【2016年版】日本一周出発に必要なノウハウと、持ち物・準備物について全てまとめてみた。

IMG_0186

 

「日本一周をしたい!」という人にとって、最初のハードルは「どうやって準備をすればいいかわからない!調べなきゃ!」というステップですね。

日本一周といっても方法によって最短で1週間、最長で3年ほど旅をすることになるわけなので、準備が必要なものがたくさんあります。

そこで、現在日本一周中の僕が必要な準備リストと、持ち物についてまとめてみました。ぜひ日本一周をこれからしたい、という方は参考にして下さい!

 

自分はなぜ日本一周するのか?目的を決める

IMG_0311

 

荷物やルートの準備に入る前に、「自分はなぜ日本一周をすることになったのか?」と目的を振り返っておくと、旅の方向性が決めやすくなります。

理由は様々で、非日常を味わいたい、仕事から逃避したい、テーマを設定して旅したい、たくさんの人に出会いたい、とにかく目立ちたい、などなど。実際に日本一周をしていて、様々な理由や手段で旅をする人々を見てきました。

人が行動する理由って抽象的・複合的なものだと思うんですが、これを考えておくだけで後々の準備すべき項目が変わってくるので、もし旅をする理由が明確でなければ、一度紙に書き出してもいいかもしれません。

 

自転車日本一周の旅に出発することになった動機・きっかけを紹介する。

2015.03.28

 

日本一周する乗り物・方法を決める

次に、日本一周をする乗り物・方法を選択することになります。

日本は治安も良くてインフラも整っているので、王道の徒歩・自転車・バイク・車に加えて、思わず「バカ?」と言ってしまいそうな方法で日本一周している人もいます。(笑)

もうすでに「この方法で日本一周するよ!」と確定している人も、あらためて考えなおしてみてもいいと思いますよ。

 

徒歩、自転車、バイク、車、定番の方法で日本一周する

 

徒歩で日本一周

IMG_8239

 

絶対数は少ないものの、日本一周をしていると数人と出会うことになります。徒歩の圧倒的なメリットは、目の前の景色をじっくりと見られること。ただし、一周するのに3年間ほど必要だそうです。(笑)

徒歩で日本一周ってできるの?必要な装備とノウハウについて。

2016.07.26

 

自転車で日本一周

IMG_7150

 

ちょうどいい早さで日本を巡ることができ、最短で3ヶ月、長くて2年くらいの人が多いようです。自転車で峠越えするのは辛いですが、それも醍醐味です。また徒歩や自転車は、移動している途中で頻繁に声をかけてもらえるというメリットがあります。

ママチャリで日本一周ってできるの?最適な装備・ノウハウについて。

2016.06.12

【保存版】1日1,000円で自転車日本一周旅をする方法を公開します!

2015.04.02

 

バイクで日本一周

IMG_8205

 

自転車より圧倒的に移動速度が早い上、原付ならガソリン代が安い上に食費がほとんど必要ないので、自転車日本一周よりも安く旅することができます。またスーパーカブで旅する人が多く、一種のコミュニティが形成されています。半年以内に旅を終える人が多いようです。

 

車で日本一周

これは道楽の領域ですね。特にキャンピングカーで旅する人は結構多いですが、準備だけで莫大なお金が必要です。そのうちキャンピングカーで旅するのもありですね!老夫婦が多いです。

 

青春18切符で日本一周

thumb_IMG_0976_1024

 

自転車やバイクといった移動手段のほかに、青春18切符で日本一周してしまうという方法もあります。旅人同士の出会いは少なく、たどり着けるところも限られていますが、簡単に実行できるうえに公共交通機関ならではの楽しさも味わえます。

青春18きっぷ旅を最大限楽しむノウハウと、気をつけるべきことをまとめる。

2016.09.02

 

日本一周の方法については、自分が旅できる期間と予算を勘案したうえで、自分の好きな方法を選択すればいいと思います。

ただし手段によって見える景色が全然違ってくるので、自分はどういった方法で旅したいか?どれだけの人に出会いたいか?どういう切り口で日本を見たいのか?で選べばいいと思います。

 

突拍子もない方法で日本一周する人たち

fc2blog_201502221543093db

出典:http://horsejourney.blog.fc2.com/blog-category-10.html

 

定番の方法だけではなく、思わず「そんな手段ありですか!?」と叫んでしまうような方法で日本一周する人もいます。

過去にあったのは、馬に乗って(しかも2匹!)日本縦断、スーパーのショッピングカートで日本縦断、着ぐるみで日本縦断、ベビーカーを押して日本一周、ケツバットで資金稼ぎをしながら日本一周等々・・・。

ようは移動できて死ななければどんな手段でも日本一周出来るわけで、「日本で唯一○○で日本一周・縦断した人間になってやる!」という気概のある方は面白い方法で日本一周してもいいと思います。ただし、くれぐれも事故には気をつけてください。(笑)

 

