YouTube動画投稿で5万円稼げた!一般人が広告収入を得るためにやったこと全て

 

「YouTubeって非常に面白いし、自分でも投稿してみたい!」と思って昨年から動画投稿活動を始めたんですが、思いのほか閲覧数が伸びて広告収入を得ることに成功!

具体的に稼いだ金額は規約違反になるので言えませんが、ザックリ全部合わせて5万円くらい(日本円換算)。なんと、知名度も何もない一般人が動画10本だけで達成することに成功しました。

今回は、知名度のない一般人がYouTubeで5万円の広告収入を稼ぐことに成功したので、ノウハウを解説していきます!お小遣いでいいから欲しい!という人は参考にしてください〜。

 

一般人でも動画収入を得られる!重要なのは需要数

 

最近のYouTubeを見るとわかりますが、あらゆるジャンルで動画投稿がされています。何度か動画を見ていると、知名度の少ない投稿者でも多くの閲覧数を得ている人を発見。

さらに研究を続けたところ、YouTube内の検索システムや関連動画表示機能を有効活用すると、無名の一般人(顔出しなし)でも100万再生を超える事例を何度も確認できるように!

一方で自分はもっぱら釣り動画が好きで見ていたんですが、このジャンルはそこそこ需要が多く実際に人気コンテンツになっていることが判明。

 

10年以上釣りを続けてきた・・・という経験があったため、「これは行ける!」と動画投稿した結果、あっという間に1つの動画で3万再生を達成しました。

広告収入を得るという目的よりは、単純に「釣りの動画投稿をしたら面白い」という興味本位で始めたんですが、思った以上に閲覧数を得られることがわかったんですよね。

どんどんユーザー数が増えるYouTubeですが、ジャンルの需要数を意識するだけでそこそこの閲覧数を得られるようになります。まだまだチャンスはあるので、挑戦する価値はあります!

 

広告収入を得るためにやったこと全て

需要が多く供給が少ないジャンルで動画撮影する

▲毎日ラーメンを食べるという独自ジャンルで知名度を築いた「SUSURU TV」

 

飽和状態のYouTubeで一般人が結果を出すには、ある程度需要の多いジャンルで動画撮影するのが必須。なかでも「需要はそこそこ多いのに、供給されていない内容」が最強。

一つ例を出すと、需要は多いのに稼ぎにくいジャンルとして「ガジェット系」が挙げられます。需要は多いが供給数も非常に多いので、動画撮影しても〜1000再生程度しか得られないのが現状。

一方で、個人的に好きな「車中泊」「キャンピングカー」というジャンルは供給数が限られているようで、知名度がないが個人でも一動画で〜20万再生を得ているチャンネルが多数存在。

 

自分の例でいうと、「釣り」動画自体はそこそこ供給数が多かったので、「地域」に絞って動画を展開。特に釣り人口の多いエリアに生活していたので、これが見事にヒット。

他にも「特定の魚種」「特定の釣り方」に絞って動画を出し、全く知名度がない状態で平均1万〜5万再生、企業タイアップなどをこなしている人もいます。

個人&中堅YouTuberに絞って分析していると、「え、こんな方法で多くの閲覧数を得ているの!?」というチャンネルが多数存在することがわかります。分析は重要!

少しマニアックな話ですが・・・特定の地域名を出して釣り動画を公開すると、場荒れなどの原因になるので場所を絞ったほうがいいのかなとも思います。今後、釣り系動画を撮影したい方はご参考にw

 

大御所YouTuberはジャンルに限らずエンタメ全般としてやっていますが、細かくみると「バズを生み出せるおもしろ」「ガジェット系」「大食い」などおおまかなジャンルが存在しています。

今後、本格的に閲覧数を得たい場合でも「特定のジャンルでポジショニング→知名度獲得→多角化」という方法で今の地位を得ていて、まず特定ジャンルで知名度を得ないと話になりません。

個人として知名度を得れば、期待されている内容を越えて動画を作成しない限りは手を広げて展開できます。ニッチな内容でもいいので、まず知名度を獲得するのが大前提かと。

 

アイキャッチ画像に徹底的にこだわる

 

YouTube動画といえば・・・多くの動画投稿者がこだわる「アイキャッチ画像」!YouTubeの関連動画や検索画面にデカデカと表示されるので、画像を見て閲覧した方も多いでしょう。

目的なくフラフラと動画をチェックする閲覧者が非常に多い(自分もそう)ので、思わずクリックしてもらえるような画像が非常に有効。わざわざ画像編集して作る価値はあります。

「この方法でアイキャッチ画像を作成すればいい!」という法則はありませんが、特に大物YouTuberを何度も見ていれば、段々と閲覧数を伸ばせる作り方が見についていくと思います。

 

自身は正直、それほど作成技術があるわけではないんですが、一応こだわって作成しています。感覚で「自分なら思わずクリックしたい!」と思う内容に仕上げています。

一応、目安として同ジャンルの動画をチェック→再生数が多い動画の画像を参考にしてはいます。このとき、有名人より無名の個人チャンネルで検索するとより再現性が高まるのかなと。

画像の作成は簡単で、動画からの切り出し→トリミング→文字装飾、という順番で作成しています。イラストレーターなどのソフトを使えば、5分程度で作業できます。

 

YouTube内の検索&「あなたへのおすすめ」を常に意識する

 

知名度のない個人がYouTubeで露出をするには、当然「ファン」がいないので外部から人を呼び込む必要があります。ここで気にしておきたいのが、YouTube内の検索&リコメンド機能。

ある程度目的を持って動画を見に来る人は、YouTube内の検索機能を使って調べています。このとき、検索数が多いワードで上位表示されると一気に閲覧数が伸びます!

