【巨大青物もOK!】持ち運びに優れた「青物用クーラーボックス」を検討

 

大型の青物を狙っていると、そのうち「釣った魚をどうやって持ち帰るか」問題にぶち当たります。新鮮な状態で持ち帰るためには、大型のクーラーボックスを購入しておく必要があります。

わざわざ青物を釣って、リリースする人はあまりいないでしょうからね。(笑)特に巨大なブリ・サワラ等を新鮮な状態で、かつそのまま持ち帰ろうと思うと巨大なボックスが必要となります。

ただ自宅での収納場所問題もあるし、あまり大きなものだと現地での移動が非常に大変に。これまでずっと困ってたんですが、ひたすら探し歩いた末に素晴らしい製品を発見いたしました!

今回は、「巨大青物も収納可能なショアジギング用クーラーボックス」について比較検討・実際に導入した事例を紹介していきたいと思います!

 

青物の持ち帰りに必要なクーラーボックスの条件

dsc00609

▲76cmのサワラを普段使いのクーラーボックスに収納。大きすぎて尾びれがはみ出してしまった。

 

これまで、ライトショアジギングで仕留めた青物を持ち帰るために釣り場での移動が簡単・かつ電車釣行でも移動しやすい「キャリー付き」のボックスを使用していました。

自分の場合は電車釣行がメインなので、車で釣行される方とは必要な条件が違ってきます。ただ、車であっても車内に巨大なクーラーボックスを用意したとして、いざ現場での移動となると大変ですからね。

小型・中型青物ならこのサイズでも全く問題なく収納できるんですが、それこそ70〜80cmを越えるブリ・サワラとなると、一般的な20〜30Lクラスではどうしてもはみ出してしまいます。

上記クーラーボックスでは巨大青物がまともに収納できず、また青物は一度回遊するとバタバタと釣れ続く魚ですが、大きいサイズだと2匹も入らないのでさすがにマズイ!と買い替えを決意。

 

人によって必要な条件は異なると思いますが、巨大青物を収納する前提なら、

  • 80cmのブリを折り曲げずに収納できる
  • 炎天下でも鮮度を維持できる保冷機能
  • 堤防でも移動しやすいキャリー付き

これぐらいは最低限欲しい機能ですね〜。

 

特に都市部の沖堤防をメインに釣りをする場合、「キャリー付き」のものを購入しないと移動で泣きを見ることになります。

サイズが大きいクーラーボックスは本体だけで相当な重量になるので、氷やら魚やらを入れていると堤防を往復するだけで凄まじく疲れます!

製品によっては持ち運びやすいよう設計されているものもあるので、釣り場での移動が多いなら積極的に購入したほうがいいですね。

 

▲対角線なら70〜80cmまで収納可能、かつ保冷機能に優れた釣り用クーラーボックス

 

大型青物を確実に保冷しつつ真っ直ぐに収納するためには、大型クーラーボックスが基本。

上記の「スペーザライト350」はキャリー専用の取手が取り付けられており、非常に持ち運びやすくなっています。実際、釣り場に出かけていても頻繁に使用している人を見かけるほど。

持ち帰る際に青物をバラして無理やり収納する手もありますが、身の劣化を防ぐためにそのまま持ち帰りたいし、ブリクラスとなると分解しても相当な大きさになるので30L以上が基本となります。

 

自宅での収納場所を確保する必要がありますが、堤防での現地移動と保冷、大型サイズを折り曲げずに収納する方法では、上記の「スペーザライト」等のクーラーボックスを購入すれば間違いない!というのが結論。

ただ、状況によって地磯で釣りをするなど「キャリー付きのクーラーボックスでも侵入不可」な場所もあるし、電車釣行の場合は端から大型クーラーボックスなど持ち運べません。

そこで!現地移動に適したクーラーボックスはないかと一通り調べてみた結果、「青物用のクーラーバッグを購入する」という方法を思いついたので実際に購入し、使用レビューをお届けしてみたいと思います。

