YouTubeの広告収入で5万円稼げた!一般人が動画投稿で成功するためにやったこと全て

 

「YouTubeって面白いし、自分でも動画投稿してみたい!」と思って昨年から投稿活動を始めたんですが、思っていたより再生数が伸びて広告収入をゲット!

具体的な金額は規約違反なので言えませんが、動画10本だけでザックリ5万円くらい。(日本円換算)まさか、適当に投稿した動画これほど伸びるとは・・・。

一部の界隈ではオワコンとも噂されていますが、YouTubeを見まくって研究した限りでは最近参入して一定の成果を上げている一般人もいるので、まだノビシロです!

  1. 一般人がYouTubeで成功するために必要なこと
  2. 広告収入を得るために工夫したこと
  3. YouTubeを上手く使ってブランディング&収入を得る方法

今回は、知名度のない一般人がYouTubeで5万円の広告収入を稼ぐことに成功したので、動画投稿までのプロセスや思考過程を公開してみます!

 

一般人でも動画収入を得られる!お試し投稿で3万再生を記録

 

最近のYouTubeを見ていると、あらゆるジャンルで動画が公開されています。動画を見ていると、知名度の少ない投稿者でも多くの閲覧数を得ている事例を発見!

動画の研究を続けていたところ、YouTube内の検索システムや関連動画表示機能を活用すると、一般人(顔出しなし)でも100万再生を超える事例を何度も確認できるように!

再生数の伸びはジャンルの需要(ニーズ)によって決まるらしく、自分の得意な釣りジャンルは比較的再生数が伸びやすい・・・という事例を発見。

 

▲最も再生数が伸びた釣り動画

 

以前から動画投稿は面白そう・・・と思っていたため、思い切ってGoProなど撮影機材を揃えて投稿した結果、あっという間に1つの動画で3万再生を記録!(現在は7万再生)

広告収入目的というよりは興味本位で始めたので、継続的に記録を出せているわけではありませんが、まさかここまで伸びるとは思っていませんでした。

本記事ではYouTubeの動画投稿で再生数を伸ばす方法など試行錯誤の過程を全てまとめたので、「これからYouTubeに本格参入してやるぜ!」という人には参考になるかも。

 

一般人がYouTubeの広告収入を得るためにやったこと全て

①「需要が多く供給が少ないジャンル」で動画撮影する

▲毎日ラーメンを食べるという独自ジャンルで知名度を築いた「SUSURU TV」

 

多くの人が動画投稿をして、飽和状態のYouTubeで結果を出すには需要の多いジャンルを選ぶべき。なかでも「需要はそこそこ多いのに、供給されていない内容」が最強!

一つ例を出すと、需要は多いのに稼ぎにくいジャンルとして「ガジェット系」が挙げられます。需要は多いが供給数も非常に多いので、〜1000再生程度しか得られないのが現状。

一方で、個人的に好きな「車中泊」「キャンピングカー」というジャンルは供給数が限られているようで、知名度がないが個人でも〜20万再生を得ているチャンネルが多数存在。

 

 

自分の例でいうと、「釣り」動画は供給数が多かったので、「地域」に絞って動画を展開。特に釣り人口の多いエリアに生活していたので、これが見事にヒット!

他にも「特定の魚種」「特定の釣り方」に絞って動画を出し、全く知名度がない状態で平均1万〜5万再生、企業タイアップなどをこなしている人もいます。

個人&中堅YouTuberに絞って分析していると、「え、こんな方法で多くの閲覧数を得ているの!?」というチャンネルが多数存在することがわかります。分析は重要!

 

②特定のジャンルに特化してポジションを獲る

大御所YouTuberはジャンルに囚われずエンタメ全般の動画を投稿していますが、投稿を始めた当初は「ガジェット・大食い」など特定ジャンルに特化していた人が大半です。

大衆向けのエンタメコンテンツを初心者が出しても再生数が伸びないので、「まずはマニアックなジャンルでポジションを獲り、知名度を獲得する」ことが重要。

チャンネルの名前を覚えてもらえば、特化ジャンル以外の動画を投稿しても再生数が伸びやすくなります。まずは尖った内容を発信して、知名度を獲得するのが重要かと。

 

③動画のアイキャッチ画像に徹底的にこだわる

 

YouTube動画は目的なくフラフラと動画をチェックする人が非常に多い(自分もそう)ので、反射的にクリックしてもらえるようなアイキャッチ画像が非常に有効。

アイキャッチ画像の作り方は大御所YouTuberを見ればわかるので、最初はザックリ見ながら内容をパクって作成しました。(笑)

画像の作成は簡単で、「Canva」などのツールを使って動画から画像切り出し→文字装飾、という順番で作成しています。多少の時間をかけても作る価値はあります。

 

④YouTube内の検索&「あなたへのおすすめ」を常に意識する

 

知名度のない個人がYouTubeで露出をするには、「ファン」がいないので外部から人を呼び込む必要があります。ここで有効なのが「YouTube内の検索&リコメンド機能

特定の目的を持って動画を探す人は「検索機能」を使っていますが、このとき検索数の多いワードで上位表示されると一気に閲覧数が伸びます!

