10代で日本一周に出発した僕が、若者が今すぐ旅に出発すべき理由を語ってく。

image

 

僕は19歳の時に日本一周の旅に出発したんですが、家庭・友人・学校ないし職場の往復が前提の若者が旅に出ると、良くも悪くも人生の幅が一気に広がるんですよね。

10代だと親の許可を取って旅に出なければいけない人が大半だと思いますが、恐らく反対する親のほうが多いでしょう。幸いうちの親は何も言わずに送り出してくれましたが。

仮に親に反対されたとしても、10代で「旅に出たい!」と思ったなら出発しなければもったいない!今回は10代で旅に出るといかに人生の幅が広がるか、を紹介していきたいと思います。

 

人と関わる幅が圧倒的に広がる

image

 

大半の高校生や大学生は、家庭・友人・学校・アルバイト先の往復がせいぜいで、日常的に関わる人の幅が圧倒的に狭いと思います。

意図的に周囲の関係性を広げれば、もっと関わる幅を広げることが可能です。ただ新しい人と出会うためにはハブとなる人が必要なことが多いし、金銭的な制限も多いかと思います。

僕は幸い学校以外の関わりのほうが多かったんですが、それでも世間的に見れば一部の繋がりしかありませんでした。

 

「誰かと出会おう」と思って行動すると、大体予想した人物が集まるコミュニティに行くことになります。そこでも関係性は広がりますが、ぶっ飛んだ人と出会えることは稀です。

が、旅の場合は当然ながら出会いを予測できないため、時に「こんな生き方ありなのか!?」という人と出会うことがあります。これまでの自分の生き方からすれば考えられない人との出会いも多く、本当に楽しいです。(笑)

10代は関係性の幅が狭いからこそ、予想外の出会いに遭遇するために旅に出ると絶対に面白いですよ。僕も旅を通して、これまでの自分の生き方からは考えられない人とたくさん出会いました。

「出会いは資産」と良く言いますが、まさにこれです。なかには「この人たちは、絶対これからの日本に必要だ」と思える出会いもあったので、ぜひ一生付き合っていきたいと思っています。

 

日本は広いし、美しい

 

学校や家庭の中で過ごしていると、「日本は狭くて大変だ〜」なんて話を聞きます。

確かに他国と比べれば国土の面積は狭いし、人口密度も高いのでそう思うのは自然なこと。

でも、その発言はあくまで「地図」や「数字」を見て判断したものであって、実際に広いかどうかを確かめたわけじゃありませんよね?それも人力で見て回ってみた人なんて極わずかなはず。

 

実際に日本を自転車でグルっと回ってみると、地図や数字上で見た狭そうな日本とは違って、圧倒的な自然が広がっていることがわかります。

また「日本は国土の7割が森林だ」とも聞きますが、思っている以上に森林地帯が圧倒的に多いです。田舎で生まれた方は当たり前の光景なのかもしれませんが、都会生まれの僕にはあまりにも新鮮な光景でした。

北海道の広さは特に強烈で、自転車で一周しようと思うと1日も休まずに1ヶ月も走らないといけないんですよ!

人力で日本一周したからといって、自国のことが全て把握できるわけではありません。でも、教科書や本で見た情報よりも圧倒的にリアリティーがあって情報量の多い現実を、この目でありありと見ることができました。自分にとってとてつもない資産になりましたね。

 

困難にたくさん直面する

その人の生き方によってどれだけ困難に直面にしたか、も変化してきますが、10代で体験できる困難なんてたかが知れていることが多いです。

一方で、旅に出ると予測不可能な困難にたくさん直面します。国内の旅では命の危険に晒されることが多いですが、これまで大きなトラブルに直面したことがあまりなかったので、最初の方はパニックに陥ることもしばしばでした。(笑)

でも何度もトラブルを克服していくと、次第に落ち着いていきます。さらにワンステップ進むと、「トラブルそのものが楽しい!」と思っていくんですよね。(笑)

 

敢えてトラブルに体を突っ込んでいく必要はありませんが、旅に出て一連のトラブルを経験できてよかったなと我ながら思っています。

トラブルが発生しても大体のことは解決できるし、本当にヤバイときは大抵誰かが手を伸ばしてくれます。

逆に誰か他の人がトラブルに合っていたら、自分から手を伸ばせばいいんです。そうやって世界は回っていくのだと思います。

 

10代で一人旅に出るのは危険なのか?

「10代で旅に出る!」というと、「なんて危険なことを!」という人もいます。

10代前半で夜もうろつき回っていると日本なら補導されてしまいますが、18歳以上なら問題ありません。また判断能力的に特別問題はないと思います。

また、国内旅行なら野宿前提の旅であっても、最近はインフラが整ってきているため場所をちゃんと選んでいれば、特別危険なことは何もありません。女の人でも最低限安全に気を配っていれば、旅が出来ます。

 

日本一周に関してはこれらの事情もあって、旅人の低年齢化が顕著です。10代の旅人が結構たくさんいます。

「10代だから旅をするのは危険だ」と勝手に思い込んでくすぶっているほうが、今後の人生を考えるとよほど危険というか、損失だなぁと思います。

節約すれば、1日500円の予算で日本一周することも可能です。「旅にいきたい!」と思い立ったら、ぜひ両親を説得して旅に出てほしいなと思います。

 

どの年齢で旅に出てもいい

 

最後に、今回は「10代での旅」に焦点を当てて書いてみましたが、別にどの年齢で旅に出発してもいいんです。

10代でも早過ぎるということはないし、逆に50代や60代でも遅すぎるということはありません。「旅に出たい!」と思い立ったその瞬間が、その人にとって一番ベストなタイミングです。

旅の資金や時間は工夫すればどうにでもなるので、今すぐには出発出来ないとしても徐々に準備を進めていき、計画的に出発しましょう。強烈な動機を持って、ちゃんと準備をしていればどんな環境でも、必ず旅を実現できます。

 

「今はタイミングが悪いから〜」とか「お金がないから〜」といって先延ばしするのはあまりにも勿体無いし、人生全体で考えても損失が大きすぎます。

「今だ!」と思ったら、周囲がどんな環境であってもすぐに行動したほうが、少なくとも自分の短い経験から言えば間違いなく幸せになれます。

あなたの「旅に出たい」という願望が必ず実現することを祈っております。

 

おわりに

というわけで、「10代での旅をおすすめする理由」をつらつらと語ってみました。

10代での旅って、メリットがたくさんあるんですよね。10代の時間は貴重なので、一方では失う時間も大きいです。でもその時間以上に莫大なメリットがたくさんあるので、ぜひ思い立ったら出発してほしいです。

幸い、日本に関しては次々にインフラが整いつつあるので、ほぼ危険なく旅をすることが出来ますし、世界に目を向けてもアジア圏なら昔と比べて発展しているところが多く、場所をちゃんと選べば問題なく旅が出来るようですね。

僕は20代になってしまいましたが、これからも日本中の地域と世界中を旅したいと思っています。ぜひ、同じ10代・20代として旅を楽しめればなと思います。それでは!

スポンサードリンク