【59日間】四国歩き遍路の野宿・宿泊場所をまとめてみた。【公園・道の駅・善根宿】

thumb_IMG_7703_1024

 

無事59日間という長期の歩き遍路旅を終え、自宅に戻ってきました!

歩き遍路中は「出来るだけ荷物を軽量にする!」という目標のもと、テントは持たずに寝袋だけで、さらに野宿主体でほとんどの夜を公園や道の駅で過ごしました。

これから遍路旅へ行かれる方の中には、「野宿をするって言ったって、どこへ泊まればいいの?」と迷っている人も多いと思います。

そこで、59日間の寝床を全てまとめて発表したいと思います!中にはめちゃめちゃ快適に過ごせる遍路小屋等の施設もあったので、ぜひ参考にしてください。

 

 

59日間の歩き遍路旅の寝床内訳は?

早速、発表していきたいと思います。遍路中に過ごした寝床の一覧はこんな感じ!

 

 

 

細かい。(笑)

今回は「野宿メイン」で考えていたので、結果的にほぼ野宿になっています。

ちなみに合計59日間の旅なのに合計数が55なんですが、途中各地で停滞していたために不明分が発生しております。(笑)そのうち全て野宿ではありますね。

集計できる範囲で、野宿と屋内・宿の割合はこんな感じです。

  • 野宿:48回
  • 屋内:7回

今回は前述した通り寝袋だけを持参した旅だったので、雨と蚊対策が大変でした。

雨は公園や道の駅で東屋を探せば凌げます。ただし蚊はどうしようもないので、別途蚊よけのアイテムを用意する必要があります。

歩き旅は寝床をさほど選べず、泊まりたい場所はあったが辿りつけず仕方なく泊まったような場所も多かったです。ただしお接待の文化があって、各地に快適な「遍路小屋」が設置するのでいい思いをすることも多いですね。(遍路小屋の中には宿泊禁止の場所も多数アリ)

 

各寝床別の解説

せっかくブログ記事を見返して旅の寝床を見返したので、集計した分の上位5位の快適性などを軽く解説していきたいと思います。

 

1位:道の駅

f:id:yonesuke7:20160617210439j:plain

 

今回の遍路旅で一番多かった寝床は、道の駅でした!意外だ!

遍路旅の以前に行っていた日本一周の旅では、道の駅に積極的に泊まっていました。24時間トイレは間違いなく設置されているし、治安もいいです。

宿泊自体はグレーゾーンですが、営業時間内に到着したときは宿泊可能か聞くのと、野宿禁止の場所を避ければ大丈夫かと思います。

 

thumb_IMG_8018_1024

 

遍路旅でも道の駅に積極的に泊まりたいなと思っていたものの、遍路道沿いにそれほど設置されておらず、徒歩の旅のため道の駅に必ずしも辿りつけなかったんですよね。

野宿環境としては快適性・衛生度・治安ともにトップクラスなので、野宿に不安のある人は積極的に道の駅を利用すればいいと思います。

 

2位:公園

thumb_IMG_8143_1024

 

今回の寝床で2番目に多かったのが、公園でした!小さい公園ならわりとどこでも設置されているので、寝床に困ったときに良く利用してましたね。

快適な公園も多いんですが、今回遍路旅で泊まった場所は不快な場所が多かったような気がします。(笑)虫も多いですからね。

GoogleMapでも検索しやすいので、寝床に困ったらどうぞ。

 

3位:人の家

f:id:yonesuke7:20160711201021j:plain

 

意外にも、3番目に多かったのが人の家でした。ほとんど停滞中に泊まらせてもらってたんですけどね。

四国はお接待の文化が根付いているので、人の家で泊めさせてもらうことも多いと思います。

野宿旅メインの人間からすればありがたい限りなので、声をかけてもらったらありがたくお世話になればいいかなと思います。

 

4位:東屋

f:id:yonesuke7:20160608125250j:plain

 

4位はただの東屋!前述したとおり、歩き旅の場合は寝床をなかなか選べないので、トイレや水道のない東屋で泊まる機会もそこそこありました。

中にはそれらが設置されている場所もありますが、稀ですね。とはいえ東屋でも快適なことが多かったと記憶しています。

近くにスーパーやコンビニがあれば、飯も買えるし水も補給できるので無問題ですね。

 

5位:善根宿

 

5位は同数で3つくらいあったんですが、あえて善根宿をピックアップしました。(笑)

四国遍路では、「善根宿」という無料で善意で解放されている宿があって、連絡すれば泊めてくれます。中には軽勤労必須の場所もありますが、無料で泊めさせてもらえることを考えれば、時間があるならアリかなと思います。

ただし多くの善意宿はネット上に情報がないのと、中には変な人もいるので気をつけたほうがいいですね。歩き遍路をするなら一度は泊まりたいところ。

 

遍路旅の快適な寝床ランキング

最後に、四国遍路で快適に宿泊出来た場所ランキングを発表します!

