ブログ歴10年超の専業ブロガーが語る!おすすめのブログサービスを徹底解説

 

どうも!現在、専業ブロガーとして活動しているよねすけ(@yonesukez)と申します。複数サイトを運営していますが、半分以上はブログでの収入で飯を食っています。

小学生の頃から釣りブログを運営していて、現在は月間45万回以上も閲覧されるようになりました。

ブロガーとして活動していると、「自分もブログを始めたいけど、どのサービスで始めればいいの?」とよく質問を受けます。確かに色々あってわかりにくいですね。

そこで今回は専業ブロガーであり、前職は広報の仕事をしていてWEBサービスに詳しい僕が「ブログを開設するにあたって便利なブログサービスの選び方とおすすめ5選」を紹介します!

 

ブログサービスを選ぶにあたって検討すべき項目

 

初心者がこれからブログサービスを選ぶ場合、何を基準にして選んでいけばいいのか?サーバーの容量やデザインのカスタマイズ性、広告の自由度など検討すべき項目がたくさんあって迷います。

でも安心してください!ブログ初心者であっても、「困ったことがあったら調べる」というスキルさえあれば最初から専門知識が必要なわけではありません。

今回の記事では「WEBのことはよくわからないけどブログを始めたい!」という初心者の方向けに書いているため、ポイントを絞って解説していきます。

 

初心者がブログを始めるにあたって気をつけるべきこと
  1. 初心者でもある程度簡単に使用できること
  2. ある程度慣れた段階でカスタム可能なこと
  3. 自由に広告が貼れること
  4. 独自ドメインを取得できること
  5. 広告収益を得たいなら絶対に有料サービス(ちゃんと書けば確実にペイできるので)

 

検討すべきことは多いですが、誰でも最初は知識がない状態でブログを始めています。自分もそうですが、今では複数のサイトを開設・運用できるまでになりました。

「ブログを始めよう!・・・でも大変そうだし書く時間も少ない」と行動せず止まっているほうがよほど損失が大きいので、とりあえず要点を絞ってブログを開設してみてください!

おすすめのブログサービスを解説していく前に、ブログ初心者によくある質問と回答について簡単にまとめてみたのでぜひ参考にしてください。

 

結論から先に言っておくと、無料ブログサービスなら「はてなブログ icon-external-link 」、有料サービスなら「 WordPress icon-external-link 」が最もおすすめ。特に WordPressは当ブログでも使っていて、自由にカスタマイズ可能&広告収入も増やせます。

今後、少しでもブログ収入を得たいと思っているならWordPressで始めましょう。「【超初心者向け】15分で作れる!WordPress(ワードプレス)ブログの始め方を徹底解説 icon-external-link 」を見れば誰でもブログを作ることができます。

 

無料サービス・有料サービスのメリット・デメリット

無料サービス 有料サービス
  • 一切資金が必要なく維持費が不要
  • カスタマイズに制限がある
  • 広告掲載・アフィリエイト利用に制限がある
  • 突然のアップデートでブログ削除になる可能性
  • 最低でも月1,000円以上の維持費が必要
  • 一切の制限なく自由にカスタマイズ可能
  • 自由に広告掲載可能・ブログ収入を無限に増やせる
  • 半永久的にブログ運営が可能

 

大抵のブログサービスが無料で始められますが、機能を充実させた「有料プラン」も用意しています。他にもWordpressのようにサービスそのものは無料だが、独自ドメイン・サーバー代が発生するものも。

無料ブログがいいか?有料プランを選ぶほうがいいのか?は人によりますが、結論からいうと「将来的にブログで収入を得たい!」と少しでも思っているのならお金を払ったほうがいいです!

なぜなら、ほとんどの無料ブログは自分で広告を貼り付けられないから。仮に貼れたとしても一部でデザインもたいして変えられないし、運営側の広告も交じるため収益が大きく下がります。

有料といっても、せいぜい年間1万円以下で収まります。広告収入に比べればわずかな投資で収まりますね。

 

ブログ開設に必要な費用は?おおまかな予算規模について

ブログ開設に必要な費用
  1. サーバー代:月額1,000円×12ヶ月
  2. ドメイン代:年額1,000円
  3. テンプレート代:〜10,000円程度

 

ブログの無料プランを選べば、関連費用は0円で済みます。ただ本格的にブログ運営を始めるには有料プランの契約が必須となるんですが、一体どの程度予算が必要なのか?

