初心者のためのアジング入門講座!基礎知識とおすすめタックルを徹底解説!

 

アジといえば、手軽にサビキ釣りで狙うターゲットというイメージがありますが、あえて小型ワームで狙うのが「アジング」です!

簡単に釣れる気がするんですが、フッキングのタイミングや回遊ルートなどを突き詰めると天井がなく、ルアーで狙うと意外に難しく楽しい。

今回はアジング初心者が鯵を初めて釣るためのファーストステップと、最初に揃えるべきおすすめタックルについて紹介していきます!

 

アジングの魅力とは?意外に難しいライトゲーム

 

アジは釣り初心者の時に最初のターゲットになることも多く、食べて美味しいので釣ったことがない人を見つけるほうが難しいかも。

餌釣りで釣るイメージしかないですが、立派なフィッシュイーターのためルアーで狙うことも出来ます!

大きいサイズを狙うことも可能で、「ギガアジ」「テラアジ」などと呼ばれる40cm〜60cmを越えるサイズも・・・!

 

dsc00653

▲31cmの尺アジ!大きめのメタルジグにも積極的にアタックしてきた

 

アジングは気軽なライトタックルで挑むことができ、初心者でも簡単に数釣り可能で誰でも始められます!

一方で、腕の差が明確にわかれる難しい側面もあります。

立派な回遊魚なので釣れないときは釣れないし、ロッドのアクションの付け方やレンジの違いで明確に腕の差が出る釣りなんですよね。

簡単に始められるが、極めようとすると非常に奥が深い。それがアジング最大の魅力だと思っています。

 

アジング初心者に最適なタックルについて

 

これからアジングを始める方は、最初にタックルを選んでいく必要があります。

間口が広い釣りではありますが、突き詰めると非常に奥が深く、メーカーのハイエンドタックルで挑む釣り人も多くなっています。

とはいえ、初心者の場合はまず1〜2万円程度のタックルを揃えるのが理想です。

 

下記の記事でアジング初心者におすすめのロッド・リールを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

アジングロッドの選び方って?初心者におすすめのロッド&リールを紹介!【入門用タックル】

2017.01.11

 

初心者でも使えるラインシステム・仕掛け

dsc00840

 

アジングでは、他のライトゲーム同様に極細ラインを使用します。

釣り用のラインには4種類(ナイロン・フロロ・PE・エステル)の素材があって、それぞれ一長一短の特徴があるので使い分けることが重要となります。

 

おすすめのラインについても、下記の記事で解説しています。参考にしてみてください!

 

アジングにおすすめのラインは?フロロ・エステル・ナイロン・PE徹底比較!

2016.12.06

 

おすすめのルアー・ワームについて

dsc00873

 

アジング用のワームは各社から大量に販売されていて、どれを選べばいいかわからなくなります。

最初は自分の気に入ったメーカーのものを買えばいいんですが、基本的な形状である「ピンテールタイプ」のワームは購入しておきましょう。

またワームに付けるジグヘッドですが、これは状況に応じて重さを変えられたほうがいいので、「0.5g・1.2g・2g」辺りを揃えておけば問題ありません。

 

dsc00849

 

アジングの何が面白いかって、渋いときはワームカラー・形状・ジグヘッドの選択で釣果に雲泥の差が出るんですよ!

ワームの種類・形状も豊富だし、他にもミノーやメタルジグも販売されていますが、最初はワームを数本揃えればOK!

最初は3種類ほどワームを用意して、徐々に増やしていくといいかと思います。

 

アジング初心者が鯵を釣るコツとファーストステップ

タックルを揃えたら、次はいよいよ本番です!

ここではアジング初心者が実際に鯵を釣るためのファーストステップと、コツについて解説していきます。

まずはタックルを手にとって、初めての1匹を釣ることを目的に解説していきます。

 

時間帯、ポイント選び、ワームを投げるべきポイント

dsc00882

 

アジはああ見えても立派な回遊魚。餌を探してあちこちのポイントを回っているので、回遊さえしてこればどの場所でも釣ることが出来ます。

一般的に良く釣れるのが漁港周りで、大型サイズになると地磯や大型堤防で釣れることが多いですが、初めての1匹を釣るなら外洋に面している小さめの漁港がおすすめ!

大型サイズは望めないことが多いんですが、昼夜問わず20cm程度までのアジを簡単に釣ることが出来ます。

 

dsc01228

 

「アジはナイトゲームで釣るもの」というイメージが強いんですが、これは常夜灯エリアを中心に集まってくるためポイントを絞りやすいんですよ。

港内の常夜灯エリアにはアミや小魚が集まってきて、これを狙ってアジも集まってきます。

最初の1匹を釣るためには、まずはナイトゲームで常夜灯周辺を狙ってみましょう!表層から底までレンジを刻みつつ、ジグ単でゆっくりタダ巻きすると釣れることが多いです。

 

dsc00874

 

他にも「潮流がぶつかるエリア」「ゴミが溜まっているエリア」はアジが釣れることが多いので、要チェック!

釣りの基本は「どの場所にターゲットとなる魚の餌がいるのか?」を探すことですが、これらのエリアは常夜灯と同じくアミや小魚が溜まりやすいんです。

餌が流れ着くエリアがある場合、かなりピンポイントで連続して釣れることもあります。

 

アジングにおけるフッキングについて

dsc01142

 

これらのノウハウを使ってアジのアタリがあったら、次に「フッキング」をしなければなりません。これがアジング最大の難関となります。

といってもコツを掴めばそれほど難しくないんですが、連続でミスするとちょっと落ち込みます・・・。

前述したとおりアジは餌を食べて違和感を感じるとすぐ吐き出すし、いざ針が掛かっても口が柔らかいのでバレやすいんですよね。

 

aji6_l

 

アジングの場合は、アタリがあったら問答無用で即合わせしましょう!ただしショートバイトの可能性もあるので、軽く合わせて掛かったら追い合わせでOK。

一番重要なのは、魚が掛かったら下手に引きを楽しもうとせず、一気に取り込んでしまうことです。調子に乗って余裕こいていたら、バレてしまったことが何度もあります・・・。

もし口切れがあまりに多いようなら、フッキングが甘いということ。口の固い真上の位置に針が掛かっていれば、そう簡単にはバレません。

100%掛けること・バラさないことは不可能ですが、実際に釣りをしながら工夫をしつつもぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。

 

▲アジングで狙うべきポイントについては、こちらの動画も参照しながら狙うといいです!

 

【予算別】アジング初心者におすすめのタックル構成

dsc01197

 

最後に、それぞれ予算別にアジングにおすすめのタックル構成を掲載しておきます!これで共にアジングにて尺アジをゲットしましょう!

 

スポンサードリンク