日本一周したら、何か得られるものなの?どんな経験が得られるの?

thumb_IMG_3514_1024

 

どうも、絶賛自転車日本一周中のよねすけ(@yonesukez)です。

旅をしていると、たまに「日本一周して、何か得られるものなの?」と少し嫌味ったらしく言われることがあります。

大抵は自転車を見て「大変ねぇ・・・」という意味も言外に含めているのかなと思うんですが、真面目に答えてみたいと思います。それぞれの旅人によって異なるのは当然ですが、僕はこれらのものを得たよ、というものを紹介したいと思います。

 

全国各地に友人が出来る

thumb_IMG_3514_1024

 

これが一番大きいかな。旅の出発当初は関西と関東の首都圏くらいにしか友人がいなかったんですが、旅先での出会いから全国各地に広がりました。

嬉しいのが、例えばある地域に旅に行ったとして、「この地域には○○がいる!会いにいこう!」とアクションを起こせるようになるんですよね。これほど嬉しいことはない。

積極的に人と繋がっていかなければ達成できませんが、各地で友人を作っていけば全国に友人がいる、という状況も作れるでしょう。目指せ、全県制覇!

 

少々の忍耐なら余裕で出来るようになる

自転車で日本一周していると、時にひたすら我慢しか進まないといけなくなることがあります。

移動自体は好きだから行っているわけですが、好きとか嫌いとか言ってる場合じゃなくなることが頻繁にあるんですね。その時にひたすら忍耐することになるので、少々の我慢は苦痛ではなくなりまがす。

我慢出来ればいいというものではありませんが、生きているうちに忍耐が必要になるときもあります。そういう時に役立つこともあるかなぁ、と思っています。知らんけど。

 

「え?野宿なんて余裕でしょ?」と言えるようになる

あとこれね。基本的に夏だろうが冬だろうが野宿をして生活することになるので、「え?野宿なんて余裕じゃん?なんなら毎日野宿するよ?」と平気で言えるようになります。(笑)

逆に旅をしていて驚いたんですが、思っていた以上に野宿を嫌う人が多いんですね。外で寝るのは不快とか、虫が出ないか怖いとか、「お前らは一体どんな生活してんだ!?上級貴族かよ!?」と突っ込みたくなります。(笑)

むしろ、一度野宿をしたら癖になりますよ。毎日日の出とともに起きる生活。そよ風を浴びながら眠りにつける幸せ。朝起きて、お湯を沸かしてコーヒーを飲むときの幸福感。たまりません。まぁ、夏場の蚊とか冬の寒さは確かに不快ですが、慣れればどうということはありません。

 

毎日質素な食事でも問題なくなる。

これはちょっと例外的ですが、毎日食パンを食べる生活をしていたので質素な食事でも耐えられるようになりました。

別に必要ないっちゃ必要ないスキルですけどね。(笑)一時期、長野県の山奥に住む家庭で2ヶ月ほど居候させてもらっていたんですが、自給自足で生活している場所を選んで訪ねていたんですよ。そうすると、毎日野菜が食事のメインになるんです。

それからというもの、わざわざ肉をガッツリ食うということがほとんどなくなりました。たまに焼き肉の食べ放題に行きたくなるけれど、本当に美味しい野菜を食べているとわざわざ肉を食べようとは思わなくなるんですねー。不思議。

 

痩せる。脚の筋肉がつく。

得たスキルでもなんでもなく、ただ結果的にそうなったというだけのものですが、自転車で日本一周していると痩せます。徒歩でも痩せます。バイクや車で日本一周すると、むしろ太りそうですが。(笑)

また、脚の筋肉がガッシリつきます。日本一周したからといってレースに勝てるようにならないのは残念なところですが、それでも一般大衆よりはよほど強くなります。

旅を終えてしばらくすると、すぐリバウンドしたり脚の筋肉が衰えてくるんですが、ちゃんとメンテナンスしたら維持・強化できると思いますよ。大抵の人がたるんでいるイメージがあるんですけどね。(笑)

 

おわりに。

「何を得られたのか」は自分が主観で決めることなので、挙げだしたらキリがないんですが、代表的なものはこんなものですかね。

何かを得るために日本一周しているわけではありませんが、結果的にこれらのものが得られました。何より、全国各地に友人が出来たのは一生の財産だし、本当にありがたいなと思います。これだけの理由で旅をする価値があるものですね。

今後も「こんなものを得た!」と新たに思うかもしれないので、その都度追記することにします。参考にしてもらえれば嬉しいです。

 

それでは!

スポンサードリンク