旅に「テーマ性」を持たせると、より面白い人と出会えるようになるよ。

IMG_4843

 

どうも、絶賛自転車日本一周中のよねすけ(@yonesukez)です。

皆さんは旅をするとき、何かしらの「テーマ」を設けられていますか?自由気ままに旅をするのも素晴らしく楽しいんですが、時にテーマを設定して旅すると、これまでの旅では会うはずのなかった人と出会えるようになるんですよ。

僕も最初こそ何も考えずに旅に出発しましたが、途中から「地域のカリスマに出会う」という目標を設定して日本を回るようになりました。今日は旅にテーマを設定するメリット等について書いてみたいと思います。

 

旅にテーマを設定するメリットについて

IMG_4843

 

一口に「旅」と言っても、人それぞれで様々な定義を設けていますよね。

純粋に各地を回る旅をする人、何も決めずに気ままに放浪の旅をする人、旅をするというよりは1つの事業を行う形でテーマを設定して旅する人、などとてもじゃないけど1つにはまとめられません。

人それぞれの興味や好奇心、課題意識に応じて様々な旅のスタイルがあるので、端から見ているだけでも面白いです。

 

僕は2015年4月に自転車日本一周の旅に出かけたんですが、最初はただ純粋に「日本の各地を見て回りたい」という動機で自宅を出発しました。

最初は、本当に心から「旅」そのものを楽しんでいました。ただ、現状日本各地で高齢者現象が起きているだの、人口減少だのと騒がれていますが、日本一周しているとそれがリアルな形で見えてしまうんですよね。

純粋にペダルを漕ぎながら、「このまま旅を続けていいのか?」と思ったんです。もっと地域で活躍する人の話を直接聞いて、今の日本の現状を少しでも知るとともに、自分なりに「これからの生き方」を考えつつ発信していきたいと思った。

そこで、新しく「タズネビトプロジェクト」という地域のカリスマを訪ねていくプロジェクトを立ち上げ、活動することにしました。

 

今、地方が楽しくなっている

IMG_4773

 

旅をするということは、あらゆる場所の「地理」を知ることになるということ。「地理」を知ると、必然的に地域の歴史や住んでいる人に焦点があたるし、日本を回るなら少子高齢化や人口減少を間近で見ることになります。

特に地方都市の商店街やショッピングモールを回ると、こちらが悲しくなるほど過疎っている場所がたくさんあるんですね。「昔は栄えていたんだろうけど、今は見る影もないなぁ・・・」と何度思ったことか。

一方、今の日本は空前の地域おこしブームであり、限界集落まで足を運ぶと面白い活動をしている人がいっぱいいます。山奥の方まで足を伸ばさなければ会えない人たちなので、赴くだけで大変なのですが、地域の活動やこれからの日本に興味のある人はぜひ会いに行って欲しいなと思います。

 

このように、何かしら「テーマ」を定めると、これまで普通に旅をしていては会うはずのなかった人たちと会えるようになるんですね。もちろん逆もしかりですが、「この人に会いたい!」という理想像があるのなら、テーマを設定しない手はないと思いますよ。

特に今の日本はあちこちで優秀で面白い人たちが地域の活動をしているので、そのような人に会いたければテーマ性を持って旅するのが一番です。

また、地域活動の繋がりで全国の「地域おこし協力隊員」のもとを訪ねていく旅なんかも面白いと思います。総務省が総手を挙げて隊員数を増やしていますし、地域によっては非常に面白い人が活動していることもあるので、会いにいくと楽しいと思います。

旅を終えた進路の1つとして「地域おこし協力隊」を考えているのなら、余計に楽しい旅になると思いますよ。ぜひ会いにいってみてくださいね。

 

おわりに

というわけで、以上「旅にテーマ性を持たせるメリット」について書いてみました。

世界一周はともかく、日本一周に関してはネットと道の駅の普及で10代女子でもそれほど気負わずに旅に出発できる時代になったので、テーマ性を持たせて旅をする人が増えています。

普段、他の旅人のブログを読むことって少ないんですが、興味のあるテーマが設定されていると「お!この人面白い!」と購読するキッカケにもなるんですよね。ターゲット設定が変わり、ブログの読者層が変化するという意味でもメリットはありますよね。

 

それでは!自分なりに面白いテーマを設定して、充実した旅を送ってくださいね。

スポンサードリンク