【激流攻略!】アジングでの「スプリットショットリグ」の仕掛けと攻略法まとめ

 

アジングでは、主にジグヘッド単体(ジグ単)のシンプルなリグでアジを狙うことが多いと思います。

一番シンプルな仕掛けで簡単に釣れる一方で、激流エリア・暴風エリアなど軽すぎるがゆえに釣り自体が難しいことも・・・!

そこで、今回は自分自身ハマっている「スプリットショットリグ」の仕掛けと攻略法を解説していきたいと思います!

このリグを使えば、アジングで攻められる幅が広がるので少しでも釣果アップに近づけますよ!

 

そもそもスプリットショットリグとは?

 

最初に、そもそも「スプリットショットリグ」とはなんやねん?という話をしたいと思います。

バス釣りをしていた方ならご存知の方も多いでしょうが、オモリの付いていない針や極軽量のジグヘッドの20cm〜1m前に、軽量のオモリを付ける仕掛けのことです。

アジングでは一般的にジグ単で使うことが多いですが、スプリットショットリグを使うと風・流れに対抗できる重量と、違和感のない吸い込みの両方を実現することが出来ます。

 

バス釣りでは比較的一般的な仕掛けですが、アジングやメバリングではそもそもロッド自体が繊細で重めのオモリを使いにくいので、知らない人も多いかも?

あと、やはりジグ単だとライトゲームの手軽さを最大限に生かせるし、対応ロッドを用意しないと扱えないケースもありますしね。

ただ、前述したとおりこの仕掛けを使うと、アジングの幅を広げられるので尺アジ・ギガアジに少しでも近づけますよ!

 

スプリットショットの仕掛け

 

スプリットショットリグの仕掛けはこんな感じ。絵が雑すぎてごめんなさい。(笑)

針はオモリなしタイプでも極軽量ジグヘッドでもいいですが、前者だとより自然に誘えるし、後者だと海中で安定した姿勢で扱えます。

オモリはアジング・メバリング用ロッドで使えるよう、1g〜10g程度がおすすめ。

 

スプリットショットの仕掛けですが、オモリとして海釣りでよく使われる「ガン玉」を使う人が多いと思いますが、おすすめしません!

というのも、どうしてもラインにオモリを挟んで使用するので、ただでさえ細いライトゲーム用のラインがさらに切れやすくなってしまいます。

あと実際に使うとわかりますが、めっちゃズレます。(笑)軽く引っかかったあとや、大きめにシャクったあとはほぼ確実にズレてさらにラインを痛めることになります。

 

アジングにおけるスプリットショットの攻略法

スプリットショットのメリット・デメリット

▲オモリは専用の「アルカジックジャパン」のものがおすすめ。

 

スプリットショットリグを使う最大のメリットは、やはり風・波があっても飛距離が出る・強制的に沈められるオモリと、自然に誘える極軽量ジグヘッド・ノーシンカーフックが付いていることです。

ジグ単では到底釣りができない状況でも、スプリットショットなら攻略可能!特に大アジは外洋の海にいることが多くて、荒れていることもあるので心強いです。

なので、いつもはジグ単セットで使っておいて、あまりにも釣りがしにくい状況や沖のボトムにアジがついているな!とわかったときに使います。

 

▲フックは専用のものを使うか、0.5g程度の極軽量ジグヘッドがおすすめ。カブラもいいよ!

 

同じような遠投系リグとしては、他にフロートリグやキャロライナリグがあります。

フロートリグは遠投浮きを使った仕掛け、キャロライナリグはオモリが誘導式になっているタイプ。キャロライナはスプリットと似て非なるものって感じですね。

メバリングなら沖のシャローエリアについていることが多いので、フロートリグが活躍しますがアジはボトムにいることが多いので、スプリットのほうが出番がありますね。

キャロライナリグは使いどころによって活躍するんですが、スプリットのほうがシンプルで扱いやすいので初心者ほどおすすめ!

 

ちなみにスプリットショットリグのデメリットですが、針の前にオモリが来るので、どうしてもラインが絡まりやすいことですね。

あとは、同じ理由でアクションがつけづらい(通常よりも大きめに動かさないといけない)、アタリが取りにくいこと。

そもそもアジングではジグ単が一番使いやすく釣れるので、基本はジグ単で、風や波が強すぎる場合、沖に魚がいる場合のみ使うといいですよ。

 

激流エリアでの攻略法

dsc01228

 

では、実際にスプリットショットリグを使って激流エリアを攻略する方法を解説していきます。

場所は神戸の有名な釣り場である「ポートアイランド北公園」。ちょうど埋立地と埋立地の間にある水道エリアが釣り場になっていて、潮の流れが早く青物がよく釣れます。

このような釣り場には当然大型のアジも付いていて、一般的に瀬戸内海では大型アジまで育たないと言われているなか、シーズンを選べば30cm〜40cmまでのアジを狙えます。

 

魅力的な釣り場なんですが、やはり水道エリアだけあって潮の流れがめちゃめちゃ早い!

