旅をしながら「田舎・移住体験」をしよう!民泊サービス『とまりーな』が面白いぞ!

スクリーンショット 2016-04-06 22.22.01

 

どうも、絶賛自転車日本一周中のよねすけ(@yonesukez)です。

最近、一部の若者を中心に「地方移住」が流行っており、都市部から田舎に移住して新しいナリワイ作りをする人が増えているようですね。旅人の間でも、地域の活動に興味を向ける人が多いですし、自分自身も地域へ訪ねるテーマで旅をしています。

そこで、今回は移住する前に田舎体験の出来る民泊サービス、「とまりーな」がかなり面白かったので紹介させていただきます!いわゆる「民泊」と言われるもので、移住前にとことん田舎を楽しみ尽くせますよ!

 

とまりーなってどんなサービス?

スクリーンショット 2016-04-06 22.22.01

 

「とまりーな」は最近世間を賑わせている、いわゆる「民泊」と言われるサービスです。

ホテル等の宿泊施設に泊まるのではなく、地域に住む人の民家に宿泊する代わりに対価を支払うもので、業界最大手の「Airbnb」を筆頭に大ブームが起きています。

日本ではここ最近ホテル不足が嘆かれているんですが、その一方で訪日外国人の数は右肩上がりで増えており、日本の文化を学ぶためもあって利用することが多いようです。

 

「Airbnb」は日本中のあらゆる場所で利用されており、主に東京や京都等の都市部か観光地近くで利用されることが多いようですが、この「とまりーな」は田舎体験に特化して地方で展開されています。

「地方移住したいけど、どこに行けばいいかわからない・・・」という人は、このとまりーなを利用してあらゆる場所を訪ねてから決めればいいと思いますよ!

 

実際に宿泊先の民家を見てみよう!

さて、説明ばかりしていても仕方がないので、実際に宿泊地を見てみましょう。

 

宮城県気仙沼市「唐桑御殿 つなかん」

スクリーンショット 2016-04-06 21.41.44

 

宮城県気仙沼市にある漁師民宿!

僕も日本一周で訪れたましたが、気仙沼市は2011年の東日本大震災の影響をモロに受けてしまった場所です。

この漁師民宿は、津波で全壊してしまった家をとある会社が出資し、漁師民宿として息を吹き替えされたようです。すごいなぁ〜。

 

長野県原村「ココットビレッジ」

スクリーンショット 2016-04-06 21.42.42

 

こちらは、「長野県諏訪郡原村」という八ヶ岳の麓にある農家民宿。標高1200mもあるそう!

原村も日本一周中に訪れましたが、この辺って面白い移住者の方がやたらと多いんですよね。

「ココットビレッジ」は自然栽培で農家をされている民家で、農業や果樹狩り、食品づくりを体験できるみたい。この場所は、間違いなく面白いはず。(笑)

 

岩手県遠野市「農家民宿 おでんせ」

スクリーンショット 2016-04-06 21.55.00

 

遠野市といえば、「馬の発祥の地」として有名な場所で、日本では珍しく馬で畑を耕したり、林業を行う「馬耕・馬搬」を推進している地域でもあります。

そんな遠野市にある農家民宿で、この場所では酪農を営まれているみたい。

お部屋の紹介が「お団子づくりや漬物作りを一緒にやりましょう。肝っ玉かーちゃんがお出迎えします。お気軽にどうぞお越しください。」だけなのも猛烈に面白い。(笑)ここはマジで行きたい!(笑)

 

沖縄県国頭郡今帰仁村「とぅるば家〜 Turubaya」

スクリーンショット 2016-04-06 22.03.40

 

続いて、一気に飛んで沖縄県は「今帰仁村」!沖縄県は民宿の登録数が一番多いようでした。

「まるで親戚の家に来たような宿」というタイトルに思わず突っ込みを入れざるを得ないのですが、沖縄での田舎体験は楽しそうー!

 

「田舎体験」が新しい旅のブームになる!

とりあえず、ざっと見ただけでも魅力的な宿泊先がたくさんありましたー!

サービスを開始したのは2013年のようですが、現時点で529件の宿泊先が登録されていました。

民泊業界最大手の「Airbnb」と比べれば案件数は非常に少ないものの、あちらは法的にもグレーだし、「とまりーな」は明確なテーマが設定されているので、目的を持って民泊を利用する場合はこちらのほうが良い体験が出来るでしょうね。

 

地方移住や地域おこしが旅人の間でも流行りつつある現代において、これまでの「パッケージ型の旅行」をする人は次第に少なくなり、このような「田舎体験」を求めた旅をする人が増えるのではと思っています!

民泊は、移住先候補を見つけるのには最高のサービスなんですよね。安価に民泊に宿泊してその地域での暮らしを体験することが出来るし、ある程度まとまったお金さえあれば、これだけで民泊を利用しながら回り歩くことが出来ます。

民泊を行っているところは面白い暮らしをしているケースが多いので、特に地方に関心のある旅人にはオススメです!

 

おわりに

というわけで、「田舎体験に特化した民泊サービス「とまりーな」」を紹介させていただきました。

地域に密着して旅をしたいと思っている方は、ぜひ利用してみてくださいねー!

とまりーなの登録はこちらから行えます。面白い宿泊先がたくさんあるので、探してみてくださいね。

 

それでは!

スポンサードリンク