15分で作れる!初心者がWordPressでブログをはじめる方法を徹底解説

 

「新しくWordPress(ワードプレス)でブログを開設したいけど、手間がかかって大変そう・・・!」「途中まで進めたけど、結局わからなくて挫折してしまった」

 

どうも!WordPressで複数サイトを運営し、生計を立てている専業ブロガーのよねすけ(@yonesukez)ともうします。

WordPressでブログを作る!と聞くと、反射的に「難しそう」とか、「どこから取りかかればいいかよくわからない」という話を知人からよく聞きます。

確かに慣れないうちは大変な作業となるのですが、事前に手順さえ理解していれば15分もあれば開設することができます!難しい知識も必要ないし、一定の手順に従っていれば誰でも作れます。

今回は「WordPressを作りたいけどよくわからん!教えて!」とよく聞かれるので、備忘録としてWordPressでのブログ開設方法の全手順をまとめておきます。

 

WordPress開設にあたっての基礎知識

WordPressの基礎知識

 

実際にWordPressを開設する前に、軽く基礎知識についてふりかえっておきます。「WordPress自体がよくわからない!」という人は、事前に基本を理解することで作業を円滑に進めることができます。

「WordPressとはそもそもどんなサービスなのか?」というと、アメーバブログなど企業が運営するサービスと違って、誰でも無料でインストールできる「オープンソースブログソフトウェア」となります。

企業サイトなどでも頻繁に使われるほど人気で、個人ブロガーの場合も多くの人が利用しています。デザインのカスタマイズ性が高く、自由にコンテンツを追加できるのが最大の特徴です。

 

 

立ち上げに専門知識は特に必要なく、簡単な手順ですぐにブログを作ることができます。

高度なカスタマイズをするのでなければ、基本的にプログラミング言語を覚える必要はありません。

WordPress立ち上げにはお金がかかりますが、実は本体は無料で誰でもインストールできます。お金が必要なのは、ブログ上のデータを格納する「サーバー」とネット上の住所である「独自ドメイン」の2つです。

 

全てのデータを格納する「サーバー」

 

どんなブログであっても、アップした写真・文章を格納する「ウェブサーバー」が必要となります。大手ブログサービスで簡単に立ち上げてすぐ使えるのは、企業側がすでに用意しているのが理由。

WordPressは誰でも無料でインストールできますが、自前でサーバーを用意しておく必要があります。契約する容量によってキャパシティがかわり、簡易的なものだと同時アクセスが一定数に達するとエラーが出るものも。

サーバーの容量は質はピンキリですが、一番安いプランで月500円〜1500円の料金が多いです。

無料で利用できるサーバーもありますが、ブログ上に広告が表示されること、容量が少ないためアクセスが増えるとすぐにエラーが出る場合もあります。WordPressのメリットが無くなるのでおすすめしません。

 

ネット上の住所である「独自ドメイン」

 

ブログを開設するには、データを格納するサーバーと同時に「独自ドメイン」を契約する必要があります。「◯◯.co.jp」などの英数字・日本語の羅列がドメインで、いわばネット上の住所にあたります。

重複しない範囲で自分の好きな名前をつけることができ、同じドメイン内で記事を書けば書くほどドメインパワーが付いていきます。パワーが付けば、同じ記事を書いても多くの人に見られるようになります。

ドメインは末尾の「.com」「.jp」の形式によって料金が変わってくるんですが、1年間で1000円程度の価格が一般的です。対して料金も必要ないので、サーバーと同時に契約しておきましょう。

 

WordPressでブログを開設するまでの手順

WordPressでブログを開設するためには、主に下記の手順に沿って作業を進めます。

 

WordPressでブログを開設するまでの手順
  1. データを格納する「サーバー」を契約
  2. ネット上の住所である「独自ドメイン」を契約
  3. サーバーに独自ドメインを追加
  4. サーバーにWordPressをインストール
  5. 無事にWordPress立ち上げ完了!

