【臨時追加】読むと自転車旅行に出たくなる本!オススメの旅本9選を紹介

5110CCAPFpL._SX344_BO1,204,203,200_

 

旅の本を読むと、無性に全てを投げ出して旅に出たくなりますよね。

この世にはたくさんの旅本が出版されていますが、それらの本を読んだことをキッカケにして日本一周や世界一周に出発した、という人も少なくないはず。

今回は、「自転車で旅する本」に特化して読むと思わず旅に出たくなる本を紹介します。うおー!旅中に読むとなおさらワクワクするぞー!

 

行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅

自転車旅本の定番中の定番!自転車で日本一周や世界一周をする、という人なら誰でも読んだことのある本だと思います。

著者が最初アラスカから出発するとき、大量の荷物を積んだ自転車を漕いですぐ「本当にこれで世界一周出来るのか・・・?」というシーンが日本一周でもあるある過ぎて吹いたw

読むと絶対に自転車に乗って旅に出たくなるので、現在大切な仕事や家庭がある方は注意。(笑)

 

いちばん危険なトイレといちばんの星空―世界9万5000km自転車ひとり旅

「行かずに死ねるか!」の著者石田ゆうすけさんの自転車世界一周旅続編の本!

前者は世界一周のスケール感とか旅そのものを切り取っているのに対し、こちらの本はどこの国飯が一番美味かったとか、美人が多いのはどんな国かなど参考になる情報がふんだんに詰め込まれています。

石田ワールドにハマったら、こっちの本も読んでみましょう。世界一周するなら特に参考にもなるはず!

 

大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!

再び石田さんの世界一周本第三作!(笑)こちらはタイトルの通り自転車に関するエピソードがたくさん収録されていて、自転車の選び方、道具の選び方、など非常に参考になります。

これから自転車での日本一周・世界一周を考えているなら、勝手おいて損はなし!

 

88ヶ国ふたり乗り自転車旅 北米・オセアニア・南米・アフリカ・欧州篇

自転車が好きな夫と特に興味もなかった妻が、なんと10年間も一緒に世界一周しちゃった、という話。

日本ではまず見かけることのない、タンデムという全長の長い二人乗りの自転車に乗って世界一周しちゃいます。とにかく凄いの一言。

「世界一周するのに自転車の知識やスポーツの経験は必要かって?全然そんなことないよ!特に経験もなかった妻と一緒に世界一周しちゃったし!」というエピソードが強烈に印象に残ったなぁ。

 

53歳が往く ユーラシア横断自転車の旅

53歳になった著者が、ユーラシア大陸を横断する!よく旅をしていると「若いうちしかできないよね」なんて言葉を聞きますが、全然そんなことない!

思わず読むと勇気づけられもする本。特に旅の最中に読みながら楽しみたい感じ。出版社のコメントで「突然連絡が取れなくなったと思ったら地球を半周してました(泣」とあったのはシュールすぎて吹いたw

 

旅、ときどき晴れ。:日本一周自転車ひとり旅

旅本にしては珍しく、自転車日本一周した著者がKindleで自主出版した本になります。

日本一周の本自体少ないので、貴重ですよね!著者は旅をしながらブログでも情報発信していましたが、こちらの本は自転車旅のノウハウが掲載されていない代わりに、旅の最中で思ったことなどが掲載されています

日本一周出発前の旅人が読むとかなりワクワクすると思います。また旅の後に自主出版(KDP)を考えている方にとっても参考になるかと思うので、オススメです!

 

おわりに

というわけで以上、自転車で旅する本をいくつか紹介してみました!

「自転車で旅をする」というテーマに絞ると、あんまり数がなくなっちゃうんですが、読んだ順番から臨時更新していきますね。

これらの本を読んで、自転車で旅しちゃいましょう。それでは!

 

旅先で電子機器を使って本を読もう!

旅の最中に読書するなら、電子機器(Kindle)がオススメ!テントの中でも本が読めます。

 

thumb_IMG_6952_1024

 

参考記事:旅人が電子書籍「Kindle Paperwhite」を購入すべき4つの理由を紹介する。

スポンサードリンク