YouTube内の検索エンジンはどのようなアルゴリズムで上位表示を決めているのかわかりませんが、なんにせよ上位表示すれば多くの閲覧数を得られます。

 

また、特定の動画を見ると「あなたへのおすすめ」で関連動画が表示される機能があるんですが、有名YouTuberの動画で自分のチャンネル動画が表示されると、爆発的に閲覧数が増えるよう!

これもYouTube検索と同様、具体的に表示する方法はわからないんですが、チャンネル登録や日頃の閲覧履歴などで判断されるらしい。

この辺は検索エンジン大手のGoogleと同じでブラックボックスですが、思わず見たくなる内容&実績があれば表示されるのかも。今後も動画投稿を続けつつ、研究していきます。

 

最低限、動画の投稿内容にこだわる

ここまでは定型作業で進められますが、動画の作り方は個人によって変わりますし、「このように作れば閲覧数が伸びる!」という方法はありません。

実際に自分で動画を見ながら「できるだけ短い動画にする」「最低限の動画編集は必要だが、無駄なアニメーションはいらない」「長い動画にはBGM挿入」など最低限こだわって作っています。

特にインスタントコンテンツ(おもしろ動画など)は極力短い動画がいいかと。逆にキャンプ系、ゲーム実況などはゆっくり閲覧したいユーザーも多いので、あえて長めの動画にするのも手。

アイキャッチ画像と同様に、動画内容についても成功しているクリエーターを見ながら作成するのがいいのかなと思っています。

 

個人的に思うYouTubeの上手い使い方

アイコンの露出&ブランディング目的で使用

ここからは日頃からYouTubeを見まくっている自分が思う「YouTubeの上手い使い方」について少し書いておきます。色々なYouTuberをチェックしているので、少しは参考になるかとw

YouTube自体はプラットフォームとしてすでに完成されている一方で、クリエーターが多すぎて以前より閲覧数&広告収入が得にくい状況になっています。

今後、個人が本格的に利用するなら広告収入を第一目的にするのでなく、「自身のアイコンの露出&ブランディング目的」で使用するのがいいのかなと。

 

現代はYouTuber・ブロガーなど個人がますます活躍できる時代になっていて、知名度さえあればいくらでも事業を展開できます。Twitterのフォロワー数で企業への就職成功したという話も聞きます。

最近は自身の知名度を活かして、有名YouTuberが動画投稿以外に事業を展開する事例が増えてきました。コンテンツ事業を企業と共同運営する「ぷろたん」、アパレルブランドを運営する「てんちむ」「マホト」などなど。

つまり、広告収入を得なくとも特定のユーザーに対する知名度が増えれば、別事業を展開できるようになります。YouTubeは現状で最も一般人が知名度を得やすいサービスなのではないかと。

 

ブログと連携して広告収入の相乗効果を得る

 

最近は広告単価が落ちている・・・という話をよく聞くYouTubeですが、そもそも閲覧数を大きく増やさなければマネタイズできないので、ハッキリ言って非効率。

チャンネル登録者が7.5万人で毎日投稿している「MONSTERsJOHN TV」も、生活できるギリギリの収入しか得られていないといいます。広告収入だけで生活するのが夢のまた夢の話・・・。

しかし!運や個人の人柄が大きなヒットの要因になるYouTubeと違って、「ブログ」なら再現性のある方法で広告収入を得ることができます。

 

閲覧数だけなら集めやすいYouTube、広告収入を得やすいブログを組み合わせれば、それぞれの相乗効果で大きく収入を伸ばすことが可能!カズチャンネル」なんかも昔は両方運営していました。

それぞれの媒体でユーザーを集めることができるので、お互いの閲覧数を伸ばすことも可能ですし、独自の収入を得れば収入のリスク分散も可能。

ブログなら顔出し・実名公開なしで、新規参入者でも大きく広告収入を得ることも可能です。これから閲覧数を増やしたい一般人は、同時運営しながら徐々に収入を得ているスタイルが最強かなと思います。

 

▼広告収入を稼げるブログの始め方・作り方はこちら!

【稼げるブログの始め方】初心者必見!ブログ開設・広告収入を得るまでの流れを徹底解説

2018.05.09

 

おわりに

というわけで、今回は「YouTubeで5万円稼げたので、広告収入を得た方法や今後の展開など」について解説してみました!

今から動画参入するのは不利ですが、使い方しだいではまだまだ有効に使えます。一定の知名度を得れば新しい事業展開にもつなげられますし、今後の仕事に対するリスクヘッジにもなります。

ブログもそうですが、YouTubeは投稿するだけならタダでできるので、少しでも「動画投稿したい!」と思っているなら始めない手はありません。ぜひ、それぞれチャレンジしてみてください!

スポンサードリンク