旅行を仕事にする方法とは?旅しながら収入を得られる職業を解説

 

様々な地域・国を移動する旅人なら、誰しも一度は「旅行しながら仕事ができたらなぁ・・・」と考えるはず。移動しながらの仕事は一見すると難しく見えますが、実はそれほど難しくありません!

最近はインターネットエリアの拡大で、パソコン・回線・電源さえあれば様々な国で仕事ができるようになりました。自分もなんとか自分で収入源を構築し、旅しながら仕事ができるように。

この記事では、スキルのない一般人でも旅行を仕事にできる職業一覧と、実際に仕事を獲得する方法論を実体験から解説していきます!

 

一般人が旅行を仕事にできる職業一覧

不用品売買・バイヤー | 評価:★☆☆☆☆

 

旅行しながら仕事をする上で、最も取っ付きやすいのが自らの不用品を売買する方法や、海外で売れる衣類などを発見して価格差を利用して儲ける方法です。

少しの差益を得るだけなら、一般人でもサクッとできます。ただ本格的に買い付けを行う場合、売買を行う情報の仕入れや店主との関係性を作るなどやることが大量にあり、苦戦しがち。

上手くいけば莫大な利益を得ることができますが、価格差を利用する転売方式だと「ビジネス」とはいえず、継続的に収入を得ることが難しくなります。

本格的にやっている人は月何百万と稼いでいますが、美味しい情報や関係構築ができなければ簡単には参入できません。「一応こういう選択肢もある」ぐらいに考えておきましょう。

 

動画投稿者・YouTuber | 評価:★★★★☆

 

最近はYouTubeを筆頭に様々な動画配信サービスが立ち上がっており、一定以上のトラフィックを得ていれば広告収入だけで生活できるようになりました!

残念ながら国内で「旅行系ジャンル」で収入を得ている人は少ないものの、「バイリンガールちか」さんを筆頭に英語配信系チャンネルは変わらず人気。

他にも広告収入だけでは生活できない・・・と言いつつ、タイ国際空港から提供動画の仕事をもらっている「AKIRA TOKYO」さんなどもいます。旅行系でも、副業程度の収入は得られそうですね。

 

▼YouTubeを活用して約5万円の収入を得た話はこちら

YouTubeの広告収入で5万円稼げた!一般人が動画投稿で成功するためにやったこと全て

2018.07.23

 

プログラマー・エンジニア | 難易度:★★★★☆

 

旅行しながら働く!を実現している人も多い「プログラマー・エンジニア」という仕事。一定のスキルは必須ですが、最近では簡単に技術を習得できるスクールなども増えています。

同時にネット上で外注仕事を受けられるクラウド系のサービスも増えていて、技術力さえあればどの場所にいても仕事ができるようになっています。

海外では1年のうち半分をプログラマーとして働き、もう半年を旅行など自分のスキルに当てる人もいます。サービスを自主開発して収入を得る方法も。

一流のエンジニアになるのは至難の業ですが、今後プログラミングスキルは必須になっていくので今のうちに習得しておくのもアリ。

 

カメラマン・写真販売 | 評価:★★★☆☆

 

旅行先の写真を撮影し、写真集等の形で販売する「カメラマン」。最近ではSNSで自らの写真を公開し、影響力を得て仕事につなげる人も増えてきましたね!

気軽に体験する程度なら、旅行先で撮影した写真を路上販売することも可能。実際にこの方法でお小遣いを得ていた旅人を何人か知っています。

技術力はもちろん必要ですが、特定の写真に特化した専門家になる、ネット上で継続的に発信することでファンを得る・・・という「自らのブランドを構築する」方法も非常に有効です。

ただ他の仕事と比べて「これさえやっておけば稼げる」という確固たる指標がなく、芸術やアートに近いので再現性が低いのが最大の難点です。

 

ライター業 | 評価:★★☆☆☆

 

パソコンとネット環境さえあればどこでも仕事ができる「ライター」の仕事。最近は「ランサーズ」「クラウドワークス」の登場により、誰でも簡単に仕事を受けられるようになりました。

必ずしも旅行をテーマにする必要はないものの、旅行ライターを中心に募集している「SAGOJO」などのサービスもあります。これなら、文字通り旅しながら仕事をすることが可能。

唯一注意したいのが、このような外注サービスを利用する場合、どうしても下請けとしてタダ働き同然の収入になってしまいがち。長期的に稼ごうと思うと確実に実績を積み上げる必要があります。

誰でも簡単に始められるが、長期的に割のいい仕事をするのは至難の業です。多く稼いでいる人は有名媒体で仕事をする、ブログなど自分のメディアを持って継続的に発信していることが多いです。

 

ブログ運営・アフィリエイト | 評価:★★★★★

 

一般人が旅しながら仕事をする場合、事前に相当なスキルやコネを獲得する必要があります。しかし「ブログ運営」なら、スキルがない状態でも継続的に作業を続けることで収入源を作ることが可能!

