブログ村には「INポイント」「OUTポイント」という指標がありまして、 INポイントはブログ村からブログへの流入、逆にOUTポイントはブログからブログ村の流出を意味しています。そして、1回のアクセスで10ポイント加算されます。

ブログ村はサイトに広告を貼ることによってお金を得ているので、「ブログ村から旅ブログに流出する」よりも、「旅ブログからブログ村への流入」をランキングを決める指標としているんですね。つまり、いかに「INポイント」を得るか、ブログからブログ村へと繋げるかが1位を取るための鍵となっています。

 

この仕組みを生かせば、ブログ村に登録されているブログのアクセス数をおおよそ調べることが出来ます。

ブログへのアクセス数は、先ほど紹介したとおり「OUTポイント」で表示されています。世界一周のランキングだと、例えば1位で5万〜7万ほど。これは週間での指標で、かつ1アクセスで10ポイント加算されるので、一ヶ月で20万〜28万。PV数に換算すると、おおよそ2万〜3万PV程度となります。

さらに、「世界一周」であれば親カテゴリである「旅行」カテゴリからの流入もあります。上位にランクしている人たちを見ると、週間でおおよそ3万〜5万程度のポイントを獲得していました。PV数に換算すると、1万〜3万5千PV程度になります。

 

つまり、かなりザックリではありますが、世界一周ランキングで上位に食い込むと安定して3万〜6万PVも得られることになります。

日本一周では市場規模そのものが狭いのでPV数は少なくなりますが、ブログランキングだけでこれほどのPV数を得られるのは革命的ですよね!

ランキングで1位を得るのは簡単ではありませんが、登録して努力して見る価値はあります。旅の日記でその他の方法でアクセスを稼ぐのは難しいので、やはりブログランキングがメインの流入元になると思います。

 

検索エンジンを意識した「まとめ記事」を積極的に書くこと

スクリーンショット 2016-04-03 9.24.40

 

旅ブログで誰も意識しない「検索」からの流入

ブログランキングに続いて、「検索流入」からアクセス数を得る方法を書いていきます。

検索流入とはその名の通りGoogle等の検索エンジンからの流入で、ブログランキングでは主にファン層が日常的に読んでくれることでアクセスが発生しますが、検索では特定のニーズを持った一見さんがブログを見に来てくれる可能性が高いです。

巷では何年も前から「SEO(検索エンジン)対策」という言葉が囁かれていますが、旅ブログでは検索エンジンを意識して記事を書いている人そのものをあまり見かけません。日記形式だったり、タイトルが無茶苦茶な記事が未だに多い印象があります。

 

検索エンジンを意識した記事を書くだけで差別化に繋がることもありますし、ブログランキング以外にも多様な流入元を得られます。

普段の日記はブログランキングを、そしてこれから解説する「まとめ記事」は検索エンジンを意識して書き、新しい読者に繋げられることをオススメします。

では、具体的にどのようにして検索エンジンを意識した記事を書いていくかの解説をしていきます。

 

安定の「旅の装備品」まとめ

thumb_IMG_2704_1024

 

旅ブログで一番検索エンジンからアクセスを得やすいのが、自分の装備品等をまとめた「まとめ記事」を作成することです。

過去、自分が旅をする際に「日本一周 装備品」や「世界一周 装備品」と調べたことはありませんか?そう、みんな知りたいことがあればネットで検索しているのです。そして、需要のある記事ほどたくさん見られるし、検索エンジンで上位に食い込めばより多くの読者を獲得できます。

その際に「どれだけブログを書いてきたか」や「ユーザーのニーズを把握していかにマッチングさせるか」という実践的な技術が求められますが、そんなものは関係なしに誰にでも書けるのが「旅の装備品まとめ記事」なんですよね。

 

単純にみんな知りたいからそれなりに検索しているし、一度ページを見れば長く滞在する傾向にあります。また、その装備品記事が面白ければ定期的に購読してくれる可能性もあります。

