初めての海釣りにおすすめ!1本で色々使える万能竿の特徴と選び方

 

これから海釣りを始めたい!という人はまず釣りに使う道具を集める必要がありますが、特に重要となるのが竿選び。最近の釣りは対象魚種・ 釣り方によって細分化されていて、 魚種専用竿も販売されているほど。

魚釣りを全くしたことのない人にはハードルが高いですが、この竿さえ持っておけば色々な釣りに使える!という「万能竿」もあるので、入門にはこちらを購入することをおすすめします。

今回は海釣り初心者に特におすすめしたい「万能竿」の特徴と選び方について紹介していきます!予算ごとに 使える竿を揃えたので、価格を抑えたい人も必見ですよ!

 

1本で色々な釣りに使える万能竿のススメ

冒頭でも紹介したとおり、釣りには様々な魚種・釣り方ができるよう用途によって細分化されていて、例えば小物用釣り竿では遠投用の重い鉛を投げることができません。

初めての1本として万能竿の購入をおすすめしますが、あくまで万能的に使える竿をそう呼んでいるだけなので、ある程度釣りたい魚種に合わせて竿を選ぶ必要があります。

ただ、ある程度カテゴリが分かれているので、ザックリと狙いたい魚種が決まればおのずと選ぶべき竿も決まってきます。それぞれに対応する竿の種類を簡単に紹介していきます。

 

サビキ釣り・浮き釣りで使える「磯竿」

 

サビキ釣り・ウキ釣りなどアジ・イワシ・サバ等の小物釣りに使える竿の代表格が「磯竿」。用途によって様々な硬さ・長さが用意されていて、 1〜5号、3m〜6mといった硬さ・長さから選ぶことができます。

3号・ 5m程度が最も万能的に使うことができ、サビキ釣り・ウキ釣りはもちろんのこと、ちょい投げ釣り・カゴ釣り・大物を狙う飲ませ釣りなど幅広い用途で使用できるので初心者にはピッタリ!

入門用の竿であれば5000円〜10000円程度で購入することができます。最初に磯竿を購入しておけば、今後色々な釣りに挑戦するとしても購入する竿の本数を減らすことができるので、節約したい人にもおすすめ。

 

投げ釣りに使える「投げ竿・硬めの磯竿」

 

磯竿は竿の構造上、非常に柔らかく重い鉛を背負うことができません。砂浜・堤防からキス・カレイ等の魚を狙う「投げ釣り」は遠投するためにある程度重い鉛を必要とするので、専用の竿を購入する必要があります。

本格的な投げ釣り用の竿は最大で120g(30号程度)の鉛をフル遠投することができますが、初心者のうちはそれほど硬い竿は必要なし!最初は気軽に狙える「ちょい投げ用の竿」を購入すればOK。

堤防のすぐ近くで魚が狙えるようなポイントなら、硬めの磯竿でも対応できます。

 

ルアー釣りに使える「ルアーロッド」

 

エサ釣りは仕掛けを放り込んでしばらく待つ釣りが大半ですが、ルアー(疑似餌)を使う場合は魚を騙すために常に動かす必要があるので、何度も何度も投げては巻き・・・を繰り返します。

軽いルアーを遠投できるかどうかで釣果が大きく変わることも多く、高品質なパーツが多く使われている分価格は高くなりがち。エサ釣りで使われる竿より扱いやすいものが多いので、力のない子どもでも釣りができます。

エサ釣り用の竿でも使えなくはありませんが、無理やり釣りをする形になるので専用品を購入したほうが無難。

投げるルアーのサイズによって必要な機能が変わってきますが、幅広く狙うなら小物釣りに向いた「メバリング用」の竿か、スズキ・青物など大物かつレアな魚が狙える「シーバスロッド」どちらかを購入するのがおすすめ。

 

▼ルアー釣り用ロッドの基礎知識はこちら

 

これさえあれば釣りできる!万能竿のおすすめ製品

磯竿・サビキ竿

SHIMANO ホリデー磯 R

 

初めて釣りに挑戦するなら、ホリデー磯がピッタリ!釣具屋で売っているような激安の竿と比べると価格は上がりますが、安い竿は耐久性に欠けるグラス素材の割合が多く、ちょっとした衝撃で折れることがあります。

6〜7000円台の竿になると、軽量&高耐久のカーボン素材の割合が高くなり、仮に大物を釣り上げたとしても簡単に折れることはありません。ホリデー磯のカーボン含有率は91%です。

ホリデー磯の2号を一本持っておけば、サビキ釣り・ウキ釣りはもちろんちょい投げなど幅広い釣りに使うことができて便利。性能にしては価格が安く、コストパフォーマンスが高いのが特徴。

 

SHIMANO ランドメイト磯

 

大物釣りなど本格的な釣りも楽しみたいなら、上級クラスのランドメイト磯がピッタリ。1万円前後と価格は上がりますが、耐久性が高く大物を掛けても折れる心配が少ないのが特徴!