まずデータを格納するためにサーバーを契約する必要があり、値段はピンキリですが本格利用に耐えられる程度の容量で月額1,000円ぐらい必要となります。年額だと12,000円程度ですね。

これは自分でサーバーを契約する場合の料金で、大手ブログサービスの有料プランを利用するときは内容に合わせて月額700円〜1,000円程度の料金がかかります。だいたい同じぐらい費用が必要。

高いと見るか安いと見るかは人それぞれですが、もし自分だけで完結する「日記」ではなくて多くの人に発信する目的でブログを執筆すれば、広告収入で十分元を取ることができます。

 

独自ドメインとは?設定するメリット・デメリット

 

「ドメイン」とは、ブログ上の住所にあたるもの。どんなWEBサービスであっても、必ず1サイトに1つ対応するドメインを所持しています。

大抵の無料ブログでは、「ameblo.◯◯.jp」のような大手サービスのドメインを借りて運営することになります。いわば住所を借りて家を建てるようなもの。

それに対して、独自ドメインとは自分で住所を借りてブログ運用できるものです。当ブログのドメインは「http://cycle-japan.com」ですが、自分で独自ドメインを取得しています。

 

他社ドメイン 独自ドメイン
  • 無料で利用可能
  • 既存のドメインパワーを利用できるので開設当初でも閲覧数を増やせる
  • サービスが終了するとブログごと消滅するリスクがある
  • 有料で使用可能になる
  • 半永久的にブログを利用できる
  • 他社ブログサービスに簡単に移行可能
  • 最初から閲覧数を増やすのは難しい

 

ほとんどの専業ブロガーが独自ドメインを取得しているし、せいぜい年間1000円〜3000円程度で取得できるので本格的にブログ運営をしたいのであれば必ず契約しておきましょう。

 

ブログを使ってお金を稼げるの?という点について

 

最近だと、「ブログで月収10万円!誰でも稼げる!」なんて触れ込みの広告が増えていますが、本当にブログを使ってお金を稼ぐことができるのか?

結論からいうと、きちんと記事を書き続ければ月間3万円〜5万円程度なら誰でも稼げます。それ以上となると様々な工夫が必要となりますが、月5万円も入ってくれば儲けものですよね。

ただ、最初のステップとしてそもそも「営利活動が可能なブログサービス」「自分の広告を貼れるサービス」を選ぶ必要があります。

有料プランを得られば広告掲載可能になるサービスが多いものの、なかには端から営利目的での運営を禁止しているサービスもあるので注意してください。

 

▼ブログで収入が発生する仕組みと、初心者・一般人が月5万円稼ぐための方法はこちら

ブログで広告収入を得る方法とは?一般人が月10万円以上稼いだ方法を徹底解説

2017.09.01

 

おすすめのブログサービス徹底比較

※横スクロールで全てのサービスを比較できます。

 livedoorブログはてなブログWordPressAmebaブログg.o.a.tTumblr
画像og-image-1500
容量
無制限

3GB(有料)

200GB(※1)

無制限(有料)

容量に関する記載なし

無制限
独自ドメイン
設定可

設定可

設定可
×
利用不可
×
利用不可
×
利用不可
収益化
スマホ版で広告強制表示

収益化が露骨すぎるとアカウント停止の可能性

自由に収益化可能
×
基本商用利用NG

規約に明記なし

収益化可能、無料で完全広告なし
カスタマイズ
HTML・CSS利用化

HTML・CSS利用化

HTML・CSS利用化

カスタマイズ一部制限あり

HTML利用可、CSSカスタマイズ不可

カスタマイズ一部制限あり
有料
無料で利用可能

月額1,008円

無料で利用可能(サーバー代は別途必要)

月額1,008円
×
現状ではなし

無料で各種機能利用可
おすすめ
★★★☆☆

★★★★☆

★★★★★

★★☆☆☆

★★★☆☆

★★★★☆

(※1)WordPressの容量は契約するサーバーによって変わります。今回おすすめする「エックスサーバー X10」プラン利用時には200GBまで利用可能です。

各ブログサービスについて徹底比較するために、必要な機能について表にまとめてみました!今回は初心者の方がブログを始めることを前提にしているので、余計な比較はせず本当に必要な項目だけ比較検討しています

ブログによってはスペック上では優れなくとも、独創的なコンセプトで運営されているサービスもあります。次の項目では、各サービスごとの特徴を具体的に解説していきます!