ぜひ、当時装備品を調べていた自分を思い浮かべながら、ユーザーにとって有益となる記事を書いてみてください。まとめ記事は作るのに時間がかかって大変ですが、それだけ多くのユーザーを獲得出来る可能性があります。

ちなみに、自分の場合は下記の「日本一周まとめ」の記事を作ったので、よければ参考にしてください。この記事は公開したてなので検索エンジンでは上位表示されませんが、1ヶ月ほど経過すれば上位に上がってくるだろうとみています。

 

 

みんな気になる「お金」に関するまとめ

a0002_006864

 

装備品に続いて、アクセスアップが期待できるのは「お金」についてのまとめです。みんな、お金は大好きですからね。(笑)

装備品は「どういった道具で旅をしたらいいかわからない」の解を求める需要だけど、お金は「出来るだけお金を使わない旅をするにはどうしたらいいか」や「旅の最中にどうお金を手に入れるか」といったもっと直接的な欲求なんですよね。旅ブログに限らず、お金が絡むブログをアクセスが向上しやすいといいます。

具体的には、旅に関連させるなら「準備段階でどうやって資金を稼ぐか」「旅の最中にお金を稼ぐ方法」「いかに経費を節約するか」辺りになると思います。実際に、僕の作った「1日1000円で日本一周する方法」という記事は「日本一周」で検索したときにほぼ1位か2位を獲得してくれています。

 

 

バラバラになってる情報をまとめるだけでもいいよ

特に誰でも書きやすいのは「装備品」や「お金」に関するまとめ記事ですが、ぶっちゃけどんなものでも何かしらまとめ記事は需要があると言えます。

特に旅ブログの場合は日記形式で記事が書かれていることが多いので、情報がバラバラに散らばっているんですよ。そのブログを最初から見てきた読者には伝わるけれども、文脈を知らないまま検索エンジンで辿りついても情報が散在していてよくわからないことが多いんですよね。

なので、バラバラに散らばっている記事をまとめて編集するだけでも価値あるものが生まれます。まとめ記事は誰でも作れるので模倣されやすいですが、旅ブログではそもそもまとめ記事を書く人の量が圧倒的に少ないので、あまり気にする必要はないかもしれません。

 

なんにせよ、「まとめ記事」は誰でも書けて検索エンジンでも評価されやすく、旅の日記よりはよほどアクセスを集められるコンテンツなのでぜひ作ってみてください。

 

単体で読んでもらえる記事を作ること

20160127005109

 

日記形式で記事を書きすぎてはダメ

先ほどの「検索エンジン」に関連することですが、検索経由でブログに訪れる人は大抵それなりのニーズがあって訪問しているので、ダラダラと書いている日記記事はすぐに離れていってしまいます。

結果的にどんどん検索順位は下がっていくし、やがて誰にも読まれなくなります。もちろん自分の振り返りのために日記を書くのは結構なのですが、アクセスアップを望むなら日記形式の記事を量産しまくるのはやめましょう。

Googleは、単体の記事だけではなくてサイト全体として評価し、それが検索の順位にも反映されます。その中で、身内向けの日記記事が大量になるとサイトの評価が下がり、本来なら素晴らしい記事ですら検索順位が下がってしまいます。

 

「ではどうすればいいか?」というと、検索で来たユーザーのニーズに対応するため「1記事で完結する記事」を作りましょう!ということです。

自分の経験を元に判断すればいいのですが、例えば「あそこの観光地に行きたい!」となったとき、ダラダラと長ったらしい、かつただの個人的な日記と、1記事で全て情報がまとまっている記事、どちらを読みますか?

もちろん、日記は日記で個人が全面的に出ているため、その人にしか書けない記事を作ることが出来ます。ただ検索経由でやってきたユーザーはそれを望んでいないことが多いので、ぜひ1記事で完結する記事を量産しましょう。

 

タイトルは内容と同じくらい大事!適当に書く人多すぎ!

