簡単にタチウオが爆釣!?ワインド釣法のコツとタックルについて【釣り方解説】

 

夏〜秋口はタチウオの絶好シーズン!釣り場に行くとウキ釣りをしているおっちゃんの隣で、若者が猛烈に竿をシャクっている光景を良くみます。

「一体なんだ!?イカでも釣ってるのか!?」と最初は思うんですが、あれはタチウオには効果抜群の「ワインド釣法」というもので、その名の通りワームをダートさせて強制的に誘う釣りなんですよ!

今回は「ワインド釣法ってなんだ?」「どうやって釣ればいいの?コツは?」という人のために、タチウオのワインド釣法について解説してみます!

 

なぜタチウオにワインド釣法が有効なのか?

衝撃的なワインド釣法

img_1895

 

ワインド釣法とは、前述したとおりワームをエギングのようにシャクることによって、魚のスイッチを入れて思い切り誘いながら食わせる釣り方です。

最近では当たり前のように受け入れられてますが、流行りだした当時は衝撃的でしたね!タチウオに関しては特に、これまでの釣り方がガラッと変わったわけですからね。

いまや、タチウオ狙いのルアーマンはほとんどがワインド釣法を使って大量のタチウオを釣り上げています。

 

タチウオの習性にドハマリした釣り方

dsc00984

 

タチウオは明るいうちは沖の深場にいて、暗くなるとエサを捕食しに浅場へとやって来ます。

暗いうちの誘い方として、

  • 光るケミホタル系のルアーで視認させる
  • 臭いで寄せるか
  • 波動でアピールする

の3択の釣り方が考えられます。

低活性時にはあまり動かないので、止まってじっくり釣るようなウキ釣りが効果的です。あまり反応がないタチウオでも、ゆっくり食い込ますことができます。

ワインド釣法が一番威力を発揮するのは、朝マズメ・夕マズメの高活性時。ワインドはワームをダートさせるわけなので、そこらのルアーとは段違いの波動を出してアピールすることができます!

 

thumb_IMG_0430_1024

 

タチウオは夜間にじっくり釣れることもありますが、基本的には朝・夕のマズメに一気に釣れて、その後はぱったりアタリがなくなってしまうことが多いです。

ワインド釣法は、その一瞬のチャンスを逃さず捉えることができます!時合が全ての状況において、ワインド重宝は一瞬の隙間も逃さず手返しよく釣り続けられるわけです。

ワインドの仕掛けを使えば、高活性時であれば初心者でも大量のタチウオを釣りあげる事ができます。陸っぱりでは、現状最強の釣り方ですね!

 

ワインド釣法でタチウオを釣るコツ

タチウオ釣りでは”タナ”を意識する

 

続いてワインド釣法でタチウオを釣るコツですが、基本は投げて沈ませてシャクるだけ!以上です!(笑)

いや・・・ウソじゃないですよ。(笑)本当、これだけで釣れますもん。ウソだと思うなら一回やってみてください。

ただし!「タチウオがいるタナ(層)」を意識して釣らないと、何も釣れません。魚がいない場所を探っても意味がないですからね。

 

タチウオは状況によって、表層にいたり底付近にいたりとバラバラなことが多いです。まずは釣れる「タナ」を探さないといけません。

ワームをキャストしたあと、「1秒・・・2秒・・・」と数えながら着底するまでの時間を計算することで、おおよそ底までのタナを測ることができます。

例えば底まで30秒かかったのであれば、表層付近はカウント10秒まで、中層は20秒までと「今自分が狙っているタナ」を常に意識しながら釣りをするのが数を伸ばすコツ。

 

 

もし特定の層でアタリがあれば、そのタナにタチウオが回遊している証拠!基本的に群れで回遊しているので、一度釣れるとバタバタと何匹も釣れ続くことが多いです。

ただし、タチウオのタナは頻繁に変動します。なので、常に「どのタナにタチウオがいるのか」を意識しながら釣りをすることが重要です。

 

ワームにアシストフックは必須!

thumb_IMG_0514_1024

 

ワインドの仕掛けに「アシストフック」を付けることも欠かせてはいけません。

タチウオってエサを捕食するのが下手くそなので、「アタリが来た!」と思って合わせてもバレてしまうことが頻繁にあります。ミスバイトを避ける装置としてアシストフックが役に立ちます。

実際、タチウオが掛かってもアシストフックにしか掛かってないケースがほとんど。値段的にも安く売られているので、必ず付けましょう。

 

ワームを真っ直ぐセットする

thumb_IMG_0431_1024

 

