ツバス(ブリ)の刺し身・照り焼き・アラ煮をつくってみた!【釣り魚レシピ】

thumb_IMG_0646_1024

 

先日、垂水の塩屋漁港で人生初のツバス(ハマチ)を釣り上げることが出来ました!釣って楽しいのは間違いないですが、これこそ究極の美味しい魚ですよ。

ということで、予定を返上して新鮮なまま家に持ち帰り、「刺し身・照り焼き・アラ煮」の料理にしていただいてみることにしました。

30cm級の小さいサイズとはいえ、二尾もいるとめっちゃ贅沢な料理になりますね。それでは早速行ってみましょー!

 

 

ツバスを3枚下ろしに捌く方法

thumb_IMG_0616_1024

 

こちらが、釣ってきたツバスです!釣り上げてから3時間後にはさっさと捌き始めることにしました。

青物は鮮度が命ですからね。氷に包んで持って帰ってきたとはいえ、釣り上げた当初と比べると鮮度が落ちているのが目に見えてわかります。

とりあえず捌いておけば鮮度の落ちを防ぐことができるので、さっさとやっていきましょうかね。

 

thumb_IMG_0617_1024

 

まずは頭を切り落としますが、出来るだけ身が残るようにして切断するのがポイント。ブリの類は無駄に頭が大きいですからね。

頭に身が残ってもアラ煮で食べられるんですが、出来るだけ残しておきたいもの。斜めに切れ込みを入れると上手くいきます。

また内蔵を切り落とさずに切り込みを入れて頭を引っ張ると、ハラワタごと引っ張りだせるので手間を減らすことが出来ます。こういうのは工夫だね。あとウロコ落としも必要だ。

 

thumb_IMG_0618_1024

 

他の魚同様、皮から徐々に切り込みを入れて3枚下ろしにします。

ツバスの身って意外と柔らかいので、中骨に少し身が残っちゃいました。包丁の切れ味の悪さも影響している気がしますけどね・・・皮に切り込みを全然入れられないw

ここまで捌けば、おおよその料理に使うことが出来ます。ただし刺し身にするにはもう一手間必要。

 

ツバス(ハマチ)の刺し身の切り方

thumb_IMG_0619_1024

 

刺し身にするのも簡単で、3枚下ろしにした身から皮を剥ぎ、中骨をすき取るだけ。

皮は端から切り込みを入れて包丁を並行に入れれば、簡単に剥くことができました。ツバスって身が柔らかいわりに皮がしっかりしているから、かな。

これで刺し身の下準備が全て完了です。

 

thumb_IMG_0622_1024

 

この切り身の美しさよ!

ほどよく脂がのりながら、身はピンクで大変美しい・・・捌きがいがありますね。めっちゃうまそう。

 

thumb_IMG_0620_1024

 

赤身は縦に包丁を入れると、いい感じに捌くことができます。

さっきの脂の乗った切り身は、斜めに刃を入れるとそれっぽくなりました。とりあえず見た目が綺麗であればOK!

 

thumb_IMG_0626_1024

 

まずは一品目、ツバスの刺し身が完成ー!めっちゃうまそうー!

外側が赤身で、内側が脂ののった部位になります。釣りたてより少し置いたほうが熟成されるそうなので、冷蔵庫で保存しておきましょうかね。

 

ツバスのアラ煮・照り焼き

thumb_IMG_0627_1024

 

つづいて、残りの身を使ってツバスのアラ煮と照り焼きをつくります。

アラ煮に関しては、残った中骨や頭の部位を煮詰めて作ります。ツバスって内蔵以外はほぼ食べられるのがいいんですよね。美味しそう!

 

thumb_IMG_0631_1024

 

ツバスのアラ煮に必要な材料は下記。

照り焼きの場合は、追加で小麦粉と塩が必要となります。

 

用意するもの 必要な量
 ツバス 2尾分
 しょうゆ 100CC
 砂糖 大さじ2杯
 料理酒 100CC
 みりん 100CC
 しょうが 適当

 

thumb_IMG_0628_1024

 

最初に、アラ煮に使う頭を2つに割っておきます。こうすることで、ダシが染みこみやすくなるので。

このときにハラワタが付いていたら、取り除きます。こうやってみると、たくさん身がついてますねー!見た目はアレだけど、うまそー!

 

thumb_IMG_0629_1024

 

次に、臭みを抜くために沸騰したお湯をかけます。身の色が変わるぐらいでOK!

 

thumb_IMG_0630_1024

 

ザルにアラを入れてお湯をかけると、全体にくまなくかけることが出来ます。

この作業をするだけで、臭みがかなり取れるようですな。青物は臭み対策が超重要となってくるので、欠かせない作業です!

 

thumb_IMG_0632_1024

 

準備が出来たら、先ほど紹介した材料、しょうゆ・みりん・砂糖・料理酒・しょうがを全てぶっこみ、煮立ててから具材を入れます。

あとは煮詰めれば、完成ー!

 

thumb_IMG_0635_1024 thumb_IMG_0647_1024

 

いい感じに煮詰める事できました。味もバッチリ!これは美味そう。

 

ツバスの照り焼きの作り方

thumb_IMG_0633_1024 thumb_IMG_0634_1024

 

最後に、ツバスの照り焼きを作っていきます。本来なら皮・骨付きで料理するんですが、今回は刺し身用のブロックをそのまま使います。

まず全体的に塩と料理酒をかけて、臭み抜き!しばらく放置しておきます。

 

thumb_IMG_0636_1024

 

ツバスの身、全体に小麦粉をまぶしていきます。ここまではムニエルの作り方と一緒ですな。

 

thumb_IMG_0637_1024

 

フライパンに油を引いてから、投入!

まずは片面をしっかりと焼いていきます。んん〜、いい匂い!

 

thumb_IMG_0638_1024

 

片面をしっかり焼くことができたら、身をひっくり返して蓋をし、蒸し焼きにします。

この蒸し焼きにする作業が大事で、上手くいくとフワフワの照り焼きを作ることが出来ます。あとは身自体が分厚いと焼くだけでは火が通りにくい、という理由もあります。

 

thumb_IMG_0639_1024

 

いい感じに焼くことが出来た!あとは一旦弱火にして、調味料をそれぞれ投入。

  • しょうゆ 大さじ2杯
  • 料理酒 大さじ2杯
  • みりん 大さじ2杯
  • 砂糖 大さじ2杯

その後、全体にまぶしながら強火で一気に浸透させ、完成ー!

 

thumb_IMG_0640_1024

 

ツバスの照り焼きの完成ー!こちらもめっちゃ美味そう!

ということで、一通り料理出来たので並べてみましょう。

 

thumb_IMG_0646_1024 thumb_IMG_0648_1024 thumb_IMG_0644_1024

 

たった1時間の釣行で、これほど美味しそうな料理が完成しましたー!実際、刺し身を中心にめっちゃうまかったー!照り焼きはちょっと塩辛かったけど。(笑)

こんな料理が食べれるなんて、本当に釣り人冥利につきます。こんな新鮮な魚はなかなか魚屋に並んでいないし、あったとしても相当お金が必要なはず。

次はぜひハマチクラスの魚を釣って、友人にも配り歩いてみたいものです。

 

ぜひ、めちゃめちゃ美味しい青物を釣って料理してみてください。それではー!

スポンサードリンク