青春18きっぷ旅行を快適に過ごすために必要な道具・装備一覧を紹介!【チェックリスト】

 

先日、人生で初めての青春18きっぷを利用した旅に行ってきました!その後、7泊8日の九州一周旅行にも挑戦。

青春18きっぷを利用した旅は、途中でホテル等を利用して何泊か宿泊する場合、着替え・電子機器・道中に暇つぶしできる道具など相応の量を持ち運ぶ必要があります。

基本的に電車が通っているところは何かしらのショップがあるし、国内旅行なので最低限の道具さえあれば現地での調達も可能ですが、極力節約しながら旅するなら事前の準備が旅の予算を大きく左右することに・・・!

今回は、これから青春18きっぷ旅を始める人に向けて、必要・便利だった持ち物の一覧チェックリストをお届けします。これらの装備を揃えれば何も不安なし!

 

【426km】初の青春18きっぷで一人旅行へ!兵庫→山梨8時間弾丸ツアー【バックパック】

 

青春18きっぷ旅行の道具パッキングで必要な考え方

 

具体的な道具を紹介して行く前に、旅の装備についての考え方をのべておきます。

青春18きっぷ旅行では「電車の発着時刻通り」に行動しないと予定どおりの動きができないので、思った以上に慌ただしくなる!ということを先に言っておきます。

特に旅行先で観光をするなら、荷物をできるだけ軽量化し常に両手を開けておく体制をつくる必要があります。ショルダー等では移動するうちにベルトが食い込んで痛いので、できればリュックの使用がおすすめ。

 

 

都市部を移動する限りは大丈夫ですが、電車の遅延・トラブル、他にも電車の乗り継ぎを間違えて駅で野宿をする、なんて事態に巻き込まれる可能性も0ではありません。

可能な限り軽量しつつも、トラブルに対処できるような道具を揃えることでいざという時に役立つことも。

夏場なら極端にまで荷物を減らして大丈夫だけど、冬場なら最悪の場合にも対処できる「エマージェンシーキット」などを用意しておくと心強いです。

 

それでは、実際にどのような道具は必要になるのか?どんな道具を持って行くと便利になるのか?を紹介していきます。

 

青春18きっぷ旅行で必要な道具一覧

7泊8日の九州一周旅行で用意した道具

 

今回、九州一周旅行に出発するにあたって用意した道具はこちら!夏休みシーズンに出発したので、冬服などは用意していません。

九州一周後に沖縄へ飛行機で移動する予定もあったので、機内持ち込みできるよう液体の容量制限等も守ってパッキング。必要最低限の道具のみ用意したので、もう少し量が多くても問題ないかも?

ホテル・旅館へ宿泊する前提で道具を組みましたが、着替え量などは旅先で洗濯しつつ回すため3セット(道中で1セット購入)用意。これだけあれば、とりあえず7泊8日程度なら特にトラブルなく旅ができます。

それでは、一つ一つの道具を解説していきます!

 

バックパック:patagonia アセンジョニストパック30L

 

荷物を持って移動するにあたり、最も重要なバックパック。1泊2日程度の旅なら20L前後でも問題ありませんが、今回は7泊8日に加え、釣り道具やシュノーケルセットなど余計の道具も用意したので30Lを選択。

多少の余裕を残してパッキングできる量に収まり、重量も6kg〜7kg前後に抑えることができました。どうしても1週間程度の旅行になると量も増えるので、20Lだとパンパンになります。

お土産などの購入も考慮するなら、30Lのバックパックを購入すればOK。これだけの容量があれば、1週間前後の海外バックパックでも使えるので持っていないならこの際購入するのもありかと。

 

 

クライミング用のバックパックなので、ポケット等がほとんどなく非常にシンプルなデザイン。30Lサイズで700gと非常に軽量なので、荷物を詰め込んでも重くなりづらい点も気に入っています。

 

衣服セット

 

[aside type=”boader”]

【青春18きっぷ旅行で持ち歩く衣服一覧】

  • 速乾Tシャツ×2
  • ハーフパンツ×1
  • パンツ×2
  • サンダル
  • 靴下
  • 水着
  • おしゃれシャツ
  • セームタオル
  • ネックピロー(100均)

※後ほど、Tシャツ・ズボンともに1セットずつ購入。

[/aside]

 

今回は夏場の旅行だけあって、衣服量を少なめに抑えました。観光地を歩き回るなら運動靴を使ったほうがいいんですが、極力シンプル化するためにサンダルを利用することに。

特に男性諸君には共感してもらえると思うんですが、夏場に靴下+運動靴で歩き回ると蒸れてとんでもない臭いになるんですよ!ただでさえ汗臭い状態なのに、靴下の臭いも入るとバイオテロ化します。

自分は以前、春に旅をした時は運動靴を利用して快適だったので、夏場のみサンダル、その他の季節は運動靴と使い分けるといいかと。

夏場といっても、クーラーが効きすぎて寒い場所も多いのでTシャツのほかに上着が必須。荷物の余裕があれば、夏場でもダウンジャケットを持ち歩いていいぐらいです。

他、旅先で海水浴をするのと、温泉などでも利用できるようにコンパクトなセームタオルを用意。吸水性が非常に高くて、バスタオルのような感覚で使えます。旅人御用達のタオル。