重めのメタルジグでも着底までに結構流されるので、潮の走っているときだと3gまでのジグヘッドではとても底が取れません。

そんなとき、早い潮の流れからアジを引きずり出すことのできる「スプリットショットリグ」が活躍します。

 

使い方は簡単!まずは3〜6gまでのオモリを針の40cm程度前にセット。

この場所では、アジがボトムについていることが多いので、最初はキャストしてから一気にボトムまで沈ませます。

もちろん、潮の流れがあるので着底までに流されますが、それは仕方ありません。逆にいうと、流れを利用して根やカケアガリを攻めることができます。

 

 

ボトムまでフリーフォールで着底させたら、いつもより大きめのアクションをつけつつただ巻きで狙います。

潮が早いと浮き上がってくることがあるので、たまにカーブフォールで着底。底をキープします。

この方法で明暗エリアを探っていると、「コココッ」とアタリ♪スプリットショットだとジグ単よりも「狙って釣った感」があるので面白いですよ!

 

スプリットショットリグにおすすめのタックル

 

このリグを使う場合は、通常のジグ単用ロッドでも十分使えるものの、竿によっては重すぎて厳しい場合も。

軽い風や流れを攻略するために軽量のオモリを使うならともかく、5g以上になると専用のロッドを使うほうがいいですね。

というのも、普通にリグを扱うだけだったら通常タックルでも構わないのですが、このリグを使う人は大型アジを狙う人が多いはず。

 

5ft〜6ft程度の短い竿だとそもそも飛距離が出ないし、ものによっては大型を引きずり出すパワーに欠けるものも。

なので、小型〜中型アジを狙うついでとして使うなら通常のタックルを、本格的に沖のボトムや磯場で狙う場合は専用タックルを購入するといいですよ。

スプリットショットリグを扱うだけで専用ロッドを買うのは勿体ないので、重めのメタルジグやフロートリグを扱う用途で購入することをおすすめします!

 

 

ソアレ CI4+ アジング S704LS」「月下美人MX アジング71.5MLともに、スプリットショットリグや高重量のリグを遠投できるロッドです!

パワーがあって、沖のボトムにリグを届けつつ大型アジを引きずり出すことが出来ます。極細PEを使えば、仮にシーバスが掛かっても余裕でファイト可能。

本格的に尺アジ・ギガアジを狙いなら、ぜひ持っておきたいロッドですね。

 

スプリットショットにおすすめのオモリ・フック

 

スプリットショットリグには、前述したとおり「アルカジックジャパン」のオモリがおすすめ。

これだとガン玉に比べれば高価ですが、ラインを傷つけずにガッチリと固定できます。

どうしてもボトムを狙うことが多いので、根掛かりをすると痛いんですが、万が一大型アジが掛かったときのことを考えると、少しでもラインを傷つけないオモリがいいかと。

 

 

フックは色々な種類があって悩むものですが、自分はメバル用のスプリット専用フックを購入して使っています。

ワームのズレ防止の形状や比較的シャンクが長い点が気に入って使っています。シンプルに使えるので、いいですよ!

 

 

スプリットショットリグではありませんが、変速系として「Mキャロ」「Ar.キャロ」などのリグも使えるようにしておくと、さらに幅が広がります。

こちらは比重が普通のオモリより軽いので、遠投しつつ表層〜中層をゆっくりと探ることが出来ます。

さらにMキャロはフリーフォール時にバックスライドするので、テンションを掛けると非常にゆっくりアジを誘うことが出来ます。

スプリットショットリグだけでは対応できないシチュエーションもあるので、用意しておくといいですよ!

 

 

 

おわりに

というわけで、以上「アジングにおけるスプリットショットリグの仕掛けと攻略法」を解説してみました!

ジグ単だけではなく、スプリットショットリグも使うことでアジングの幅を広げることができ、釣りにならない状況や沖に魚が溜まっているときでも釣ることができます。

慣れないうちは多少釣りにくいでしょうが、何度か使って慣れると手放せない武器になるので、使ってみることをおすすめします!

 

それでは!

 

アジング初心者が鯵を釣るコツとおすすめタックルについては、下記の記事で解説しているのでぜひご覧ください!

アジング入門!初心者のための釣り方とおすすめタックルを徹底解説!

2016.11.12
スポンサードリンク