会社を退職し「無職」になって旅に出る人の不安と、再就職について。

PAK93_heyanosumidetaikuzuwari20140322_TP_V

 

どうも、絶賛自転車日本一周中のよねすけ(@yonesukez)です。

もう1年ほど旅を続けている僕ですが、現在の肩書きは「無職」です。実家で暮らしているので、正式には「住所不定」ではありませんが、肩書きはないに等しいです。

僕は元々肩書きにはこだわらない人間なので構いませんが、現在会社員の人が退職して旅をするとなると、相当な覚悟が必要でしょう。今日はその辺の事情を書いてみたいと思います。

 

旅人になるということは、「安定」を捨てるということ

PAK93_heyanosumidetaikuzuwari20140322_TP_V

 

旅は、誰でも憧れるものです。自分の回りが旅好きだからかもしれませんが、少なくとも空想する余裕のある人で「旅に行きたくない」という人はそれほどいないと思います。あるとすれば、面倒くさいとか、現在の立場を離れたくないとか、そんな理由でしょう。

旅をするということは、つまり「安定」を手放すということです。現在の立場や仕事を手放して、「不安定」な環境に自ら飛び込むということです。

日本の就職は新卒採用か、もしくは実力のある人を中途採用する以外はアルバイトや派遣しか選択肢がないことが多いので、退職するときにかなりの恐怖を感じると思います。特に日本一周では20代後半〜30代前半の層が一番多いんですが、相当な勇気を持って行動されたのではと想像します。

 

多くの人が、働き続けて家庭を持って行くなかで、一人会社を退職して旅をする。もしくは、周囲が「就職熱」に湧くなかで一人大学を休学するなりして、旅に出る。

旅の最中に迷うこともあるかもしれません。「回りは安定しているのに、一体自分は何をしているんだろう」と何回も自省することになるでしょう。

それでも、今にも行動しそうなくらい行こうか迷っているのなら、いっそのこと肩書きや仕事を手放して行動してしまいまししょう。これまで多くの旅人がそうやって行動しているんだから、大丈夫です。

 

旅に出発する前に、次の進路を考えておくのもあり

OOK86_kianu15162908_TP_V

 

旅に出るということは、安定を捨てるということ。たぶん多くの人が、あまり先のことを考えずに「エイヤッ」と行動したと思うんですが、最初から旅の後の進路を考えておくのももちろんアリです。多少なりとも、不安が解消されるはず。

次の就職先を確保しておくのもいいし、応募は出来なくともリストアップしておきましょう。旅の再就職先は色々ありますが、個人的には旅人出身の人が多い「地域おこし協力隊」がオススメです。

大学休学組はまだ就職できるかもしれませんが、途中で会社を退職した30代前後の人は何か特別な能力のない限り、再就職は難しいと思います。また、旅をして地方に魅せられたという人も多いはず。

 

地域おこし協力隊制度は3年間の任期があり、生活出来る程度の資金を得ることが出来ます。つまり、お金をもらいながら3年間の猶予が出来るんです。その間に仕事をこなして、自分で仕事を持つ準備が出来るはず。

特に日本一周なら、旅をするうちに地域おこし協力隊員の人に会う、という状況も出てくると思います。再就職先に悩んでいる人は、地域おこし協力隊という選択肢を考えてみてもいいのではないでしょうか。

 

参考記事:旅の再就職先として「地域おこし協力隊」という選択肢はありなのか?

 

おわりに

旅をするということは、自ら不安定になること。別に不安定なのが悪いことではなくて、むしろ人間に「安定」などないことが旅をするうちに分かってくるんですが、それでも不安を覚えると思います。

そういうときに、「これ!」と次の進路のことを具体的に考えておくだけで、ある程度不安を解消することができると思うし、また行動の指針にもなります。その中でも、個人的には地域おこし協力隊が面白いと思っています。

旅人から隊員になったという人は何人もいるので、興味を持ったらぜひ話を聞いてみてください。面白いですよ!

 

それでは!