【最強】釣りのベテランが「本当に使えるコンパクトロッド5選」を紹介する。

 

旅の出先や、仕事ついでに釣りをするには欠かせないコンパクトロッド

めちゃめちゃ便利なんですが、竿を短く収納するために通常の釣り竿と比べると「竿の曲がり方や調子」が異なり、どうしても性能にバラつきが出てきてしまうんですよね。

そこで!これまで15年間も釣りをやってきた僕が、これまで色々な竿を使った経験を踏まえて「初心者でも安心して使えるコンパクトロッド」を紹介していきたいと思います。

 

コンパクトロッドの選び方って?

 

コンパクトロッド、別名「パックロッド」はその名のとおりコンパクトに持ち運べるのが最大の特徴で、仕舞寸法の短い竿だとバッグに突っ込むことも可能。

そのため旅に持っていって全国各地で釣りをしたり、仕事終わりに何食わぬ顔で釣りにいく、みたいなことが可能に!

大変ロマンのある竿ですね!自身も自転車日本一周旅行しながらコンパクトロッドを持ち歩いて、色々な場所で釣りをしていました。コンパクトロッドなら、こういったことも可能になります。

 

image

▲コンパクトロッドを持って、北海道のキャンプ場で釣りをしてみた様子。

 

ただし普通の竿より短くなるということは、それだけ継ぎ目が多くなって不意の大物が掛かったときに折れるという心配も。

なので、他の釣り竿と比べても「あらかじめチェックしておくべき項目」が若干違うので選択に迷います。

ここでは、コンパクトロッドを選ぶ際に見ておくべき箇所を紹介します!

 

一番重要なのは「竿の耐久性」

 

コンパクトロッド選びで一番見ておくべきは、「竿の耐久性」です。

あえて名前は出しませんが、以前使っていた磯釣り用のコンパクトロッドはデザインはいいものの、とにかくポキポキと折れることで有名だったんですよね。

ただカバーできる範囲が広いこと、仕舞寸法が短いことに惹かれて購入。3回ほど釣りをして、見事に穂先からポッキリ逝っちゃいました。(笑)

 

有償で修理をして帰ってきたものの、その後の釣りで再び折れるという・・・。もはや修理に出すのも面倒だったので、最終的にお蔵入りとなりました。

ロッドの重量など可視化された数値と違って、メーカーが「このロッド、折れやすいですよ!」と伝えてくれるはずもありません。

コンパクトロッドを買うときは、事前にショップのレビューをじっくり眺めてから購入することをおすすめします!

 

用途によって仕舞寸法をチェックする

 

続いてチェックしておくべきは、やはり「仕舞寸法」です。

大抵、竿のスペック表に仕舞寸法も記載されています。もし特定のバッグに積めて釣りに行く予定なら、あらかじめサイズを図って必要な寸法を出しておきましょう。

この記事でも、重要な数値なので極力記載しています。ただし竿の長さや重さでラインナップがたくさんある場合、それぞれ仕舞寸法が違ってくるので、別途サイトで確認してみてください。

 

それでは、いよいよ最強のコンパクトロッドを紹介していきます!

 

おすすめのコンパクトロッド5選!

シマノ ホリデーパック

 

icon-check-square ちょい投げ・サビキ用に最適

icon-check-square 10号〜30号のオモリに対応

icon-check-square 仕舞寸法が45cmとコンパクト

 

エサ釣り用のコンパクトロッドとしては定番の「ホリデーパック」。竿のオモリ表記に比べると柔らかめなものの、剛性が高く折れる気配がないですね!

ルアー釣りには使いづらいですが、「どのコンパクトロッドもよくわからん」って人はこのモデルを買えばいいです。

ちなみに竿の長さ・硬さに関しては、ちょい投げやサビキ等に使用するなら「20T-210〜270」くらいがオススメ。

 

▼シマノ ホリデーパックを実際に使用したレビューはこちら

優秀なパックロッド「シマノ ホリデーパック20-270T」を使った感想など

2017.03.11

 

ダイワ モバイルパック

 

icon-check-square ちょい投げからルアー釣りまで対応

icon-check-square パワーがあるので大物まで対応可

icon-check-square 軽量なルアーでも遠投できる高性能

 

コンパクトロッドといえばこのロッド!「ダイワ モバイルパック」。

メバル・ガシラなどの根魚から、シーバス、チヌ・キビレ・エギングなどの軽めのルアー釣り全般に使うことが可能。オモリ5号くらいまでなら使えるので、ちょい投げやサビキ釣りにも使用可能。

