【海釣り】ファミリーで堤防釣りするなら「ちょい投げ」がオススメ!釣り道具・魚種を解説。

pl-2014201625399

 

「せっかく親子で釣りに行ける休日!子どもと一緒に海にでも行って、美味しい魚を釣って帰りたい!」

「でも、ちゃんと魚が釣れてくれるかどうか、不安・・・。」

 

魚釣りってその時の潮回りや天候によって釣れるかどうかが決まるし、思ったよりも結果が出なかったりして、難しいんですよねー。

そこで!ファミリーで堤防釣りするなら、ほぼ確実に何らかの魚が釣れ、かつ小さくても美味しい魚がバンバン釣れる「ちょい投げ」が一番オススメです。

今回は、ちょい投げ釣りで釣れる魚種や必要な釣り道具について書いていきたいと思います。

 

堤防で五目釣り!ちょい投げ釣りの魅力って?

IMG_0771

 

釣りに来たけど、全然本命が釣れない!というときに「じゃあ、ちょい投げでもするか!」と仕掛けを竿に付けて、文字通り「ちょい投げ」します。

餌も一般的な「アオイソメ」「石ゴカイ」で十分だし、それすらなければ「ガルプサンドワーム」という虫餌そっくりなワームでもOK。

ちょい投げをしてしばらくすると、竿先がプルプルと震えて、食べて美味しい魚がヒットします!

もちろんフグだけ釣れるときもありますが(笑)季節と場所を選べば、天ぷらサイズの魚が何十匹、何百匹と釣れることも。

 

thumb_IMG_0615_1024

 

子ども連れの時って、「とりあえずなんか釣らせたい」と思うじゃないですか。かつ、自分も釣りたい。ボウズだけは避けたい。奥さんに合わせる顔がなくなるのだけは避けたい。(笑)

例えば、ファミリーフィッシングでは定番の「サビキ釣り」をする場合でも、その横で適当に竿を出して「ちょい投げ」をしておけばいいんです。釣れますから。

堤防からのちょい投げ釣りは外れることが少ないうえ、釣れないときの保険としても使えるんですね!絶対に家におかずを持って帰りたい場合は、覚えておいて損はないですよ!

 

ちょい投げ釣りで釣れる魚は?

pl-2014201625399

 

季節によるんですが、シーズン中の春〜秋なら美味しい「キス」「ハゼ」「コチ」や、煮付けにすると美味しい「カサゴ」「メバル」などが釣れます。

ちょい投げは小物釣りだけではないので、大きいチヌやスズキ、タイが掛かることもあります。いきなり竿がとんでもなく曲がるのでビックリするんですが、上手くすれば取り込めます。

あとは「アナゴ」「ベラ」「カワハギ」「タコ」「アイナメ」「クロダイ」「キビレ」「スズキ」などなど…。他にもあるんですが、思い出せません。(笑)

そう、ちょい投げ釣りって色々な魚種が釣れるうえ、「何が掛かるか分からない」というドキドキ感も味わえるんですねー!こんなお手軽かつゲーム性を楽しめる釣り方はないと思います。

 

ちょい投げ釣りができる季節は?

img_5751

 

基本的に、1年中ちょい投げ釣りで魚を釣ることが出来ます!

ただし、時期・季節によって釣れる魚が変わってくるので、「釣りたい魚に合わせて時期を変える!」といたことも可能です。

参考までに、それぞれの季節に合わせて釣れる魚をまとめておきますね。

 

春・・・カレイ、メバル、カサゴ、クロダイ、キビレ、アイナメ

夏・・・キス、ハゼ、スズキ、クロダイ、キビレ、ベラ、コチ、タコ、アジ

秋・・・キス、ハゼ、スズキ、カレイ、ベラ、カワハギ、コチ、アジ

冬・・・カレイ、メバル、カサゴ、アナゴ、アイナメ

 

ちょい投げ釣りで必要な釣具は?

thumb_IMG_2155_1024

 

ちょい投げは安価な道具で釣りをすることが出来ます。だからこそ初心者には魅力的な釣り方なんですが、何回か釣りに行きたいなら「それなり」のレベルのものを買うことをオススメします。

それなりと言ってもせいぜい竿とリールで15,000円程度のものですが、中には竿とリールで2,000円で売っているものもありますよね。

釣りそのものは楽しめるものの、根掛かりしたときや大物が掛かったときに折れてしまいやすいので、ぜひ有名メーカーの製品を買うことをおすすめします。

ここでは、ファミリーのニーズに合わせた4種類の道具を紹介します!

 

格安の値段で簡単に釣りができるセット!

 

出来るだけ安く費用を抑えたい人には、上記の釣り竿とリールセットがオススメです!

ぶっちゃけちょい投げ釣りならこのセットでも十分釣りができるし、また竿の長さも2.1mと短めなので子どもでも扱いやすいと思います。ネットショップでも高評価です。

あまりに重いオモリでなければ、サビキ釣りなど他の餌釣りにも応用が効きます。「とりあえず、初めて釣りをしてみる」という人にはこのセットがいいかと!

 

ちょい投げとルアー釣りも一緒にできる釣具セット!

 

こちらの釣具は竿が短め・柔らかめなので、軽めのオモリを使わねばなりませんが、このセットならルアー釣りまで対応できます!

ルアー釣りって20m程度は飛ばさないといけないので、野暮な釣具セットじゃ難しいんですよ。ルアー釣りをするなら釣り糸をもう少し細めにしたほうがいいですね。

ちょい投げ釣りは待つ釣りなので、しばらく釣れないと子どもが飽きてしまうかもしれません。ルアー釣りの場合なら基本的には投げ続けるので、飽きにくいかと思います。

 

大物も視野に入れた有名メーカー釣具セット!