過酷な遍路旅ですが、中には野宿であってもオアシスみたいな場所もあるので、ぜひそれらの場所に出向いて体を癒やしてくださいね。

僕は事前の情報収集をしなかったために、スルーしてしまった場所も多いので・・・(泣)

 

3位:宇和島の「道の駅みなとオアシス うわじまきさいや広場」

f:id:yonesuke7:20160608115637j:plain

 

快適な寝床ランキング、第3位は「道の駅みなとオアシス うわじまきさいや広場」です!(名前が長い!)

正確にはタイミングの問題でここで泊まったわけではないんですが、「ここで寝られたら確実に快適に寝られるだろう」と思ってランクインしました。

見た目は普通の道の駅なんですが、大きな東屋や足湯等があって快適に寝られそうです。

 

f:id:yonesuke7:20160608115635j:plain

 

道の駅に大きな屋根のある場所があって、たくさんの机・椅子があるので座りながら快適に過ごせるし、寝ることも可能です。

しかーし!ここまでなら普通の道の駅プラスα程度なんですが、一つ素晴らしい特徴があるんですよ。それは・・・。

 

thumb_IMG_7697_1024

 

道の駅のすぐ目の前に、コンセントから公式に充電可能な「マクドナルド宇和島店」があるんです!

実際に歩き遍路旅をすればわかりますが、野宿前提の旅だとまず充電可能場所がありません。各主要都市部にはありますが、少し田舎へ外れるとすぐに無くなる。

しかも、万が一設置されていたとしても、周辺に快適に寝られる寝床がないケースが多い。が、この場所では快適に充電しながらブログ更新作業等をこなした後、すぐに道の駅で寝ることが出来ます。素晴らしい!

 

2位:善通寺近くの「鉢伏ふれあい公園」

 

第2位は、香川県の善通寺近くにある「鉢伏ふれあい公園」です!

遍路道ルートからは少し離れてしまいますが、周辺に寝床がない中でかなり快適に寝られる場所でした。

公園自体が非常に広く、すぐ後ろにキャンプ場があるので手洗い場や調理場等の施設もありました。人もいなかったのでグッスリ寝ることが出来ました。

 

 

早朝に起床して、お湯を沸かしてからまったりコーヒーを飲む。

至福の時間です・・・!

 

 

朝飯のうどん。調理場もあるので安心して自炊出来ます。

結局この周辺には1日停滞していたので、公園に2泊することになりました。雰囲気もいいし、風が強いためか蚊もいなくて毎日寝たいぐらいでしたね。

 

1位:根来寺近くの「子ども接待遍路小屋」

 

快適な寝床ランキング、堂々の一位は香川県の根来寺近くにある「子ども接待遍路小屋」です!

正確にはこの場所でも夜を明かしたわけではなく、昼寝だけして通過しました。が、これほど充実した設備が整っている野宿場所は他にはなかったので1位としました。

 

 

無料の遍路小屋で、名前の通り週末になると地域の小学生が接待してくれるという場所。

周辺のハーブ園が主体となって管理されていて、なんと充電設備や無料のお菓子、ハーブ茶が振る舞われていました。

中にはエアーサロンパスや使い捨て耳かき、お灸などお遍路さんに超嬉しい設備が一通り揃っていて、すぐ隣に水場やトイレも設置されています。

 

 

遍路小屋には2F部分もあって、専用の寝床スペースになっています。夏場だと蒸し暑すぎて寝られなかったですが、冬場は熱が溜まって暖かい状態に寝られるのではないかと想像します。

まさかこんな場所があるとは思っていなかったので、スルーしてしまいましたがぜひ一度宿泊してみたいですね!

何より日頃から充電に困っているお遍路さんにとって、コンセントは死ぬほどありがたいんですよね。ぜひ宿泊はせずとも、休憩で寄ってみてくださいね。

 

おわりに

というわけで、以上遍路旅中に宿泊した場所のランキングと、快適な寝床ランキングを集計して発表しました。

歩き遍路は過酷な旅になりがちですが、お接待で快適な寝床を用意してくれている場所もあります。野宿主体であっても、ぜひ情報を参考にして快適な野宿場所を探してみてください。

少しでも参考になれば幸いです。それでは!

スポンサードリンク