広告掲載をして収入を得る方法を「アフィリエイト」と呼び、記事を書くだけの知識・経験があれば誰でも気軽に始められます。しかも一度収入が発生すると、継続的に売上を生み出してくれます。

参入コストも安く、月1,000円ちょっとあれば十分。唯一の注意点は、ある程度まとまった収入を得るまで時間がかかり半年間無給が続くこともあること!収入を得るまでのハードルは高いです。

自分はブログの広告で生活していますが、小学生の頃から趣味としてブログ運営を続けており、有益な記事を作っているうちに勝手に生活できるようになっていた・・・というイメージです。

ブログ単体の収入で生活するのは大変ですが、他の手段と同時並行で進められるので「ライター業などをしながら実績を獲得し、ブログで発信しながら収入&影響力を得る」のが最も良い方法かと。

 

▼稼げるブログの始め方・作り方はこちら!

【稼げるブログの始め方】ブログ開設から広告収入を得るまでの徹底運営マニュアル

2018.05.09

 

スキルがない一般人が旅行を仕事にするためのステップ

 

旅行しながら働ける職業一覧を紹介しましたが、「ツアーコンダクター」など一般的に浮かぶ職業は特別なスキルやコネが必要なものばかり。スキルもコネもない一般人は実現不可なのか?

確かに最初から何のスキルもないと大変ですが、自分も同じような境遇からスタートし、生活できる程度の収入源を得ることができました!

裏ワザ的なコツはありませんが、必要なのは「可能な限りインプット&アウトプットを継続的に繰り返し、積極的に知識・経験を得ること」!これさえできれば、誰でも旅しながら仕事ができるようになります。

 

SNS・ブログで実績や経験を発信し続ける

旅行しながらでも収入を生み出す仕組みを作るためには、SNS・ブログ等の媒体で継続的に発信することが最も重要!得意なことでなくても、好きなことなら誰でも持っているはず。

自分も趣味のことを継続的に発信し続けて、収入を得られるようになりました。今の時代、単に収入を得るだけなら特別なスキルなど必要なく、必要なのは「発信すること」だけ!

特にブログの場合、継続的に発信することで多くのアクセスを継続的に得ることができます。基本的にアクセスさえあればある程度収入に変化させることができるので、まずは情報発信を始めましょう!

 

スキル・経験を積極的に習得する

 

継続的に情報発信を続けつつ、アウトプットの質を高め続けるために必要なスキル・経験を習得していきます。最初にインプット→アウトプットという順番ではない点に要注意!

一般的に情報を仕入れてから発信するのが基本ですが、インプット偏重になりいつまでも発信できない状態に陥りがち。とりあえず情報発信することで、自分に足りない情報が明確になることも多いです。

例えば最終的に旅行ブログを運営して生活することを考えているなら、現在知っている情報を発信しつつ、同時進行で旅行先のリサーチ&実際に旅をしながら情報を蓄積していきます。

 

自主媒体で商品を販売&広告掲載をする

情報発信を続けて、SNS・ブログで多く反応やアクセスを得られるようになったらこちらの勝ち!広告を掲載して収入に変換してもいいし、影響力を使って新たな仕事につなげるのもアリ。

今の時代は、何かしら自分の媒体にアクセスを得られるようになった時点で何らかの価値に変換できます。技術力は優れてなくとも、ネット上の影響力で上手く仕事を得ている人は多いです。

もちろん継続的に収入を得ていくためには、常に価値のある情報発信&インプットが欠かせません。自分から様々な知識・経験を得つつ、情報発信していきましょう!

 

おわりに

というわけで、今回は旅行しながら働ける職業の一覧と、スキル・コネのない一般人でも旅行しながら稼げる用に鳴る方法を紹介してみました!

どんな職業でも重要なのは「ネット上での継続的な発信」であり、プロでなくとも一定数の影響力・アクセス数を得た段階で収入に変換できます。特に技術はないが凄まじい影響力を得ているYouTuberが筆頭です。

インターネットのおかげで、一般人でも「旅行をしながら仕事をする、収入を得る」ことのハードルが大きく下がりました!誰でも簡単に始められるので、まずは自主媒体で発信することから始めましょう!

 

▼稼げるブログの始め方・作り方はこちら!

【稼げるブログの始め方】ブログ開設から広告収入を得るまでの徹底運営マニュアル

2018.05.09

スポンサードリンク