初心者がマウンテンバイク(MTB)をメンテナンス・整備してみた!【オーバーホール】

thumb_IMG_3798_1024

 

自転車に長期間乗り続けると、気になってくるのが自転車の「メンテナンス」の問題ですよね。

普段から通勤・通学で3年間マウンテンバイク(MTB)を利用し尽くしたうえに、10000kmの自転車日本一周の旅に利用したので、消耗系の部品が大変なことになっていそうです・・・!

そこで、普段から愛用しているマウンテンバイクを初心者が一部分解し、メンテナンスしてみたいと思います。果たして初心者でも実行出来るのか!?

 

MTBのメンテナンス必要箇所について

thumb_IMG_3783_1024 thumb_IMG_3784_1024

 

今回は、こちらの「GIANT ROCK 29er」という4万程度の自転車をメンテナンスをしていきたいと思います。

マウンテンバイクはロードバイクやクロスバイクと異なり、衝撃を吸収する「サスペンション」が付いています。

本来ならこれのオーバーホールをしたいのですが、部品が複雑でバラすのが大変なため、今回は初心者でも簡単にメンテナンスでき、効果も現れやすい「チェーン・スプロケット・ギアクランク」の清掃をしていきます!

まずはマウンテンバイクの各部名称から見ていきましょう。

 

bicycle_mountain

出典:http://www.bex-isoya.com/?page_id=897

 

こちらは初心者向けに簡単にまとめてある各部名称なので、詳しいパーツの説明は省かれています。

今回は、マウンテンバイクのパーツの中でも下記の部分を分解&メンテナンスしていきます。

  • リアディレイラー
  • フロントディレイラー
  • チェーン
  • スプロケット
  • ギアクランク
スプロケットはリアディレイラーの上部に位置しています。  

 

これらを図と見比べてながら見ていただけばわかるんですが、どのパーツもチェーンに何かしらの形で直接干渉しています。

本格的なメンテナンスをするなら全て分解しなければなりませんが、メンテナンス方法を知らない初心者にはとても難しいので、メンテナンスの効果が出やすいこれらのパーツをまず分解・メンテナンスしていきます。

僕もまだ知識が乏しいので、まずこれらのパーツをメンテナンスしてからより難しいパーツにチャレンジしていきたいと思っています。

では、具体的なパーツごとの説明をしていきます。

 

スプロケット

thumb_IMG_3787_1024

 

こちらが、後輪ギアの歯車となっている「スプロケット」。

まだ部品交換して2000km走ってない程度ですが、もう汚れ始めています。

どうしてもチェーンに付着した泥なんかを巻き込んで汚れていってしまうんですよね。ここは放っておくと変速性能に大きく関わってくるので、汚れたらすぐにメンテナンスしたほうがいいですね。

 

リア・フロントディレイラー

thumb_IMG_3790_1024

 

ちょっと見にくいですが、奥に見えるのが同じく後輪の変速を担う「リアディレイラー」。「Shimano Acera」って書いている部品です。

チェーンの長さ調整を行う「テンションプーリー」「ガイドプーリー」(車輪みたいなやつ)はチェーンに直結しているので、同様に汚れが付着します。またプーリー自体が削れているようで、よく見ると黒い塊みたいな汚れも付着しています。

この部品も汚れを放っておくと、変速やチェーンの回転に影響するので、綺麗に清掃していきます。

また、前輪側の変速部品である「フロントディレイラー」も同様にメンテナンスが必要です。後ほど写真を掲載します。

 

ギアクランク

thumb_IMG_3807_1024

 

スプロケットが後輪側ギアの歯車だということは前述しましたが、ギアクランクは前輪側ギアの歯車部品とペダル装着部を兼ねたパーツになっています。いわゆるアウター側のギアですね。

こちらもスプロケット同様、歯車の溝部分に泥等の汚れが溜まってしまうことが多いので清掃してあげなくてはなりません。

 

チェーン

thumb_IMG_3789_1024

 