「ルアー釣りをやりたい」「でも、餌釣りもしたい!!!」というオールラウンドな使い方をするならこのロッドが一番オススメ。

 

▼ダイワ モバイルパックを実際に使用したレビューはこちら

出張先や旅行先で釣りができる!「ダイワ モバイルパック806TMS」のインプレ・レビュー

2017.07.05

 

本格派へ!ルアー釣り専用のコンパクトロッド

ダイワ ソルティスト

 

icon-check-square シーバス専用パックロッド

icon-check-square 重めのルアーも投げれるので、小型青物まで対応

icon-check-square PEラインにも対応するKL-Hガイド

 

シーバス専用の5本継ぎパックロッドで、コンパクトに収納できるわりに重めのルアー(〜30g)まで扱える非常に優秀なロッド。

モバイルパックはよりライトな魚種・釣り方に向いてますが、こちらのソルティストはガチでシーバス・小型の青物・その他ソルトルアーで取りにいける魚を釣る竿です!

その分値段も2万以上とお高めですが、シーバス用のパックロッドでまともな製品が高級ロッド(モアザン等の5万円以上する竿)以外にあんまりないことを考えると、お値打ちですよ。

竿の長さから考えて、港湾や小河川で釣りをする都会ユーザーにオススメ。

 

シマノ トラスティック

 

icon-check-square ルアー釣り専用ロッド

icon-check-square 継ぎ竿なので繊細なアタリも見逃さない

icon-check-square モデルによってトラウトから青物まで対応

 

シマノ トラスティックは「並継ぎ」の竿なので、仕舞寸法は大きめ(72cm)ですが、ロッドの性能を失うことなく釣りに集中出来ます。

この価格帯にしてはガイド(釣り糸を通すところ)にも良い部品を使っているので、軽量かつ遠投が可能。

繊細な釣りは出来ませんが、モバイルパックよりも大物寄りで、ソルティストほど専門性がなくあらゆる釣りに対応します。

型番を選べば、シーバスや青物等の重めのソルトルアーから、エギング・バス釣り・ちょい投げ・サビキ釣りまで幅広く狙うことができますよ。

 

Abu Garcia Hornet Stinger PLUS

 

icon-check-square ルアー釣り専用ロッド

icon-check-square 「ナノカーボン」採用で軽量・高強度・高感度を実現

icon-check-square バス・メバリング・アジング・チニング・秋エギングなど様々なライトゲームに対応

 

ホーネットスティンガーはバス釣り用のコンパクトロッドですが、メバリング・アジング・チニングなどライトゲーム全般で使える性能を備えています!

1g以下の軽量ワームから秋の軽量エギングまで対応しており、「ナノカーボン素材」を採用しているため自重も軽く、快適に釣りができます。

「専門性はそれほど必要ないが、ライトゲーム全般をコンパクトロッドでチャレンジしたい!」という人には非常におすすめできるロッド。

 

ダイワ 月下美人MXシリーズ

 

icon-check-square ルアー釣り専用ロッド

icon-check-square メガトップ&高密度HVFカーボン採用で超軽量と超高感度を実現

icon-check-square メバリング・アジングのライトゲームには最強

 

メバリングやアジングなど、ライトゲームでは超有名な「ダイワ 月下美人」ブランドのコンパクトロッドです!

この竿はかなり繊細に作られているので、0.5g〜2g程度のルアー・ワームを使ってメバル・ガシラなどの根魚類や、チニング・アジングを行うのに最も適しています。

コンパクトロッドの中では最もライトな釣りに向いていて、用途が限られているので本格的にメバリング・アジングをしたい場合はこの竿で決定です!

 

コンパクトロッドに合うリール

 

最後に「コンパクトロッド」に合う最適なリールですが、上記の「レブロス」「ナスキー」辺りを購入しておくと、かなり快適に釣りをすることができます。

いずれも5,000〜10,000円程度の安価なリールながら、上位機種の一部機能を受け継いでいるので飛距離が重要となるルアー釣りでも全く問題なく使えます。

そこらの釣具屋で売っているような格安リールとは雲泥の差があります。

 

おわりに

というわけで、以上「釣り歴15年のベテランが初心者にオススメのコンパクトロッドを選んでみた」でした!

少なくともここで紹介したロッドは簡単には折れないし、いずれも快適に使えるものばかりなので用途に合わせて購入してみてください。

コンパクトロッド一本あると、釣りの世界が広がりますよ!

 

それでは!快適な釣り生活をお送りくださいませ!

スポンサードリンク