 

 

速乾Tシャツの大定番。ユニクロのTシャツが有名ですが、速乾性に関してはジオラインがピカイチ。特に登山でユニクロTシャツを着用すると、乾燥が間に合わず凍死する危険性がある・・・という話は有名。

青春18きっぷ旅行でそんな過酷なシチュエーションには遭遇しませんが、外を歩いて汗ダラダラの状態で列車に乗車すると相当迷惑がかかります。仕方のない話ではあるけれど、着用アイテムで改善可能。

自分の場合はジオラインとユニクロTシャツを交互に着回して、特に汗のかきそうな日はジオラインを着用するようにしています。臭いを抑えてくれるのも好ポイント。

 

 

旅には定番の「テバ」のサンダルを使用。靴底がかなりしっかりしているので、運動靴と同様に歩き回っても足が痛くならないし、走ることもできる優秀な靴。

以前、タイ旅行をして歩き回った際も使っていましたが、足が痛くなることは一回もありませんでした。運動靴と同じ使い方ができるので、夏場に観光地を巡るなら必須と言っても過言ではありません。

ペラペラのサンダルだとすぐ豆ができて話にならないので、歩きまわっても問題ないサンダルを購入しましょう。

 

シャンプー&歯みがきセット

 

[aside type=”boader”]

【青春18きっぷ旅行に持っていくシャンプー&歯みがきセット】

  • シャンプー
  • 洗顔フォーム
  • 化粧水(オールインワンゲル)
  • 歯ブラシ
  • 手鏡
  • 電動髭剃り器
[/aside]

 

旅先で温泉などを利用することになるので、シャンプー&洗顔セット類を飛行機持ち込み可能な100ml以下の容器に入れて持ち運びます。備え付けの場所も多いですが、念のため。

他に、無印良品で購入したコンパクトな歯ブラシセット、肌が弱いので電動髭剃り器を持っていきます。T字カミソリのほうがコンパクトですが、すぐカミソリ負けするので・・・。

意外に重量がかさむので、極力この辺の道具は少なくしたいですね。女性の場合は生理用品・化粧品を用意すれば問題ないかと。

 

電子機器類

 

青春18きっぷ旅行では、大半の時間を列車内で過ごすことになります。それこそが良い点なんですが、あまり長すぎると少々暇な状態に・・・!電子機器類を持ち歩くことで、時間を有効活用できます。

スマホ単体だと画面が小さい&バッテリーが持たないという問題があるので、ネット&動画視聴&電子書籍閲覧用にタブレット端末(iPad mini4)を用意!特に旅行雑誌を大画面に見られる点は素晴らし過ぎるのひとこと。

あとは旅先で仕事をしたいので、パソコン(MacBookAir)も当然持ち運びます。情報収集だけならタブレットがあれば事足りぬので、あえて用意する必要は少ないかと。

最近、釣り動画や水中動画を撮影してYouTubeにアップするのが趣味になっているので、先日購入したアクションカムのGoPro&各種マウント類も用意!遊びまくるなら持っておいても損はなしです。

旅行写真撮影用には、普段使っている高級コンデジ(Sony RX100M3)を持っていきます。コンパクトながら大型センサーを搭載しているため、かなり綺麗に撮影可能です。

 

[aside type=”boader”]

【青春18きっぷ旅行に持っていく充電器類】

  • USB用充電器
  • ライトニング・MicroSD各種ケーブル
  • PC用充電器
  • モバイルバッテリー
  • カメラ用バッテリー&充電器
[/aside]

 

釣り道具&シュノーケルセット

 

単に観光地を旅行するだけなら、完全に無駄な釣り道具&シュノーケルセット。しかし!旅行の時こそアウトドアを楽しまなければ!ということで、荷物の邪魔にならない範囲で用意しました。

30Lのバックパックにスッポリ収まる「コンパクトロッド」は非常に優秀で、仕舞寸法45cm程度でそこそこの大物まで対応できます。一つ用意しておけばすぐに竿を出せるので、用意しておくと旅が数倍楽しくなります!(自分比)

釣りに必要なルアー・プライヤー・小物類は全て、専用のケースと防水袋にそれぞれ収めています。多少重量は増すけど問題ない範囲だし、旅の楽しみが一気に広がることを考えると持っておいて損はないですね。

 

 

今回用意した釣り道具はロッド・リールそれぞれ1万円程度と初心者からすると高価ですが、折りたためる割に性能が優れているので、一本用意しておくと色々な用途に使えます。釣り好きには必須!

その他、安物ロッドから高級ロッドまで、旅行先・出張先で使えるおすすめの「コンパクトロッド」を全て下記にまとめているので、よければ参考にしてください!

 

▼釣り歴15年のベテランが教える、本当に使えるコンパクトロッドまとめはこちら

【最強】釣りのベテランが「本当に使えるコンパクトロッド」を紹介する

 

その他:貴重品など

 

その他は、雨が降ってきたときに役立つ折りたたみ傘、財布、自宅の鍵など。傘は現地でも購入できますが、急な夕立などでも安心できるので必須!

