湾奥のチヌ(クロダイ)って美味しいの?実際に釣って食べてみた!

 

チヌ(クロダイ)の多い大阪湾で釣りをしていると、「この辺のチヌは特に臭くて食べれたもんじゃないから、絶対逃したほうがいいよ!」という声をあちこちから聞きます。

実際、自分も釣りを始めたころから”湾奥のチヌは食べられないもの”という前提で釣りをしていたので、釣れても全てリリースしていました。

しかし!ある日スーパーで買い物をしていると、近海産のクロダイの刺身を発見。「え?この辺で捕れたチヌの刺身を売っているだと・・・!?」と衝撃を受けて食べてみたところ、激ウマだったんですよ!

今回は、本当に湾奥で釣ったチヌは食べられないのか?をあらためて検証するため、実際に魚を釣って刺身でいただいてみたいと思います。

 

 

チヌ(キビレ)を実際に釣って調理する

 

今回、本当なら真チヌを釣って食べてみたかったんですが、近似種の「キビレ」がよく釣れるためにこちらを捌いて食べていきたいと思います。

一見するとヒレの色が異なるだけに見えるんですが、キビレのほうが好奇心旺盛でルアーに積極的に飛びついてくるためよく釣れます。

真チヌよりも淡水域を好み、汚染の激しい海域でも平気で過ごす魚なので、真チヌよりも生臭くて食べにくいと思われます。果たして、検証やいかに!?

 

 

まずは下処理をしていきます。まずはウロコを取るところからですが、この魚はウロコが大きく硬いため、通常の取り方では辺り一面に飛び散って大変なことになってしまいます。

なので、包丁で削ぎきってしまう「スキ引き」をして皮との境目ですいていくことで綺麗・かつ素早くウロコ取りができます。

包丁の角度を失敗すると身にザックリいってしまうものの、意外と簡単でした。

 

 

ウロコを引いてからハラワタを取り、ちょっと適当な感じですが3枚おろしにしました。

持ち帰る段階では全く臭みを感じなかったんですが、まぁハラワタの臭いこと・・・!釣り人たるもの、胃の中身を確認してみたかったんですがあまりの激臭で断念w

あの臭いは例えようがないなぁ・・・とにかく臭くて耐えられませんでしたw 胃を触るとゴツゴツしていたから、カニでも食っていたのでしょう。

 

 

こちらがキビレの身。綺麗な白身で、ほどよく脂も乗っていそうでかなり美味しそう。期待が高まります。

釣ってから3時間程度で捌いてしまっているので、身には必要以上に水分が残っていました。

すぐには食べず、キッチンペーパーでくるんでしばらく放置することで臭みの原因が抜けていくので一旦放置です。俗に言う「寝かす」という状態ですな。

 

 

そして、こちらが寝かしてから2日経ったあとの身。最初はキッチンペーパー単体でOKですが、水分が抜けすぎると旨味成分も飛んでいってしまうので、サランラップを加えます。

想像以上に不必要な水分が抜けていて、一見しわしわにも見えるがこれがベストの状態っぽい。もう少し早めに食べてもよかったけど。

身から特別な臭いも感じられないので、刺身にしても大丈夫そうですね!早速、調理していきますかー。

 

チヌ(キビレ)の調理(刺身・塩焼き)

 

今回はより臭みを直接感じられるようにするため(笑)、あんかけなど味付けの濃い料理でごまかすのではなく、素材の味を堪能できる「刺身・塩焼き」でいただきたいと思います!

まずは刺身。こちらは皮を引いて切っていくだけですが、皮を引いたあとのサクがなかなか美しかったのでパシャっと。

スーパーで買ったクロダイの刺身も、味も上々でしたが見た目も透き通っていて美しかったんですよね。もっと寿司屋などにも置いてほしいところ。

 

 

お次は塩焼きですが、その名に恥じず調味料は塩のみと超シンプル仕様に。

特にチヌは皮に臭みがあるような印象がありますが、あえて残したまま焼き上げました。果たして、湾奥のチヌ(キビレ)は美味しいのか?いざ実食!

 

湾奥のチヌ(キビレ)は食べられるのか?いざ実食!

 

今回釣ったキビレの料理がこちら!

40cmの個体だったんですが、顔が多くくて身以外はとても食べられないので、品数は少なめ。骨まで食べられる魚なら、最低4皿は並びますな。

ただ、少なくとも外見は満点に見えます。どんな味がするのか?早速食べていきましょう。

 

 

まずはキビレの塩焼きから。皮の焦げ目がとても美味しそう。

・・・うん、臭みも全くなく、白身はホクホクで無駄がない味で塩焼きがよく合う!これは白飯が進みますなぁ。

 

 

外側はパリパリに焼けていましたが、中はほどよくホクホクの白身になっていました。

万が一臭みが残っていたらヤバイんじゃないか・・・と思ってましたが、案外これぐらいの焼き加減でちょうどよかったようです。

特別「これだ!」という特徴はないんですが、シンプルに美味しい!これは塩焼きがよく合いますね。次から完全に持ち帰り候補になりました。

 

 

続いて、お次はキビレの刺身!とりあえず、見た目は美しい。

・・・うん、こちらも全く臭みがなく、もちもちしていて美味だ!クセが全くなくて、スーパーで食べたクロダイの刺身と全く同じ味がしました。

下手に臭みのあるブリの刺身なんかより、よほど美味しいんじゃないか?例えるなら、ヒラメ・マゴチの刺身に近い感じがします。

 

 

見よ!この透き通る刺身を!なぜ今まで釣ったチヌ・キビレをリリースしていたのか、本当に自問自答したいレベルですよ!

以前も湾奥のシーバスを食べてみた・・・という検証を行いましたが、相変わらず今回もその汚名にはとても似つかぬ味の料理に感激しました!

環境汚染の影響が大きい場所で釣りをしていると、ついつい食べることに対して嫌悪感を抱いてしまいますが、下処理方法によってはこんなに美味しくいただけることがわかって、本当によかったです!

 

▼湾奥のシーバスを実際に釣って食べてみた検証記事はこちら

湾奥で釣れたシーバスって食べれるの?実際に釣って食べてみた!【刺身・天ぷら】

2017.01.07

 

釣りをしていると堤防際にうじゃうじゃチヌが沸いているほど魚影の濃い場所に住んでいるので、今後は積極的に持ち帰っていただきたいと思います。自然に感謝!ごちそうさまでした!

 

おわりに

というわけで、以上「湾奥のチヌ(キビレ)を実際に釣って食べてみた」の検証記事をお届けしました!

シーバス同様に持ち帰りを避けている人が多いと思うんですが、あえてリリースする・・・という意思がないんだったら、ぜひ一度持ち帰っていただいてみてください。

下処理方法をミスすると激マズ料理になる可能性は否めないものの、ちゃんと臭みを抜くことができれば本当に美味しくいただくことができます。

 

ぜひ、この記事を見て少しでも興味を持ったら、一度食べてみてください。スーパーの刺身でもいいので。きっと世界が変わりますよ!

それでは。

スポンサードリンク