YouTube内の検索エンジンはどのようなアルゴリズムで上位表示を決めているのかわかりませんが、なんにせよ上位表示すれば多くの閲覧数を得られます。

 

 

また、特定の動画を見ると「あなたへのおすすめ」で関連動画が表示される機能があるんですが、有名YouTuberの動画で自分の動画が表示されると、爆発的に閲覧数が増えるよう!

これもYouTube検索と同様、具体的に表示する方法はわからないんですが、チャンネル登録や日頃の閲覧履歴などで判断されるらしい。

最低限、「動画の内容をYouTube側に把握してもらうため、主題をタイトルに書く」「アイキャッチ画像を作り込んでクリック率をあげる」ぐらいはやっといていいかと。

 

個人的に思う、YouTubeの上手い使い方

アイコンの露出&ブランディング目的で使用

ここからは日頃からYouTubeを見まくっている自分が思う「YouTubeの上手い使い方」について少し書いておきます。日々YouTuberをチェックしているので、少しは参考になるかとw

YouTube自体はプラットフォームとしてすでに完成されている一方で、クリエーターが多すぎて以前より閲覧数&広告収入が得にくい状況になっています。

今後、個人が本格的に利用するなら広告収入を第一目的にするのでなく、「自身のアイコンの露出&ブランディング目的」で使用するのがいいのかなと。

 

現代はYouTuber・ブロガーなど個人が活躍できる時代になっており、知名度があればいくらでも収入を得られます。Twitterのフォロワー数で就職成功したという話も聞きます。

最近は有名YouTuberが知名度を活かし、動画以外に事業を展開する事例が増えてきました。コンテンツ事業を企業と共同運営する「ぷろたん」、アパレルブランドを運営する「てんちむ」「マホト」などなど。

つまり特定のユーザーに対する知名度が増えれば、いくらでも別事業を展開できるんです!YouTubeは現状で最も一般人が知名度を得やすいサービスなのではないかと。

 

ブログと連携して広告収入の相乗効果を得る

 

最近は「広告単価が落ちている」という話をよく聞くYouTubeですが、閲覧数を大きく増やさなければ収益化できないので、ハッキリ言って非効率。

チャンネル登録者が7.5万人で毎日投稿している「MONSTERsJOHN TV」も、生活できるギリギリの収入しか得られていないらしい。動画収入だけで生活するのは難易度が高いです。

しかし!運や個人の人柄が大きなヒットの要因になるYouTubeと異なり、「ブログ」なら再現性のある方法で広告収入を得ることができます。

 

閲覧数だけなら集めやすいYouTube、広告収入を得やすいブログを組み合わせれば、相乗効果で大きく収入を伸ばすことが可能!ということがわかりました。

有名YouTuberの「カズチャンネル」なんかも昔は両方運営しており、ブログでも広告収入を得ていたそうな。最近は人気になりすぎてブログまで手が回っていないようですがw

ブログなら顔出し・実名公開なしで、初心者でも広告収入を得ることも可能です。これから閲覧数を増やしたい一般人は、同時運営しながら徐々に収入を得ているスタイルが最強かなと思います。

 

▼ブログで広告収入を得るまでの方法は「【稼げるブログの始め方】初心者必見!ブログ開設・広告収入を得るまでの流れを徹底解説」で解説しています!

【稼げるブログの始め方】ブログ開設から広告収入を得るまでの徹底運営マニュアル

2018.05.09

 

おわりに

というわけで、今回は「YouTubeで5万円稼げたので、広告収入を得た方法や今後の展開など」について解説してみました!

今から動画参入するのは不利ですが、使い方しだいではまだまだ使えます。一定の知名度を得れば新しい事業展開にもつなげられますし、今後の仕事に対するリスクヘッジにもなります。

ブログもそうですが、YouTubeは投稿するだけならタダでできるので、少しでも「動画投稿したい!」と思っているなら始めない手はありませんよ!

スポンサードリンク