 

堤防・地磯移動用の青物用クーラーバッグを購入

 

青物用クーラーバッグは需要がそれほど多くないので、2〜3種類ぐらいしか市場に出回ってません。

今回は、そのなかでも老舗ショアジギングメーカーで信頼性の高い「KAMIWAZA」のバッグを購入。

クーラーボックスと違って保冷機能はなく、一時的に青物を入れて移動するためのバッグとなります。完全防水なので、氷を入れておけば一時的な保冷は可能です。

 

 

裏側には肩ベルトが付いていて、リュックと同じように背負うことができます。

マジックテープで脱着可能な腰ベルトも付いており、重量のある魚を入れても肩に負担がかからず持ち運べる仕様になっています。

重いものを持ち運ぶときは、「腰で背負う」と肩への負荷が減って非常に楽に持ち運べるので、嬉しい機能です!

 

 

防水リュックの内部にはインナーケースが入っていて、ダブル防水仕様となっています。

外側に比べるとちょっと小さめなんですが、5kmクラスの青物を3本入れることができます。工夫次第で1m程度の青物を収納することも可能なので、デカすぎる魚を釣っても大丈夫。

直接魚を入れても問題ありませんが、丈夫なゴミ袋等に包んでいれると汚れもつかないし、衛生的です。もちろん魚だけでなく氷を入れることで、一時的な保冷は可能になっています。

 

 

バッグの口ですが、完全防水バッグによくある「クルクル丸めて留める」タイプ。

これだと防水性が高まるし、1m超の巨大青物を釣り上げたときもクルクル加減を調節して収納できるようになります。

 

 

クーラーバッグの機能はわかったけど、実際に背負って見るとどうなの?どれほど移動しやすいの?と気になります。とりあえず、街中の公園で背負ってみました。(笑)

このバッグを背負って長い沖堤防を歩いてみましたが、キャリー付きのクーラーボックスを引っ張るのに比べると非常に移動が楽でした!

クーラーボックスは本体そのものが重いので移動が大変、段差があると転んでしまうことも。その点、このクーラーバッグは全ての道具を背負うなり担ぐなりして宙に浮かせられるのが最大のメリット。

 

 

横から見た図。巨大なわりに圧迫感が少ないので、背負ったまま街中で移動することも可能。(笑)クーラーボックスと比べると威圧感がかなり少ないので、電車釣行にも最適です。

車での釣行の際も、氷とストリンガーさえ持っていけば半日以上キープすることも可能なので、メインは大型クーラーボックス、移動の際には上記のクーラーバッグという選択肢が一番良さそう。

クーラーボックスを現地に持ち込んだほうが鮮度を保てますが、移動用に別途バッグを用意することで機動性が上がり縦横無尽に移動できるようになります。

 

今のところ、地磯や沖堤防でショアジギングをするなら「クーラーボックス+バッグ」の組み合わせが最も快適に釣りができそうです!

もちろん電車釣行でも非常に活躍するので、移動で困っている人がいたらぜひ検討して見て下さい。少なくとも自分はこのバッグを取り入れてから、気軽にあちこちの釣り場に行けるようになりました。

なお肝心の防水性能にある程度目を瞑れば、市販の防水バッグを使うという手もあります。なかなか80cmのブリをそのまま収容できるバッグってないんですが・・・探せばないことはないですね。

こちらも参考にしてみてください!

 

 

おわりに

というわけで、以上「青物クーラーボックスを検討」のレポートをお届けしました!

巨大青物を狙うとなると、それ相応の釣り道具が必要となります。クーラーボックスも例外ではありませんが、巨大なものは持ち運びだけでも大変なのでクーラーバッグが活躍するわけですね。

今度はこのクーラーバッグの機動性を生かして、あちこちに釣りに出かけたいと思います。それでは!

スポンサードリンク