お次は「チェーン」。一番汚れが付着してしまう箇所ですね。

自転車に乗っていると、どうしても道路上から跳ねた砂や汚れを巻き込んで、すぐに汚れていってしまいます。あんまり放っておくとペダルが極端に重くなってくるので、さっさと清掃しますよ。

また状態が酷いからといって、油をつけすぎると汚れが付着する原因となり余計に悪化します。初心者ほどやりがちなことですが(自分もやってたw)ほどほどにしておきましょう。

 

マウンテンバイクの駆動系メンテナンス

まずはチェーンのメンテナンスから!

thumb_IMG_3792_1024

 

というわけで、まずは汚れのひどい「チェーン」のメンテナンスをしていきます。

このまま取り付けてある状態で清掃してもいいのですが、一旦外したほうが清掃しやすいので、チェーンをバラします。

本来なら「チェーンカッター」で切る必要があるんですが、今回買ったチェーンは簡単に取りはずしの出来る「チェーンコネクター」がついていたので、そのまま外します。

 

thumb_IMG_3793_1024

 

汚れたチェーンを無事取り外すことが出来ました。チェーンコネクター付きの場合、部品が小さいので無くさないよう気をつけておきます。

 

thumb_IMG_3802_1024

 

間近で見ると、本当に汚いな・・・。

特にマウンテンバイクの場合は未舗装路で走ると、すぐに泥を巻き込んで汚れてしまいます。

軽くタオルで汚れを拭きとっても、油が付着しているので取れないんですよ。そこで!

 

thumb_IMG_3812_1024

 

こちらの、呉工業の「チェーンクリーナーを使用します!チェーン清掃専用のもので、強力に油汚れを落としてくれます。

大体吹き付ければどんな汚れでも落ちてしまうので、チェーン以外の箇所にも吹き付けてます。

 

thumb_IMG_3803_1024

 

チェーンクリーナー」を吹き付けたあと、さらにブラシで磨いてある程度綺麗になりました!

かなり頑固な汚れだったんですが、強力なクリーナーのおかげでなんとか綺麗に。これだけでも、かなり走破性能が向上します!

 

thumb_IMG_3811_1024

 

ただし、クリーナーだけだと油を強力に落としてしまうので、このまま走ると油不足でキュルキュルと異音がしてしまいます。

そこで、同じく呉工業の「スーパーチェーンルブ」という粘性の高いスプレーを使って潤滑性を向上させます。

これでさらに、スムーズにチェーンが動くようになりました。自転車のメンテナンスには、サビ防止の556しかり呉工業の製品を買っておけばOKって感じですね。よし、次だ次!

 

スプロケットの洗浄!

thumb_IMG_3794_1024

 

続いて、後輪部分のギア変更を担う「スプロケット」のメンテナンスに入ります。

こちらもバラさずに清掃出来るんですが、分解してしまったほうが隅まで汚れを落とせるので、分解することにします。

スプロケットを自転車から取り外すには、一度タイヤを外します。

 

thumb_IMG_3795_1024

 

次に専用の「スプロケット外し」を使って、取り外していきます。

慣れれば簡単に外せますが、最初はコツが分かるまで少し手こずりますので、ご注意を。

 

thumb_IMG_3787_1024

 

先ほどの、汚れていたスプロケットに「チェーンクリーナー」を吹き付けつつ、さらにブラシで磨いて泥を落としていきます。

 

thumb_IMG_3800_1024

 

作業中の写真を撮り忘れたのですが(笑)かなり綺麗に清掃することが出来ました。

スプロケットって表面は簡単に清掃出来るんですが、ギアとギアの間の溝に泥が溜まっちゃうんですよね。なので、そこを重点的にブラシで磨き、汚れを落としました。

スプロケットに異物が挟まっていると、ギアやチェーン自体を消耗する原因になってしまうので、しっかりと細かいところまで汚れを起こしておきます。

 

thumb_IMG_3804_1024

 

清掃出来たら、もう一度スプロケット外しを使ってタイヤに取り付けていきます。

さっきと比べたら、かなり綺麗になったぞ!これでよりスムーズに変速できるようになったはず。

 

リアディレイラーの清掃!

thumb_IMG_3790_1024

 

同じく後輪の変速を担う、リアディレイラーの清掃を行います。

歯車状の「テンションプーリー」「ガイドプーリー」にはチェーンから来た汚れやプーリー自体が削れて生まれた黒いカスがこびりついていて、これも変速性能に影響するのでちゃんと取り除きます。

 

thumb_IMG_3798_1024

 

ただチェーンクリーナーを吹き付けただけでは落ちなかったんですが、ブラシでこそげ落とすと綺麗に取れました。

かなり頑固な汚れだなー!

