【四国歩き遍路】遍路に使用する全装備品・道具を紹介します。【アウトドア用品】

thumb_IMG_6558_1024

 

この度突然ですが、徒歩にて「歩き遍路」を行うことになりました!

お遍路とは、言うまでもなく弘法大師・空海が開創した四国八十八ヶ所霊場を巡礼することで、おおよそ2ヶ月の期間を費やして全1200km程度に及ぶ工程を旅することになりました。

今回はお遍路を行うために必要な道具を一通り買い揃えたので、紹介することにします。今後、歩き遍路をされる方の参考にしてくだされば幸いです!それではいってみましょー。

※金剛杖や菅笠など遍路専用道具に関しては、ここでは掲載していません。

 

ザック周辺

ザック本体

IMG_6532
icon-caret-rightGREGORY(グレゴリー) ZULU 40 ズール40

 

歩き遍路をするにあたって、「どのメーカーのモデルが良いか?」「どの程度の容量がいいのか?」について散々悩みぬいた挙句、こちらの「GREGORY ZULU40」を購入しました。

まず容量ですが、歩き遍路自体がさほど荷物を必要としないため、小さめでいいかなと思って40リットルにしました。テントを持ち歩くならなお知らず、寝袋だけなら40で十分です。

あとは、後々日本各地・世界各地をザック一つで旅すること、あちこちで登山することも念頭に置いて色々なモデルを検討しました。また極力徒歩の負担にならないことなどを考慮に入れた結果、このザックを買うことになったんですねー。

 

このザックのレビューについては下記記事に掲載しているので、よければどうぞ。

参考記事:「GREGORY ズール40」を購入したので、じっくりレビューしてみる。【バックパック】

 

調理道具

コッヘル

IMG_3197
icon-caret-rightスノーピーク(snow peak) トレック900 SCS-008

 

今回の四国お遍路では、ある程度食料を自炊しながら旅をするためアウトドア用の「コッヘル」を持参していきます。

コッヘルは、日本一周中からずっとsnow peakのものを使ってます。

道中買い物出来る場所ってあんまりないと思うんですが、これらの自炊道具を持って行くと途中で調理することが出来ます。節約にもなりますが、ちょっと重いのが難点かな。

 

ガスコンロ

image
icon-caret-rightイワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3

 

続いて、コッヘルで食品を調理するための「ガスコンロ」です。こちらはイワタニの小型のものを持参してます。

スーパーで市販されているガスコンロで簡単に調理できるので、重宝してます。日本一周出発時からずっと使用しているので、性能が落ちてきたのが悩み。

 

参考記事:イワタニ(iwatani) ジュニアガスバーナーを1年間使用したのでレビューしてみる

 

その他調理器具

thumb_IMG_6563_1024

 

また、小物として下記の調理道具も持って行きます。

 

野宿道具

寝袋

image

icon-caret-rightdeuter(ドイター) Orbit オービット+5 [最低使用温度5度] DS37400N-3310

 

この四国歩き遍路では、全ての行程において「野宿」しながら巡礼します。お金が切迫している状態なので、一泊も宿に泊まる予定はありません。

友人の一人は過去に山中でテント無しで野宿しながら遍路をしてますし、水の確保さえ出来れば問題なく過ごせるかと。夏場の蚊だけがちょっと怖いですね。

 

マット

thumb_IMG_2726_1024

icon-caret-rightTHERMAREST(サーマレスト) 寝袋 マット Z Lite Sol Zライト ソル シルバー/レモン R

 

寝袋で野宿をするのなら、同時にマットも必要になります。

寝袋単体だと地面から熱が逃げてしまうので、遮断するためにマットを使用するんですね。こちらのサーマレストのマットは高いですが、その分十分な性能を発揮してくれるのでオススメです。

 

電子機器

パソコン

thumb_IMG_1803_1024

icon-caret-rightAPPLE MacBook Air (1.6GHz Dual Core i5/11.6インチ/4GB/128GB/

 

続いて、電子機器の紹介。アホらしいんですが、遍路にもパソコンを持って行きます。(笑)もはやブログ更新が本職みたいになってますからね。

旅先からでも、電源と電波のある限り旅の記事をお届けします。やっぱり大自然の下で映えるのはMacだな。うん。

 