 

ライブドアブログ

livedoor_logo

http://blog.livedoor.com

おすすめ度容量独自ドメイン収益化カスタマイズ有料

★★★☆☆

無制限

設定可

一部広告強制表示

HTML・CSS利用化

無料で利用可
メリット デメリット
  • 無料で広告削除や独自ドメインを利用できる
  • 無料でブログ容量を無制限で利用できる
  • 全体の利用数が多い(それだけサービス内部で集客しやすい)
  • 他サイトのランキングが強制的に表示されるので、離脱されるリスクがある
  • 文章が少しでも長いと強制的にページ分割される

 

「ライブドアブログ」は有名ブロガーの間でも利用されているサービスで、最近無料でもPC版に限り広告削除できるようになったのが素晴らしいサービス。(スマホ版は強制表示)

他にも独自ドメインも無料で利用できます。(取得には別途料金が必要)スマホの閲覧者が多いので広告削除はそれほど影響がないんですが、各種サービスを無料で利用できるのはいいことです。

スマホ版のレイアウトをあまり変えられず、一定以上文章を書くと強制的にページ分割がされるため閲覧性に欠けます。離脱率が増えるので本格的にブログ運営をしたい人にはかなりのデメリットとなります。

 

はてなブログ

og-image-1500

http://hatenablog.com

おすすめ容量独自ドメイン収益化カスタム有料

★★★★☆

3GB(有料)

設定可

一部制限

HTML・CSS利用化

月額1,008円
メリット デメリット
  • デザインがシンプルで美しく、閲覧しやすい
  • 「はてなブックマーク」という記事拡散サービスと親和性が高い
  • 検索で上位表示されやすい
  • 有料版はカスタマイズ性が高い
  • デザインの細かいカスタムが難しい
  • 読者層がITと高リテラシー層に偏っている(メリットでもある)
  • 最近、検索エンジンでの評価が下がっている

 

無料ブログの中でも質が高く、WEBに詳しい人には非常に有名なサービス。デザインがシンプルで自由に変えることができ、テンプレート数も多いためカスタマイズ性が高いのが特徴。

ブログの他に「はてなブックマーク」という記事拡散ツールがあり、はてなブログ内で書いた記事が拡散されやすい傾向になります。上手く運営すれば、開設して1ヶ月目から10万PVを越えることも。

のちほど紹介する「WordPress」と並ぶ無敵のツールと言われていたんですが、最近になって検索サービスからの評価が下がったのか、軒並みブロガーの閲覧数が下がるという残念な現象も。

現状無料ブログのなかでは最も優れているサービスなので、「ブログ運営をしたいがお金をかけたくない!」という人には真っ先にはてなブログを紹介しています。

 

Amebaブログ

https://official.ameba.jp

おすすめ容量独自ドメイン収益化カスタム有料

★★☆☆☆

無制限(有料)
×
利用不可
×
商用利用NG

カスタム一部制限

月額1,008円
メリット デメリット
  • 読者登録機能が強力で、最大数万人程度ファンを集めることも可能
  • 無料で1TBまで容量を利用できるなど機能豊富な面も
  • 独自ドメイン設定不可なため、他ブログへ移転できない
  • 商用利用が許可性で基本的に一般人による収益化は不可
  • カスタマイズに制限があり、大きくレイアウトを変えることができない

 

無料ブログサービスのなかではおそらく最も有名な「Amebaブログ」。芸能人が多数参加しており、一般人でも人気のブロガーが多数存在しています。

読者登録機能が強力で、トップ層になると読者だけで数万人を超えることも。ブログサービスでこれほどリピーターが大きいサービスは現状なく、ファンを集めて集客したいブロガーにはかなり貴重なサービスです。

ただし独自ドメイン設定不可、基本的に商用利用禁止などブログ運営をするにあたって障壁になる点も多く、細かいカスタマイズもできません。

Amebaブログは簡単に取り組みやすいイメージがありますが、真面目に集客するには自身をブランディングしてファンを集めなければいけないため、「かなりの上級者向き」だと考えています。

 

g.o.a.t

https://www.goat.at

おすすめ容量独自ドメイン収益化カスタム有料

★★★☆☆

容量の記載なし
×
利用不可

規約に明記なし

カスタム一部制限
×
なし
メリット デメリット
  • 写真を全面に押し出してアピール可能
  • 機能がシンプルで初心者にも扱いやすい
  • 独自ドメインが設定不可
  • 広告掲載可能だが今後規約変更の可能性あり
  • 新興サービスのため今後仕様変更の可能性も