 

今回は、WordPressを最も簡単に開設できる「エックスサーバー icon-external-link 」というサービスを使用して進めていきます。データを格納するためのサーバーを扱っていますが、サービス内でドメインも契約できます。

エックスサーバーを使えば、実作業時間だけであれば15分ほどで完了します。実際にはドメインを設定してから反映されるまでに最大1時間程度必要になりますが、設定が完了すれば放置でOKです。

それでは、いよいよ実際に手順を説明しながらWordPressを開設していきます!

 

エックスサーバーで「サーバー」を契約

 

実際に「エックスサーバー」のサイトへアクセスして作業を進めていきます。まずはデータを格納するサーバーを契約したいので、サイドバーの【お申込みはこちら】をクリックします。

 

>>>エックスサーバーの公式サイトはこちら

画像にもあるように、最初の10日間は無料で利用することができます。まずはお試しで作ってみるのもアリです。

 

 

お申込みフォームが開いたら、【サーバー新規申し込み(無料お試し10日間)】をクリック。

 

 

会員登録用のフォームがあらわれるので、サーバーID・プラン・メールアドレスなどを入力。

サーバーIDは重複不可ですが、覚えれる数字なら適当で問題ありません。プランはそれぞれ容量が異なるんですが、ブログ初心者なら大容量のものは必要ないので「スタンダード」プランでOK。

 

 

同じように名前・住所などを入力し、利用規約を確認してチェックを入れたら【お申し込み内容の確認】をクリック。

 

 

入力内容の確認が出るので、間違いがなければ【お申し込みをする】ボタンをクリック。

この時点ではまだ料金は発生せず、支払い設定を済ませてようやく料金が発生します。

 

 

エックスサーバーへの会員登録が完了すると、入力したメールアドレスに「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]」というタイトルのメールが届きます。

メール内の「インフォパネル」というURLをクリックしてログインすることで各種設定画面へと移ることができます。

ログインには前後に記載されている「ログインID」「インフォパネルパスワード」が必要になるため、別途控えておいてください。

 

 

インフォパネルのURLをクリックして、メール内に記載されたID・パスワードを入力して【ログイン】をクリック。

 

 

無事にログインができました。サーバーの試用期間内にWordPressを開設することもできるんですが、そのまま放置すると契約期限が切れて全ての作業が台無しになってしまいます。

料金の支払いを済ませれば指定の期間利用できるようになるので、サイドバーの【料金のお支払い】をクリック。

 

 

「サーバーご契約一覧」にチェック入れ、更新期間を選択します。期間は3ヶ月〜最長で3年まで指定できますが、最初はとりあえず3ヶ月でOKでしょう。次に【お支払い方法を選択する】をクリック。

 

 

支払い方法ですが、「銀行振込」「コンビニエンスストア決済」「クレジットカード決済」「ペイジー決済」の4つから選択できます。

 

 

今回はクレジットカードで支払いたいので、【クレジットカード決済画面へ進む】をクリック。

 

 

支払い金額に間違いがないか確認してから、クレジットカード番号と有効期限を選択。入力が終わったら【カードでのお支払い(確認)】をクリック。

 

 

最後の確認画面が出るので、【カードでのお支払い(確定)】をクリック。

これで、正式にサーバーを契約することができました!次は同じエックスサーバー内で、ネット上の住所である「独自ドメイン」を契約していきます。

 

エックスドメインで「独自ドメイン」を契約

 

独自ドメインを契約できるサービスはいくつかありますが、同じエックスサーバー内で契約できます。

簡単に素早く契約ができるので、今回は「エックスドメイン」を使ってドメイン契約をしていきます。

一度インフォパネルのトップページへと戻り、サイドバーの【追加の申し込み】をクリック。利用規約の確認が出るので読み込んでから、【同意する】ボタンをクリック。

 

 

追加のお申し込みページのドメイン【新規取得】をクリック。

 

 