電子書籍

thumb_IMG_3890_1024

icon-caret-rightKindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

今回から新しく導入した「Kindle  Paperwhite」。

旅の最中って結構忙しいんですが、不意に時間が開くときがあります。とにかく旅中に読書をしまくりたかったので、これで念願の夢が叶うことになります。

歩き遍路なら移動しながら二宮金次郎並に読書が出来そうなので、めっちゃ楽しみです。

 

参考記事:今更だけど「Kindle Paperwhite」を買ったので開封レビューをしてみるよ。

 

ソーラーチャージャー

icon-caret-rightAnker PowerPort Solar (21W 2ポート USB ソーラーチャージャー) 

 

歩き遍路では、全行程を野宿で行う場合は言うまでもなく、簡単には電源を確保出来ません。

そんなとき、このソーラーチャージャーをザックにかけて歩けば、半永久的にスマホを充電することが出来ます!神です!

遍路中にある程度スマホを使いたい人は買っといて損はないはず。ちょっと重いけど。

 

参考記事:旅中のスマホ充電は「ソーラーパネル発電」で行ってるよ!というお話。【Anker ソーラーチャージャー】

 

充電ケーブル・充電器類

thumb_IMG_6556_1024

 

ゴチャゴチャしたケーブル類です。スマホ用、パソコン用、電子書籍&モバイルバッテリー用などを用意してます。(写真に写ってないものもあり)

あとは延長ケーブルなども用意。ケーブル類はAnker製が耐久性が最も優れていていいですね。外れがない感じです。

ヘッドライトはジェントスの50ルーメンのものを。最低限の性能で非常に安価なので、これに決めました。夜間に活躍してくれるはず!

 

衣服・靴

衣服セット

thumb_IMG_6551_1024

 

衣服はこれだけ。基本的に自分で洗濯しながら進むので、これだけで十分です。

ただ全体を見ると、季節によってはこれでも多いような気がしています。毎日確実に洗濯出来るなら、さらに下着を2枚にしてもいいかも。

 

靴はAmazonで安売りされていた、運動靴を使用することにしました。

別に特段登山をするわけでもないので、登山靴はオーバースペック。でもスニーカーだと靴底が薄くて不安なので、ちょうどよいこちらのモデルを購入しました。

試しに何度か歩いてみましたが、サイズもジャストで履き心地がよく、靴底も適度に暑くて少々歩いても疲れにくかったです。暑いのが難点ですが、こればかりはどうしようもないですよね。

 

その他・小物

洗濯グッズ

thumb_IMG_6553_1024

 

歩き遍路では、水道水が確保出来るかぎり毎日洗濯になることになります。

なので最低限の洗濯道具を用意して、極力毎日着替えをする予定です。徒歩だと自転車以上に一瞬で臭くなりますからね。(笑)

  • 洗濯ゴムひも
  • 100均クリップ(seria)
  • タワシ
  • 液体洗剤
  • 汚物入れ
  • S字フック
  • ウォーターボトル(プラティパス)

 

洗面道具

thumb_IMG_6562_1024

 

洗面道具も最低限です。

  • トラベル用歯ブラシ
  • 手鏡
  • 髭剃り+替刃
  • 洗顔フォーム
  • シャンプー
  • トラベル用くし

 

エマージェンシーキット

thumb_IMG_6554_1024

 

こちらも最低限の道具のみ用意しています。絆創膏、ロキソニン、ビオフェルミン、酔い止め薬&鼻炎薬、オロナイン、包帯などなど。

あくまでエマージェンシーなので、使い機会はほぼないかと。ないことを祈ります。(笑)

 

全ての道具を合わせると・・・。

thumb_IMG_6558_1024

 

これらの荷物を全てまとめると、こんな感じ。こうやって見ると、案外少なく見えますね!

ただし一部事情により入ってない道具があるのと、ここに大量の食料と専用の遍路道具が入ることになるので、実際は結構な量になると思います。

いやー、それにしても楽しみすぎますね!また遍路道具で追加した品があれば、臨時更新していきますね。

 

ちなみに遍路の様子については、下記ブログで見ることが出来ますのでよければご覧くださいね。

それでは!行って参ります!

スポンサードリンク