スクリーンショット_2016-04-03_9_30_27

 

また同時に検索から来るユーザーは、他サイトも含め様々な記事タイトルが並ぶ画面からあなたのブログを選択することになります。

その際、ほとんどタイトルから判断して「この記事は自分の求めている内容が書かれてある!」とクリックするので、実は本文と同様記事タイトルもめちゃめちゃ重要だったりします。

日記的な記事を量産していると、ついつい適当なタイトル設定や自分だけが理解できるタイトルを付けてしまうものですが、ぜひ検索ユーザーのニーズを予想して的確なタイトルを付けてみましょう。「日付だけ」とか「場所名だけ書く」とかは絶対ダメです。

 

また、タイトルの付け方や組み合わせによって検索エンジンの順位もかなり変動します。

ただの「日本一周」と「自転車 日本一周」では表示される記事もかなり変化してきます。「こんな読者に見て欲しい!」という想像をしつつ、自分のブログにマッチする記事タイトルをひたすら吟味して付けるようにしたらいいです。

こちらも意識している旅人は少ないので、ちゃんと検索エンジンを意識してタイトルを設定するだけで抜きん出られる可能性もあります。

なんにせよ、記事タイトルはめちゃくちゃ大事!ということですね。

 

人の導線を出来る限り増やすこと

lgi01a201407200500

出典:Freepik.com

 

SNSなど色んなメディアで発信し続ける

ブログランキングや検索エンジンからの流入の他に、SNS等の様々なサービスからの流入も見込めます。ぜひアカウントを開設しておきましょう。

ブログのアクセス数を増やすにあたって重要なことは、「出来るかぎり流入する導線を増やしてくこと」です。ブログをある程度多めに更新するのは当然として、それらを拡散する場所も同時に増やすことで一気にアクセス数が増えます。

例えばブログランキングに登録する、Twitterfacebook等のSNSを更新する、人のサイトで紹介してもらう、などの手が考えられます。思いつく限り流入元の導線を増やしましょう。

 

旅メディアに寄稿する

そして、導線を増やすにあたっておすすめしたいのは「旅メディアに寄稿すること」です。

僕自身はやったことがありませんが、月に100万PV〜300万PV程度の中規模メディアで寄稿するだけで、一気にアクセスが増えたという話を度々聞きます。寄稿する際は大抵ブログのURLやSNSのアカウントを掲載してくれるので、メディアの拡散力を利用して自分へのファンを増やせるのです。

まだ実績がないうちは低賃金か、もしくはボランティアで寄稿することになりますが、ファンを獲得出来るなら全然ありな戦略だと思います。むしろ、僕も一度やってみたいほどです。(笑)

 

現実で会った人を何より大切にすること

 

名刺&看板は最強

cc-library010008829

 

これまではネット上で様々な手段・ツールを駆使してブログのアクセスアップを図る方法を考えてきましたが、なんだかんだいって一番強いのは「現実で会った人に見てもらう・紹介してもらうこと」です。

ネット上だけのやりとりと違って、実際に会った人とでは関係性がより親密になります。特に旅人を見て応援してくれている人は、かなりのファンになってくれるケースもあります。

そこで、リアルなファンを作るのに必要なのが「名刺&看板」です。名刺は旅先で人に配りまくり、看板は移動する際に自転車やバックパック等につけておいて、自らの露出をはかります。これをしているだけで、ブログの閲覧者が飛躍的に向上します。

 

またファンになってくれた人は、積極的にブログ記事をシェアしてくれます。シェアされるとその人のフォロワーに記事が露出することになるし、信用もつきますよね。ブログランキングのボタンも積極的にクリックしてくれることでしょう。

確かにネット上で露出ですると、時にとんでもないスピードで記事が拡散され、1記事で10万PV以上も得ることもあります。が、基本的には知りあった人にいかに記事を読んでもらうかを考えてブログ作りをすると、色んな意味で幸せになれます。

そのためには、ぜひ旅に出発する前にでも名刺&看板を作っておきましょう。言うなれば、リアルでの販促ツールと思って考えればわかりやすいですね!