 

ちょい投げの”ド”定番釣具!竿自体も安価ながら非常に品質のいいもので、ある程度軽いので子どもでも取り回しやすいと思います。

また竿の耐久性が高く、少々重めのオモリでも飛ばすことが出来ます。サビキ釣りにも応用できるし、万が一大物が掛かっても岸に寄せられるくらいしっかりしてます。

予算が豊富にあるなら、この釣具を中心に揃えたいですね!

 

本格的に投げ釣りが出来る釣具セット!

 

「ちょい投げ」に留まらず、もっと飛距離が欲しい!遠くの魚も狙ってみたい!という人向けの釣具セット。

本格的な投げ釣りでは150mぐらい仕掛けを飛ばしちゃいますが、こちらの釣具でも70mぐらいは飛ばせます。

普通のちょい投げがせいぜい10m〜30mくらいですから、このセットを使うと普通なら釣りにくいカレイや大型のスズキ・タイ・アナゴなんかも釣れちゃいます。

「ガッハッハ!!!お父さんはこんな大きい魚も釣れるんだぞー!」アピールしたい人には欠かせない・・・かも?

 

ちょい投げ釣りのおすすめの仕掛けは?

 

ちょい投げ釣りでは、主に「投げ釣り」用の簡単な仕掛けを使います。投げ釣りとは、重いオモリを遠くまで飛ばしてカレイなどの魚を狙う釣り方です。ちょい投げはその簡単バージョンですね。

最初はオモリの選定などが難しいと思うので、最初はオモリ付きの仕掛けを買ったらいいかと思います。

この仕掛けは8号なので、竿とリールセットの釣具なら使うことが出来ます。

 

 

もちろん、オモリなしの仕掛けもあります。

ルアーロッドならオモリは3号〜5号くらいがいいかもです!

 

 

あと「ボウズのがれ」という変わった仕掛けもあります。これはオモリが重めなので竿を選びますが、通常のちょい投げ用の仕掛けはオモリの先に針が付いているので、底付近の魚しか狙えません。

が、この仕掛けはオモリの前にウキと針が付いているので、中層・底層の両方にいる魚を釣ることが出来ます!一度に全然違う二種類の魚を狙うことが出来るんですね。

すでに紹介した「ある程度ちゃんしたセット」と「ちょっと本格的投げたいセット」なら問題なく利用できます!1個持っておくと面白いですよ。

 

ちょい投げ釣りで使用する餌は?

続いてちょい投げで使用する餌ですが、冒頭でも紹介した通りどんな魚にも通用する「アオイソメ」「石ゴカイ」で十分です。

1日家族で釣りをするなら、1,000円分〜2,000円分買っておけば、バカみたいに釣れなければ大丈夫でしょう^^;

 

 

変わり種としては、こちらのワームでも釣ることができます。

釣りで使う虫餌そっくりのワームで、見た目が激似なうえに「よっちゃんイカ」の臭いがします。お父さん世代ならわかってくれるはず・・・。

ただ虫餌じゃないので、誘いは必要です。でも案外釣れるので、万が一釣りエサが切れた時の予備として持っておいても損はないですね。

 

一緒に持っていくと便利な釣り道具

次に、ちょい投げ釣りで堤防に持っていくと便利な道具を紹介します!

 

 

魚を持って帰るなら、必須のクーラーボックス!

小型のサイズなので、持ち運びしやすく価格もリーズナブルです。魚釣りには1個持っておくと、何かと使えて便利ですよー!

 

 

こちらも釣りには欠かせない、水くみバケツ。手を洗ったり、釣った魚を生かしておくことも出来ます。

釣れた魚を眺めるのも、なかなか楽しいものです。特に子どもには喜んでもらえるはず。

 

 

魚を安全に掴めるグリップ、「ワニグリップ」!

これがあれば手を汚さずにすむのと、安全に針外しが出来ます。魚は釣れたときにやたらとピチピチ跳ねるので、あると便利!

 

 

魚をグリップで挟んでも、ガッチリ掛かってしまっているとくは手で外すのは難しい。

100均のプライヤーはすぐに錆びるので、専用のステンレスプライヤーがあると長く使えます!

 

どういうポイントでちょい投げしたらいい?

thumb_IMG_2157_1024

 

最後にちょい投げのオススメポイントですが、基本的にどこでも釣れます。(笑)

よほど釣れないポイントでない限り、ちょい投げをすれば何かしらの魚は釣れます。本来は海釣り用の釣り方ですが、川や池で投げても釣れるはず。(笑)

オススメポイントは小さい堤防・砂浜ですね!岩や海藻が多い所だと根掛かりしやすいので、初心者には厳しいと思います。

 

img_5744

 

砂浜ならキスやカレイが釣れますし、砂浜と堤防が隣接している場所なら同時で岸壁釣りやサビキ釣りも出来ます。

というわけで、個人的には「堤防と砂浜が隣接しているポイント」がオススメですね!休日なら人も多いでしょうが、早めに行ってポイントを確保しておきましょう。

 

おわりに

というわけで、以上「ファミリーで釣りするならちょい投げがオススメな理由」を紹介してみました!

せっかくの休日、気持ちよく過ごしたいものです。せっかくなら釣りに出掛けて、美味しい魚を釣って帰りましょう!ちょい投げで釣れる魚は基本美味しいです!

ぜひ、釣りをするにあたってこの情報を参考にしてくれたら嬉しいです。それでは!

 

スポンサードリンク