「独自ドメイン」に指定の英数字を入力し、末尾の「.com .jp」を決定します。種類によって料金が変わりますが、イメージがかわるだけで多くの人に発信できる!といった違いはありません。

ドメインは重複不可なので、指定のドメイン名を決定して「検索」ボタンを押したとき、重複していればご希望のドメインは新規取得申込みができません。」という表示が出ます。

申し込み可能なら「この独自ドメインは申し込むことが可能です!」と表示されるので、問題なければ【◯◯◯◯(ドメイン名)を申し込む】ボタンをクリック。

 

 

独自ドメインは一度申し込みすると、変更することができません。指定のドメイン名で問題なければ、再度【お申し込みをする(確定)】ボタンをクリック。

 

 

新規ドメインの申し込みが完了しましたが、料金を支払うまでは使用することができません。支払いを済ませるために【料金のお支払い】ボタンをクリック。

 

 

サーバー契約時と同じ支払い画面が表示されるので、指定の支払い方法を選んで次のページへ進みます。今回もクレジットカード決済を選択しました。

 

 

サーバー支払いと同じようにクレジットカード番号を入力して、【カードでのお支払い(確定)】ボタンを押せば無事に決済完了!これでサーバーに引き続き独自ドメインを取得することができました。

ただし契約したドメインをすぐに使えるわけではなく、インターネット上に反映が完了するまでドメインを利用することができません。10分〜最大1時間ぐらい立てば使えるようになるので、その間に作業を進めます。

WordPressでのブログ立ち上げまであともうひと息!頑張っていきましょう。

 

サーバーに独自ドメインを追加

 

独自ドメインを契約しましたが、別で契約したサーバーとひも付ける作業をしないと利用することができません。次はこれらの作業を行います。

再びインフォパネルのトップページに戻り、画面下部にある「ご契約一覧タブ」にあるサーバーパネルの【ログイン】ボタンをクリックします。

 

 

すると、今度はサーバー内の詳細データを設定できるサーバーパネルの画面が表示されました。まずはドメインとサーバーのひも付けを行いたいので、画面右上の【ドメイン設定】をクリック。

 

 

ドメイン設定画面に飛ぶので、「ドメイン設定の追加」タブを選択すると先ほど契約した独自ドメインが表示されます。これで問題なければ、【ドメイン設定の追加(確認)】ボタンをクリック。

 

 

確認画面で、再び【ドメイン設定の追加(確定)】ボタンを押します。

 

 

この画面が表示されたら、無事にひも付けが完了です!

 

サーバーにWordPressをインストール

 

次は、いよいよ契約したサーバーにWordPressをインストールする作業を行っていきます。

ここまで来れば、あとは細かい設定を終えてすぐブログを開設することができますよ。

サーバーパネルのトップページへと戻り、サイドバーの【自動インストール】をクリックしたあと、「プログラムのインストール」タブからWordPress日本語版の表示の下にある【インストール設定】をクリック。

 

 

すると、WordPressインストールに必要なフォームが表示されるので必要事項を記入しておきます。

 

  • ①のインストールURLはすでに独自ドメインを契約・ひも付けしてあるので、このままでOKです。
  • ②はブログタイトルの名前ですが、あとから変更できます。
  • ③はWordPress管理画面へのログインに必要なIDになるため、覚えられる範囲でバレにくいものがおすすめ。変更も可能ですが難しいです。
  • ④は同じくログインに必要なパスワードで、こちらは簡単に変更できます。
  • ⑥はデータを格納するデータベース設定ですが、デフォルトのままでOKです。

 

全ての項目を入力できたら、【インストール(確認)】ボタンをクリック。

 

 

確認画面が表示されるので、内容に問題がなければ【インストール(確定)】ボタンをクリック。

 

 

インストールが完了すると、WordPress管理画面へのログインURLが表示されます。「http://◯◯.com/wp-admin/」というアドレスからアクセスできるので、クリックして次の作業へと進みます。

 

 

