アジングロッドの選び方って?初心者&中級者におすすめのロッドを紹介

 

「アジング」は初心者でも気軽に始められる一方、繊細なアタリを感じて掛けていく、上級者も楽しめるテクニカルな釣りでもあります。

最初にロッドを購入するときは、「一体どのメーカーのものを選べばいいの?」と悩む人も多いはず。しかも、アジングって数・型を伸ばそうと思うと、ロッドでかなり差が出るんですよね。

今回は、初心者から中級者の方まで楽しんでもらえるよう「コストパフォーマンスに優れたおすすめアジングロッド」を紹介していきます!

 

アジング初心者が最初に揃えるロッドの選び方

 

アジングの主力ルアーは、小さいアミや小魚を模した0.5g〜3g程度のジグヘッドリグ。

常夜灯周辺でアジを拾っていくような簡単な釣りもできますが、30m先の海中にあるワームの存在感を感じながら、潮の変化を的確に捉える高度な釣りが必要なことも。

アジの場合は、ワームを食った瞬間に違和感を感じると即座に吐き出すため、「小さいアタリを感じた瞬間に合わせられる」高感度のティップ&ブランクスが必要になります。

 

【アジング用ロッドに求められる性能】

  • 高感度&超軽量を実現するティップ&ブランクス
  • 0.5g程度のジグヘッドを投げられる適度な固さ
  • 40cm程度のアジが掛かっても負けないバットパワー

 

ロッドの長さの選び方

dsc00835

 

メバリングやシーバスなど一般的なソルトルアーの場合、堤防な高さのある場所から釣りをすることが多いので、7ft(2.1m)以上あるロッドが一般的です。

一方、アジングロッドの中には「感度」を重視して、5ft(1.8m)前後のショートロッドも販売されています。

必要なロッドの長さは用途によって大きく変わってくるので、5ft〜8ft(2.4m)までのロングロッドも用意されています。

 

竿を短くすることで超高感度を実現でき、アジング特有の「アタリがあった瞬間にフッキングする」ことが可能になります。

もちろん、ショートロッドの代償として強風時や高台で釣りづらくなるのと、他の釣りへ流用しづらくなってしまうのも事実。

短いロッドは3g以下程度のジグヘッドしか扱えないことも多く、ポイントや人を選ぶので初心者は避けたほうが無難です。

 

なので、これから入門する人は他のソルトルアーにも利用でき、使い勝手のよい7ft前後のロッドをおすすめします!感度は多少悪くなるものの、十分釣りになります。

「最初からアジング専用ロッドを買いたい!」と思った場合には、5ft前後を買うのもいいでしょう。アジングの本来の楽しみを知りたいのであれば、この長さが一番!

メバリングなど、他の釣りも同じロッドでチャレンジしたい場合は6ft〜7ft程度のロッドを買っておくと、色々な用途に使えて便利ですよ。

 

長さ用途内容
5ft〜6ft超軽量ジグヘッド超高感度を実現するショートロッド。操作性も優れていて、30m先のわずかなアタリも感じ取って掛けることができる。アジングの真の楽しさを実感したいならこのレングスがおすすめ。5ftでも上手くファイトすれば大型魚も取れる。ただし汎用性は低い。
7ft軽量ジグヘッド、その他リグアジングロッドで最も汎用的な長さ。あらゆるリグに対応し、取り回しも問題なし。初心者は7ftを中心にして買い揃えるとどんな状況にも対応できるようになる。
8ft高重量ジグヘッド、フロートリグ、スプリットショット重量級のリグや、仕掛け自体が長く遠投が必要なフロートリグ等を使用する場合に好んで使われる。40cm超のメガアジ・ギガアジとも相性がよい。エギングやシーバスなどにも流用可能。

 

ソリッドモデルとチューブラモデル

 

アジングロッドを選ぶにあたって、重要なのが「ロッドのティップ(穂先)をソリッドにするか、チューブラにするか」という選択。

簡単に言うと、穂先の断面が詰まっているか(ソリッド)、もしくは空洞になっているか(チューブラ)の違いになります。2種類あるわけですね。

ソリッドは竿先の素材が通常とは異なるため柔らかく、チューブラは感度が良く固めなのが一般的です。

 

【ソリッドティップのメリット】

  • 竿先が非常に柔らかく、ワームを咥えたアジに違和感を与えない
  • 自分から掛けずに自動的にフッキングすることも可能

 

【チューブラのティップのメリット】

  • 全体的に張りがあるため感度がよい
  • 竿先がダレにくいのでキビキビしたアクションができる
  • パワーがあるため大型魚が掛かっても取り込みやすい

 

アジングの場合は感度が第一に必要なので、高感度を追い求めるのであればチューブラティップが最適。

しかし、最近では技術の進歩でそれぞれの性能を補う竿も発売されていて、「食い込みが良く感度の良いソリッドティップ」が主流になっています。

高級ロッドしか基本的に販売されていないんですが、食い込みと感度を両立した「チタンソリッドティップ」などもあります。

 

個人的な最初のおすすめは、汎用性が高く初心者用ロッドでもアジとの駆け引きを楽しめる「チューブラティップ」ですね。

竿先が固いので、アタリがあっても弾かれることも多し。最初は掛けるだけで精一杯だと思いますが、これがアジングの面白さ!

