青春18きっぷの旅を快適に過ごす道具・装備一覧を紹介!【チェックリスト】

thumb_IMG_0984_1024

 

先日、人生で初めての青春18きっぷを利用した旅に行ってきました!

電車の乗り継ぎなどで不安な点はありましたが、道中でわからないことは可能限り情報収集をして、無事に目的地に辿りつくことが出来ました。良かった良かった!

今回は、これから青春18きっぷ旅を始める人に向けて、必要・便利だった持ち物の一覧チェックリストをお届けします。これらの装備を揃えれば何も不安なし!

 

【426km】初の青春18きっぷで一人旅行へ!兵庫→山梨8時間弾丸ツアー【バックパック】

2016.08.26

 

持ち物・パッキングの考え方

thumb_IMG_0920_1024

 

まず具体的な道具を紹介して行く前に、青春18きっぷ旅の装備についての考え方を述べておきます。

この旅は、最初に思う以上に慌ただしく忙しいので、出来るだけ荷物を軽量に・なおかつ常に両手を開けておく体制をつくる必要があります。

要するにバッグは必ずリュックを使い、着替えなども用意しながら可能な限り軽量・コンパクトにしておきます。

 

とはいっても、青春18きっぷの注意点でよく言われている通り、電車の乗り継ぎを間違えて駅で野宿をする、なんて自体に巻き込まれる可能性も0ではありません。

さすがに冬の東北などでは積みますが、それ以外の地域ではいざというときの道具を持っておくことによって危険を免れることもあるかも。

可能な限り道具を軽量にしつつも、最悪の自体を避けるためにコンパクトなエマージェンシーキットを詰め込んでおくのがコツとなります。

 

それでは、実際にどのような道具は必要になるのか?どんな道具を持って行くと便利になるのか?を紹介していきます。

 

青春18きっぷ旅に必要な持ち物・装備一覧

thumb_IMG_0976_1024

 

青春18きっぷ 当たり前ですが、これがないと旅が始まりません!

フリマアプリで購入すると安くバラ売りで買えるのでおすすめ。

リュック 電車の乗り換えで手元をフリーにしておく必要があるので、必須。

青春18きっぷの旅なら20L〜30L程度の容量がベスト。

折りたたみリュック 折りたたみのリュックを持っておくと、気軽に荷物を移して出かけられます。

特に途中で宿に宿泊する場合は必須ですね。

スマホ 情報収集や暇つぶし、緊急時の連絡までこなせる現代には必須の道具。

手持ちのもので十分です。

モバイルバッテリー 電車の乗り換えが忙しく充電が難しいことが多いので、必須。

これがあれば、スマホやタブレットなどあらゆるものを充電できます。

充電器一式 スマホ等の電子機器を充電するための道具一式。

どうしても重くなりがちなので、ポーチにまとめておくと良いです。

水筒 夏場や冬場には特に重宝します。これがあるだけでグッと快適になります。

600ml程度の容量で軽量モデルが一番いいと思います。

運動靴 青春18きっぷの旅では乗り換え時に走ることもあるので運動靴がいいです。

観光時にも街中を歩きまわることを考えると、スニーカーだと心配ですね。

ゆうちょ銀行カード 日本中のどの地域にも郵便局はあるので、お金の出し入れはゆうちょで。

無料で現金を出し入れできるのも嬉しいポイントです。

クレジットカード ど田舎以外はカード一枚あれば、ほぼなんでも出来ます。

万が一の支払いにも使えるので、ゆうちょと両方持っておくと安心。

健康保険証 旅先で何かあったときに使えるので、持っておいたほうがいいです。

免許証がない人は身分保証書として使えます。ネカフェなどでは必須になります。

免許証 身分保証書として使用します。

免許証さえ持っておけば困ることはないでしょう。

半袖&半ズボン 夏場の着替えとして、また宿泊先でのパジャマ代わりにも使えます。
下着&靴下 着替えとして予備を2枚ほど持っておくとよいです。

特に夏場はすぐに汗をかくので、すぐに着替えるようにすると快適。

ダウンジャケット 冬場は防寒着として使えますし、車内が寒い場合は夏場でも便利。

ブランケット代わりにもなるので、夏場でも持ち歩きましょう。

タオル 夏場の汗拭きや、温泉に入浴したさいに使えます。

何かと使うシーンが多いので、2枚持っておくと安心です。

イヤホン・ヘッドホン 車内で音楽を聞く場合に必須。ゲームをするときにも。

これがあるだけで楽しく電車内で過ごせます。音漏れだけ注意!

カメラ スマホのカメラでも撮影できますが、せっかくならカメラを持っていこう!

ミラーレス一眼はコンパクトで綺麗に撮影できるから、旅先で活躍します。

ポケットティッシュ タオル同様、何かと使えるので必須です。

2個程度持ち歩くと困ることはないでしょう。

髭剃り 男性は必須!

日帰りの旅でなければ必ず持っておきましょう。

歯ブラシ・歯磨き粉 こちらも日帰りの旅でなければ必須。

お気に入りのものを持って行きましょう。

シャンプー・リンス 旅先で温泉・銭湯に入るなら必須。

田舎の銭湯ではシャンプーが備え付けられていないことが多いです。

折りたたみ傘 突然雨が降ってきても対応できるよう、カバンに忍ばせておきましょう。

特に駅周辺を観光する場合は必須ですね。

電池&充電器 ライト等で電池が必要なので、

充電できるタイプを持っておくと繰り返し使えます。

筆記具 旅の最中にメモを取る、書類に記入するなど必須の道具。

ボールペン1本でもいいので持って行きましょう。

薬セット 風邪薬、胃腸薬、酔い止めなどをまとめて持っておきます。

持っておくだけで安心できる、保険としてもいいです!

 

暇つぶしに使える電子書籍など

thumb_IMG_0984_1024

 

パソコン 使うシーンは限られますが、情報収集に便利。

人によっては電車に乗りながら仕事が出来ます。最高です!

タブレット 車内で映画や書籍を楽しむためにあると便利です。

7〜8インチ程度が一番使いやすかったですね。

電子書籍端末 電子書籍を楽しむ専用の端末。「Kindle」など。

紙の本と同じように表示してくれるので、長時間見ても疲れません。

 

 

おわりに

というわけで、以上「青春18きっぷ旅を快適にする道具・装備一覧」をお届けしました。

車内で長時間過ごす旅では、持っていく道具で大きく快適度が変わってきます。ぜひこだわりの一品を揃えて欲しいところです。

都市部以外では暇つぶし道具があると、かなり充実した旅になりますよ。

 

それでは!

スポンサードリンク