 

facebookはリアルでは最強のツール

そして、実際の顔見知りの方に記事を届けるツールとして最強なのが「facebook」なんですね。

これまでの繋がりが多い方なら、最低でも友達が500〜1000人以上いるでしょうから、上手く記事を書けば簡単に1000PV程度なら得ることができます。また、面白く有益な記事なら拡散にも寄与してくれることでしょう。

facebookは、一度シェアされるとどんどん連鎖的に記事が拡散されていくんですよ。このブログでも閲覧数の多かった記事は大抵検索エンジン経由で大量にアクセスが得られたか、もしくはfacebookで大量に拡散されたかのどちらかなんですよね。

 

ぜひ、旅に出る前の繋がりが多かったという方こそ、今からでも遅くないのでfacebookのアカウントを開設してほしいです。

またすでにアカウントがあるという方は、積極的にブログ記事をシェアしていきましょう。きっと多くの方が見てくれるし、時にシェアを連発してくれるはず。ありがたい話ですね。

Twitterと比べて見知らぬ人と積極的に繋がっていくツールではないので、最初は友達数を増やすことに苦労すると思いますが、単純に人との出会いをどんどん増やしていけばいいだけです。もしくは、自分が面白い記事を書いていれば、「フォロー機能」を使ってファンを増やしていくことも可能ですよ。僕もブログ書いてたら、なぜかフォロワーが70人程度に勝手になってました。(笑)

 

とにかく書き続けるだけ

free-resources-mac-photos-05

 

というわけで、「旅ブログでアクセスアップする方法」というテーマで様々な手法を書いてきましたが、基本的にはブログ記事を書き続けて練習あるのみ、です。

すでに記事数を書き上げている人にとっては、これらの手法は参考になります。ただしまだ記事も少ないよという方の場合、どれだけ手法をこねくり回しても、肝心の記事がなければ読者も見に行きませんよね。

記事数を書きまくれば、必ずしもアクセスが大幅に向上するわけではありませんが、記事を書くなかで「どうすれば大量アクセスを得られるのか?」や、「どのように記事を書けば、ユーザーにとって閲覧しやすい記事になるのか」という基礎的な部分まで学ぶことが出来ます。

 

ブログを書いて楽にアクセスアップ出来るわけではありませんが、一番の近道は書いて書いて書きまくること。とにかく行動を起こすことです。

ぜひとも、多くの時間を割いて記事を書いて見て下さい。きっと、一ヶ月後にあなたの記事をGoogleが拾ってくれて、よいコンテンツであれば積極的に上位表示してくれるでしょう。僕もそれを祈って毎日記事を書いています。(笑)

結論としては、身も蓋もありませんが、これらの手法を試す前にまず書き続けること。そして、ある程度記事が溜まったところでこの5つの手法を試し、アクセスアップを図りましょう!

 

 

ちなみにですが、最初のブログサービスの選択をミスしたことによって、どれだけ記事を書いても「全然アクセス数が伸びねぇ・・・!」という事件が発生することがあります。

アクセスを伸ばすためにも、こちらの記事を参考にして「どのブログサービスならアクセスが向上しやすいのか」をよく吟味しながらブログを開設することをオススメします。

またこの記事を閲覧してくださっている方の大変はすでに開設されていると思いますが、今から作り直して新たに開設することも可能です。むしろ、思いついたら今すぐ行動することを強くオススメします!アクセスが伸びにくいブログでずっとやっていくなんて不毛なだけです。

 

IMG_9986

 

というわけで、以上「旅ブログでアクセスアップを図る5つの手法」を紹介してみました。これから旅の情報を書いていくという方の参考になれば嬉しいです。

それでは!

スポンサードリンク