また、ワインドでは常に「ワームを正しくセットしないと釣れない!」と言われているんですが、専用のワームならジグヘッドをセットしやすくするために専用の「スリット」が設けられています。

最初にセットするときは、初心者でも簡単に差せるようになっているのであまり気にする必要はないです。ただしワームをつけたら、必ず泳ぎを確認することは重要。

タチウオが釣れるとワームがボロボロになって変な泳ぎになり、釣れなくなることはあるのである程度傷ついた時点で交換しておきましょう。

 

 

ワームをセットしたら、一度見える範囲に投げてみてシャクリながら「ワームがちゃんとダートしてるか?」をしっかり確認することが大切。

ワインド釣法が上手い人を横から見ていると、皆必ずといっていいほど釣りをする前に目の前にワームを落として、「ちゃんとダートしてるか?」を確認していました。

動きが悪いと釣果が落ち、最悪自分だけアタリがない!という自体に陥ってしまうので、必ず動作を確認してみてください。

 

ワインド釣法に必要なタックル

タチウオ用ロッド

thumb_IMG_0432_1024

 

続いて、ワインド釣法に必要なタックルを紹介していきます。

 

ロッドに関しては、普段使っているエギング用orシーバス用の8ft程度の竿でもOK!ただし高感度のものを選んでください。

なぜなら、大型が釣れる晩秋の渋いタイミングでは「コンッ」という小さいアタリを把握出来るかどうかでボウズになるか、2桁釣れるか・・・が決まってくるからです。

頻繁にシャクリ続けるので、軽量でシャクリやすいワインド専用ロッドかエギングロッドがいいですよ。

 

 

最近ではワインド専用のロッドも何種類か販売されています。

専用ロッドは渋いアタリを感知しやすいよう感度が良く、長時間シャクリ続けても疲れない軽量性も実現しています。

少しでも数を伸ばしたいと思ったら、やはり専用ロッドを購入すべきです。渋い時は本当にアタリを取るのが難しくなるし、それだけで1日の釣果がめちゃくちゃ変わってくるので・・・。

リール

 

リールに関しては、普段使用している2500番〜3000番程度のものでOK。

最近は1万円を切るリールでも高性能なので、タチウオ釣りには十分です。ロッドほどこだわる必要もありません。

専用のリールを買うほどではないので、今から揃える場合でも手元のものを使うか、自分のやりたい釣りに合わせて購入するのが一番。

 

ラインシステム

 

ラインに関しては、PEライン+フロロリーダー+ワイヤーというラインシステムを使用します。

PEラインは0.6号〜1号前後で、フロロリーダーは4号程度あれば十分です。ワイヤーも短めでよいので、10cmもあれば十分かと。

場合によっては遠投する必要があるのと、高感度を実現するために細めのPEラインが一番いいです。タチウオは引き自体は強烈ですが、魚体の重量は軽いので抜き上げできます。

 

タチウオにおすすめのルアー・ワーム

▲初めてのワインド釣法には、こちらのセットワームがおすすめ。

 

ルアーに関しては、ワインド専用のダートするワームを使います!これがないとワインド釣法は始まりません。

かつては定番のジグヘッド&ワームがあったんですが、今では各種メーカーから様々なものが出ているので、有名メーカーのワームを選べば大丈夫。

 

どちらかというと、専用のワームにこだわるよりは状況に合わせて様々なタイプのルアーを用意するほうが大切だったりします。

 

その他、タチウオのルアー釣りにおすすめのワームについてはこちら!

爆釣間違いなし!?タチウオ釣りにおすすめのルアー・ワーム

2017.03.13

 

おわりに

img_2022

 

というわけで、以上「タチウオのワインド釣法のコツと必要なタックル」について解説してきました。

タチウオは堤防から簡単に釣れ、なおかつ「釣って楽しく食べて美味しい魚」として幅広い層に愛されている魚です。

ソルトルアーの入門用としても、ファミリーフィッシングの対象魚としても最も最適な魚だと思っているので、ぜひ最初の一匹を釣ってみてほしいです。

 

ワインド釣法&その他のルアーを駆使して、ポイントとタナさえ間違っていなければ確実に釣り上げることができるので、ぜひ狙ってみてほしいです。それでは!

 

▲最後に、ワインド釣法の解説で最も参考になる動画を貼り付けておきます。ロッドアクションは動画を真似れば間違いなく釣れます!

 

【予算別】タチウオ釣り初心者におすすめのタックル構成

最後に、タチウオ釣り初心者におすすめのタックル構成を紹介しておきます。これでともにドラゴン級のメータータチウオを釣っちゃいましょう!

 

 

スポンサードリンク