 

thumb_IMG_3797_1024

 

写真では見えづらいけど、無事に汚れを落とすことが出来ました。

ちなみに細かいところの汚れは、使い古した歯磨きでも落とすことができます。こういう時のために、自転車乗りは捨てずに歯磨きを取っておきましょう!

 

ギアクランク・フロントディレイラーの清掃!

thumb_IMG_3807_1024

 

先ほどと同じ写真ですが・・・。

最後に、前輪部分の「ギアクランク」「フロントディレイラー」の清掃をしていきます。

ギアクランクも直接チェーンと接して汚れやすい部品ですが、こちらは分解するのが面倒なため上から直接清掃してしまいます。ギアにクリーナーを吹き付けて、ブラシで磨けばOK!

 

thumb_IMG_3808_1024

 

最後に、同じく前輪部のギア変更を担うフロントディレイラーの清掃もしておきます。

こちらはリアディレイラーと比べてさほど汚れないのですが、念のためクリーナーとブラシで清掃します。

チェーンと接する部分(銀ピカの部分)よりも、ディレイラーの根本にある可動部分(実際に手で動かせばわかる)を重点的に清掃したほうが、よりスムーズに変速をこなせるのでいいと思います。

とりあえず、これで駆動系のメンテナンスは終わりです!

 

MTBのメンテナンス、無事終了!

thumb_IMG_3820_1024

 

というわけで、以上マウンテンバイクのメンテナンスを無事に終了させることが出来ました!

記事ではさらさらと簡潔に紹介していますが、自分自身取ってつけたような知識しかなく、かなり試行錯誤しながらメンテナンスを進めました。

そもそも最初の時点ではどこをメンテナンスすればいいのか、どんな道具を揃えなければいけないのかすらわかりませんでしたし。

 

その他にもメンテナンスすべき箇所はたくさんあるんですが、それらは別記事で紹介していくことにしましょう。

難しいメンテナンスにチャレンジしてみるのもいいですが、まず今回紹介した駆動系(チェーン周辺)からチャレンジしてみることをオススメします。

最後に、メンテナンス後の自転車の写真を載せておきます。

 

thumb_IMG_3813_1024 thumb_IMG_3814_1024 thumb_IMG_3815_1024 thumb_IMG_3818_1024 thumb_IMG_3819_1024

 

特にスプロケットとチェーンの変化がわかりやすいですね!当初、黒い塊と化していた状態と比べて銀色に輝いています。素晴らしいですね。

2000km弱走るとこれほど汚れますし、特にMTBで未舗装路を走る場合は予想以上に汚れることになると思うので、早めのメンテナンスをオススメします。

定期的に、かつ早めにメンテナンスしておくだけで、かなり寿命も伸びると思いますしね。

 

というわけで、以上「初心者がMTBをメンテナンスしてみた」でした!

 

自転車メンテナンスにオススメのグッズ

MTBメンテナンスマニュアル

 

マウンテンバイクのメンテナンスに必要なことが一冊に詰まっています。

きちんと体系的にメンテナンス方法を学びたい方はどうぞ!少々お高いですが、一冊手元にあるといざという時心強いです。

 

自転車オールメンテナンスセット

 

このオールメンテナンスセットさえあれば、今回記事内で紹介したほぼ全てのメンテナンスを行う事ができます!

僕が紹介した商品とは異なりますが、ブラシ等も付いているのですぐにメンテナンスに取り掛かりたい方にはオススメです。

スプロケット・チェーンの取り外しには専用の工具が必要になります。 

 

自転車メンテナンス用ツールボックス

 

この記事を作ってから自転車の中でも複雑な箇所をメンテナンスし続けているんですが、分解するだけで専用の道具が必要になるケースが非常に多い!