全体の作りもよく、特に軽量性が高い&糸を通すガイドの質が高いのが個人的なお気に入りポイント。エサ釣りではもっぱらこのロッドを使っていますが、ストレスなく釣りができます。

安物竿だと勝手にパーツ(ガイド)がクルクル回ったり、糸絡みがキッカケで破損するなんてケースがザラにあるんですが、雑に扱っている割には今のところ破損する心配が一切ないので助かっています。

 

ちょい投げ用竿

シマノ ホリデーショートスピン

 

ちょい投げ釣り、それも20号程度の重めの鉛を使った投げ釣りには「リバティクラブ サーフ」を使えば遠投可能に!グラス製の多い安物竿を投げ釣りに使うと、竿がしなりすぎて遠投できず釣りになりません。

どれだけ遠投できるか・・・が投げ釣りでは重要になってくるので、磯竿よりも高品質な竿を使う必要があります。それでいてこの竿は7000円前後と安いながら耐久性が高く、思い切り投げても折れません。

置き竿が多い釣りなので、たいていは2本〜3本ほど用意しなければならずお金がかかるんですが、この価格帯であれば複数本揃えてもそれほど痛手にはなりません。中級者にもおすすめできる1本ですね。

 

ルアー釣り竿

Daiwa 月下美人

 

ルアーでアジ・メバルなど小物を狙うなら、専用ロッドである「月下美人」ブランドの竿で!このクラスなら繊細なアタリを捉えながらある程度の大物まで対応できます。

ルアー釣りこそ竿の価格がピンキリで、最高クラスのロッドは7〜10万円ほどします。ただ初心者が狙う分には月下美人クラスのロッドで十分。

メバリングは非常に繊細な釣りで、ときに0.9g程度のルアーを使うので安物すぎると何をやっているかわかりません。少なくとも5000円以上の竿を購入すればある程度快適に釣りができます。

 

SHIMANO ソルティーアドバンス

 

初めてルアー釣りに挑戦するなら小物釣りがおすすめですが、ロマンを求めるならシーバスロッドを購入しましょう。価格は1万円程度になりますが、ソルティーアドバンス1本あればスズキから青物まで対応可能!

価格のわりにはかなり高性能な竿で、当ブログでも猛烈にプッシュしています。本来の用途であるシーバス狙いもいいですが、秋から本格シーズン入りする青物釣り用のロッドとして特におすすめです。

回遊さえあれば誰でも釣れるチャンスがあり、うまくタイミングがあえば80cm程度のブリを釣り上げることも可能。ある程度周到な準備は必要ですが、ロマンを追い求めるならぜひ挑戦してほしいです。

 

▼堤防からルアーで青物を狙う「ライトショアジギング釣法」の解説はこちら

ライトショアジギング入門!初心者のためのタックル・釣り方徹底解説

2017.11.07

 

おわりに

というわけで、以上「海釣り初心者におすすめの万能竿の特徴とおすすめ製品」について解説してみました!用途に合わせてそれぞれの竿を購入すれば、長く釣りを楽しむことができますよ。

ちなみに竿を購入する場所についてですが、購入前に竿の調子などを見たい場合は実店舗で、なるべく価格を抑えたい場合はネット購入をおすすめします。

1万円以下の竿であれば、だいたいネットの口コミを見れば使える竿かどうかわかります。初心者用の安いロッドを購入する場合、実店舗より1割〜2割価格の安いネット購入がおすすめです。

 

それでは!

 

▼海釣りの基本と魚種ごとの釣り方については下記の記事を参照してください。

【初心者向け】初めての海釣り入門講座!堤防から釣れる魚種と釣り方を紹介

2017.02.10

スポンサードリンク