財布には、旅先で活躍するクレジットカード・万が一の際の健康保険証・旅先で運転するので免許証も用意。特にクレジットカードは急な出費にも対応できるので、必ず用意しておきましょう。

とりあえず、これだけの道具があればあらゆる状況に対応できます。あとは個々人の趣味に合わせて必要な道具を用意してください!

 

道具を用意する際に役立つチェックリスト

thumb_IMG_0976_1024

 

最後に、青春18きっぷ旅行をするにあたって必要な道具のチェックリストを作っておきました。ぜひ、出発の際に役立ててみてください!

 

青春18きっぷ当たり前ですが、これがないと旅が始まりません!

フリマアプリで購入すると安くバラ売りで買えるのでおすすめ。

リュック電車の乗り換えで手元をフリーにしておく必要があるので、必須。

青春18きっぷ旅行なら20L〜30L程度の容量がベスト。

スマホ情報収集や暇つぶし、緊急時の連絡までこなせる現代には必須の道具。

手持ちのもので十分です。

タブレット画面が大きくバッテリー持続時間も長いので、予備端末としても便利。

映画・観光雑誌などを大画面で閲覧できるという素晴らしい機器。

パソコン旅行先で仕事をする、ブログを書くなどの用途には便利ですが、必須ではない。

情報収集程度ならスマホorタブレットでも十分なので、優先度は低め。

モバイルバッテリー電車の乗り換えが忙しく充電が難しいことが多いので、必須。

これがあれば、スマホやタブレットなどあらゆるものを充電できます。

充電器一式スマホ等の電子機器を充電するための道具一式。

どうしても重くなりがちなので、ポーチにまとめておくと良いです。

水筒夏場や冬場には特に重宝します。これがあるだけでグッと快適になります。

600ml程度の容量で軽量モデルが一番いいと思います。

運動靴青春18きっぷ旅行では乗り換え時に走ることもあるので運動靴がいいです。

観光時にも街中を歩きまわることを考えると、スニーカーだとやや心配。

ゆうちょ銀行カード日本中のどの地域にも郵便局はあるので、お金の出し入れはゆうちょで。

無料で現金を出し入れできるのも嬉しいポイントです。

クレジットカードど田舎以外はカード一枚あれば、ほぼなんでも購入できます。

万が一の支払いにも使えるので、ゆうちょと両方持っておくと安心。

健康保険証旅先で何かあったときに使えるので、持っておいたほうがいいです。

免許証がない人は身分保証書として使えます。ネカフェなどでは必須になります。

免許証身分保証書として使用するほか、旅先でレンタカーを利用するなら必須。

免許証さえ持っておけば困ることはないでしょう。

半袖&半ズボン夏場の着替えとして、また宿泊先でのパジャマ代わりにも使えます。
下着&靴下着替えとして予備を2枚ほど持っておくとよいです。

特に夏場はすぐに汗をかくので、すぐに着替えるようにすると快適。

ダウンジャケット冬場は防寒着として使えますし、車内が寒い場合は夏場でも便利。

ブランケット代わりにもなるので、夏場でも持ち歩くことを推奨。

タオル夏場の汗拭きや、温泉に入浴したさいに使えます。

何かと使うシーンが多いので、速乾タオルだとすぐ乾いて便利。

イヤホン・ヘッドホン車内で音楽を聞く場合に必須。ゲームをするときにも。

これがあるだけで楽しく電車内で過ごせます。音漏れだけ注意!

カメラスマホのカメラでも撮影できますが、せっかくならカメラを持っていこう!

ミラーレス一眼はコンパクトで綺麗に撮影できるので、旅先で活躍します。

ポケットティッシュタオル同様、持っておくと何かと使えます。

2個程度持ち歩くと困ることはないでしょう。

髭剃り男性の場合は必須!肌が弱いなら電動タイプで。

日帰りの旅でなければ必ず持っておきましょう。

歯ブラシ・歯磨き粉こちらも日帰りの旅でなければ必須。

お気に入りのものを持って行きましょう。歯は大切です。

シャンプー・リンス旅先で温泉・銭湯に入るなら必須。

田舎の銭湯ではシャンプーが備え付けられていないことが多いです。

折りたたみ傘突然雨が降ってきても対応できるよう、カバンに忍ばせておきましょう。

特に駅周辺を観光する場合は必須ですね。

筆記具旅の最中にメモを取る、書類に記入するなど必須の道具。

ボールペン1本でもいいので持って行きましょう。

薬セット風邪薬、胃腸薬、酔い止めなどをまとめて持っておきます。

持っておくだけで安心できる、保険としてもいいです!

 

 

おわりに

というわけで、以上「青春18きっぷ旅を快適にする道具・装備一覧」をお届けしました。

車内で長時間過ごす旅では、持っていく道具で大きく快適度が変わってきます。ぜひこだわりの一品を揃えて欲しいところ!

都市部以外では暇つぶし道具があると、かなり充実した旅になりますよ。

 

それでは!