無事にWordPressの管理画面が表示されました!サーバーへのWordPressインストールが完了した証拠です。

ブログ運営では、今後このページからログインをして記事を書いていくことになります。

管理画面へログインするためには、先ほどインストール画面で入力した「ユーザーID・パスワード」を入力し、【ログイン】をクリック。

 

 

こちらがWordPressの管理画面です。デザイン設定や記事執筆など、全ての作業はこの管理画面から行えるようになります。

しかし!この時点では開設から時間が経っておらず、取得した「独自ドメイン」が反映されていません。試しにトップページに移行すると・・・。

 

 

「無効なURLです」と表示されますが、エラーではなくドメインが反映されていないだけなのでご安心を。1時間ほど放置すれば無事にトップページを閲覧できるようになります。

これでWordPress開設作業は終了です。ここまで、ドメインの反映時間を省いた実作業時間だけなら15分ちょいで行うことができました。作業フローさえ覚えれば専門知識も必要ありません。

というわけで、お疲れ様でした!あとはドメインの反映を待って完全に利用できるようになります。

 

追加設定:暗号通信「SSL」の設定方法

 

これでWordPressでのブログ開設作業は終了ですが、もう一つ追加で「常時SSL化設定」が残っています。

SSL通信(Secure Sockets Layer)とは暗号化通信技術のことで、この技術を常時導入することで閲覧したデータが暗号化されるため悪用される心配がなくなり、ユーザーが安心してブログを見れるようになります。

ブログのURLが「http://」から「http”s”://」とアドレスにsが追加されるだけなんですが、Googleが「常時SSL化してないサイトには警告表示をする!」と表明しているぐらいなので、今後のブログ運営には欠かせません。

デフォルトでは導入されていないんですが、あとから作業すると大変な労力がかかるので、ブログ開設時に常時SSLも導入しておきましょう。

 

 

この常時SSL化作業、他のサービスを利用すると作業が難しかったり別途お金が必要になることもあるんですが、エックスサーバーなら簡単な作業で終わるうえ、全て無料で導入することができます。

サーバーパネルのトップページから、ドメインタブの【SSL化設定】をクリック。

 

 

次のページで「独自SSL化設定の追加」タブを開き、自分のドメインが表示されているか確認したあとに【独自SSL設定を追加する(確定)】ボタンをクリック。

 

 

はい、これで常時SSL化設定が完了です!

めちゃめちゃ簡単なんですが、ドメイン設定時と同じく反映されるまでに最大1時間程度の時間がかかります。

ブログのURLも変わるので、旧URLを開いても表示されなくなります。再び表示させるためには、WordPressの管理画面から「アドレスかわったから変更するよ!」と設定しないといけません。

 

 

WordPressの管理画面を開いて、サイドバーの設定>一般設定の「WordPressアドレス」「サイトアドレス」で新しいURLに書き換えます。http「s」を追加するだけでOK。

あとは設定を保存して、無事にドメインが浸透すれば常時SSLの状態でWordPressが使用できるようになります。

これにて、全てのWordPressでブログ開設作業は終了です。お疲れ様でした!!!

 

>>>エックスサーバーを使ってWordPressでブログをはじめる!

 

おわりに

 

というわけで、今回は「WordPressでブログを立ち上げる方法を徹底解説!」の記事をお届けしました。この記事を見れば、WordPressの解説方法が誰でもわかるはず。

ブログは自分の趣味を表現する場にもなるし、工夫すれば収益も得られます。

今は月間50万PVも見られるようになった当ブログですが、最初はそれほど閲覧されるとは想定していませんでした。これもブログの面白さです。

開設にあたっては大した資金が必要なく、誰でも人気ブログを作れる可能性があります。ぜひ!気になったらチャレンジしてみてください。

 

この記事が少しでもブログ開設の参考になれば幸いです。

それでは!

icon-hand-o-right良く読まれている記事はこちら

icon-chevron-circle-right15分で作れる!初心者がWordPressでブログをはじめる方法を徹底解説 icon-external-link

スポンサードリンク