アジング用リールの選び方とおすすめって?必要な条件を徹底解説

 

アジングでは、繊細なアタリを感じ取るためロッドの性能が非常に重要となります。

では「リールの選択は適当でいいの?」というとそうではなく、回転性能に優れたリールを使うことで海中のわずかな変化もキャッチし、釣果を伸ばすことができます!

今回は、「アジング用リールに必要な条件と選び方、初心者におすすめのリール」について解説していきます!ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。

 

アジングに最適なリールの選び方

 

アジングで最も重要な道具は、いうまでもなく「ロッド」「ライン」です。

超高感度のロッドを使用することで、アジング最大の面白さである「繊細なアタリをとって掛ける」ことができるようになります。

はたまた、さらに感度を高めるために耐久性を犠牲にして、高感度の「エステルライン」を使うことも。これもナイロンラインだとアタリがわからなくなるのでダメ。

 

 

では、アジングにおけるリールの役割はなにかというと、まず重要なのが「ロッドの感度を殺さない巻き心地」

ガタガタだとアタリもへったくれもないし、滑らかだとダイレクトに伝えてくれます。人によっては、できるだけハンドルがブレないよう、安定性の高い「ダブルハンドル」に改造する人も多いです。

最大限、竿の感度を生かすために60g以下の超軽量ロッドもいくつかあるので、リール側も軽量である必要があります。60gのロッドに200gのリールをつけてはバランスが悪いですからね。

 

もし大型アジを狙うなら、「高性能なドラグ」も大事。青物の一種であるアジは、30cmを越えると引きがかなり強烈になります!

それでなくても、外道でシーバスやタチウオなどがヒットすることもあるので、強烈な引きに対してスムーズにラインを出してくれるドラグは非常に重要となります。

 

【アジング用リールに求められる性能】

  • ロッドの高感度を生かす滑らかな巻き心地
  • 軽量ロッドと相性のいい重量
  • 極細ラインを使用するので、高性能なドラグ

 

大きさ・番手の選び方

dsc00836

 

アジングでは2lb程度の極細ラインを使用するので、リールの番手も1000番〜2000番と小型になります。

非力ですが、そもそもパワーファイトするとすぐにラインが切れてしまうので、最小番手でOKでしょう。これ以上大きいリールを使う理由もありません。

竿とのバランスを考えつつ、使用するラインを100m以上巻ける番手を購入すればOK。使う竿とリールがおおよそ決まっていれば、リールの番手も決まります。

 

ギア比・巻取り長の選び方

 

リールには、ハンドル一回転でより早く巻ける「ハイギア」と、ゆっくり巻ける「ローギヤ」の2種類があって、これらを使い分けることができます。

同じライトSWルアーである「メバリング」の場合だと、ゆっくりただ巻きする必要があるのでローギヤリールが必須でした。

一方でアジングの場合、釣り場や使うリグによって早く巻くべきか、遅く巻くべきか変わってくるんですよね!

 

【ハイギアのメリット】

  • 少ない回転数で早くルアーを引いてこれる
  • ルアーの回収が非常に早く、手返しも早くなる
  • 遠投して大型アジを狙う釣りに向く

 

【ローギヤのメリット】

  • ゆっくりと魚にルアーを見せることができる
  • ギアが小さい分、ハンドルの回転が滑らかになる
  • 同じ効果でハイギアよりも強引に巻き上げ可能
  • 堤防付近のアジを狙う釣りに向く

 

アジング初心者が最初にリールを揃えるんだったら、シンプルなジグヘッドなどのリグと相性のいい「ローギヤモデル」がおすすめ。

特にこだわりがなければ、最初はローギヤを選んで必要になったときのみハイギアを別途購入すればいいんじゃないかな、と思います。

 

アジングに必要なドラグ性能について

極細ラインを使用するアジングでは、それほど大きくない魚でもドラグを使わなければ容易に切られてしまうので、「ドラグ性能」に関しても気にしておいたほうがいいです。

特にアジの口は非常に柔らかく切れやすいので、小型狙いの際はドラグを緩めの状態にして釣りをすることになります。

フッキングが完璧であれば外れないんですが、口の柔らかいところに掛かると、ドラグを出しながら丁寧にやり取りしないと口切れを連発して1匹も釣れあげられない、なんてことも・・・!

 

そのため、メバリングで使うリールよりもドラグ性能に気を使う必要があります。

1万円以上するリールなら、「ATD」「リジットサポートドラグ」など魚の引きに応じてスムーズにラインが出る機能を搭載していることが多いです。

ドラグ性能の高いリールを選ぶことで、不意の大型アジや外道に対処することができます。

 

次は、いよいよアジング初心者〜中級者におすすめのリールを紹介していきます!

 

アジング初心者におすすめのリール

 

1万円台or以下で、アジング初心者でも使えるおすすめのリールを集めてみました!

 

ナスキー 」は初心者には定番のリールとなっていて、1万円以下で購入できます。リーリングが重いという最大のデメリットがあるんですが、入門にはいいかなと。

月下美人 MX 」は同シリーズのロッドが非常に優秀で、少し重いのが気になりますが快適に使えます。「ATD」という優秀なドラグ機能も装備。

ソアレBB 」は実売1万円で購入できるリールの中では、最強の性能を誇るといっても過言ではないです!アジング入門ではこのリールを買っておけば問題ないレベル。

 

やはりシマノ製(ソアレ)のリールが一段飛び抜けて性能が高いんですが、全てアジングに必要なスペックは満たしているので好みで選んでOK。

 

中級者におすすめのハイスペックリール

 

続いて、コストパフォーマンスが高く性能の良い中級者向けアジングリールを紹介します!

 

ルビアス 」は自重175gと軽量で、なおかつ回転が非常に滑らかな2万円台で購入できます。アジング以外にもバスフィッシング等にも良く使われる優秀なリールです。

ソアレBBの上位版である「ソアレCi4 」はライトゲーム専用設計となっていて、超軽量素材を採用しているため自重160gを実現!ドラグ・回転性能ともに高く、非常におすすめ。自身も使用しています。

最後の「ヴァンキッシュ」は上級者用モデルとも言える値段ですが、さらに軽く自重155g!最高級アジングロッドと組み合わせたいリール。

 

予算を抑えつつ高級リールを使いたい場合は「ソアレCi4」が最もおすすめ。やはり専用設計だけあって、性能が優れています。

 

結論:アジング初心者におすすめのリールは?

 

というわけで、何種類かアジングに最適なリールを紹介してきました。

ただ、たくさん紹介すると「結局本当にいいリールはなんやねん!」と気になる方も出てくると思うので、個人的に最も良いなと思うリールを紹介しておきます。

やはり、アジング入門で最初に購入するリールとしては「ソアレBB」が一番おすすめ!実売1万円で買えるアジング用リールとしては、最高の性能ではないでしょうか?めちゃめちゃコストパフォーマンスが高いです。

 

他の釣りにも応用が効くので、最初はソアレから入って徐々にステップアップしていくコースが一番いいです。

ぜひお気に入りのリールを持ってアジングに挑んでみてください。ではでは!

 

 

【アジングにおすすめのロッドはこちらから!】

アジングロッドの選び方って?初心者&中級者におすすめのロッドを紹介

2017.01.11
スポンサードリンク