初心者用のチューブラロッドでアジが釣れるようになると、「アタリに自分から掛けていく」クセがつきます。難しいものの、こちらのほうがアジングの楽しさを実感できますよ。

 

穂先選択については大変奥が深く、プロでも迷うくらいで難しいです。最初の1本は下記で紹介しているロッドがおすすめ。

 

▲ソリッドとチューブラの違いについては、こちらの動画が一番わかりやすいです!

 

アジングで代用可能なロッドは?

 

アジングは基本的に、軽量ジグヘッドを投げれてアタリを感じられればいいので、柔らかめのバスロッドやメバリングロッドでも代用可能。

ただ、アジングの真の楽しさが「30m先にある超繊細なワームを海中で操りながら、周囲の状況を把握して確実にアジを仕留めること」にあると思っているので、感度・操作性が悪いロッドはおすすめしません。

これらの理由から、本当の意味で楽しむためには専用ロッドの「超高感度」「超軽量」が必要だな!と考えています。

 

もちろん最初は初心者用のロッドで十分なんですが、アジングは突き詰めると天井のない釣りで人生を費やしている大人も非常に多いので、そのうち専用ロッドが欲しくなると思います。(笑)

 

アジング用におすすめのロッド

次は、いよいよ初心者〜中級者におすすめのコストパフォーマンスのよいアジングロッドを紹介していきます!

 

入門に最適!リーズナブルなロッド

 

こちらが、アジング入門に最適な1万円台までのロッドです。

 

最初の1本には、メバリング・アジングなどSWライトルアー全般に使える「月下美人 70L-T」がおすすめ!実売1万円を切る価格で販売されています。

アジングを突き詰めてみたいが、これから・・・という方には、「ソアレBB アジング S604ULS」がいいです。アジング専用設計で高感度。

アブガルシア Salty Stage KR-X」は”ショートソリッド”という食い込みと感度を両方実現するティップを採用しているので、入門ロッドとしては基本性能が非常に高いです!

 

 

【アジング入門用の安いロッドってどうなの?】

この価格帯のロッドはブランクス・ティップの素材自体があまり良くないので、感度が悪く高重量、ダレてしまうことも多いです。

高級ロッドだと、竿先から伝わる情報量が多くて海中の様子が容易に想像できるんですが、感度の悪いロッドだと伝わる情報が少なくてぼやけてしまいます。

ただし釣りにならないことはなく、簡単にアジングを楽しむぐらいなら十分楽しめますので、まずはコストの安いロッドから初めてみることをおすすめします。

 

 

中級者におすすめ!コストパフォーマンスの高いロッド

 

次は、中級者でも満足して使用できる性能の高いロッドの紹介!

 

月下美人MX アジング511UL-S・K」は2万円台で購入できるロッドながら、非常にコストパフォーマンスの良いことで有名!専用設計なので外れることもないです。

軽量性を追及するなら「ソアレ CI4+ アジング S610LS」。自身も同シリーズのものを使用していますが、2万円台の価格帯・6ftで自重70gを実現!快適に釣りができます。

最強のコストパフォーマンス・性能を求めるなら、多くのベテランも使用している「ヤマガブランクス ブルーカレント 72/TZ」が圧倒的におすすめ!

 

特に最後の「ブルーカレント」はアジング・メバリング問わず使用できるロッドで、3万円台のロッド・かつ7ftという長さがありながら、自重63gとめちゃめちゃ軽いです。

もし予算があれば、最初の入門用としてもおすすめできます。ただ一度使って慣れると、他のロッドが使えなくなるかも。(笑)

 

おわりに

というわけで、以上「コストパフォーマンスのよい初心者〜中級者におすすめできるアジング用ロッドについて紹介してみました!

初心者でも簡単に釣れるアジングですが、、道具を突き詰めることで今まで取れなかったアタリに気づいたり、繊細なアタリに自分から掛けていくことも可能になります。

最近では1〜2万円程度のタックルでも非常に高性能になってきているので、紹介した価格帯の道具でも満足してもらえるかと思います。

 

広大な海で、アジの繊細なアタリを感じてみてください!それでは。

 

【アジングでおすすめのリールはこちらから!】

アジング用リールの選び方とおすすめって?必要な条件を徹底解説

2017.02.09
スポンサードリンク