 

昨年、携帯電話会社のKDDIからリリースされた新しいブログサービスの「g.o.a.t」。

他のサービスと一線を画すデザインで、文章よりも「写真」をメインに紹介することが可能になっています。ビジュアルで訴えかける「旅行・シンプルライフ・美容」などのジャンルには非常におすすめ。

一応広告掲載はできる(規約に禁止の記載がなかった)んですが、新興サービスなので変更される可能性もあり要チェックです。他ブログと全く違う訴求ができるのが最大のメリットです。

 

Tumblr

https://www.tumblr.com

おすすめ容量独自ドメイン収益化カスタム有料

★★★★☆

無制限
×
利用不可

広告なし

カスタム一部制限

無料で全機能利用
メリット デメリット
  • 文章に限らず画像・音声・動画で様々な表現が可能
  • SNS的に使えるので、ブログ立ち上げ初期でも集客がしやすい
  • デザインがシンプルで初心者でも簡単に使える
  • Google・Yahoo検索に露出する機会が極めて少ない
  • カスタマイズ性が低い

 

マイクロブログサービス」と呼ばれるジャンルのTumblr。通常のブログというよりはSNS的な使い方ができるサービスです。

他のブログと違って文章・画像・音声・動画など様々な種類の投稿を自由にできるため、特にプロカメラマン・絵師などビジュアル重視でブログ運営をしたい人に人気です。

Tumblrのデメリットとしては、サービス内での集客はしやすいもののGoogle検索で露出する機会が極めて少ないということ。これでは、ブログを書いて広告収入を得ることは難しいでしょう。

記事を積み重ねてメディア的に運営する・・・のではなく、例えばプロを目指したい写真家がTumblrに露出して企業にアピールするなどの使い方が一番おすすめ。

 

WordPress

wordpress-bg-medblue

https://ja.wordpress.org

おすすめ容量独自ドメイン収益化カスタム有料

★★★★★

200GB

設定可

自由に収益化可能

HTML・CSS利用化

無料で利用可
メリット デメリット
  • カスタマイズ性が高い
  • 追加のプラグインで多くの機能を付与可能
  • 無料・有料問わず高機能・デザイン性の高いテンプレートを使用可
  • 広告表示を自由にカスタムできる
  • サービス終了でブログが消える心配がない
  • 有料でドメインやサーバーを取得する必要がある
  • ブログを作成するのにHTML・CSSなど専門知識が必要なことも
  • セキュリティの脆弱性があるので要メンテナンス

 

「WordPress(ワードプレス)」はこれまで紹介してきたブログとは異なり、特定の会社のサービスを使うのではなく自分でサーバー・ドメインを取得して運営する”オープンブログサービス”の一つ。

サービスは無料ですが、ドメイン(住所代)とサーバー(データの倉庫)にお金が必要。しかし!他のブログと異なり、圧倒的にカスタマイズが豊富なので自分が好きなようにブログを構築することが可能です。

本格的にブログを運営したいのであれば「WordPress」をおすすめしています。困ったときに調べることができれば、前提知識も必要ありません。

もしブログを執筆して少しでも収益を得たい!と考えているのであれば、Wordpress一択となります。最近は他のブログサービスから移転する人も多く、面倒な作業が必要になるので最初から作ったほうがお得。

 

▼WordPressでブログを立ち上げる方法はこちらで徹底解説しています。(作業自体は15分で済みます)

【超初心者向け】15分で作れる!WordPress(ワードプレス)ブログの始め方を徹底解説

2018.01.09

 

おわりに

というわけで、以上「初心者がブログを解説するにあたってオススメのブログサービス」を紹介しました。

その他にも様々なサービスが用意されていますが、基本的に使いにくい・閲覧しづらいサービスが多いので、今回紹介したなかのどれかを選べばほぼ間違いはありません。

もしある程度WEBの知識を持っているか、これから少し勉強してでも利用したいという方には圧倒的に「Wordpress」がオススメ!

それよりもさっさとブログを書いて旅を始めたいという方には、「はてなブログ」か「ライブドアブログ」がオススメですね。

ぜひ、自分が納得できてユーザーも閲覧しやすい納得のブログサービスを選んで、素晴らしいブログライフを送られることを期待しています!

 

icon-hand-o-right良く読まれている記事はこちら

icon-chevron-circle-right【超初心者向け】15分で作れる!WordPress(ワードプレス)ブログの始め方を徹底解説 icon-external-link

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。