そのたびに道具を追加していってるんですが、結局自転車を丸々メンテナンスしたいのであれば、全ての道具をセットで買ってしまえばいいことに気が付きました。もう遅いですけどね。

せいぜい5千円程度で購入出来るので、「自分の自転車は自分でメンテナンスしてみせる!」という人はセットで買ってしまうことをオススメします。

 

ディスプレイスタンド

 

自転車のメンテナンス時にディスプレイスタンドがあると、自転車を立てた状態で維持することが出来るので楽になります。

また不意の転倒による故障も避けることが出来ます。今回の自転車には「センタースタンド」という自立式のスタンドが付いていたので不要でしたが、ない人は持っておいたほうがいいです。

 

 icon-caret-square-o-right 自転車旅でセンタースタンドを付けたほうがいい理由とおすすめ製品について

 

自転車用多目的ツール

レンチ類の道具がない方はこちらをどうぞ。

自転車専用のツールで、これ一本でレンチ・ドライバー・タイヤレバー・チェーンカッターまで付属しています!

コンパクトなので、持ち運ぶ工具としても優秀かと。おすすめです!

 

その他のマウンテンバイク修理記事

今回の基本的なメンテナンス以外にも、あらゆる箇所のメンテナンスも進めています。

もし余裕のある方は、他にも色々な箇所を分解・オーバーホールしてみましょう!自分で自転車をメンテナンスできると一々自転車屋に持って行かなくてもよいし、人を助けることも出来るのでいいですよ。

 

タイヤハブのメンテナンス

f:id:yonesuke7:20160202194304j:plain

 icon-caret-square-o-right 初心者がMTBの「前後ハブ」をオーバーホールしてみた!【FORMULA DISC 32H】

 

タイヤの「ハブ」をメンテナンスしてみました。いわば車軸のようなもので、メンテナンスすることでタイヤの回転をスムーズにすることができます。

ハブのメンテナンスは道具さえ揃えれば、それほど難しくありません!

 

ディスクブレーキパッド交換

thumb_IMG_0205_1024

 icon-caret-square-o-right MTBの機械式ディスクブレーキのパッドを交換してみた!【TEKTRO DISC PADS】

 

自転車には「Vブレーキ」や「カンチブレーキ」といった様々なブレーキ方式があるんですが、そのなかでもバイクや車でも採用されている「ディスクブレーキ」のパッド交換してみました。

制動性が高い代わりに複雑な機構になっているんですが、思ったよりもめちゃくちゃ簡単にパッド交換ができました!

専用の道具も必要ないし、ディスクブレーキを使っている人は必見です。

 

駆動系部品の分解・新品取り付け

 icon-caret-square-o-right 初心者がマウンテンバイクの駆動系部品を修理・交換してみた!【スプロケ・BB・ギアクランク・ディレイラー】

 icon-caret-square-o-right 初心者がMTBの「スプロケ・BB・ギアクランク・ペダル」の取り付け作業をしてみた!

 

今回メンテナンスしたマウンテンバイクの駆動系部品を取り外し、新品の部品に交換する作業をしたものです。

メンテナンスだけならまだ楽なもんですが、部品交換となると大変でした。(笑)でも明らかに性能向上したし、より優秀なパーツも組み込めたので良かったです。

勇気がでたら、ぜひ駆動系の部品交換にもチャレンジしてほしいですー!

 

サスペンションの分解・メンテナンス

thumb_IMG_0402_1024

 icon-caret-square-o-right MTBのサスペンションを分解・オーバーホールしてみた!

 

いよいよ、マウンテンバイクの一番の特徴である「サスペンション」の分解・メンテナンス作業です!

初心者には実に難しい作業ですが、意外と専用の修理パーツさえ集めれば簡単だったかも。

安物の自転車の場合、放っておくと雨水が侵入して腐食し、最悪の場合走っているときに折れてしまう可能性もあります。ぜひ挑戦してみて欲しいです!