「え?馬に乗って日本縦断した・・・?」突拍子もない方法で日本を旅する人たち

2015.07.17

 

テーマを設定して日本一周する方法もあるよ

IMG_5298

 

乗り物・方法を選択する以外にも、「旅のテーマ」を設定して日本一周することもできます。

例えば僕の場合だと、日本の限界集落を回りながら、その地に住む自給自足的な暮らしをしている人のもとでしばらく暮らし、日々のお手伝いしながらその過程を発信するなど。

他にも日本中のオーガニック料理店や無農薬農家を回って発信する、日本一周中にコンテンツを作ってお金を稼ぐ、わらしべ長者をしながら旅するなど、こちらも工夫次第で様々なテーマを生み出せます。

 

IMG_4837

 

自由に旅するのも楽しいのですが、目的を設定して旅をすると「自分が会いたい!」と思っている属性の人とたくさん出会えたり、今後の仕事に繋がる人間関係が得られることもあります。

また目的を設定して旅をすると、それ自体がブログのコンテンツになることも。テーマ性のある旅をするのも楽しいですよ!

 

旅に「テーマ性」を持たせると、より面白い人と出会えるようになるよ。

2016.04.08

 

日本一周の予算を計算する

a0006_002418_m

 

旅の方法や目的を決めると、自ずと必要な予算も決まってきます。

検討すべき項目は下記ですね。事前に把握できるところは計算しておいたほうが、計画が立てやすいです。

 

  • どれだけの期間、旅を続けるのか?
  • 途中で宿に泊まるのか?もしくは全て野宿なのか?
  • 地元の料理を積極的に食べるか自炊するか?
  • 観光地はどの程度回って拝観料や入園料はどの程度必要か?
  • 離島への交通費はいくらか?

 

などなど、「自分が設定したい予算」に合わせて柔軟に予算編成を考えることが可能です。

過去に自分も予算表を作っているので、よければ参考にしてみてください。

 

日本一周自転車旅行の、予算表を作ってみた!

2015.04.01

 

ちなみに僕の予算表は最低限のコストで作っているので、安価に旅したい人以外にはほとんど参考になりません。(笑)

大体社会人の方だと、日本一周のために150万円〜300万円ほど用意するケースが多いようですね。

出来れば予算表はキッチリと計算するほかに、万が一のトラブル対策として10万円ほど予備を持っておいたほうがいいと思います。旅の最中に事故や冠婚葬祭があると大変なことになりますからね。

 

もし出発時点で予算が足りなければ、北海道や沖縄など理想の土地に滞在しながら働く「リゾートバイト」という選択肢もあります。ぜひチェックしてみてください。

 

旅先で住み込みで働ける!「リゾートバイト」の4つの魅力とおすすめ案件のまとめ。

2016.08.08

 

日本一周のルートを確定する

1

 

次に日本一周のルートを確定していきます。

基本的には大まかなルートで良いんですが、時計回りで回るか反時計回りで回るか、何を基準にして日本一周とするか、各都道府県で行きたい観光スポットや訪ねたい家庭があるかどうかでルートが変動していきます。

日本の回り方については、時計回りが一番いいです。理由は簡単、日本は左側通行なので、時計回りだと間に車道を挟まずに海を眺めることができます。

逆に海沿いはあんまり走らないぞ!という方は、どっちでもいいと思います。

 

何を基準にして日本一周とするか?

日本一周の基準は人によりけりで、各県庁を必ず回る人、海沿いの道を全て走る人、半島はスルーする人、最北東南西端を全て回る人など様々。

日本一周は人に自慢するようなものではないので、「これが日本一周だ!」と思う方法で決めればいいかと。自分の場合は県庁巡りには意味を見いだせなかったので行かなかったし、面倒臭ければ半島をスルーしたことも多々。自分の基準で選べばいいです。

ちなみに、日本一周の人が考える「日本一周の基準」は以下のとおり。

 

  • 全都道府県庁制覇
  • 全都道府県制覇
  • 海沿いを一筆書き
  • 日本最北東南西端制覇
  • 本州最北東南西端制覇
  • 本島最北東南西端制覇
  • 全世界遺産巡り
  • 日本100名山制覇
  • 日本100名城制覇

 

実際にルートを作る

何を持って日本一周とするのかの基準を決め、巡りたいスポットをピックアップした上で実際にルートを作っていきます。

ここで大事なのは、地域ごとに訪れる季節を設定しておくことです。夏場に北海道に到達するルートで旅をしなければ、梅雨の雨に打たれながら本州を進み、極寒のなかで北海道を回ることになります。

実際に自分でも簡易的な日本一周ルートを作成したので、よければ参考にしてください。

 

日本一周自転車旅行のルートを作成しました!この日程で進みます。

2015.03.31

 

旅の出発日を決定する

旅のルートを確定できたら、次に旅の出発日を設定しましょう。

日本一周旅人の傾向として、3月〜4月の期間に出発する人が多いようです。自分も4月に出発しました。気候もいいし、年度末・年始の時期に当たるので学校を休学・職場を退職した人には最適の時期なんです。

ちなみに出発日を決定しても直前にトラブルが発生する機会が多々あるので、余裕を持って準備されることをオススメします。出発日から逆算して最低でも半年ほど前から準備を始められると完璧ですね。

 

日本一周って、いつ頃の時期に出発したらいいの?春?それとも秋?

