湾奥で釣れたシーバスって食べれるの?実際に釣って食べてみた!【刺身・天ぷら】

 

釣り人の間では、特にルアーマンの間では人気の「シーバス」。東京湾や大阪湾など都市部でも釣れる一方で、ゲーム性があって病みつきになっている人も多いと思います。

ただ、都市部の河川や運河で釣れるシーバスって非常に臭くて、そのほとんどが「釣る」だけでリリースする人が多いと思います。

しかし!本来は高級魚のスズキ。きっと、釣りたて新鮮なら絶対美味しいはず!

今回は神戸沖堤でシーバスが釣れたので、長年の「湾奥シーバスを食べる!」という目標を叶えてみたいと思います。釣りたてのシーバスは新鮮で美味しいのか!?

 

 

シーバスって美味しいの?臭くないの?

 

ということで、早速検証していきましょう!こちらが昨日、釣ったばかりのシーバス。

59cmなので大した大きさではありませんが、料理をするなら十分の身の量になるはず。

 

シーバスは特定の港や運河に居つく「居付き」タイプと、餌を求めてあちこちを回っている「回遊」タイプがいるらしく、前者の場合は臭いがキツく食べられそうにないんだとか。

一方で後者のタイプは特定の場所に居つかず、水の綺麗な場所にいることが多いため臭みがなく非常に美味しいそう。

そもそも、本来の学名である「スズキ」は高級魚として魚屋等で販売されている魚。スーパーなどでは滅多にでず、回らない寿司屋などでようやく見つけることができます。

 

今回釣ったシーバスは神戸の沖堤防で釣ったのものですが、沖とはいえ神戸港の一部には間違いありません。実際には陸地とほとんど離れてないので、「沖堤防」と呼ぶのもおかしいほど。

釣った瞬間には強烈な臭いがしたので、最初は「持って帰って大丈夫か・・・?」と思ったんですが、どうしても試してみたかったので持って帰ることに。

寄生虫などが非常に心配ですが、料理を工夫すれば食べられるでしょう!ということで、実際に捌いて調理していきたいと思います。

 

シーバスを美味しくいただける料理って?

 

まずは調理する前に、シーバスを3枚おろしにしておきます。

釣った瞬間は強烈な臭いがしましたが、血抜きと活け締めをして持って返ったところ、なぜか臭いがなくなってました。なぜ?

めちゃめちゃ骨が太いので、腹骨や中骨までキッチリと取って作業していきます。

 

▲捌いた「サク」はキッチンペーパーとサランラップでくるむと、鮮度がいい状態を長持ちさせられますよ!

 

スズキといえば、やはりシンプルな白身を生かしたお刺身・塩焼き・カルパッチョなどが定番

とはいえ、今回釣った魚は神戸港で釣ったものなので、さすがに生臭くてきつそう。やはり臭い消しができるムニエルや唐揚げが定番でしょうか?

まずはお刺身で食べてみて、大丈夫そうであれば他の料理にもチャレンジしてみたいと思います。

 

シーバスのお刺身

 

実際にお刺身で食べていきましょう!

事前に用意したサクを適当に切って、お刺身っぽくしていきます。白身が透き通っていて綺麗!

この段階で身に臭いなどは感じませんが、果たして・・・?

 

 

シンプルにしょうゆとわさびでいただいたところ・・・。湾奥シーバスと思えない美味しさ!激ウマ!全く臭みがない!

身がもちもちしていて、極シンプルな白身なので非常に上品な味。あんなに臭かった魚が、まさかここまで美味しいとは。

よく「シーバスは臭いから持って帰らない」という話を聞きますが、ここまで美味しいと「なんでみんな持って帰らないの?先入観だけで判断してない?」と突っ込みたくなるレベル。

 

 

そもそも、身の色からして美しいですからね。この見た目でマズイはずがない!・・・はず。

ここでふと、思いました。「これほど臭みがない白身であれば、天ぷらにするとめちゃめちゃ美味いんではないか?」と。

というわけで、早速作ってみましょう!

 

シーバスの天ぷら

 

白身魚は天ぷらと相性抜群なはず!

ということで、早速お刺身をつくるときに余った身を適当な大きさに切っておきます。

シーバスは身に強度がなくて、勝手に適当なところで身が分離するので、刺身で余った部分を天ぷらにすればOK。

作り方は、一般的な天ぷらと同じく水溶き小麦粉と卵を使って、油で揚げていきます。もちろん、天ぷら粉を買っても作れますよ。

 

 

身を揚げているところ。全体的に汚くみえるけれど、多分気のせいです。

 

 

数分後、シーバスの天ぷらが完成しました!

ちょっと油の量が少なかったのが原因か、きつね色になって唐揚げっぽくなってますね。(笑)

これは、どう考えても美味そう。早速、シンプルに天つゆだけをつけていただいてみます。

 

 

これは・・・外はサクッと、中はふわふわでくせが全くなく、噛んだ瞬間に旨味が溢れてきて激ウマ!

個人的にはお刺身のほうが好きでしたが、この天ぷらも他にはないほど美味しかったです。マジで、なんでみんな持って帰らないんだ。

他にも料理してみたかったんですが、あまり身の量が多くなかったのでこのへんで締めておきましょう。

本当に美味しかった。ごちそうさまです。

 

結論:湾奥シーバスでも激ウマ

今回は釣ったシーバスをお刺身と天ぷらでいただいてみましたが、結論からいうと激ウマでした!

もしかすると、美味しい個体にあたったの?かもしれません。ただ釣った瞬間はかなり魚臭かったし、今振り返ってみると独特の薬品臭がした気も。

血抜きと活け締めをすると臭みがなくなったので、新鮮な状態で持って帰って、捌いたあとも丁寧に保存するのが湾奥シーバスを美味しく食べるコツというか、前提なのかもしれません。

決して釣り上げたときの臭いと味が必ず比例するわけではないので、ぜひ一度持って帰って食べてほしいなと思います。

これほど美味しいのなら、また釣りたい!

 

おわりに

というわけで、以上「湾奥シーバスって美味しいの?実際に釣って食べてみた!」のレポートをお届けしました!

これまではずっと、イメージだけで「食べれない」と思ってたんですが、食わず嫌いをせず口にしてみて本当に良かったなぁと思います。

次からはあまりにヤバそうな個体でない限り、また新鮮に持ってかえられる体制が整っている限りは、ぜひ持って帰って食べてみたいと思います!

今回挑戦した料理以外にも、色々チャレンジしてみたいですね。

 

それでは!

スポンサードリンク