DAIWA ラテオ96M・Qはライトショアジギングに最高のロッドだった件【インプレ・レビュー】

thumb_img_1621_1024

 

今年から新しくライトショアジギングを始めるために、「DAIWA ラテオ96M・Q」を購入して2ヶ月が経過しました!

ネットでは「リーズナブルで性能が高く、コスパ抜群の竿」として有名なロッドで、ジギング専用ロッドを買うならこっちのほうがいいだろうと、様々な用途に使える96Mモデルを購入。

これまで青物やフラットフィッシュ、そしてタチウオ等の魚を釣ってきたわけですが、結論からいうとライトショアジギングの入門には最高な竿でした!

今回はラテオを2ヶ月間使用したインプレのレポートをお届けしたいと思います。

 

なんでラテオ96M・Qを購入したの?

dsc00413

 

ラテオはダイワの中でも中級価格帯のシーバスロッドなんですが、比較的ライトなモデルから60gのジグもぶっ放せるMHモデルまであって、色んな用途で使えます。

重いメタルジグを使うショアジギングなら問答無用で専用ロッドを購入しますが、ライトショアジギングだったら硬めのシーバスロッドでも使えるので、ロッドの選択に迷ったんですよね。

出来るだけリーズナブルかつ評価が高く、重めのジグもぶっ放せる竿を探していたところ、ラテオ96Mを見つけちゃいました。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-01-4-05-06

 

ラテオは多数のモデルが販売されているので、どれにしようか迷ったんですが、キャスタビリティー・軽量性・操作性・ルアー適正ウエイトを総合的に考えた結果、最も汎用性が高そうな96Mにしました。

シーバスやヒラメを狙うなら96MLでも良かったんですが、96Mなら最大で50gのジグまで投げられるということで、迷わず購入。

中途半端感は増しちゃいますが、重めのジグを投げたかったので結果的には良かったですねー!

 

ライトショアジギングの入門に最高の竿だ!

thumb_img_1593_1024

 

購入してから2ヶ月間、ライトショアジギングを中心にタチウオのワインドなどもこなしてきましたが、かなり使い心地がいい。

最初はシーバスロッドで40g〜50gをキャストするのに不安を感じていましたが、意外と問題なく振り抜けます!ロッドによってはダレそうですが、ラテオの場合は気持ちよく振り抜けました。

スペック上の適正ルアー値10〜50gで、軽めのミノーはさすがにキツイですが、逆に上限値を超えてもそれほど苦もなく投げれそうです。適正の重さは30g〜40gぐらい。

 

thumb_img_1597_1024

 

この長さだと重めのメタルジグをぶっ飛ばすと相当飛ぶし、青物を掛けても強引に寄せられるバットパワーも備えています。

ラテオは曲げて魚を取る竿なので、抵抗の大きいメタルジグだとティップが入りすぎてシャクリにくかったり、鉄板バイブなど引き重りの強いルアーだと疲れやすいデメリットもあります。

が、20g程度のルアーでも問題なく使えることを考えると、妥当な性能かなと思います。この汎用性は、特に初心者のうちはありがたいですよ・・・!

 

ラテオ96Mの外観とメリット・デメリット

ロッドとリールの組み合わせについて

thumb_img_1598_1024 thumb_img_1591_1024

 

2万円程度で購入できる竿にしてはデザインもよく、ちょっとドヤ顔をしながら釣りが出来ます。(笑)

リールはダイワの同価格帯で販売されている「EMMS 3012H」を使用していますが、重量バランスやデザインの適合性はバッチリ。先重り感はなしです。

メタルジグをぶん投げるにしてはライトなタックルなので、剛性に不安を覚えることもありますが、今のところ問題は発生してないです。

適正範囲内のウエイトを使用するなら問題ないかと。

 

thumb_img_1594_1024

 

ちなみにラテオ96Mの重量は「155g」と、このクラスにしては軽量になっています。実際持ってみるとわかるけど、かなり軽い・・・!

可能なら、ルビアス等の超軽量級のリールと組み合わせるのもいいと思います。逆に300g以上の大型リールを取り付けるとバランスが悪くなるかも。

ライトな使用を前提にして、3000番・250g程度のリールとの組み合わせが間違いないです。(EMMS 3012Hは250g)

 

単純な比較はできませんが、ダイワの中でも最高スペックを誇るシーバスロッド「モアザンブランジーノ AGS 94ML・J」の重量が148gなので、いい線をいっていると思いますよ。

こちらのお値段は、定価76,000円です。(笑)

 

グリップエンド・ガイドについて

thumb_img_1596_1024

 

グリップエンドはちょうどいい長さで、脇に挟んでシャクれる長さながら、取り回しで邪魔になることもないですね。

ライトショアジギングなどあまり細かい動作を必要としないが、頻繁にロッドを動かし続ける釣りには最適だと思います。

 

thumb_img_1609_1024

 

ラテオは「KL-H」というPEライン対応のガイドが搭載されていて、ライントラブルもそれほど発生してません。

ただしティップ周辺は通常のガイド形状なので、風でラインが煽られると絡まってミスキャストになることが何回かありました。

最悪、擦り切れてしまう可能性もあるので、フルキャストする時はガイドに絡まっていないかチェックしたほうが良さそうです。

 

thumb_img_1622_1024

 

ロッドの外観で唯一不満があるとしたら、グリップエンドの底部分にゴムがついていないことですね。

最近のロッド事情は良くわかりませんが、EVAむき出しのモデルが多いんですかね?これだとロッドの扱いに気をつけていても、底から削れていってしまうんですよね・・・。

軽量化には仕方ないのかもしれないけど、思ったよりも消耗が早いので対策をしておいたほうがいいと思います。

 

バットパワーについて

thumb_img_1583_1024

 

ラテオ96Mは曲げて取る竿でありながら、バットパワーも強力。特に対青物でその性能を発揮してくれます!

50cm程度までのハマチなら強引に寄せてもなんの問題もなくキャッチできるほどパワーがあるので、80cm以上の特大ブリがかかっても安心してやり取りできそうです。

実際に釣れかどうかは置いておいて(笑)青物類の引きは他の魚とは比べ物にならないほど強いので、ロッドパワーが強いだけで大きなアドバンテージが取れます。

 

dsc00600

 

その後、70cm〜76cm級のサワラを2本ゲットしましたが、特に問題なくやり取りできました!

サワラといえば引きが弱いことで有名な魚ですが、そのうち1匹は超特大のボラでも釣ったかと思うほど強烈な引きでした・・・。

ライトショアジギングではどれほど大きい魚が掛かるかわからない部分があるので(それがいいんだけど)バットパワーの強い竿を買っておくに越したことはないですよ!

 

秋の武庫川一文字で青物ショアジギング。70cm超のサワラ&サゴシを捕獲ゥ!

2016.11.05

 

総括

thumb_img_1626_1024

 

というわけで、以上「ラテオ96Mを2ヶ月間、ライトショアジギングで使用してみたレポート」をお届けしました。

これほどコストパフォーマンスがいい竿はなかなかないので、自分のような「ライトショアジギングをメインに、色んな釣りをしてみたい」という人には特におすすめできますよ〜!

今後も汎用性の高さを最大限に生かして、ヒラメのサーフや本命のシーバスも狙ってみたいと思います。それでは!

 

 

スポンサードリンク