【ホーチミン】ベトナム戦争証跡博物館で「戦争とはなにか?」を学んできた【アクセス情報・営業時間・入場料・内部の様子】

 

2018年8月より、15日間のベトナム旅行を開始!自然豊かな土地、美味しい地元料理と様々な特産物がありますが、一番印象が強いのは「ベトナム戦争」ですね。

ベトナムの歴史についてあまり把握していなかったので、旅行前に何冊か本を読んで復習していたんですが、思っていた以上に悲惨な戦争であることがわかりました・・・。

ホーチミンには、そんなベトナム戦争をより深く学べるという「ベトナム戦争証跡博物館」なる施設があることを知り、到着後に早速行ってみました!

  1. ベトナム戦争証跡博物館のアクセス情報
  2. 博物館の入り口・入場料金など
  3. ベトナム戦争証跡博物館を実際に回ってみたレポート

今回は、ホーチミン旅行に訪れたらぜひ行ってほしい「ベトナム戦争証跡博物館」のアクセス情報、内部を見学した様子などをお届けしたいと思います!

名称 ベトナム戦争証跡博物館
住所 28 Võ Văn Tần, Phường 6, Quận 3, Hồ Chí Minh 700000
アクセス 市内中心部から徒歩15分ほど

 

ベトナム戦争証跡博物館のアクセス情報

 

ベトナム戦争証跡博物館は、市内中心部から少し離れた場所にあります。電車移動等はできないので、徒歩かタクシーで移動することになります。

普通にタクシーを捕まえるとボッタクられる・・・のがベトナムなので、ぜひスマホアプリの「Grabタクシー」を使って移動しましょう!

あらかじめ目的地・現在地を設定するので無駄なやり取りが発生せず、明瞭会計でカード支払いOKなのでボッタクられる心配もありません。

 

博物館の入場料金・営業時間

営業時間 7時30分~18時00分
入場料 40,000ドン

 

ベトナム戦争証跡博物館の入場料金は最近値上げされたようで、一律「40,000ドン」となっています。とはいえ、日本円に換算すると200円程度なので十分安い!

入場券を購入すると「シール」を貰えるので、見える位置に貼っておきます。

営業時間は「7時30分~18時00分」です。以前は1時間程度の昼休み時間があったようですが、今は夕方までぶっ通しで観光できるようになったみたいですね。

 

ベトナム戦争証跡博物館を実際に回ってみたレポート

 

それでは、実際にベトナム戦争証跡博物館を回っていきましょう!まず建物正面には戦争で実際に使われた戦闘機・戦車などが展示されています。迫力がすごい!

 

 

こちらはベトナム戦争初期に米軍が使って大きな戦果を上げた「UH-1」ですね。森の中に隠れるゲリラの掃討や、逃げまとう民間人を殺害するのに役立ったようです。

ヘリコプターで民間人に近づき、逃げたところを「逃げたやつはベトコン(南ベトナム解放民族戦線)だ」と勝手に判断して大量虐殺を行った・・・という話は有名。

戦争後半になると、中国・ソ連側からヘリコプターを狙って撃墜できる最新武器の供与がなされ撃墜数が飛躍的に多くなったようですね。

 

 

こちらの船は、小規模運河が多かったメコンデルタ地帯で逃げるベトコンを掃討するために使われた「河川哨戒艇」ですかね。

前述のUH-1と共同で殲滅を行っていたようですが、見通しの悪い運河では移動に限界があり、狭い川に入り込んでしまったために追い込まれて全滅・・・なんてこともあったらしい。

 

 

実際に使われたであろう、爆弾の数々も展示されています。

 

 

建物内部に入って見学していきます!敷地自体はそれほど広くないものの、3Fまでみっちりと大量の展示物・資料があるため、じっくり見ようと思うと半日はかかります。

順番的には3F→2F→1Fと進むと、戦争の成り立ち・実際に及ぼした影響・地雷等の事後処理などと順番に見ていくことができます。(英語の読解ができず1Fから見てしまったw)

基本的に展示は英語の解説のみですが、3Fには日本人カメラマンらによる展示があり、Nikonの協力で日本語解説が読めるようになっています。Nikonさん、神!

 

 

博物館の3Fでは戦争中に撮影された衝撃的な写真が多数展示されています。「殺害数を増やす(ボディカウント)」目標だけが先行して民間人の大量虐殺につながった様子。

1968年3月16日、無抵抗の民間人507人を一方的に虐殺・隠蔽した「ソンミ村虐殺事件」の様子。その後の調査で事件が明るみになり、世界的に大規模な反戦活動へとつながります。

枯葉剤の影響によって誕生した奇形児の衝撃的な写真の数々。一角には、ホルマリン漬けにされた奇形胎児の遺体もあります・・・。

 

 

写真のインパクトが強すぎるので、食事前後の方は見ないほうがいいと思います。しかしこれほど貴重な写真は他で見ることができないので、一見の価値あり。

 

 

ベトナム戦争で活躍した日本人カメラマン「沢田教一、石川文洋、中村梧郎」らの写真や、実際に戦地で使われていた「Nikon F」の展示も!

 

 

Nikonによる日本語の掲示。実際に戦場で使われていたカメラがNikon製であることから、何らかの協賛を行ってくれたのでしょう。ありがとう、我らのNikon!

2Fの写真は撮影していませんでしたが、同じく戦場で撮影された衝撃的な写真、戦場で使われた爆弾の量等が展示されていました。

 

 

1Fではベトナム戦争中に反戦活動・デモを行った各国の写真が展示されています。アメリカが北軍を掃討するために大量虐殺を行ったことから、相当な規模の反戦運動が行われたようですね。

 

 

建物奥では、ベトナム戦争後の不発弾・地雷除去の様子が展示されていました。米軍は民間人に負荷をかけるため、意図的に2〜3割の不発弾を混ぜて投下していたようです(鬼畜・・・!)

 

 

山奥に潜むゲリラの居場所を暴くため、森林地帯へ大量に投下した枯葉剤によって更地になってしまった写真。現在では、懸命の努力で緑を取り戻した場所も。

しかし3Fで見たように人体への影響は消え去っておらず、今なお多くの人が苦しんでいます。言ってもまだ戦争終了から40年ちょっとしか経ってないんですよね・・・。

ベトナム戦争はそれぞれ南北の複雑な事情から勃発した戦争ですが、「目的を達成すれば何をしても構わない」とあまりに大きな爪痕を残しすぎた戦争でしたね・・・。

 

おわりに

というわけで、今回はホーチミン旅行で一番行きたかった「ベトナム戦争証跡博物館」のアクセス情報・入場料金・実際に探訪したレポートをお届けしました。

とにかく資料・展示物だけでも大量で、3時間ほど滞在していましたが、個人的にはもっとじっくり見たかったですね・・・!

これほどの施設を1回で全て回ろう、と思うこと自体が不毛なので、次回ホーチミンを訪れた際は再訪しようと思います。

 

▼4泊5日のホーチミン旅行で訪れた良かったスポットは「【ベトナム】5泊6日のホーチミン旅行で訪れたおすすめの観光地・飲食店・予算まとめ」でまとめています。

【ベトナム】5泊6日のホーチミン旅行で訪れたおすすめの観光地・飲食店・予算まとめ

2018.08.16

スポンサードリンク