アジングロッドの選び方って?初心者におすすめのロッド&リールを紹介!【入門用タックル】

 

ここ最近、多くのルアーマンに人気の「アジング」

初心者でも簡単に釣れる一方で、やってみると非常に奥が深く、ベテランもハマってしまう人気の釣り方!

アジングを始めるにあたって、「どのロッド・リールを選んだらいい?」と悩む初心者の方が多いと思います。

今回は、コストパフォーマンスに優れた初心者におすすめの1万〜2万程度のアジングタックルを紹介していきます!

 

アジング初心者が最初に揃えるべきタックルについて

dsc00835

 

初心者がアジングを始めるにあたって、まずタックルを揃えなければ何も始まりません。

ここでは「気軽に購入して使える」をテーマにして、コストパフォーマンスの高い1〜2万円程度の最初に揃えるべきアジングタックルを紹介していきます!

 

アジングロッドの選び方は?何がおすすめなの?

アジングでは、小さいアミや小魚を模した小型ワームを使うことが多いので、0.5g〜1g程度の超軽量ルアーを投げられるライトタックルが必要となります。

小型ルアーを扱うロッドならアジングに流用できますが、安価な専用ロッドも販売されています。

アジの場合は、ワームを食った瞬間に違和感を感じると即座に吐き出すため、「小さいアタリを感じた瞬間に合わせられる」ショートロッドが必要になります。

 

ソリッドモデルとチューブラモデル

dsc00846

 

アジングやメバリングを始めるにあたって、必ず直面するのが「ロッドのティップ(穂先)をソリッドにするか、チューブラにするか」という問題です。

簡単に言うと、穂先の断面が詰まっているか(ソリッド)、もしくは空洞になっているか(チューブラ)の違いになります。2種類あるわけですね。

ソリッドは竿先の素材が通常とは異なるため柔らかく、チューブラは感度が良く固めなのが一般的です。

 

 

アジングの場合は感度が第一に必要なので、チューブラのロッドを選んでおけば良いと言われていました。

しかし、最近では技術の進歩でそれぞれの性能を補う竿も発売されていて、「食い込みが良く感度の良いソリッドティップ」が主流になっています。

穂先選択については大変奥が深く、プロでも迷うくらいで難しいです。最初の1本は下記で紹介しているロッドがおすすめです。

 

▲ソリッドとチューブラの違いについては、こちらの動画が一番わかりやすいです!

 

アジングロッドにおすすめの長さは?

ソルトルアーの場合、堤防など高さのある場所から釣りをすることが多いので、7ft(2.1m)以上あるロッドが一般的です。

一方、アジングロッドの中には「感度」を重視して、5ft(1.8m)前後のロッドもたくさん販売されています。

単純に短くすることで感度が良くなるし、軽量になって重心が手元に近くなるので、タックルを持ち続けても疲れにくくなります。

 

実際に持ってみると、ロッドの重量以上に軽く感じるので、釣りやすいのは間違いないです。

ただ実際には強風時や高台で釣りづらくなるのと、他の釣りへ流用しづらくなってしまうのも事実。

短いロッドは3g以下程度のジグヘッドしか扱えないことも多く、ポイントや人を選ぶので初心者は避けたほうが無難です。

 

もし「最初からアジング専用ロッドを買いたい!」と思った場合には、5ft前後のロッドをおすすめします。

メバリングなど、他の釣りも同じロッドでチャレンジしたい場合は6ft〜7ft程度のロッドを買っておくと、色々な用途に使えて便利ですよ!

 

初心者におすすめの3種類のアジングロッド

アジングをするにあたって、必要となるロッドの性能は以下のとおり。

 

【アジング用ロッドに求められる性能】

  • 感度が重要となるので、竿の長さは短め(5ft〜7ft前後)
  • 0.5g程度のジグヘッドを投げられる性能
  • 長時間使用しても疲れない軽量性

 

これらの条件を満たしつつ、出来るだけコストパフォーマンスの良いロッドを紹介します!

 

 

最初の1本には、メバリング・アジングなどSWライトルアーゲーム全般に使える「月下美人 70L-T」がおすすめ!実売1万円を切る価格で販売されています。

アジングを突き詰めてみたいが、これから・・・という方には、コストパフォーマンスの高い「ソアレBB アジング S604ULS」がいいかと。

さらに一歩突き進んで、「絶対に上手くなりたい!」という方には「月下美人MX アジング511UL-S・Kが最強ですよ!2万円を切る価格でハイエンドクラス(4万円程度)と同等の性能を発揮します。

 

アジングに最適なリールについて

dsc00836

 

アジングで最も重要な道具は「ロッド」です。

感度性能の高いロッドを購入することで、アジングの最大の楽しみである「アタリをとって掛ける」ことが出来るんですね。

一方でリールに関しては、極細のラインを使用するので繊細なドラグ性能は必要になりますが、ロッドほど神経質に考える必要はありません。

ダイワ・シマノから実売1万円程度で高性能なモデルが出ているので、最初はこちらから入ってみるといいでしょう。

 

アジング用リールの選び方は?

ロッドほど考えなくてよいアジング用リールですが、最低限検討しておくべきこともあります。

超軽量ルアーを投げることになるのと、アジの口は非常に柔らかく切れやすいので、ドラグを緩めの状態にして釣りをすることになります。

このとき、滑らかにラインが滑り出してくれないような機種だとバラシ率が一気に上がってしまうため、最低限のドラグ性能は必要となります。

 

長時間釣りを続けるなら、「リール自体の軽量性」も非常に重要になってきます。

ミドル機以上のものだと、1000番や2000番クラスで160g以下の製品も存在します。

アジングでは姿勢を保ってリトリーブすることも多く、回遊性の魚なので同じ場所で何時間か釣り続けるケースもあるため、リールの重量も吟味しながら選択するとよいですよ。

 

【アジング用リールに求められる性能】

  • 極細ラインを使用するので、高性能なドラグ
  • 超軽量ワームを遠投出来るスプール機構
  • ライトタックルに見合う軽量性・コンパクト性能

 

 

月下美人 MX」「ソアレBB」ともに実売1万円程度ながら、ハイエンド機種に劣らない性能を兼ね備えています。まさに技術の進歩が可能にした性能ですねー!

上級スペックを備えた「ソアレCi4」は高価ながら、超軽量素材を採用しているため、自重160gを実現!ドラグ性能や巻き上げ性能はピカイチです。僕はこちらを購入しました。

シマノ製(ソアレ)のリールが一段飛び抜けて性能が高いんですが、どちらもアジングに必要なスペックを満たしているので好みでOKです。

 

おわりに

というわけで、以上「初心者向けのアジング用ロッド・リール」について紹介してみました!

初心者でも簡単に釣れますが、道具を突き詰めることで今まで取れなかったアタリに気づいたり、繊細なアタリに自分から掛けていくことも可能になります。

最近では1〜2万円程度のタックルでも非常に高性能になってきているので、紹介した価格帯の道具でもかなり満足してもらえると思いますよ。

 

それでは!

スポンサードリンク