安いが想像以上に高性能!TOTEM(トーテム)製ロードバイクの評価・評判まとめ

 

5万円以下のロードバイクでも、一際目立つスペックを備えた「TOTEM(トーテム)」のロードバイク。

いくつかラインナップがありますが、その中でも最もハイエンドなモデルは4万円台とは思えない性能を兼ね備えています。現状、安物ロードバイクを買うならこのモデルしかない!というぐらい。

ただ、いかんせん聞き慣れないメーカーだけに「本当にこの自転車を買って良いのだろうか?」という言葉が頭をちらつきます。信頼できるといっても、あまり聞きませんからね。

今回は、自転車を購入するにあたって「TOTEMのロードバイクに関する評価・評判・モデルのまとめ」について調べてみたので、シェアします!

 

TOTEMってどんなメーカー?販売会社は?

テンジン ゴールデンホールディングスのHP

 

まずこのような自転車の信頼性を判断するためには、販売している会社を調べるのが一番。

TOTEMについて調べてみると、どうやら中国の「テンジン ゴールデン ホールディングス」という会社の一ブランドということがわかりました。

日本では数種類のモデルしか発売されていないんですが、本国ではクロスバイク・マウンテンを始めBMX・ファットバイク・折りたたみ自転車まで販売していることを発見!

同じ価格帯のトリンクスと販売形態が似ていますね。

 

 

さらに面白かったのは、他のメーカーと違って「レースに出場できるハイスペックなロードバイク」も発売していること。

一般的に変速装置である「コンポネート」で大体のマシングレードが判断できるんですが、この自転車に取り付けてある「SHIMANO DURA-ACE」は合計6種類ある中でも最も性能が高いもの。

5万円以下のロードバイクを発売しているメーカーで、このグレードを備えたモデルを発売しているのは自分が調べる限りだとこの会社ぐらいなので、信頼性は高いと言えます。

 

 

先ほどの最上位モデルは同じ会社でも別ブランドのものですが、TOTEMブランドでもそこそこのグレードのロードバイクが発売されていました。

コンポネートは「SHIMANO 105」で、3番目に性能が高いものです。実売15〜20万円程度のバイクに取り付けられることが多く、実用性も高いです。

残念ながら日本では発売されていませんが、今回紹介するTOTEMのロードバイクも同価格帯と比べて性能が一段飛び抜けているので、正直かなり欲しいところ・・・!

 

 

TOTEMで展開しているモデルは?

現状、日本で購入できるTOTEMの自転車は下記の4つとなります。

全て5万円以下で購入できますが、価格は3万円〜4万円とかなり近いです。この中でも一番グレードの高い「T15B408」がコストパフォーマンスが非常によくて、初心者に人気です。

 

  • T16B404C
  • T11B404
  • T13B409
  • T15B408

 

上から順番に価格・性能が上がっていきます。

それでは、順番に各モデルのスペックを比較していきます。

 

T16B404C

 

TOTEM ロードバイクの中でも最も安価なモデルなんですが、なんと2万円台という激安価格で重量10.7kgと非常に軽量に作られています!

この価格帯だと、ほとんどの自転車が15kg超であり、驚異的なスペックと言わざるを得ません。しかも無名メーカーのコンポネートが多いなか、MTB用の「SHIMANO Tourney」を装備しています。

もちろん2万台のロードバイクはママチャリの延長でしかないんですが、それでも2万でドロップハンドルとそこそこの性能を手に入れられると考えれば、めちゃめちゃお得です。

 

T11B404

 

こちらのモデルは、先ほどとスペックはあまり変わらないもののなぜか4万円弱で売られています。

最大の差別点はデザインでしょうか?重量も10.3kgとあまり変わらず。コンポネートの性能も変わらないので、あえてこちらのモデルを買う必要はないかなと。

本来ならこのモデルの性能・価格が正しいんですが、2万円台で買える「T16B404C」が優秀すぎて見劣りしていまいますね。

 

T13B409

 

ミドル級の性能を備えたモデル。価格は4万弱と「T11B404」とほぼ変わらず。

スペック的には、重量が10.3kgと先ほどのモデルと同様にわずかに軽量になったことぐらいですね。デザイン性には優れるので、その点で購入するならいいかなと。

 

T15B408

 

TOTEMロードバイクの大本命!4万台の自転車なのに、ロードバイク専用のコンポ「SHIMANO SORA」が取り付けられています。

5万円以下の安物自転車は通常のロードバイクと変速装置が違うんですが、こちらは「STI」と呼ばれる専用の装置が取り付けられていて、ドロップハンドルを握りながら簡単に変速できるようになっています。

例え安物以下のロードバイクであっても、少なくとも専用の機構は取り入れているし、7万円程度の予算まで出さないとこの機能が付いているモデルは他メーカーでもないので、非常にお買い得なんです。

 

現状、安いロードバイクを買うなら「TOTEM一択」みたいなところもあるので、ぜひ前向きに検討していきたいですね。

 

TOTEMの自転車は壊れない?評価・評判まとめ

ここまでTOTEMロードバイクのモデルを紹介してきましたが、高性能とはいっても実際に使っている人の感想が気になります!

この自転車は多くの人が利用していて、ネットにも口コミが多数投稿されていたので、一部引用しつつ紹介していくことにします。

 

 

少なくとも、安物のロードバイクの中では好印象なようです。

その他、様々なページを見ても「初心者用のロードバイク自体買うのは微妙だけど、安いものならTOTEMが一番いい」というベテランさんの口コミが目立ちました。

ロードバイクに10万円以上予算を割ければ、そりゃあ無問題ですよ。ただ残念ながら生活をするために自転車に5万円以上出すことはできないので、他の自転車と比較しても一番信頼性が高いこの自転車が良さそうです。

 

自転車の組立方法はこちら

 

ネット上で自転車を購入する場合、大抵のモデルが半分分解された状態で届きます。

説明書があれば予備知識がなくとも組み立て可能なんですが、それでも不安になる人もいるはず。そんな人のために一般の方が投稿してくれた動画があったので、貼り付けておきます。

モデルによって多少パーツの位置等が異なるものの、組み立ての手順は変わらないのでぜひ参考にしてみてください。

 

おわりに

というわけで、以上「TOTEMロードバイクのモデル紹介と評価・評判まとめ」でした。

現状、安物ロードバイクの中では一強といっても過言ではなく、多くの人が使っている分信頼性も高いです。

もちろん予算があれば大手メーカーの10万以上のバイクを買ったほうがいいですが、そんな予算を用意できない人が大半なはず。

もちろんこの自転車でもロードバイクを楽しむことができるし、先ほど紹介したツイートでTOTEMのロードバイクを使って160kmのロングランをしている人もいたので、あまりに早いスピードやレース出場を目指すのでなければ問題ありません。

ぜひ、この記事が参考になると幸いです。それでは!

 

icon-caret-right TOTEMのロードバイクをショップで探す

 

▼5万円以下で購入できるおすすめのロードバイクについては、全て下記記事にまとめているので参考にしてください。

【5万円以下】初心者向けロードバイクの選び方とおすすめ10選を紹介する【格安・激安】

2016.04.10

スポンサードリンク