2016.04.18

【お知らせ】出発日が決定!4月11日より、自転車日本一周の旅を始めます!

2015.04.05

 

必要な荷物を購入して揃える

thumb_IMG_3140_1024

 

次に、日本一周に必要な準備物を揃えていきます。

日本一周をする方法によって準備すべきものは変わってきますが、共通するのは野宿用のキャンプグッズと、カメラやPC・スマホ等のガジェット、そして衣服類などです。

日本一周に必要な道具については、下記の記事に全てまとめてあるのでよければご覧ください。

 

【保存版】自転車日本一周旅行に必要な装備・持ち物チェックリスト(完全版)

2016.04.27

 

ブログ・SNSを立ち上げる

日本一周では旅人同士の交流が盛んで、しばしば「ここの街で会おうぜ!」なんて会話が繰り広げられています。

旅人同士の出会いはかけがえのないもので、交流は主にTwitter・ブログ上で行われているので、まだ登録していなければ、これを機に始められることをオススメします。ブログが面倒であれば、Twitterだけでもいいです。

またTwitter等のSNSで繋がっておけば、やがて一生の友になるかもしれません。旅が終わったあとでもSNSでの会話や再開する機会が続くので、そういう意味でもぜひSNSに登録することをオススメします。

 

旅を始めるなら「ブログ・SNS」を絶対立ち上げるべき!自分メディアで発信すべき理由など。

2016.05.09

 

各種手続きを済ませる

次に、面倒くさい各種手続きを済ませる方法について解説していきます。

世界一周と比べると、予防接種やパスポート取得の手続きが必要ない分かなり楽に進めることが出来ます。

ただし時間が必要なことはあるので、余裕を持って準備しておきましょう!

 

ゆうちょ銀行口座を用意する

IMG_6337

 

日本一周の旅では、「ゆうちょ銀行口座」が必須になります。

というのも、都市部では大手銀行である三菱UFJやりそな銀行のATMがたくさんあるんですが、田舎になると全く見当たらなくなり、人口が1000人を下回るような限界集落では当然のことながら銀行等はありません。

その代わり郵便局ならどんな田舎でもあるので、ゆうちょ銀行口座さえ持っておけば日本のどこでも現金が引き出せる上、手数料も必要ないんです。

 

thumb_img_3601_1024-728x486

 

ちなみに田舎のスーパーはクレジットカードも通用しないので、ゆうちょ銀行口座がないといざ現金が必要になっても引き出せず、詰むという可能性も考えられます。

北海道の端っことか、本当に何もありませんから・・・。でも郵便局はあります。

さほど難しい手続きも必要ありませんから、口座を持ってない方はこれを機に開設されることをオススメします。

 

自転車保険の登録をしておく

これは自転車日本一周限定ですが、近頃自転車での事故が相次いでテレビで放送されていますよね。

自転車には保険を導入されていない方が大変多く、2013年には15歳の少年が乗っていた自転車が歩行者と衝突事故を起こし、9500万円の損害賠償請求が行われています。自転車乗りとしてはいついかなるタイミングで事故を起こすかわからないので、大変恐ろしい数字です。

最近ではかなり安価で最大2億円まで自賠責保証が付いているauの自転車保険なんかもあるので、チェックしてみることをおすすめします。

 

家族や友人、職場に挨拶しておく

image

 

最後に、日本一周出発前に家族や友人、そして職場や学校の人たちに挨拶をしておきます。

家族と同居している場合は特に、半年〜最低でも3ヶ月前には伝えておいたほうがいいと思います。

本人の意思なので、きっと尊重してくれるとは思いますが、けじめとしてこれまでお世話になった旨と、ありがとうという感謝の言葉を伝えておきたいものです。

 

最近では10代で旅する人も多いので、特にこの辺をきっちりしておくと、後々家族との関係がより良好になりますよ〜。

社会人の場合は退職手続きや確定申告、学生の場合は休学や退学の手続きをすれば、晴れて日本一周に旅立てます。

せっかくの旅なので、しっかり準備して挑みたいものです!

 

おわり

IMG_0186

 

というわけで以上、日本一周の準備に必要なことを全てまとめてみました。その他、気づいたことがあれば臨時追加していく予定です。

その他、日本一周に必要な知識や道具については、下記の「日本一周の教科書」に全てまとめてあるのでよければ見ていってください。実際に旅をして、参考になりそうな情報を出来る限りまとめました。

それでは、よい旅を!

 

【日本一周の教科書】旅を楽しむためのノウハウや情報を全て公開します。

2016.05.17