自慢のリールを「カスタム」して、性能を向上させてみた!【ヘッジホッグスタジオ】

 

釣りをするにあたって、それぞれ自慢のリール・愛機を購入しているかと思いますが、せっかく高価なお金を払うならさらに性能をアップさせたい!

リールにベアリングや新しいグリップ・スタンドを取り付けることによって、純粋にリールのスペックを向上させたり、見た目をよりカッコよくすることができます。

そこで、今回は初めてリールの「カスタム」をやってみることにしました!カスタムといったら、男の夢ですからね。

早速やってみましょう!

 

リールのカスタムで利用したお店は?



リールをカスタムするときは、専用のパーツを売っているお店に直接持ち込むか、通販で購入することになります。

今回はこの業界では非常に有名なヘッジホッグスタジオを利用することにしました!

ソルト・バスなど、ルアージャンルならありとあらゆるリールのカスタムパーツを販売しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

色々とカスタムしたいところですが、今回はスピニングリールの「ベアリング」を追加して性能を向上させることにしました。

追加パーツだけで見ても、ダイワならイグジスト・ルビアスなどの中・上位機種から、写真にはありませんがプレッソ・フリームス・レブロス等の下位機種まで販売。

 

 

シマノでも、ステラ・ツインパワー・ヴァンキッシュなど上位機種から、ソアレ・ナスキー・エアノス・セドナ・アリビオなど中・下位機種まで扱われています!

 

 

もちろんベアリングだけではなくて、ハンドル・ハンドルノブ・スプール・リールスタンドなど「リールにカスタムに必要なパーツ全て」を販売しているらしい。

これは夢が広がりますな!リールをカスタムしたいと思ったら、「ヘッジホッグスタジオ」を選んでおけば間違いなさそうですね。

それでは、実際に自分でもパーツを購入してカスタムしてみることにします!

 

実際にリールをカスタムしてみた!具体的な手順など

注文からパーツ商品到着まで

 

というわけで、実際に自分で使っているリールをカスタムしていこうと思います!

今回カスタムするリールは、ダイワの「EMMS」というエントリーモデルのスピニングリールライトショアジギングを中心に、あらゆるソルトルアーゲームで活躍してくれています。

ダイワの2万円以下のスピニングリールには、大体「プラスチックベアリング」が仕込まれています。これを工業用のちゃんとしたパーツに変えるだけで大幅に性能が向上するんですよ。

さらに今回はベアリングをもう一つ追加して、上位機種のみ採用されている「2BB」仕様にしてみたいと思います。

 

 

せっかくカスタムするならと、思い切って「フルベアリングチューニングセット」を購入することにしました。お値段占めて、「7140円(税別)」。

これは、ベアリングを最大装着数まで取り付けられるセットで、EMMSの場合は+5BBで「11BB」まで取り付けることが可能になります。

ベアリング、追加パーツの他に「説明書」が付いていて、取り付け方を全て説明してくれるので初心者でも何の問題もなくカスタム可能なんですよ。これも一種の投資だ!

 

 

注文してから少し経って、自宅にヘッジホッグスタジオの封筒が届きました。

ドキドキする瞬間ですね♪

 

 

中を開けると、カスタム用の「BBセット」と噂の取り扱い説明書がついてきました。

カスタマイズの方法は全て説明書に書いてあるので、予備知識がない初心者でも開封してすぐに作業を始めることができます。

それでは、早速リールのパーツを交換してみましょう!

 

スピニングリールのベアリング交換をしてみた

 

まずは、「プラスチックベアリング」のおかげで回転が悪くなっているラインローラーから分解していきます。

リール自体の性能は高いんですが、肝心のパーツがプラスチックのために数回使うと塩噛みして、ほぼ回転しなくなるんですよねぇ・・・。

特に2万円以下のエントリーモデルの場合、ラインローラーだけでも高性能なBBに変えると一気に性能が向上しますよ。

 

 

ラインローラーの分解図。

左のパーツから順にベールに取り付けられていて、ちょうど中央当たりに諸悪の根源である「プラスチックベアリング」がありました。

 

 

これを、今回注文した「HRCB防錆ベアリング」に交換します。しかも、今回は上位機種と同じ2BB仕様なので、大幅な性能向上間違いなしです!

 

 

あとは、全てのパーツを組み立ててラインローラーに取り付けるだけ。

これでラインローラー部のカスタムは完了!次々にパーツ交換をしていきましょう。

 

 

お次は、スプール内のドラグ部に取り付けられている「プラスチックベアリング」を防錆ベアリングに交換していきます。

写真の矢印位置にあるのがプラスチックBBです。

シーバス用や青物用のリールならともかく、特に細糸を使いたい場面やライトゲームでは「ドラグの滑り出し性能」ってめちゃめちゃ重要なので、対大物を意識すればするほど重要となります。

 

 

ドラグ部に「HRCB防錆ベアリング」を仕込んで、カスタム終了!

 

 

同じくドラグ性能を向上させるため、シャフト部についているプラスチックBBも取り外してしまいましょう。

 

 

BB取り付け完了。ドラグ部にも2BB追加したので、滑り出しがよくなりました!

 

 

最後に、ハンドル部についているプラスチックBBを取り外します!

 

 

こちらが、取り外したBB。汚いですねぇ。

 

 

ハンドルには、付け根ともう一つベアリングを追加する箇所があるので、合計で2BB仕様になります。

最低限の滑らかささえあれば、どれだけ性能差を感じられるか微妙な部分ではありますが、特にゆっくり巻く場面では顕著に感じますね〜!

少し風が吹いただけでも、ハンドルがゆらゆら動くようになってしまいました。(笑)

以上で全てのベアリングを追加完了です!

 

さいごに・・・。

 

というわけで、以上全てのベアリング追加作業が完了しました。元々は6BB仕様だったリールが、最大装着数の11BB仕様に!

見た目に変化がないのでわかりづらいですが、性能面では大幅に向上しているので対大物の釣りや、繊細な釣りをするときに特に活躍します。

もちろん、「ヘッジホッグスタジオ」ではスプール・ハンドル・ハンドルノブなど性能と見た目を大幅に変化させるパーツも多数用意されているので、ぜひ一度チェックしてみてほしいです。

 

それでは!

 

>>>リールのカスタムパーツ専門店「ヘッジホッグスタジオをチェックする

 

スポンサードリンク